今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン
2007年佐賀昆虫同好会第149回例会で採集した甲虫

今坂 正一

 2007年6月9日夕刻から10日にかけて、佐賀市三瀬村藤原の林道金山脊振線において、佐賀昆虫同好会149例会(採集調査会)が開催された。
 開始の時刻より、多少早めに現地(脊振山系高山・標高727m・の北側の谷)に到着したが、既に、市場会長、幹事役の吉田副会長夫妻と高橋さんが、準備万端で、待ちかまえていた。林道脇の広がった路肩に車を止め、挨拶をする。簡易テーブルの上には、吉田夫人特製の料理類が準備され、既に、近くの谷川には飲み物が冷やされているらしい。
 やや風が強く、気温が低かったが、空は晴れ、時折霧がかかる。
 午後6時の開始時間までに1時間余りあるので、さっそく林内に、箒とビーティングネットを持って入った。林内の感じは、ブナ帯下部の落葉樹林(ブナはない)のようで、小さな谷川沿いに、下草の少ない比較的若い林が広がっていた。中は思ったより乾燥していて、幹には時折コケが生えている程度で、虫を見つけるポイントとなるマメヅタは見られなかった。林内には、多くはなかったが、立ち枯れや倒木、キノコが生えている枯れ木なども見られた(図12)。今年春から各地で行っている幹掃き採集を試してみたのだが、湿気が少なく、着生植物も少ないので、甲虫の姿は少なかった。生木の樹幹からはほとんど虫が見つからず、得られたのは、大部分、立ち枯れやキノコからで、マルモンニセハナノミ(図5)、ヘリアカナガクチキ(図8)、ニセナガアシヒゲナガゾウムシ(図11・腹面も)、オニコメツキダマシ(脊振山系初:以降、背初と示す)、ケブカクロナガハムシ、ハコネモリヒラタゴミムシ高千穂亜種、コゲチャクチキハネカクシ(図10:佐賀県初:以降、佐初と示す・背初)などで、20種の甲虫が得られた。
 定刻までに、古川事務局長、廣川・小幡の両会員も加わり、準備が出来たとの呼び声でテーブルに戻った。それから、食事しながらの虫談会となった(図1〜4)。
 上記のように、得られた種について佐賀県初・脊振山系初というような表示が可能なのは、先年発表された西田さんによる労作・佐賀県産甲虫目録(2005)のおかげである。さらに、甲虫のみならず、蛾やその他の雑昆虫についても、県内の記録の有無が知りたいというのが、会員の大方の希望であり、市場会長に雑昆虫の、古川事務局長に鱗翅目の、それぞれ県産目録作成を期待する声が出ていた。
 夕暮れが迫る前に、古川さんは灯火採集のスクリーンを設置し、食事の合間にも飛来したガ類のチェックを始めた。夜半、遅くなって、ハナアブが専門の祝さんが出張先から駆けつけ、さらに、にぎやかになった。食事後、再び、祝さんと二人、暗い林内に幹掃き採集に出かけてみたが、低温の影響か、ほとんど虫の姿は見られなかった。
 戻ってスクリーンをチェックすると、ヒメチャイロコガネ(図9:佐初)やオオキイロコガネ、ニセジョウカイボン、ニシジョウカイボン、ヒメキンイロジョウカイなどが飛来していた。このうち、ヒメチャイロコガネは西九州の固有種で、従来、多良山系の長崎県側と、脊振山系の福岡県側で記録されていて、中間の佐賀県下からはすっぽりと抜けていたのだが、今回初めて記録できた。しばらく、スクリーンをながめていたが、他に虫が飛来しそうになく、コーヒーを入れて祝さんと雑談をした後で、眠たくなったのでお開きにした。(幹掃き採集については今坂, 2007参照)

 翌10日、空が白みかけた5時過ぎには、明るさで目が覚めて見渡すと、古川さんが終夜点灯していた灯火採集を片づけていた。吉田夫人は朝食の用意を始め、皆の起床を確認してから、朝食となった。その後、めいめい採集場所に出かけ、私は脊振山山頂付近のブナ林で幹掃き採集を試みてみようと思い立ち、皆さんに別れを告げた。
 しかし、神埼市脊振町の脊振山山頂付近は驚くほどの低温で、霧が巻き、風がうなり声を上げていた。ブナやカエデの樹幹には、雲霧林そのものにコケ・地衣類・ヒメノキシノブなどがビッシリ着生しているものも多く見られたが、メダカチビカワゴミムシとハコネモリヒラタゴミムシ高千穂亜種、クロホシテントウゴミムシダマシ以外は、あまり甲虫が見られなかった。それでも、ミヤママルクビゴミムシ、コイチャニセハナノミ(図6:佐初・背初)、ハコネチビマルトゲムシ、ルリテントウダマシ九州亜種などが落ちてきた。あまりにも、気象条件が悪すぎたせいもあるが、ブナ帯での幹掃き採集は、なかなか成果が上がらないようである。結局1時間足らず採集して戻ることにした。
 帰り際に、元来た道を戻り、林道沿いの伐採後の草地でスウィーピングをして、コクロアシナガトビハムシ(図7:佐初・背初)、キイチゴトビハムシ(背初)など少数を採集した。
  以上、6/9-10の採集例会の期間中に採集した甲虫を表-1に示した。採集地は、佐賀市三瀬村藤原と、神埼市脊振町脊振山山頂付近および中腹の伐採跡草地である。採集方法別に、幹掃き採集と、その他の任意採集・ライトなどに区別して記録した。参考のために、佐賀県初記録は◎、脊振山系初記録は○、多良山系(長崎県側も含む)で記録がない種は×で示している。佐賀県初記録はヒメチャイロコガネ、コゲチャクチキハネカクシ、コイチャニセハナノミ、コクロアシナガトビハムシの4種、脊振山系初記録はカバイロコメツキ、ヒラタクシコメツキ、オニコメツキダマシ、フチヘリジョウカイ、ホソニンフジョウカイ、チビニンフジョウカイ、クロモンムクゲケシキスイ、キイチゴトビハムシ、ダイコンナガスネトビハムシ、ヒゲナガホソクチゾウムシ、チャバネキクイゾウムシの11種である。
 また、従来、脊振山系では、ルリクワガタのように、多良・英彦山両山系に分布するにもかかわらず、中間に位置する脊振山系で未発見の山地性甲虫がかなり知られている。
 しかし、今回採集した種のうち、マルモンニセハナノミ、ヘリアカナガクチキ、ニセナガアシヒゲナガゾウムシなどは、逆に、県内では脊振山系のみで記録されており、なぜか多良山系など他の山地では見いだせていない。いずれも、九州脊梁ではブナ帯などやや高地で見つかる種であるので、この両者にどういう違いがあるのか、興味深いところである。
 最後に、採集例会をお世話いただいた高橋・吉田両幹事、特に、食事全般をお世話いただいた吉田夫人、さらに、本文の搭載に尽力頂いた古川事務局長にお礼を申し上げる。

引用文献
今坂正一(2007)2001年以降に長崎県多良山系で採集した甲虫. こがねむし, (72): 7-17.
城戸克弥(2005)佐賀県七山村浮岳の甲虫類[II]. 佐賀の昆虫, (41): 49-61.
西田光康(2005)佐賀県産甲虫目録(未記録種を含む). 佐賀の昆虫, (41): 1-39.


前のページ
九州におけるヨツモンカメノコハムシの分布拡大について
コンテンツのトップ 次のページ
2006年に田畑郁夫氏により採集された九州・沖縄産甲虫