今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン
緒方靖哉氏のあちこち・ちょこちょこ採集で得られた甲虫類

今坂 正一

 緒方靖哉氏が沖縄県、北海道、四国で採集された雑甲虫を恵与頂いた。氏は本誌に「あちこち・ちょこちょこ採集記」を連載されており(緒方, 2006〜)、大部分は、その際に得られた採集品のようである。ともあれ、貴重な種も含まれているので、氏のご好意に報いるためにも記録しておきたい。
 なお、種名の頭に*印が付いている種は、既に、氏によって同じ産地から記録されているので、重複記録の可能性がある種である。沖縄県では島ごとに、その他の地域は採集地ごとに記録する。採集地名は2回目から、郡・市を省略する。全て緒方靖哉採集、今坂正一同定・保管である。

<沖縄本島>  49種
デオキノコムシの一種 Scaphidium sp. (図 1)
2exs. 名護市多野岳 31. VII. 2004. 沖縄本島産のScaphidiumとしては、オキナワデオキノコムシ Scaphidium okinawaenseが記録されているが、正体が解らず、同定できなかった。本土産とは一致しない。
エダヒゲナガハナノミ沖縄亜種 Epilichas flabellatus okinawanus M. Sato (図 2)
1♂1♀. 多野岳 4. V. 2005. 沖縄本島の固有亜種。
アマミコヒゲナガハナノミ Ptilodactyla amamioshimana Nakane
1ex. 島尻郡知念城跡 25. VII. 2004; 1ex. 名護市名護城跡 3. V. 2005.
クロズジョウカイ Micropodabrus maculivertex Ishida
1♀. 名護城跡 3. V. 2005.
リュウキュウマルムネジョウカイ Prothemus ryukyuanus Wittmer
1♂1♀. 多野岳 4. V. 2005.
アマミアオジョウカイ沖縄亜種 Themus kazuoi azumai Kinoda et Nakane
1♂. 名護城跡 3. V. 2005. 沖縄本島の固有亜種。緒方(2006)において、名護城趾で同日に記録されているオキナワアオジョウカイ Themus kurosawai M. Satoは、本種の誤同定と思われるので訂正しておきたい。
カタベニデオキスイ Urophorus humeralis (Fabricius)
1ex. 知念城跡 25. VII. 2004; 1ex. 多野岳 31. VII. 2004.
アカマダラケシキスイ Lasiodactylus pictus (MacLeay)
4exs. 中頭郡西原町 28-9. VII. 2004.
セマルヒラタムシの一種 Psammoecus sp. (図 3)
1ex. 那覇市首里末吉公園 30. X. 2000; 1ex. 名護城跡 31. VII. 2004.クロオビセマルヒラタムシに似るが、体色や上翅の斑紋が異なる。
タイワンツヤコメツキモドキ Caenolanguria insularis Miwa et Chujo (図 4)
1ex. 西原町 28-9. VII. 2004. 本種は沖縄本島からは知られていないようである。
ハイイロテントウ Olle v-nigrum (Mulsant) (図 5)
2exs. 西原町 28-9. VII. 2004. 戦後、北アメリカから移入されたと考えられる種で、沖縄、瀬長、浜比、久米、渡名、宮古、池間、石垣、波照間の各島から記録されている。
クリサキテントウ Harmonia yedoensis (Takizawa)
1ex. 末吉公園 3. V. 2005; 1ex. 宜野湾市嘉数公園 28. IV. 2007. 成虫ではナミテントウと区別できないが、琉球産は全て本種。
ダンダラテントウ Menochilus sexmaculatus (Fabricius)
1ex. 知念城跡 25. VII. 2004.
ヒメカメノコテントウ Propylea japonica (Thunberg)
2exs. 西原町 28-9. VII. 2004; 1ex. 多野岳 4. V. 2005.
ジュウニマダラテントウ Epilachna boisduvali Mulsant
3exs. 島尻郡知念城跡 25. VII. 2004.
コヒラタホソカタムシ Bolcocius shibatai Sasaji
1ex. 名護市名護城跡 3. V. 2005.
オキナワマダラホソカタムシ Trachypholis okinawensis Nakane
1ex. 末吉公園 30. X. 2000; 1ex. 知念城跡 25. VII. 2004; 1ex. 西原町 28-9. VII. 2004; 5exs. 嘉数公園 28. IV. 2007; 1ex. 嘉数公園 27. VII. 2007.
オキナワアオグロカミキリモドキ Ischnomera okushimai Svihla (図 6)
2exs. 多野岳 4. V. 2005. 本土のアオグロカミキリモドキに似るが、より体色は明るい。沖縄の固有種。
フタイロカミキリモドキ琉球亜種 Oedemera sexualis ryukyuana Svihla
5exs. 名護城跡 3. V. 2005.
キムネカミキリモドキ沖縄亜種 Oedemeronia testaceithorax okinawana (Kono)
3exs. 名護城跡 3. V. 2005.
ウメノカミキリモドキ沖縄亜種 Xanthochroa umenoi okinawensis Chujo et Sato
1ex. 名護城跡 3. V. 2005. 沖縄本島の固有亜種。
オキナワホソクビアリモドキ Formicomus okinawanus Nomura
1ex. 末吉公園 30. X. 2000.
シワハムシダマシ Anisostira rugipennis (Lewis)
2exs. 名護城跡 3. V. 2005; 1ex. 多野岳 4. V. 2005; 2exs. 嘉数公園 28. IV. 2007.
アマミアオハムシダマシ Arthromacra amamiana Nakane
1ex. 名護城跡 3. V. 2005.
ウルマクロハムシダマシ Lagria okinawana (M. T. Chujo)
1ex. 西原町 28-9. VII. 2004; 1ex. 名護城跡 3. V. 2005; 1ex. 嘉数公園 28. IV. 2007; 1ex. 嘉数公園 27. VII. 2007.
ヒゲブトゴミムシダマシ Luprops orientalis (Motschulsky)
2exs. 西原町 28-9. VII. 2004.
オオクビカクシゴミムシダマシ Dicraeosis carinatus carinatus Gebien
3exs. 知念城跡 25. VII. 2004; 4exs. 西原町 28-9. VII. 2004.
アオツヤキノコゴミムシダマシ Platydema maruseuli Lewis
2exs. 西原町 28-9. VII. 2004.
ベニモンキノコゴミムシダマシ Platydema subfascia subfascia (Walker)
1ex. 末吉公園 30. X. 2000; 1ex. 名護城跡 31. VII. 2004.
アマミクロホシテントウゴミムシダマシ Derispia japonica Kaszab
10exs. 末吉公園 30. X. 2000; 1ex. 末吉公園 3. V. 2005; 2exs. 多野岳 31. VII. 2004.
カラカネチビキマワリモドキ Tetragonomenes palpaloides (Nakane)
1ex. 末吉公園 3. V. 2005; 1ex. 知念城跡 25. VII. 2004; 1ex. 嘉数公園 28. IV. 2007.
*ハラアカチビキマワリモドキ Tetragonomenes rufiventris (Kaszab)
1ex. 多野岳 31. VII. 2004.
ニジコマルキマワリ Elixota iridicollis Nakane
1ex. 知念城跡 25. VII. 2004.
リュウキュウツツハムシ Cryptocephalus loochooensis Chujo
1ex. 知念城跡 25. VII. 2004; 1ex. 西原町 28-9. VII. 2004.
キボシツツハムシ Cryptocephalus perelegans perelegans Baly
1ex. 知念城跡 25. VII. 2004.
ニセウスイロサルハムシ Basilepta hirayamai (Chujo)
1ex. 多野岳 31. VII. 2004.
オキナワイモサルハムシ Colasposoma auripenne (Motschulsky)
1ex. 嘉数公園 28. IV. 2007.
オオアラゲサルハムシ Demotina major Chujo
1ex. 嘉数公園 28. IV. 2007.
セアカケブカサルハムシ Lypesthes fulvus (Baly)
2exs. 嘉数公園 28. IV. 2007.
オキナワアオバホソハムシ Apophylia elongata Jacoby
1ex. 多野岳 4. V. 2005.
フタイロウリハムシ Aulacophora bicolor (Weber)
2exs. 知念城跡 25. VII. 2004.
ヒメクロウリハムシ Aulacophora lewisii Baly
1ex. 西原町 28-9. VII. 2004.
クロウリハムシ沖縄亜種 Aulacophora nigripennis nitidipennis Chujo
1ex. 多野岳 31. VII. 2004.
ホソセスジハムシ Haplosomoides costatus (Baly)
2exs. 多野岳 4. V. 2005.
アマミウスバハムシ Issikia issikii (Chujo) (図 7)
1ex. 嘉数公園 28. IV. 2007.
オキナワイチモンジハムシ Morphosphaera coerulea Schonfeldt
1ex. 名護城跡 31. VII. 2004.
アカタデハムシ Pyrrhalta semifulva (Jacoby)
1ex. 多野岳 4. V. 2005. 本種はサクラが食樹で、本来、琉球には分布していないので、サクラの植裁と共に人為的に移入された可能性が高い。
タイワンツブノミハムシ Aphthona formosana Chen
1ex. 多野岳 31. VII. 2004.
キベリヒラタノミハムシ沖縄亜種 Hemipyxis cinctipennis okinawana Nakane et Kimoto
1ex. 西原町 28-9. VII. 2004; 3xs. 多野岳 31. VII. 2004; 1ex. 多野岳 4. V. 2005. 沖縄本島の固有亜種。

<宮古島> 7種、全て野原岳 3. V. 2007の採集品、個体数のみ示す。
キイロスジボタル Curtos costipennis (Gorham) 1ex.
ジュウニマダラテントウ Epilachna boisduvali Mulsant 1ex.
スジアシハナノミダマシ Canifa cribriceps (Champion) (図 8) 1ex. 奄美、沖縄、石垣島で記録されていて、宮古島からは初めてである。
オオクビカクシゴミムシダマシ Dicraeosis carinatus carinatus Gebien 2exs.
オキナワイモサルハムシ Colasposoma auripenne (Motschulsky) 1ex.
セアカケブカサルハムシ Lypesthes fulvus (Baly) 1ex.
ホソヒョウタンゾウムシ Sympiezomias cribricollis Kono 2exs.

<石垣島> 22種
イシガキクビアカジョウカイ Lycocerus naokii (Okushima et Imasaka) (図 9)
1♀. 米原 1. V. 2006. 奥島雄一氏と共著で、2000年に西表・石垣から各1♀の標本で新種記載した種。その後♂も含めて、10数頭が記録されている。
クロヒメナガシンクイ Xylopsocus bicuspis Lesne
1ex. 嵩田林道 2. V. 2007.
ホタルツツカッッコウムシ Tenerus formosanus Schenkling (図 10)
1ex. 開南 30. IV. 2006; 本種は台湾原産の種で、佐藤(1995)により、精密な白黒の全体図と共に、石垣市平久保から日本産新記録として報告された。その後、金子(1996)は同じく平久保から、秋田(1997)は同じく名蔵、嵩田林道、川平から、川田はきれいなカラー写真と共に米原から記録した。今回の記録も含めて、全て、石垣島の北部海岸線〜オモト岳北側のみで記録されていて興味深い。
セマルヒラタムシの一種 Psammoecus sp.
1ex. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007. 沖縄本島のものと同じ種。
セダカヒメコメツキモドキ Anadastus convexus Chujo
1ex. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007.
タイワンツヤコメツキモドキ Caenolanguria insularis Miwa et Chujo
2exs. 開南 30. IV. 2006; 2exs. 米原 1. V. 2006; 2exs. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007; 2exs. 嵩田林道2. V. 2007.
ダンダラテントウ Menochilus sexmaculatus (Fabricius)
1ex. 米原 1. V. 2006.
オキナワマダラホソカタムシ Trachypholis okinawensis Nakane
1ex. 嵩田林道2. V. 2007; 1ex. バンナ岳2. V. 2007.
リュウキュウオオカミキリモドキ Eobia magna Chujo et M. Sato (図 11)
1ex. 米原 1. V. 2006. 国内産のこの属で、最も大型の種。少ない。
*キムネカミキリモドキ Oedemeronia testaceithorax testaceithorax (Pic)
1ex. 米原 1. V. 2006.
ズマルハムシダマシ Casnonidea occipitalis (Borchmann)
1ex. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007.
ヒゲブトゴミムシダマシ Luprops orientalis (Motschulsky)
4exs. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007.
ミナミトビイロクチキムシ Borboresthes fulginosus kabirensis Maeda et Nakane
1ex. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007.
オオクビカクシゴミムシダマシ Dicraeosis carinatus carinatus Gebien
1ex. 嵩田林道2. V. 2007.
ヒメキマワリモドキ Plamius yaeyamensis Nakane
1ex. 開南 30. IV. 2006; 2exs. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007; 1ex. バンナ岳2. V. 2007.
ニジコマルキマワリ Elixota iridicollis Nakane
1ex. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007.
トゲアシクビボソハムシ Lema coronata Baly
1ex. 米原 1. V. 2006. 本州〜九州と、石垣島以南に分布。八重山の個体群は前胸や腹、足の一部が赤く、本土産とは別種のように見える。
キボシツツハムシ Cryptocephalus perelegans perelegans Baly
1ex. 開南 30. IV. 2006; 1ex. 米原 1. V. 2006; 1ex. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007; 1ex. 嵩田林道2. V. 2007.
セアカケブカサルハムシ Lypesthes fulvus (Baly)
1ex. 嵩田林道2. V. 2007.
モモブトサルハムシ Rhyparida sakisimensis Yuasa
3exs. 米原 1. V. 2006; 1ex. バンナ岳2. V. 2007.
イチゴハムシ Galerucella grisescens (Joannis)
1ex. 米原 1. V. 2006; 1ex. オモト岳〜嵩田林道 30. IV.-2. V. 2007.
クロバヒゲナガハムシ Taumacera tibialis (Jacoby)
1♂1♀ 米原 1. V. 2006; 本種は本州〜九州と台湾、中国大陸の分布が知られており、食樹はハンノキ類である。移入種と考えられる。

<与那国島> 14種、いずれも、29-30. IV. 2007の採集、採集地と個体数のみ示す。
ジュウニマダラテントウ Epilachna boisduvali Mulsant 3exs. 祖内
オキナワマダラホソカタムシ Trachypholis okinawensis Nakane 1ex. インビ岳
アマミホソナガクチキ Phloeotrya minuscula Nomura 2exs. インビ岳
キラホシハナノミ Hoshihananomia kirai Nakane et Nomura (図 12) 1ex. 祖内; 石垣、西表、波照間、与那国島で記録されている。上翅斑紋パターンに加えて、尾節版が長くて先端が鋭く尖り、特徴的である。
ハイイロカミキリモドキ八重山亜種 Eobia cinereipennis ishigakiana Kono 3exs. 祖内 宮古、石垣、西表で記録されており、与那国島では初めて。
フタイロカミキリモドキ琉球亜種 Oedemera sexualis ryukyuana Svihla 3exs. インビ岳; 1ex. 祖内
オオクビカクシゴミムシダマシ Dicraeosis carinatus carinatus Gebien 1ex. 祖内
ヒメキマワリモドキ Plamius yaeyamensis Nakane 3exs. インビ岳; 1ex. 祖内
カラカネチビキマワリモドキ Tetragonomenes palpaloides (Nakane) 1ex. インビ岳
キボシツツハムシ与那国亜種 Cryptocephalus perelegans yonaguniensis Kimoto 3exs. 祖内 与那国島の固有亜種、上翅の紋が縦に繋がる。
フタイロウリハムシ Aulacophora bicolor (Weber) 1ex. インビ岳
ウリハムシ Aulacophora indica (Gmelin) 1ex. 祖内
ホソセスジハムシ Haplosomoides costatus (Baly) 3exs. 祖内
ヨツモンミゾアシノミハムシ Hemipyxis balyi yaeyamana Kimoto 1ex. 祖内

<北海道> 13種、全て札幌市八剣山で2. VI. 2007採集、個体数のみ示す。
ジョウカイボン Lycocerus suturellus suturellus (Motschulsky) 4♂
ノッポロヒメジョウカイ Rhagonycha nopporensis Wittmer 1♂
ホッカイジョウカイ Cantharis plagiata Heyden 1♂
ヒョウモンケシキスイ Librodor pantherinus (Reitter) 1ex.
クビカクシナガクチキムシ Scotodes niponicus Lewis 1ex.
ヒメアカハネムシ Pseudopyrochroa rufula (Motschulsky) (図 13) 1♂
クロケブカハムシダマシ Macrolagria robusticeps (Lewis) 2exs.
キボシルリハムシ Smaragdina aurita (Linnaeus) 1ex.
チャイロサルハムシ Basilepta balyi (Harold) 1ex.
フジハムシ Gonioctena rubripennis Baly 1ex.
ヤナギルリハムシ Plagiodera versicolora (Laicharting) 1ex.
クワハムシ Fleutiauxia armata (Baly) 1ex.
ニレハムシ Pyrrhalta maculicollis (Motschulsky) 1ex.

<四国> 12種、全て徳島県剣山で20-22. VII. 2007採集、個体数のみ示す。
エダヒゲナガハナノミ Epilichas flabellatus flabellatus (Kiesenwetter) 1ex.
クロホソジョウカイ Lycocerus aegrotus (Kiesenwetter) 1♀
ニセジョウカイ Lycocerus infuscatus (Yajima et Nakane) 2♂3♀
タキモトクビボソジョウカイ Hatchiana takimotoana (Kiriyama) 1♀
クリイロジョウカイ Stenothemus badius (Kiesenwetter) 5♂1♀
アオジョウカイ Themus cyanipennis Motschulsky 1♀
マダラカミキリモドキ Oncomerella venosa (Lewis) 1ex.
キアシアオハムシダマシ Arthromacra flavipes Nakane 1ex.
ニシアオハムシダマシ Arthromacra kyushuensis Nakane 4exs.
ハムシダマシ Lagria rufipennis Marseul 4exs.
クロツヤバネクチキムシ Hymenalia unicolor Nakane 1ex.
ヤチダモノナガキクイムシ Crossotarsus niponicus Blandford 1ex.
 以上、種名未決定種2種を含むのべ96種を記録した。石垣島のイシガキクビアカジョウカイ、ホタルツツカッッコウムシなどは採集例の少ない種である。また、タイワンツヤコメツキモドキ(沖縄本島)、スジアシハナノミダマシ(宮古島)、ハイイロカミキリモドキ八重山亜種(与那国島)などは、それぞれの島での初記録のようである。デオキノコムシの一種と、セマルヒラタムシの一種は、後日の解明を期待したい。沖縄本島西原のハイイロテントウを始め、同じく多野岳のアカタデハムシ、石垣島のクロバヒゲナガハムシなど、琉球は多方面からの移入種の侵入に脅かされているようである。

引用文献
秋田勝己(1996)ホタルツツカッコウムシの記録. 月刊むし, (317): 38.
緒方靖哉(2006)あちこち・ちょこちょこ採集記 沖縄本島での採集. KORASANA, (73): 65-71.
緒方靖哉(2007)あちこち・ちょこちょこ採集記 石垣島での採集. KORASANA, (74): 27-31.
緒方靖哉(本誌投稿中)あちこち・ちょこちょこ採集記 琉球島飛び採集. KORASANA, (75).
緒方靖哉(本誌投稿中)あちこち・ちょこちょこ採集記 札幌 八剣山での採集. KORASANA, (75).
川田一之(2000)ホタルツツカッコウムシ8月の記録. 月刊むし, (358): 40.
金子義紀(1996)ホタルツツカッコウの追加記録. 甲虫ニュース, (115): 12.
佐藤真矢(1995)日本未記録のカッコウムシの1種. 甲虫ニュース, (112): 1-2.

前のページ
喜界島で2007年に採集した甲虫
コンテンツのトップ 次のページ
長崎県島原半島産甲虫覚え書き 2 −雲仙市田代原(たしろばる)の牧場草地の甲虫−