今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン

Koganemushi,(56),1994,12
長崎県産カミキリムシ科目録

今坂正一・阿比留巨人・青木良夫・楠井善久
松尾照男・松田 亨・峰 正隆・野田正美
(長崎昆虫同好会甲虫会グル−プ)

はじめに
甲虫会リスト第2集として、長崎県産カミキリムシ科目録を報告したい。長崎県のカミキリムシ科については、Arthur Adamsによる対馬などの採集品の中からPascoe(1871) がハラアカコブカミキリとPothyne silacea を新種記載したのが嚆矢である。ついで、日本産甲虫類研究の実質上の創始者とも言えるGeoge Lewisの採集品に基づき、Bates(1873)は県下より23新種を記載し、10種を記録した。この論文が、日本産カミキリムシ科研究の最初の纏まった報文であり、長崎県産はそのベ−スとして使用されたと言う点に置いても重要である。

その後、Pascoe(1875) ,Lewis(1879),Bates(1884),Gahan(1906)により記載、報告されたが、今世紀に入ってようやく、三輪(1933),Matsushita(1933) ,水戸野(1941-2)など日本人自身により、国内産カミキリムシの分類学的研究が行われるようになり、県下の資料も使用された。

第二次大戦後の1951年、布施康隆氏、山根孝夫氏などにより長崎昆虫同好会が結成され、地元の同好者による調査が本格的に始まった。1954年には、山根、萬木二郎、神谷(現姓:佐々治)寛之、生島貞利の4氏により、県下初の長崎県産天牛科仮目録が発表され、76種が記録された。また、平松(1955)による平戸島の記録(24種) 、浦田(1955)による対馬のリスト(29種)も公表された。これらの集大成として、生島(1957,1958) による『長崎県の天牛覚書きI,II』が発表され、119 種がまとめられた。この報文は、海外の文献も含め、それまでの記録を網羅したもので、当時としては国内でも第一級の県レベルのリストと言えると思う。

引き続き、池崎(1960),嶋(1964),江島(1968)などにより報告が続いたが、一時、『こがねむし』誌上も蝶一色の時期があった。

1969年には、林・小島による『原色日本昆虫図鑑Iカミキリ編』が出版され、全国的なカミキリブ−ムが起こった。県下でも、今里(1972),江島・野田(1973),今坂・岩崎(1974,1978) など、続々と発表された。また、長崎県生物学会による離島の総合調査も始まり、対馬(1976),壱岐(1977),五島列島(1981),男女群島(1981)のリストも公表された。松尾(1983)は平戸島の、そして今坂・岩崎(1981,1982) は島原半島の、今坂・緒方・西田(1987)は多良岳の、それぞれまとめを行った。また、阿比留・今坂(1983,1986) は長崎市内から、田中・野田・峰(1991)は野母半島から報告した。

以上、離島など未調査の地域も多いが、対馬、多良岳、島原半島などかなり解明が進んだものと考えられ、これを機会に、県内のまとめを行なった。多良岳など、佐賀県側でまだ何種もの県未記録種が採集されているし、文献調査も完全ではないので、今後も調査を続け万全を期したい。

採集地:長崎県概念図参照(略)

採集者:著者等によるものは姓のみで示し、その他は全記した。

デ−タ:主として文献から引用したが、文末の参考文献からのものは文献名を省略し、それ以外は、著者名と発表年のみを示した。未発表のデ−タは、地域ごとに代表的なものをあげたが、それらの同定は著者等による。

学名と配列:主として、日本鞘翅目学会編(1984)に従ったが、一部は、著者等の考えで別の学名を採用した。種ナンバ−の代わりに◎印を付けたものは、県下の分布を疑問視しているもの。謝辞:貴重な標本デ−タの使用を許していただき、県内の産地や分類学的なことに付いて、種々のご教示をいただいた青木一郎、廣川典範、布袋厚、池崎善博、日下部良康、桃下大、西田光康、大西秀隆、田中清、故江島正郎の各氏に心より厚くお礼申し上げる。

 

長崎県産カミキリムシ科目録

カミキリムシ科 Cerambycidae 1a.コゲチャヒラタカミキリ原亜種 Eurypoda unicolor unicolor HAYASHI
暖流沿いに、奄美大島、屋久島、伊豆御蔵島、高知県黒尊で記録されており、平戸島は北限記録。7.8 月に少数が採集されている。平戸島(志々岐山)(松尾1985) 。

1b.コゲチャヒラタカミキリ対馬亜種 Eurypoda unicolor tsushimana OHBAYASHI
対馬特産亜種。7.8 月に灯火、イスノキ樹皮下で得られている。対馬(竜良山)(OHBAYASHI 1963: 亜種原記載) 。

2.ベ−ツヒラタカミキリ Eurypoda batesi  GAHAN
ラオス、トンキン、中国南西部と、沖縄本島から関東まで暖流沿いの低地に分布し、 6-8月、対馬海流沿いの離島と県本土で、シイ古木の樹幹を這ってるものや、灯火に来たものが見つかる。対馬(有明山、厳原、竜良山),五島列島(野崎島、中通島:高井旅・米山),長崎市(滑石、岩屋山、諏訪公園、白木、愛〓山),島原半島(橘神社)(津田1984)。

3.ウスバカミキリ Megopis sinica sinica WHITE
中国、朝鮮と、奄美大島以北の日本全土に分布し、7.8 月に離島と県本土の低地からブナ帯まで、立ち枯れの樹幹を這ってるものや、灯火で得られる。対馬(志多留、厳原、内山、竜良山),壱岐(岳ノ辻、半城),五島列島(福江島:七岳・福江),平戸島(岩の上),北松国見山,多良岳(五家原岳),長崎市(城の古趾、諏訪公園),野母半島(高浜),島原半島(赤松谷、眉山、折橋、六つ木、新山、橘神社、白土、堀端)。

4.ノコギリカミキリ Prionus insularis insularis MOTSCHULSKY
屋久島以北の日本全土に分布し、6-9 月、離島と県本土の低地からブナ帯で、夕刻、よく林間を飛び回り、立ち枯れの樹幹や、灯火でも得られる。対馬(佐須奈、久原、大星山、鹿見、志多留、浅藻、有明山、厳原、内山),壱岐(片原、牛方、那賀),五島列島(野崎島、中通島:青方、福江島),平戸島(西の久保、明の川内、中野、紐差、志々岐山),北松国見山(1ex.19. VIII.1985.松尾採集),多良岳(五家原岳、黒木),肥前大島(1ex.死骸の一部.4. VIII.1994.楠井採集),時津町(浜田郷 1♂.14.VII.1988.青木採集、西時津郷崎野 1♂.21.VII.1992.青木採集),長崎市(岩屋山、道の尾公園、住吉町、日吉),諫早市(小倉 1♂.14.VII.1988.青木採集),野母半島(香焼町),高島,島原半島(雲仙岳、眉山、俵石、諏訪池、牧の内、高野、折橋、新山、崩山、橘神社、白土、岩戸山)。

5.ニセノコギリカミキリ Prionus sejunctus  HAYASHI
屋久島以北〜関東地方まで分布し、6-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯で、夕刻、よく林間を飛び回り、灯火で得られる事が多い。対馬(草間1973) ,五島列島(中通島:山王山・高井旅・米山、奈留島:泊、福江島:七岳),平戸島(安満大橋、安満岳),多良岳(五家原岳、南河内林道、白木峰、目代),長崎市(式見牧場、三ツ山、稲佐山、白木),野母半島(高浜),島原半島(雲仙岳、俵石、大野木場、東原、牧の内、新山、崩山、白浜、岩戸山)。

6.コバネカミキリ Psephactus remiger remiger  HAROLD
九州以北の日本全土に分布し、7.8 月に、対馬と県本土の低山地からブナ帯で、立ち枯れや灯火で得られる。対馬(御岳、大星山、目保呂、有明山、竜良山),平戸島(安満岳),東彼杵町(遠目郷 1♀. 22. VII.1991.青木採集),多良岳(金泉寺、五家原岳),島原半島(眉山、田代原)。7.クロカミキリ Spondylis buprestoides (LINNE)
旧北区一帯と、沖縄本島以北の日本全土に分布し、6-9.11月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、灯火によく飛来し、夜間マツの伐採木に多い。対馬(樽ヶ浜、久根、有明山、厳原、内山、豆酘),壱岐(片原、那賀),五島列島(中通島:山王山・高井旅・米山、若松島:龍観山、福江島:大曲・上大津),平戸島(大久保、安満大橋、戸石川),北松国見山(1ex.19. VIII.1985.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、白木峰、目代),長崎市(式見牧場、稲佐山、白木),高島,島原半島(雲仙岳、田代原、眉山、上木場、俵石、大野木場、礫石原、東原、牧の内、高野、新山、白土、中島、白浜、岩戸山)。

8.ケブカヒラタカミキリ Nothorhina punctata (FABRICIUS)
旧北区一帯と、九州、四国、本州に分布し、夜間、低地の公園などのマツの樹幹に這っている。本県では、8 月、ライトトラップで得られた長与町高田郷(江島1983) の記録が唯一確実なところ。対馬(峰町)?(藤田1980) の記録ははっきりしない。

9.サビカミキリ Arhopalus coreanus (SHARP)
旧北区一帯と、九州以北の日本全土に分布する。7-9 月、記録は少ないが、離島と県本土の低地からブナ帯まで、灯火で得られるている。対馬(佐須奈、厳原),五島列島(中通島:若松町、若松島),多良岳(五家原岳、白木峰),長崎市(松ヶ枝町、西山町),高島,島原半島(俵石、新山、白土)(全て、Arhopalus rusticus (LINNE) として)。

10.ツシマムナクボカミキリ Cephalallus unicolor GAHAN
インドシナ、大陸と、沖縄本島以北の日本全土に分布し、6-9 月、対馬、平戸島と県本土の低地からブナ帯まで、灯火によく飛来し、夜間マツの伐採木に多い。対馬(比田勝、大星山、浅藻、樽ヶ浜、内山),平戸島(紐差、安満岳、戸石川),多良岳(五家原岳、南河内林道、白木峰),長崎市(稲佐山、金比羅山),島原半島(雲仙岳、田代原、千本木、俵石、新山、白土、橘神社)。11.オオクロカミキリ Megasemum quadricostulatum KRAATZ
シベリアなど大陸と、九州以北の日本全土に分布し、7.8 月、五家原岳山頂付近の吹上げおよび灯火で、少数が得られている。多良岳(五家原岳)(今坂ほか1987)。

12.オオマルクビヒラタカミキリ Asemum striatum (LINNE)
全北区一帯と、四国、本州、北海道のモミ帯以上に分布し、九州以西では対馬のみで知られるが、記録は少ない。対馬(白岳、厳原)。

13.ホソカミキリ Distenia gracilis gracilis (BLESSIG)
極東大陸と、九州以北の日本全土に分布し、7.8 月、対馬、平戸島と県本土の低地からブナ帯まで、灯火や枯れ枝のビ−ティングで得られる。対馬(大星山、樽ヶ浜、鹿見、有明山、厳原、白岳、日見、竜良山),平戸島(安満岳),北松国見山,多良岳(五家原岳、黒木),島原半島(雲仙岳、眉山、俵石、西郷、橘神社)。

14.ケブトハナカミキリ Caraphia lepturoides (MATSUSHITA)
沖縄本島から神奈川県までの主として沿岸地方に分布し、 6月に対馬と中通島のみで記録されている。対馬(平安高校1959) ,五島列島(中通島:奈良尾町)。

15.ニセハイイロハナカミキリ Rhagium pseudojaponicum  PODANY
朝鮮半島と済州島に分布し、国内では対馬の特産種で、対馬が原産地。マツやモミの立ち枯れ樹皮下で得られる。従来、九州、四国、本州に分布し、本種とされていたものは、OHBAYASHI(1994)により、新種 R.femorale として記載された。対馬(厳原)(PODANY 1964: 原記載)。

16.ムナコブハナカミキリ Xenophyrama purpureum  BATES
九州と愛知県以西の本州に分布し、5-7 月、雲仙山頂に吹上げで飛来し、ヤシャブシの生木のビィ−ティングでも得られた。雲仙噴火の影響が懸念されたが、1994年には田代原でも採集され、より低標高でも生き残っていることを確認できた。島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、田代原)(今坂1978) 。

17.フタコブルリハナカミキリ Stenocorus caeruleipennis (BATES)
樺太と、九州以北の日本全土に分布し、5 月に多良岳のウツギの花で、6 月に雲仙山頂直下で飛翔中のもの、各一例が知られている。雲仙噴火で絶滅が懸念される。多良岳(五家原岳−金泉寺),島原半島(雲仙岳)。

18.カラカネハナカミキリ Gaurotes doris BATES
九州以北の日本全土に分布し、5.6 月に、多良岳の中腹以上で、花上、伐採木に見られるが多くない。多良岳(南河内林道)。

19.キバネニセハムシハナカミキリ Lemula decipiens BATES
東シベリアと、九州、四国、本州に分布し、4-6 月、対馬を除く離島と、県本土の低地からブナ帯まで、コナラ、カエデを始めとして、多くの花に集まる。五島列島(中通島:山王山),平戸島(安満岳、志々岐山),北松国見山(4exs.20.V.1982.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 2♂ 1♀.12.V.1988.今坂採集),時津町(鳴鼓岳 1ex.29.IV.1992.青木採集),長崎市(西山、烽火山、三ツ山、金比羅山、妙相寺、愛〓山、八郎岳),野母半島(香焼町),島原半島(赤松谷、田代原、焼山、千本木、上木場、諏訪池、新山、崩山、元池、吉川、口之津公園)。

20.ピックニセハムシハナカミキリ Lemula rufithorax  PIC
九州、四国、本州に分布し、地域によっては局所的に多いが九州では少なく、本県では、6 月の多良岳(金泉寺)(江島1968)の採集例が唯一の記録。

21.ヒナルリハナカミキリ Dinoptera minuta (GEBLER)
極東大陸と、九州、四国、本州に分布し、4-6 月、離島と県本土の低山地からブナ帯まで、カエデを始めとして、多くの花に集まる。キバネニセハムシハナカミキリと共に得られる事が多いが、本種はより山手に多い。対馬(比田勝、久須保、大星山、鹿見口、日見、内山),五島列島(中通島:奈良尾町),北松国見山(1ex.2.V.1980.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 1♀. 12. V.1988.今坂採集),時津町(鳴鼓岳 1ex.29.IV.1992.青木採集),長崎市(烽火山、妙相寺、金比羅山),島原半島(雲仙岳、赤松谷、俵石、千本木、上木場)。

22.キュウシュウヒメハナカミキリ Pidonia kyushuensis  YAMAWAKI
九州のブナ帯の特産種で、本県では初めての記録。山頂のコゴメウツギから採集した。本種以下、全てのPidoniaが、今のところ、壱岐、五島列島、男女群島、西彼杵半島、長崎市付近、野母半島の各地域から記録がない。真に分布しないのであれば、何らかの地史的な理由があるものと思われる。多良岳(五家原岳 1♂.2. VI.1992.今坂採集)。

23.ヤノヒメハナカミキリ Pidonia chairo TAMANUKI
九州、四国、本州に分布し、6.8 月、多良岳と雲仙岳のノリウツギ花上などで、少数得られている。雲仙の本種の採集地(普賢池付近)から溶岩ド−ムが出現し、絶滅が心配される。多良岳,島原半島(雲仙岳)(ヒメハナカミキリP.mutataとして) 。

24.ナガバヒメハナカミキリ Pidonia signifera (BATES)
九州、四国、本州に分布し、北陸地方と東北地方の個体群は、それぞれ別亜種と考えられている。4-7 月、平戸島と県本土の低山地からブナ帯まで、種々の花上に多い。1994年、雲仙山頂付近では、雲仙噴火後も生き残っていた。平戸島(安満岳),北松国見山(松尾1983) ,多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、黒木、轟峡),島原半島(雲仙岳、宝原、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場)。

25.ツシマヒメハナカミキリ Pidonia tsushimana SAITO et SAITO
対馬特産種で、(今坂1985)はナガバヒメハナカミキリ Pidonia signifera (BATES)として記録し、本州産などとの相違点をあげた。5 月にアズキナシ、ウツギなどの花上で得られる。対馬(御岳、大星山、有明山、厳原)(SAITO・SAITO 1988:原記載)。

26.ミスジヒメハナカミキリ Pidonia gibbicollis (BLESSIG)
済州島と朝鮮、中国東北部、ウスリ−、アム−ルなど大陸に分布し、国内では対馬特産種。5.6月にマルバウツギなどの花上に集まるが、少ない。対馬(比田勝、佐須奈、鹿見口、有明山、厳原、内山)。

27.ヒミコヒメハナカミキリ Pidonia neglecta KUBOKI
九州と四国に分布し、5.6 月に県本土の低山地からブナ帯まで、カエデやコゴメウツギなどの花上にあつまるが、多くない。北松国見山(松尾1983) ,多良岳(南河内林道、轟ノ滝),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原)(ムネアカヒメハナカミキリP.muneaka muneakaとして) 。

28.オオヒメハナカミキリ Pidonia grallatrix (BATES)
九州、四国、本州に分布し、5-7 月に多良岳と雲仙岳の山頂から中腹にかけて、コゴメウツギやコガクウツギなどの花上で見られる。雲仙ではモミ林の下生えのコガクウツギ花上に局地的に多産し、噴火後の1994年にも見られた。食樹としてブナが知られているが、雲仙ではブナが生えている周辺ではほとんど取れず、モミの純林に近い所に多産することから、モミとの関係が想像される。本県では、九州山地に特産する上翅のS紋が完全に消失した型 f.pallidisuturalisは得られていない。多良岳(南河内林道),島原半島(雲仙岳、赤松谷)。

29.イヨヒメハナカミキリ九州亜種 Pidonia hylophila affinis KUBOKI
九州と中国地方のブナ帯に特産し、本県では初記録。山頂のコゴメウツギから採集した。多良岳(五家原岳 1♂.2. VI.1992.今坂採集)。

30.ニセヨコモンヒメハナカミキリ Pidonia simillima  OHBAYASHI et HAYASHI
九州、四国、本州と北海道南部に分布し、4-6 月、県本土の低山地からブナ帯まで、カエデやコゴメウツギなどの花上に多い。北松国見山(松尾1983) ,多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木),島原半島(雲仙岳、雲仙別所、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原)。

31.セスジヒメハナカミキリ Pidonia amentata amentata (BATES)
九州、四国、本州の阿武隈山地以南に分布し、4.5 月、国見山と多良岳の中腹で、カエデやコゴメウツギなどの花上に集まるが、余り多くない。なぜか、島原半島には分布しない。北松国見山(松尾1983) ,多良岳(南河内林道、轟ノ滝)。

32.トサヒメハナカミキリ Pidonia approximata  KUBOKI
九州、四国、本州の関東山地以西に分布し、4-6 月、県本土の低山地からブナ帯まで、カエデやコゴメウツギなどの花上に多い。主としてモミ林に多いとされているが、本県ではモミが生えない低標高のマツ林にも多産し、マツに依存しているものと思われる。北松国見山(松尾1983) ,多良岳(南河内林道、轟ノ滝),島原半島(雲仙岳、宝原、雲仙別所、赤松谷、千本木、眉山、上木場)33a.チャイロヒメハナカミキリ Pidonia aegrota aegrota (BATES)
九州、四国、本州に分布し、4-7 月、平戸島と県本土の低山地からブナ帯まで、種々の花に多い。平戸島(安満岳),北松国見山(松尾1983) ,多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木),島原半島(雲仙岳、宝原、雲仙別所、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場)。

33b.チャイロヒメハナカミキリ対馬亜種 Pidonia aegrota kubokii HAYASHI
対馬の特産亜種で、5.6 月、シイやマルバウツギなどの花上に多い。対馬(佐須奈、御岳、大星山、豊玉町和板、鹿見口、日掛、若田、有明山、厳原、日見、日見林道、内山、竜良山、豆酘)(HAYASHI 1984:亜種原記載)。

34.フタオビチビハナカミキリ Pidonia puziloi (SOLSKY)
済州島、樺太、極東大陸と、九州、四国、本州、北海道南部に分布し、4-7 月、対馬と県本土の
低山地からブナ帯まで、種々の花に多く、特にコガクウツギには多い。対馬(佐須奈、御岳、大星山、豊玉町和板、経塚,鹿見口、日掛、若田、有明山、厳原、日見林道、内山、豆酘),北松国見山(松尾1983) ,多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、黒木、轟峡),島原半島(雲仙岳、宝原、雲仙別所、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場)。

35.チビハナカミキリ Grammoptera chalybeella  BATES
南千島、樺太、シベリアと、九州以北の日本全土に分布するが、本県では対馬の特産種。5 月に花上で得られる。対馬(大星山、有明山)(白水・松田・明石1961) 。

36.ヘリウスハナカミキリ Pyrrhona laeticolor laeticolor  BATES
九州、四国、本州に分布し、4-6 月、平戸島、多良岳、雲仙の中腹以上で、サワフタギ、コゴメウツギなどの花上に集まる。平戸島(安満岳)(吉武1981) ,多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道),島原半島(雲仙岳、宝原、赤松谷、田代原、千本木、上木場)。

37.チャボハナカミキリ Pseudalosterna misella (BATES)
シベリア、朝鮮と、九州、四国、本州に分布するが、本県では対馬の特産種。5 月に花上で得られる。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、豊玉町和板、経塚、鹿見口、上見坂、日見林道、白岳、豆酘崎)。

38.ミヤマクロハナカミキリ Anoploderomorpha excavata (BATES)
中国東部と、屋久島、九州、四国、本州に分布し、4-6 月に平戸島と県本土の低地から低山地のシイ花上で得られた。ほかの地方とは異なり、ブナ帯の花上(雲仙岳、多良岳とも)では見られない。平戸島(安満岳),多良岳(轟ノ滝、黒木),西彼杵半島(県民の森 2♀.17.V.1988.今坂採集),長崎市(八郎岳、金比羅山、本河内),島原半島(上木場、橘神社)。

39.ツヤケシハナカミキリ Anastrangalia scotodes scotodes (BATES)
樺太と、屋久島以北の日本全土に分布し、長崎が原産地。4-7 月、離島と県本土の低地から低山地のマツ林で、種々の花に集まる。対馬(御岳、久須保、大船越、日見、日見林道、有明山、厳原、内山、竜良山、豆酘、豆酘崎),五島列島(野崎島、福江島),平戸島(安満岳、岩の上、後平、西の久保、志々岐山),北松国見山(1ex.11. V.1994.松尾採集),多良岳(白木峰、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 3♂ 1♀.31.V.1987.野田採集、長崎市三重樫の久保),牧島(1 ♂.14.V.1994.楠井採集),時津町(鳴鼓岳 2♂.23.IV.1989.青木採集),長与町(高田郷 1♀.10.V.1991.峰採集),長崎市(烽火山、金比羅山、千々)(BATES 1873:原記載),諫早市(上山 1♀.1. VI.1994.青木採集),野母半島(高浜),島原半島(雲仙ゴルフ場、千本木、眉山、上木場、塔の坂、牧の内、新山、岩戸山)。

◎ アカハナカミキリ Corymbia succedanea (LEWIS)
樺太、極東大陸と、九州以北の日本全土に分布するが、池島産は炭鉱用の材(松材?)から発生しているものと考えられ、これは他所から持ち込まれたものと思われるので、本来の分布とは考えにくい。長崎市(本大工町)(生島1958) からも記録されているが、偶産と思われ、県内ではほかに採集されていないので、今のところ県内の自然分布は疑問視している。池島(2exs.28.V.1994.楠井採集)。

40.ムネアカクロハナカミキリ Leptura dimorpha BATES
樺太、朝鮮、シベリアと、九州、四国、本州、北海道南部に分布し、5.6 月、県本土の低山地で、ミズキ、コゴメウツギ、シイ花上に集まるが、多くない。多良岳(白木峰、黒木),長崎市(岩屋山),島原半島(田代原、千本木)(クロハナカミキリL.aethiops dimorphaとして),
41. キモンハナカミキリ Leptura duodecimguttata duodecimguttata FABRICIUS
樺太、極東大陸と、中部以北〜北海道まで分布し、西日本では対馬の特産種。5.6 月、花上で得られる。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、峰町大久保、豊玉町和板、日見、日見林道、有明山、内山、豆酘)。

42. ヤツボシハナカミキリつまぐろ型 Leptura arcuata mimica  BATES
屋久島以北の日本全土に分布し、中部以北では特に班紋の変異が多い。つまぐろ型は関東南部以西の低山地に見られ、大陸産は別亜種。4-8 月、対馬を除く、離島と県本土の低地からブナ帯まで見られ、種々の花に集まるほか、山頂に吹上げで飛来する。壱岐(片原、半城、沼津、射手吉),五島列島(中通島:奈良尾町・米山、福江島:鬼岳・福江),平戸島(安満岳、中野、西の久保、後平),北松国見山(1ex.30. V.1993.松尾採集),東彼杵町(遠目郷 1ex.31.V.1990.青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、白木峰、黒木),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 1ex.31.V.1987.阿比留採集),松島(1ex.16. V.1994.楠井採集),長与町(高田郷 1♀.10.V.1991.峰採集、堂崎 1ex. 27. IV.1994.青木採集),長崎市(岩屋山、式見、烽火山、金比羅山、白木、小八郎岳、八郎岳),野母半島(高浜、野母崎),島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、千本木、眉山、上木場、塔の坂、牧の内、上古賀、新山、水無川、木津、愛〓山)(ツマグロハナカミキリL.a. tsumagurohanaとして)。

43a.ヨツスジハナカミキリ九州亜種 Leptura ochraceofasciata ochrotela  BATES
沖縄本島以北の日本全土に分布するが、地域により変異があり、県本土産は九州亜種とされる。本亜種の原産地は長崎で、九州、四国に分布し、6-8 月、平戸島と県本土の低地からブナ帯まで、ノリウツギなどの花上に多く、山頂に吹上げで飛来する。平戸島(安満岳、大久保、後平、白岳、戸石川),北松国見山(1ex.9.V.1985.松尾採集),東彼杵町(遠目郷 1ex.9. VII.1990.青木採集、大野原 1ex.11.VII.1991.青木採集),多良岳(五家原岳、諫早市片木、南河内林道、白木峰、黒木),西彼杵半島(県民の森 2♂ 1♀.16.VII.1987.今坂採集),長崎市(小江原、金比羅山、千々)(BATES 1873:亜種原記載),野母半島(高浜),島原半島(雲仙岳、吹越、雲仙別所、田代原、上木場、牧の内、神代、木津)。

43b.ヨツスジハナカミキリ対馬亜種 Leptura ochraceofasciata chujoi HAYASHI
対馬特産亜種として知られていたが、今坂ほか(1994)において、日下部は五島列島産を本亜種に含める考え方を示した。6-8 月、花上で得られている。対馬(大星山、佐護、阿連、上見坂、有明山、厳原、白岳、白岳林道、内山、竜良山)(HAYASHI 1961:亜種原記載),五島列島(野崎島、中通島:山王山・奈良尾町・米山、若松島:龍観山、奈留島、福江島)。

44.カタキハナカミキリ Leptura femoralis (MOTSCHULSKY)
樺太、極東大陸と、九州以北の日本全土に分布し、多良岳でも佐賀県側では得られているが、本県では記録がなく、対馬で知られるのみ。対馬(大船越 7月)(浦田1969) 。

45.オオヨツスジハナカミキリ Leptura regalis (BATES)
樺太、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、7.8 月に、多良岳と雲仙岳の中腹以上で、伐採木、花等で得られている。多良岳(南河内林道、白木峰、轟ノ滝、黒木),島原半島(雲仙岳)。46.ヒゲジロハナカミキリ Japanostrangalia dentatipennis (PIC)
九州、四国、本州に分布し、7 月、五家原岳の吹上げで1例、県民の森で5 月と6 月に花で各1例採集されているのみ。県民の森の記録は、標高も低く興味深い。多良岳(五家原岳),西彼杵半島(県民の森)。

47a.アオバホソハナカミキリ原亜種 Strangalomorpha tenuis tenuis  (SOLSKY)
大陸と樺太に分布し、国内では対馬の特産亜種。対馬(比田勝、大星山、有明山、日見林道)。47b.アオバホソハナカミキリ本土亜種 Strangalomorpha tenuis aenescens BATES
九州、四国、本州に分布し、4-7 月、多良岳と雲仙岳の中腹以上で、サワフタギなどの花で得られ、山頂に吹上げで飛来する。多良岳(五家原岳),島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、田代原)。48.ホソハナカミキリ Parastrangalis hosohana (OHBAYASHI)
九州、四国、本州に分布し、4-8 月、平戸島と県本土の低山地からブナ帯まで、花上に多く、特にコガクウツギの花に多い。平戸島(安満岳),北松国見山(1ex.28. V.1982.松尾採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、轟ノ滝),西彼杵半島(県民の森 3♀.12.V.1988.今坂採集),島原半島(雲仙岳、白雲の池、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内)49.タテジマハナカミキリ Strangaliella shikokensis (MATSUSHITA)
九州、四国、本州と北海道南部に分布し、5-7 月、長崎市周辺を除く、県本土の低山地からブナ帯まで、ミズキなどの花に集まるが多くない。北松国見山(5exs.28.V.1982.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道),西彼杵半島(県民の森 1ex.31.V.1987.野田採集),島原半島(雲仙岳、赤松谷、千本木)。

50.ニンフハナカミキリ Strangaliella nymphula (BATES)
九州、四国、本州と北海道南部に分布し、4-7 月、五島列島、平戸島と県本土の低山地からブナ帯まで、花上に多い。五島列島(中通島:山王山),平戸島(安満岳),北松国見山(7exs.28.V.1982. 松尾採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、白木峰、轟ノ滝、黒木),西彼杵半島(県民の森 1ex.28.V.1994.楠井採集),長崎市(八郎岳),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、魚洗川)。

51.ジャコウホソハナカミキリ Mimostrangalia dulcis (BATES)
九州、四国と福島県以南の本州に分布し、5-7 月、山頂の吹上げや花で少数が得られているが、国見山では割に得られる。平戸島(安満岳),北松国見山(1ex.4.VI.1982.松尾採集),多良岳(金泉寺、五家原岳),西彼杵半島(飯盛山)(野田・阿比留1987) 。

52.クロソンホソハナカミキリ Mimostrangalia kurosonensis (OHBAYASHI)
奄美大島、屋久島、九州、四国と本州(山口県・和歌山県)、伊豆御蔵島に分布し、7.8 月に、飛翔中のものが見つかった。対馬(有明山),多良岳(轟ノ滝)。

53.ベニバハナカミキリ Paranaspia anaspidoides (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、6.7 月、山頂の吹上げ、樹洞の中で見られ、市街地からブナ帯まで分布域は広い。対馬(比田勝、小比田、有明山),平戸島(安満岳),多良岳(五家原岳),長崎市(風頭山),島原半島(雲仙岳)。

54.モウセンハナカミキリ Ephies japonicus japonicus NAKANE et  OHBAYASHI
屋久島、九州、山口県に分布し、本県では五島列島(中通島:山王山)で 7月に飛翔中のものが1例のみ得られている。

55.ホソコバネカミキリ Necydalis pennata  LEWIS
北海道、千島、樺太、シベリア、済州島に分布。原産地は対馬(LEWIS 1879:原記載)だが、その後、再発見はされていない。

56.クロホソコバネカミキリ Necydalis harmandi PIC
九州、四国、本州に分布し、7.8 月、山頂に吹上げで飛来し、立ち枯れに見られるが少ない。島原半島(雲仙山頂付近)の狭い範囲でしか見付かっていないので、噴火の影響が懸念される。

57.トガリバホソコバネカミキリ九州亜種 Necydalis formosana niimurai  HAYASHI
基亜種は台湾産。本亜種は屋久島、九州、四国と本州(奥多摩以西の東海、紀伊半島)に分布し、6.7 月に安満岳ではタンナサワフタギの立ち枯れで見つかる。雲仙岳と眉山では山頂のタンナサワフタギ立ち枯れより羽化。平戸島(安満岳)(入江1981) ,島原半島(雲仙岳、眉山)。

58.アオスジカミキリ Xystrocera globosa (OLIVIER)
東南アジア、台湾、朝鮮等と、九州、四国、本州に分布し、5-9 月、離島と県本土の低地から低山地まで、灯火に飛来し、ネムの立ち枯れで見つかる。対馬(比田勝、知道山、大星山、樽ヶ浜、大船越、茶屋隅峠、厳原、日見、内山、豆酘),壱岐(半城、住吉、国分、射手吉),五島列島(平島、中通島:若松町・高井旅・奈良尾町・米山、若松島:龍観山),平戸島(西の久保),北松国見山(1ex.22. VIII.1984.松尾採集),佐世保市,多良岳(大村市乾馬場),池島(1ex.28. V.1994.楠井採集),時津町(西時津郷崎野 1♂.4.VII.1986.青木採集、浜田郷 1♂.26.VIII.1993.青木採集),長崎市(西北町、松枝町、稲佐山、白木),高島,野母半島(野母崎 1♀.26.VI.1971.野田採集),島原半島(上木場、大野木場、新山、白土、橘神社、貝瀬)。

59.オガサワラチャイロカミキリ Comusia testacea (GRESSITT)
小笠原諸島、石垣島以北の琉球、屋久島、佐多岬、足摺岬、福井県雄島と暖流沿いの分布を示し、7.8 月に、少数が得られている。対馬(大船越)(田中1983) ,平戸島(紐差町)(松尾・今坂1981) 。60.ベ−ツヤサカミキリ Leptoxenus ibidiiformis  BATES
台湾と、九州、四国、東海地方以西の本州に分布し、2.4-6 月、カゴノキの周囲のシイの花上で得られる。対馬(御岳、大星山、浅藻),平戸島(志々岐),多良岳(轟ノ滝、狸ノ尾)。

61.ミヤマカミキリ Massicus raddei (BLESSIG)
極東大陸と、屋久島、九州、四国、本州に分布し、6-8 月、離島と県本土の低地から低山地まで、クヌギ樹液に集まり、灯火に飛来する。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、増田、八幡宮神社、樽ヶ浜、浅藻、有明山、厳原、日見、内山、柿の木),壱岐(那賀、釘山、半城、牛方),五島列島(福江島:夫婦池・三井楽町),平戸島(志々岐山),多良岳(白木峰、黒木、大村市木場、目代),時津町(西時津郷崎野 1♂ 1♀.20.VIII.1988.青木採集),長崎市(式見牧場、松ヶ枝町、住吉町、金比羅山、白木),諫早市(農試),島原半島(眉山、折橋、新山、白土、口之津)。

62.トゲムネミヤマカミキリ Trirachys orientalis HOPE
東南アジアに広く分布するが、国内では島原半島のみに分布し、移入種と考えられる。6-9 月に夜間ソメイヨシノの大木の樹幹に集まり、交尾し産卵する。灯火、樹液にもくる。幼虫は生木の樹皮下を食害し枯らす。島原半島(折橋、杉谷、本光寺、新山、崩山、寺町、白土、堀端、湯江、橘神社)(HAYASHI 1961 ,今坂1970) 。

63. キマダラヤマカミキリ Aeolesthes chrysothrix chrysothrix (BATES)
中国西南部、台湾(以上別亜種)と、与那国島以北〜東北南部まで分布し、琉球産は 3亜種に分割される。原亜種の原産地は長崎。6-8 月、離島と県本土の低地から低山地まで、クヌギ樹液に集まり、灯火に飛来する。アカメガシワ花上で得たこともある。対馬(比田勝、大星山、砥石淵、鹿見、日見林道、厳原),壱岐(壱岐高校、勝本),五島列島(小値賀島、中通島:山王山),平戸島(紐差、安満岳、西の久保),多良岳(大村市乾馬場),時津町(西時津郷崎野 1♀.9. VII. 1986. 青木採集),長与町(堂崎 1♂.30.IV.1994.青木採集),長崎市(式見牧場、金比羅山、城の古趾、風頭山)(BATES 1973:原記載),島原半島(田代原、千本木、眉山、上木場、高野、折橋、新山、吉川、口之津公園)。

64. キイロミヤマカミキリ Margites fulvidus (PASCOE)
中国、台湾と、沖縄本島以北〜関東東部まで分布し、 5-8月,五島列島を除く離島と県本土の低地のシイ林で、夜間灯火に集まり、シイ花上で得たこともある。対馬(佐須奈、矢立山−佐須瀬) ,平戸島,長与町(堂崎 2♂ 2♀.30.IV.1994.青木採集),長崎市(滑石、金比羅山、諏訪町、白木、愛ご山)(BATES 1973),諫早市(御館山),島原半島(橘神社)。

65.マルクビケマダラカミキリ Hesperophanus campestris (FALDERMANN)
アジアの旧北区一帯と、九州、四国、本州に分布し、7 月に市街地の灯火で得られ、橘神社ではその後も2例採集されている。長与町(斉藤郷崎野 1♂ 1♀.17.VII.1992.青木採集),島原半島(橘神社)(足立1992) 。

66.トビイロカミキリ Allotraeus sphaerioninus (BATES)
トカラ中之島以北〜北海道南部まで分布し、5-8 月、対馬と県本土の低地からブナ帯まで、タブ類の枯れ枝や花に見られる。島原半島で採集されないのが不思議である。対馬(比田勝、佐須奈、矢立山−佐須瀬、日掛、砥石淵、鹿見口、日見、日見林道、厳原、竜良山),東彼杵町(遠目郷 2♀.30.IV.1994.青木採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木),長崎市(愛〓山),野母半島(高浜)。

67.トゲヒゲトビイロカミキリ Allotraeus rufescens (PIC)
屋久島以北〜房総半島まで分布し、5-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、タブ類の枯葉や枯枝に多く、灯火に集まる。対馬(厳原),五島列島(中通島:山王山・若松町・高井旅・米山、若松島:堤),相ノ島(伊藤・松岡1993),平戸島(白岳、安満岳、岩の上),多良岳(五家原岳、白木峰、黒木),西彼杵半島(県民の森 2exs.28. VI.1987.阿比留採集),長崎市(片渕町、三ツ山、稲佐山、千々、白木、日吉、甑岩),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、上木場、俵石、牧の内、木津)。

68.ヨツボシカミキリ Stenygrinium quadrinotatum BATES
台湾、朝鮮〜インドシナと、徳之島以北〜北海道南部まで分布し、長崎が原産地。5-7 月、離島と県本土の低地から低山地まで、クリ花上で得られるが、多くない。対馬(大船越),壱岐(那賀),五島列島(福江島:上大津),多良岳(白木峰、大村市乾馬場),長崎市(住吉町、一本木、三ツ山、白木、茂木町)(BATES 1873:原記載),野母半島(高浜),島原半島(千本木、愛〓山)69.アメイロカミキリ Stenodryas clavigera clavigera  BATES
屋久島以北〜東北地方南部まで分布し、4-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、種々の花に集まる。対馬(比田勝、日見、日見林道、白岳),壱岐(新城東),五島列島(中通島:山王山・米山、若松島:龍観山),東彼杵町(遠目郷 1ex.6. VII.1991.青木採集),多良岳(南河内林道、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 2♂.16.VI.1988.今坂採集),長崎市(金比羅山、白木),島原半島(雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、焼山、牧の内、木津、吉川)。

70.ヨコヤマヒメカミキリ Ceresium holophaeum holophaeum  BATES
石垣島以北〜新潟県まで分布し、6-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯までの灯火でえられるが少ない。対馬(日見),五島列島(野崎島、中通島:山王山・米山),多良岳(五家原岳、黒木),島原半島(新山)。

71.ヒゲナガヒメカミキリ Ceresium longicorne  PIC
台湾から東北地方南部まで分布し、7.8 月、対馬暖流沿いの離島と西彼杵半島で、枯れ葉や、灯火に集まる。KUSAMA ・TAKAKUWA(1984) も述べているように、ツシマヒメカミキリCeresium tsushimanum OHBAYASHI(対馬:目保呂、浅藻、厳原、日見、内山)(OHBAYASHI 1961:原記載)は、本種と同じ物であろう。対馬(大星山、有明山),五島列島(野崎島、中通島:若松町・米山),西彼杵半島(県民の森 1♂ 1♀.25.VII.1987.阿比留採集)。

72.テツイロヒメカミキリ Ceresium sinicum WHITE
東南アジアと九州、本州の大都市周辺に分布し、2-7.12月、対馬を除く離島と県本土の低地からブナ帯まで、枯れ枝、花上、灯火に多い。冬期、枯れ枝中で羽化し、初夏まで止まる。BATESが、1873年に長崎から記録しており、その後長く長崎市以外では知られなかったことから考えて、長崎を出発点として国内に侵入した種のように思われる。五島列島(中通島:山王山・奈良尾町・米山),平戸島(安満岳、後平、川内峠、志々岐),多良岳(五家原岳、轟ノ滝、黒木),肥前大島(1 ex.4. VI.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 1♂.16.VI.1988.今坂採集),池島(1ex.28.V.1994.楠井採集),時津町(浜田 1ex.15.V.1991.青木採集),長与町(高田郷 1♀.10.V. 1991. 峰採集、堂崎 1ex.30.IV.1994.青木採集),長崎市(岩屋山、住吉町、式見、小江原、金比羅山、三ツ山、白木、千々、愛〓山),野母半島(高浜、二ノ岳),高島,島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、新山、安徳、崩山、白土、木津、口之津公園、早崎、岩戸山)。

73.リュウキュウヒメカミキリ Ceresium fuscum fuscum MATSUMURA et MATSUSHITA  沖縄本島から房総半島まで、暖流に直接洗われる地域に分布し、本県では対馬と男女群島(男島、女島)(MAKIHARA 1980) で知られている。

74.チャイロヒメカミキリ Ceresium simile  flavopubescens KUSAMA et  TAKAKUWA  沖縄本島から神奈川県まで、暖流に直接洗われる地域に分布し、本県では男女群島(男島、女島)(MAKIHARA 1980) のみで記録されている。

75.タイワンメダカカミキリ Stenhomalus taiwanus MATSUSHITA
台湾から青森県まで分布し、5-7 月、離島と県本土の低地から低山地まで、カラスザンショウ枯枝や灯火に集まる。対馬(佐須奈、大星山、厳原、内山、竜良山、柿の木),五島列島(野崎島),平戸島(後平),多良岳(黒木、目代),長崎市(白木),島原半島(上木場、高野)。

76.カッコウメダカカミキリ Stenhomalus cleroides  BATES
九州、四国、本州に分布し、長崎が原産地。5-7.9 月に対馬と県本土の低地から低山地でクリの花や灯火に集まる。対馬,多良岳(小江、砥石川林道),長崎市(一本木、松ヶ枝町)(BATES 1873: 原記載),島原半島(千本木、新山、愛〓山)。

77.ルリメダカカミキリ Stenhomalus parallelus NIISATO
対馬の特産種で、近似種S.incongruusが中国大陸に分布する。ホストはエゾエノキで、6.7 月に枯れ枝のビ−ティングで得られる。対馬(NIISATO 1988:原記載)。

◎ ヒゲナガアメイロカミキリ Obrium longicorne  BATES
長崎が原産地だが、その後、国内からは原記載に合う種は採集されていないらしい。あるいは、次種を指すのかもしれないが、詳細は不明である。長崎(BATES 1973:原記載)。

78.サドチビアメイロカミキリの近似種 Obrium sp.
長崎市(白木)(今坂・阿比留1983) で 6月に灯火で得られた1例のみ。高桑正敏氏によって検討中である。

79.ツシマアメイロカミキリ Obrium tsushimanum HAYASHI
朝鮮と、長野県、北海道に分布し、対馬が原産地。5.6 月、ウツギ花上やケヤキ葉上に集まる。対馬(佐須奈、大星山、有明山、経塚)(HAYASHI 1974:原記載)。

80.ヤマトチビコバネカミキリ Leptepania japonica (HAYASHI)
四国と関東以西の本州に分布し、九州付近では対馬の特産種。対馬(比田勝)(足立1972) 6 月。81.リョウブモモブトヒメコバネカミキリ Epania shikokensis shikokensis  OHBAYASHI
沖縄本島、奄美大島、屋久島、高知県に分布し、九州では平戸島(志々岐山)(松尾・今坂1981)で 8月に枯れ枝のビ−ティングで得られた一例のみ。

82.ツヤケシヒゲナガコバネカミキリ Molorchoepania mizoguchii (HAYASHI)
与那国島から九州まで分布し、本県では対馬(大星山)(足立1975) の記録があるのみ。

83.タケウチヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra takeuchii takeuchii (OHBAYASHI)
屋久島から紀伊半島まで、暖流に直接洗われる地方に分布し、4.5 月に対馬と長崎市周辺の低地から低山地まで、シイなどの花上で得られ、少なくない。対馬(有明山)(白水・宮田1976) ,時津町(鳴鼓岳 1♂.23.IV.1989.青木採集),長与町(堂崎の鼻 2♂ 7♀.23.IV.1993.今坂採集、11♂ 1♀.27.IV.1994.青木採集),長崎市(八郎岳)(阿比留1985) ,諫早市(上山 1♂.28.V. 1994. 青木採集),野母半島(高浜)。

84.ホソツヤヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra nitidus OBIKA
四国と本州のブナ帯に分布し、九州付近では対馬の特産種。5 月に花で採集した。対馬(佐須奈、御岳、大星山)(高桑1975, 今坂1985) 。

85.オダヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra gracilis (HAYASHI)
九州、四国、本州に分布し、4 月に多良岳(南河内林道)のモミ林の周辺のカエデ花上で採集した1例のみ。

86.コジマヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra kojimai (MATSUSHITA)
九州以北の日本全土に分布し、4-6 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、種々の花に多い。対馬(佐須奈、大星山、鹿見口、日掛、日見林道),五島列島(中通島:奈良尾町・米山、福江島:河務),平戸島(安満岳、岩の上),多良岳(金泉寺、白木峰、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),長崎市(烽火山、帆場岳),島原半島(雲仙岳、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、新山、崩山、吉川)。

87.カエデヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra ishiharai (OHBAYASHI)
九州以北の日本全土に分布するが、本県では対馬の特産種。対馬(鹿見口)(足立1974)
88.ニッポンモモブトコバネカミキリ Merionoeda formosana septentrionalis  TAMU et TSUKAMOTO
海南島(別亜種)、台湾(基亜種)と、石垣島から暖流沿いに紀伊半島まで分布し、琉球では 3亜種に分割される。本県では屋久島以北に分布する亜種が分布し、8 月に対馬と五島列島でリョウブなどの花で採集されている。対馬(比田勝、大星山、厳原、内山),五島列島(野崎島、若松島:龍観山),相ノ島(伊藤・松岡1993)。

89.スネケブカヒロコバネカミキリ Merionoeda hirsuta (MITONO et  NISHIMURA)
台湾と、九州、四国、山梨県以西の本州に分布するが、本県では対馬の特産種。7.8 月、リョウブ花上やネムノキ立ち枯れで得られている。対馬(大星山、上見坂、有明山、内山、竜良山、万関展望台、千俵蒔山)。

90.トラフホソバネカミキリ Thranius variegatus variegatus  BATES
トカラ中之島以北の日本全土に分布し、6.7 月に対馬と県本土の低山地で、伐採木や灯火で得られる。対馬(大星山、柿の木),北松国見山,多良岳(黒木−金泉寺、南河内林道),長崎市。

91.ムモンチャイロホソバネカミキリ Thranius rufescens BATES
インドシナ、台湾から暖流沿いに九州、福岡県沖ノ島まで分布する。長崎(BATES 1884:原記載)が原産地だが、その後得られていない。

92.クスベニカミキリ Pyrestes nipponicus  HAYASHI
中国、朝鮮と、屋久島以北〜北海道南部まで分布し、7 月に対馬と長崎市でリョウブなどの花上で得られているが、不思議にその他の地域で採集できない。対馬産は黒っぽく、他産地のものと違
って見える。対馬(比田勝、佐護、大星山、有明山、厳原、白岳、竜良山),長崎市(金比羅山、風頭山)。

93.ミドリカミキリ Chloridolum viride (THOMSON)
樺太、中国、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、5.6 月、五島列島を除く離島と県本土の低山地の伐採木や花に集まるが、最近は少ない。対馬(比田勝、佐須奈、砥石淵、清水山、御岳、大星山、久須保、豊玉町和板、経塚、大船越、鹿見口、矢立山−佐須瀬、日掛、日見、日見林道、有明山、厳原、内山、竜良山、豆酘、豆酘崎),壱岐(半城、沼津、勝本、雄岳、射手吉、那賀),平戸島(安満岳、戸石川、中野),北松国見山(1ex.30. V.1993.松尾採集),佐世保市,長崎市(金比羅山、田上、日吉),島原半島(千本木、眉山)。

94.オオアオカミキリ Chloridolum thaliodes  BATES
中国北部、朝鮮と、九州以北の日本全土に分布するが、本県では対馬の特産種。多良岳の佐賀県側で記録があるので、県本土でも見つかるかもしれない。7.8 月、サワグルミの伐採木に飛来する。対馬(佐須奈、大星山、有明山、白岳、厳原、内山、柿の木)。

95.アオカミキリ Schwarzerium quadricolle (BATES)
朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、7 月に、対馬(志多留),多良岳(五家原岳)で記録がある。

96.ヒメスギカミキリ Palaeocallidium rufipenne (MOTSCHULSKY)
樺太、朝鮮と、沖縄本島以北の日本全土に分布し、4-6 月、離島と県本土の低地からブナ帯までスギの枯枝に多く、飛翔中のものを良く見る。対馬(比田勝、佐須奈、鹿見口、厳原、内山−豆酘),壱岐(岳ノ辻、那賀、射手吉),五島列島(福江島),平戸島(安満岳、岩の上、後平、津吉、志々岐山),北松国見山(1ex.17. V.1993.松尾採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、黒木、狸ノ尾),時津町(鳴鼓岳 2♂.30.IV.1993.青木採集),長与町(高田郷 1♀.10.V.1991.峰採集),長崎市(西北町、大浦、八郎岳),諫早市(上山 25exs.1. V.1992.青木採集),野母半島(高浜、野母崎),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、安徳、新山、白土、口之津)。

97.スギカミキリ Semanotus japonicus (LAC0RDAIRE)
台湾と、九州、四国、本州に分布し、前種と共に、スギの害虫として林業関係者に恐れられているというが、県本土では確実な記録を知らない。西彼杵半島(雪の浦付近)産は、長崎児童科学館に標本が保存されているらしい(生島1958による)が、分布はやや疑わしい。壱岐(高木1986; 浦川1994) 。

98.チャイロチビヒラタカミキリ Phymatodes vandykei  GRESSITT
九州以北の日本全土に点々と分布し、本県では対馬の特産種。対馬(厳原)(木村1952) 。

99.アカネカミキリ Phymatodes maaki KRAATZ
朝鮮、シベリアと、九州以北の日本全土に分布するが、本県では対馬の特産種。対馬(有明山)(白水・松田・明石1961)
100.シロオビカミキリ Phymatodes albicinctus BATES
朝鮮と、九州以北の日本全土に分布し、大村が原産地。4-6 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、ブドウ類の枯れヅルに集まるが、採集例が少ない。対馬(浅藻、鹿見口、厳原),五島列島(中通島:米山),多良岳(五家原岳、黒木、Omura)(BATES 1873:原記載),島原半島(崩山)。101.トラフカミキリ Xylotrechus chinensis (CHEVROLAT)
中国、台湾、朝鮮と、沖縄本島以北の日本全土に分布し、7 月、離島と県本土の低地のクワ畑で、クワ葉上に見られる。あるいは、悠か昔に養蚕と共に大陸から持ち込まれたのかもしれない。対馬(比田勝、犬吠、内山、柿の木),壱岐,五島列島(嵯峨島),多良岳(小長井町古場名、大村市葛城、目代、片木),西彼杵半島(長崎市松崎町),長崎市(油木町、諏訪公園),野母半島(香焼町),島原半島(眉山、礫石原、有明の森)。

102.ヤノトラカミキリ Xylotrechus yanoi  GRESSITT
九州、四国、福井県以西の本州に分布し、福岡県などではエノキの立ち枯れに多いが、本県では対馬の特産種。対馬(比田勝、大星山)。

103.ニイジマトラカミキリ Xylotrechus emaciatus  BATES
屋久島以北〜北海道南部まで分布し、7.8 月、対馬と多良岳の低山地から山頂まで、伐採木に集まる。対馬(御岳、大星山、有明山、竜良山),東彼杵町(遠目郷 1ex.22.VII.1991.青木採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、黒木)。

104.ブドウトラカミキリ Xylotrechus pyrrhoderus  BATES
中国(別亜種)、朝鮮と、九州以北〜北海道南部まで分布し、長崎が原産地。7 月、対馬と県本土のブドウ畑で見つかり、ブドウ枯れヅルより羽化する。対馬(大星山),長崎市(BATES 1873:原記載),野母半島(高浜),島原半島(牧の内、新山)。

105.ウスイロトラカミキリ Xylotrechus cuneipennis (KRAATZ)
極東大陸と、九州以北の日本全土に分布し、6-8 月、対馬、平戸島と県本土の低山地からブナ帯まで、伐採木に集まり、吹上げで山頂に飛来する。対馬(比田勝、御岳、大星山、上県町湊、有明山、厳原、竜良山),平戸島(安満岳),北松国見山,多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道),島原半島(雲仙岳、赤松谷)。

106.クビアカトラカミキリ Xylotrechus rufilius rufilius BATES
極東大陸と、屋久島以北の日本全土に分布し、5-8 月、対馬と県本土の低地から中腹まで、伐採木に多い。対馬(大星山、仁田、日見、日見林道、有明山、白岳、白岳林道、竜良山、豆酘、柿の木),東彼杵町(遠目郷 6exs.28. VI.1990.青木採集),多良岳(南河内林道、いこいの村 6exs.25. VI.1994.今坂採集),西彼杵半島(県民の森 7exs.28. VI.1987.野田採集、琴海町堤の平 1ex.3.VII.1990. 青木採集),時津町(西時津郷 1ex.20.VII.1994.青木採集),長崎市(日吉),野母半島(高浜),島原半島(赤松谷、田代原)。

107.ムネマダラトラカミキリ Xylotrechus grayii grayii (WHITE)
中国北部と、沖縄本島以北〜北海道まで分布し、八丈島と、台湾〜八重山諸島でそれぞれ別亜種が知られる。5-7 月、対馬、平戸島と県本土の低地からブナ帯まで、クマノミズキ花上や、伐採地の林縁の葉上で得ている。対馬(比田勝、賀谷、白岳林道、内山、竜良山、豆酘),五島列島(宇久島),平戸島(安満岳、中野),多良岳(五家原岳、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 1ex.12.V.1988.今坂採集),長崎市(岩屋山、木場町),島原半島(雲仙ゴルフ場、赤松谷、千本木、上木場)。

108.ズマルトラカミキリ Xylotrechus lautus lautus (MATSUSHITA)
屋久島以北〜中部以西に分布し、4-6 月に対馬を除く離島と県本土の低地から低山地まで、種々の花や伐採木に集まる。五島列島(野崎島、中通島:奈良尾町、福江島:七岳・河務),平戸島 (岩の上、志々岐山),北松国見山(6exs.28.V.1982.松尾採集),多良岳(轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 1ex.7. VI.1987.阿比留採集),長崎市(式見牧場、千々),島原半島(垂木、千本木、眉山、上木場、焼山)。

109.シラケトラカミキリ Clytus melaenus  BATES
九州以北の日本全土に分布し、5.7 月、対馬と多良岳、野母半島の低地からブナ帯まで、花や伐採木に集まる。島原半島にはいない。対馬(比田勝、佐須奈、砥石淵、御岳、大星山、豊玉町和板、大船越、、日掛、日見、日見林道、有明山、上見坂−白岳、有明山、内山),多良岳(五家原岳、南河内林道、黒木),野母半島(高浜)。

110.キンケトラカミキリ Clytus auripilis BATES
九州以北の日本全土に分布し、ケヤキの伐採木に少なくないが、本県では多良岳(砥石川林道 7月) (西田・今坂1988) の1例のみ。

111.キュウシュウチビトラカミキリ Perissus kiusiuensis kiusiuensis  OHBAYASHI
屋久島以北〜岐阜県以西に分布し、奄美・徳之島と、伊豆諸島にそれぞれ別亜種が知られる。7.8 月、離島と県本土の低山地で、枯れ枝に見られるが少ない。対馬(大星山、厳原、竜良山),五島列島(中通島:山王山、福江島:笹岳),平戸島(安満岳、志々岐山),北松国見山(1ex.14.VI.1982.松尾採集),多良岳(金泉寺、黒木),島原半島(眉山)。

112.アカネトラカミキリ Brachyclytus singularis  KRAATZ
シベリア、中国、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布するが、本県では対馬の特産種。対馬(鹿見口、竜良山)。

113.キスジトラカミキリ Cyrtoclytus caproides caproides (BATES)
樺太、中国東北部、朝鮮と、九州以北の日本全土に分布するが、長崎が原産地。屋久島には別亜種を産する。5-7 月、対馬と県本土の低地からブナ帯まで、クヌギの伐採木などに見られたが、ミドリカミキリなどと共に、クヌギが伐採され尽くしてほとんど見なくなった。対馬(西之内・久本1973) ,多良岳(金泉寺),西彼杵半島(県民の森 1♂.16.VI.1988.今坂採集),長崎市(西浦上)(BATES 1873:原記載),島原半島(眉山)。

114.エグリトラカミキリ Chlorophorus japonicus  (CHEVROLAT)
インドシナ、樺太、中国、朝鮮と、種子島以北の日本全土に分布するが、4-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、全域で、吹上げ、種々の花、枯れ枝等に多い。対馬(比田勝、佐須奈、砥石淵、御岳、大星山、目保呂、三根、洲藻、大船越、鹿見口、日見、有明山、厳原、上見坂−白岳、内山、竜良山、豆酘),壱岐(釘山),五島列島(中通島:米山,福江島:笹岳・鬼岳),平戸島(安満岳),北松国見山(1ex.14. VI.1982.松尾採集),佐世保市,東彼杵町(遠目郷 1ex.28.VI.1990. 青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、狸ノ尾、黒木),西彼杵半島(県民の森 1ex.7.VI.1987.阿比留採集、外海町大城 3exs.28. V.1994.楠井採集、外海町出津 1ex.19.VI.1993.青木採集),時津町(浜田郷 1ex.11.VII.1987.青木採集),長与町(平木場郷 1♀.26.VI.1993.峰採集、堂崎 4exs.28. V.1994.青木採集),長崎市(岩屋山、千々、日吉、甑岩),野母半島(高浜、二ノ岳、野母崎)(今坂1980) ,島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、俵石、焼山、西郷、牧の内、崩山、元池、口之津、岩戸山)。

115.クロトラカミキリ Chlorophorus diadema inhirsutus (MOTSCHULSKY)
極東大陸(基亜種)と、九州以北の日本全土に分布するが、本県では8 月に対馬(比田勝、佐須奈、白岳)と五島列島(平島)の記録があるのみ。

116.ヨツスジトラカミキリ Chlorophorus quinquefasciatus (CASTELNAU et GORY)
朝鮮、済州島と、暖流沿いに与那国島から茨城県まで分布し、6-8 月、離島と県本土の市街地や低地で、他に何もいない炎天下、花や葉上を飛翔中のものを良く見かける。対馬(佐護、大船越、有明山、厳原、内山、柿の木),海栗島(伊藤・松岡1993),壱岐(那賀、釘山、半城),五島列島(野崎島、平島、中通島:山王山・若松町・奈良尾町・米山・佐野原、若松島:龍観山・天神山、奈留島:泊・奈木・夏井、久賀島:白岳、福江島),宇々島(伊藤・松岡1993),相ノ島(伊藤・松岡1993),男女群島(男島、中之島、女島),上阿値賀島,平戸島(後平、岩の上、安満岳、志々岐山、戸石川),北松国見山(1ex.22. VIII.1984.松尾採集),多良岳(大村市乾馬場),肥前大島(1ex.4.VIII.1994.楠井採集),池島(2exs.28.V.1994.楠井採集),時津町(浜田郷 1ex.16.VII.1993.青木採集、西時津郷崎野 1ex.21.VII.1987.青木採集),長与町(琴の尾岳 1ex.19.VII.1988.青木採集、岡郷白髭神社 1ex.13.VII.1989.青木採集),長崎市(西山町、三ツ山、甑岩),多良見町(化屋名 1♀.26.VIII.1993.峰採集),野母半島(高浜、脇岬),高島,伊王島,樺島(8exs.23.VII.1993.今坂採集),島原半島(赤松谷、田代原、牧の内、崩山、白土、萩原、八幡町、有家町、早崎、口之津公園、岩戸山)。

117.タケトラカミキリ Chlorophorus annularis (FABRICIUS)
東南アジア一帯と、台湾から宮城県まで分布し、6.7 月、離島と県本土の低地から低山地まで、市街地やタケ林付近で飛翔中のものを見る。対馬(比田勝、厳原),壱岐(片原、半城),五島列島(福江島),平戸島(後平、大久保、岩の上、安満岳),多良岳(黒木),時津町(浜田郷 1ex.20.VI.1990.青木採集),長崎市(西山町、西北町、桜町、甑岩、愛〓山),高島,伊王島,樺島(1ex.23. VII.1993.今坂採集),島原半島(眉山、崩山、白土)。

118.メシマキイロトラカミキリ Chlorophorus nodai MAKIHARA
8 月に男女群島(女島)(MAKIHARA 1986: 原記載)で得られた1例のみで、その後採集されていない。

◎ カノミドリトラカミキリ Chlorophorus kanoi HAYASHI
九州南部と屋久島のみで知られており、本種の対馬(鳥飼1972) からの記録は疑わしい。

119.フタオビミドリトラカミキリ Chlorophorus muscosus (BATES)
朝鮮と、沖縄本島から暖流沿いに青森県、奥尻島まで分布し、6-9 月、離島と県本土の低地から低山地まで、ノリウツギ花上や伐採木に見られる。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、阿連、有明山、日見、竜良山),壱岐(岳ノ辻),五島列島(野崎島、中通島:山王山・奈良尾町・米山、奈留島:泊、久賀島:白岳、日ノ島),男女群島(中之島、女島),平戸島(岩の上、安満岳、志々岐山),北松国見山(1ex.22. VIII.1984.松尾採集),多良岳(黒木),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),島原半島(雲仙別所、赤松谷、田代原、千本木、眉山)。

120.ホソトラカミキリ Rhaphuma xenisca  (BATES)
九州以北の日本全土に分布するが、本県では 7月に多良岳(五家原岳)で得られた1例のみ。

121.ヒメクロトラカミキリ Rhaphuma diminuta diminuta (BATES)
シベリアと、屋久島以北の日本全土に分布し、奄美・沖縄本島には別亜種を産する。1.3-7 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、伐採木や種々の花上に多い。対馬(比田勝、御岳、大星山、浅藻、豊玉町和板、大船越、鹿見口、日見、有明山、厳原、上見坂−白岳、内山−豆酘、竜良山、豆酘),五島列島(中通島:山王山・奈良尾町・米山、若松島:堤、福江島:鬼岳・河務),平戸島(安満岳、岩の上、志々岐山),北松国見山(1ex.2.V.1980.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 2♂.12.V.1988.今坂採集),時津町(鳴鼓岳 1ex.23.IV.1989. 青木採集、西時津郷崎野 1ex.29.IV.1994. 青木採集),長与町(堂崎 2exs.31. V.1994.青木採集),長崎市(烽火山、金比羅山、滝の観音、白木、愛〓山、妙相寺、八郎岳),諫早市(上山 2exs.3.V.1993.青木採集),野母半島(高浜、野母崎),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、西郷、上古賀、崩山、本光寺、橘神社、口之津公園、岩戸山)。

122.カンボウトラカミキリ原亜種 Hayashiclytus acutivittis acutivittis (KRAATZ)
シベリア、中国東北部、朝鮮に分布し、国内では対馬の特産亜種。日本亜種は、九州山地には産するが、長崎・佐賀・福岡3県では発見されていない。対馬(大星山、浅藻),5 月。

123.キイロトラカミキリ Demonax notabilis notabilis (PASCOE)
中国西部(別亜種)、中国中・南部、朝鮮と、屋久島以北〜山形県まで分布し、5.6 月、対馬、黒子島と県本土の低山地のシイ花上で見られる。本種もクヌギ伐採と共に少なくなった。対馬(大星山、目保呂、洲藻、仁位、有明山、日見、日見林道、竜良山、豆酘崎),黒子島,北松国見山(1ex.4.VI.1982.松尾採集),多良岳(黒木),長崎市(金比羅山、八郎岳),野母半島(高浜、野母崎),島原半島(上木場、牧の内)。

124.トゲヒゲトラカミキリ Demonax transilis  BATES
屋久島以北の日本全土に分布し、4-8 月、離島と県本土の低山地からブナ帯まで、種々の花に多い。対馬(佐須奈、御岳、大星山、豊玉町和板、砥石淵、鹿見口、日掛、有明山、日見、日見林道、厳原−佐須峠),五島列島(福江島),北松国見山(1ex.28. V.1982.松尾採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、白木峰、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾、大村市北川内),西彼杵半島(県民の森 1♂.12.V.1988.今坂採集、岩瀬戸渓谷 1ex.2. V.1994.青木採集),島原半島(雲仙岳、白雲の池、雲仙別所、赤松谷、千本木、眉山、上木場、焼山)。

125.シロトラカミキリ Paraclytus excultus  BATES
九州以北の日本全土に分布し、4-7 月、対馬、国見山、多良岳、島原半島の低山地からブナ帯まで、種々の花に多い。西彼杵半島や長崎周辺で見つからないのが不思議である。対馬(佐須奈、大星山、鹿見口、日見、日見林道、竜良山、豆酘),北松国見山(1ex.8.V.1994.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山)。

126.ホタルカミキリ Dere thoracica WHITE
ラオス、中国、台湾、朝鮮、済州島と、九州以北〜岩手県まで分布し、2-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、全域で、ネムノキ枯枝や種々の花上に多い。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、砥石淵、日見、厳原、厳原−有明山、有明山、上見坂−白岳、内山、内山−豆酘、竜良山、豆酘),壱岐(射手吉),五島列島(中通島:樽見・奈良尾町、福江島:鬼岳),平戸島(志々岐山),東彼杵町(遠目郷 1ex.9. VII.1990.青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),長崎市(岩屋山、金比羅山、本河内、日吉、甑岩、市民の森),多良見町(船津 2exs.10. V.1991.峰採集),野母半島(香焼町、高浜、野母崎),島原半島(宝原、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、俵石、西郷、牧の内、焼山、新山、崩山、口之津)。

127.クビアカモモブトホソカミキリ Kurarua rhopalophoroides HAYASHI
北九州から奈良県まで点々と分布し、本県では対馬の特産種、雌だけで単為生殖を行う。台湾と西表島の個体群は雌雄がいて有性生殖を行う。対馬(大星山)(大林1980) ,6 月。

128.タキグチモモブトホソカミキリ Cleomenes takiguchii OHBAYASHI
屋久島から岩手県まで分布し、本県では 7月に多良岳(金泉寺)で1例採集記録があるのみ。

129.ケナガカミキリ Mimistena setigera japonica SCHWARZER
台湾(基亜種)と、沖縄本島から暖流沿いに山口県まで分布するが、本県では対馬の特産種。対馬(佐須奈、厳原、竜良山)。

130.モンクロベニカミキリ Purpuricenus lituratus GANGLBAUER
シベリア、中国、朝鮮、済州島と、大分県から神奈川県まで分布するが、本県では対馬の特産種。対馬(内山−豆酘)。

131.ヘリグロベニカミキリ Purpuricenus spectabilis MOTSCHULSKY
中国、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、4-6 月に離島と県本土の低山地で、花に集まり、雑木林の枝先を飛翔するが、平戸島以外では少ない。対馬,五島列島(野崎島、福江島),平戸島(安満岳、志々岐山),多良岳(黒木 3exs.24. IV.1994. 青木採集、4exs.26.IV.1994.青木採集、3exs.29.IV.1994.青木採集),長崎市(城の古趾),島原半島(田代原、千本木)。

132.ベニカミキリ Purpuricenus temminckii (GUERIN-MENEVILLE)
ラオス、中国、朝鮮と、九州以北〜山形県まで分布し、ホタルカミキリと分布型がよく似ている。4-6.12月、離島と県本土の低地から低山地まで、モウソウチクの枯れ株から発生し、シイ、クリ花上に集まり、飛翔中のものを良く見る。対馬(比田勝、佐須奈、洲藻、清水山、対馬空港、日見、厳原、厳原−有明山、内山、内山−豆酘),壱岐(壱岐高校、天ヶ原),五島列島(福江島),平戸島(安満岳),北松国見山(1ex.3.VI.1980.松尾採集),多良岳(黒木、大村市竹松),西彼杵半島(県民の森 1ex.28.V.1994.楠井採集),時津町(浜田郷 1ex.9. V.1988.青木採集、西時津郷崎野 3exs.20. V.1987.青木採集),長与町(高田郷 1♀.1. VI.1991.峰採集、平木場郷 1♂. 12. VI.1993.峰採集、堂崎 1ex.28.V.1994.青木採集),長崎市(滑石、住吉町、松枝町、松山町、三ツ山、金比羅山、桜町、千々、市民の森),野母半島(高浜),高島,島原半島(千本木、眉山、上木場、牧の内、折橋、杉谷、本光寺、口之津)。

133.シロオビゴマフカミキリ Falsomesosella gracilior  (BATES)
九州、四国、本州に分布し、5-7 月に多良岳(南河内林道)と島原半島(千本木)で取れている。134a. ゴマフカミキリ原亜種 Mesosa myops myops (DALMAN)
旧北区北部一帯に分布し、国内では対馬の特産亜種。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、樽ヶ浜、大船越、日見、日見林道、厳原、有明山、内山−豆酘、竜良山、豆酘),5 月、ホダ木。

134b. ゴマフカミキリ Mesosa myops japonica BATES
九州以北の日本全土に分布し、長崎が亜種の原産地。4-7 月、離島と県本土の低山地で、クヌギの伐採木に見られる。五島列島(中通島:山王山),平戸島,多良岳(南河内林道、いこいの村),長崎市(BATES 1873:亜種原記載),島原半島(千本木)。

135.チャゴマフカミキリ Mesosa perplexa  PASCOE
中国北部、台湾、魚釣島と、長崎県から兵庫県まで、古い港周辺に分布し、移入種と考えられている。6-8 月、対馬と長崎市周辺の市街地で、夜間サクラ等の樹幹に見られる。対馬(大星山)(浦川1976) ,時津町(西時津郷崎野 1ex.28.VI.1990.青木採集),長崎市(片渕町、筑後町、本尾町、油木町、白木),伊王島(1 ♂1 ♀.8. VII.1993.楠井採集)。

136a. カタシロゴマフカミキリ Mesosa hirsuta hirsuta  BATES
ウスリ−、朝鮮(以上別亜種)と、九州以北の日本全土に分布し、屋久・種子島、男女群島、対馬・三宅島産は、それぞれ別亜種。7.8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、伐採木に集まり、夜間サクラなどの古木にはっている。五島列島(中通島:山王山、若松島:龍観山),平戸島(安満岳),多良岳(五家原岳、白木峰、黒木),西彼杵半島(県民の森 1♂.14.VII.1988.今坂採集),時津町(西時津郷崎野 1ex.26.VIII. 1988. 青木採集),長崎市(畝刈、岩屋山、片渕町、西山町、昭和町、白木、茂木),高島,島原半島(田代原、千本木、眉山、西郷、折橋、大野木場、上の原、千々石町、岩戸山)。

136b. カタシロゴマフカミキリ対馬亜種 Mesosa hirsuta konishii HAYASHI
対馬と三宅島の特産亜種。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、目保呂、大船越、有明山、日見、白岳、内山、竜良山)(HAYASHI1965:亜種原記載),枇杷島(伊藤・松岡1993) ,7 月。

136c. カタシロゴマフカミキリ男女群島亜種 Mesosa hirsuta brevihirsuta MAKIHARA
男女群島の特産亜種。男女群島(女島)(MAKIHARA 1980: 亜種原記載)。

137.フタスジゴマフカミキリ西日本亜種 Mesosa cribrata kirishimana MATSUSHITA
九州と四国に分布し、本州と北海道には別亜種を産する。本県では対馬の特産種。対馬(厳原)(足立1975)
138.ナガゴマフカミキリ Mesosa longipennis BATES
屋久島以北の日本全土に分布し、5-9 月、対馬を除く離島と県本土の低地からブナ帯まで、伐採木に多く、夜間サクラなどの古木にはっている。壱岐(国分),五島列島(野崎島、中通島:山王山、福江島:七岳),平戸島(白岳、安満岳、大野、志々岐山),北松国見山,東彼杵町(遠目郷 1ex.9. VII.1990.青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、黒木、狸ノ尾),長崎市(岩屋山、三ツ山、金比羅山、甑岩、茂木),野母半島(香焼町、高浜、野母崎),伊王島,樺島(2exs.23.VII.1993.今坂採集),島原半島(赤松谷、千本木、眉山、上木場、牧の内、西郷、折橋、新山、崩山、堀端、岩戸山)。

139.タテスジゴマフカミキリ Mesosa senilis BATES
九州以北の日本全土に分布し、2.3.5-8.10.12 月、安満岳、国見山、多良岳と雲仙の中腹以上で伐採木に集まる。冬季には、細枝に越冬室を作って越冬する。平戸島(安満岳),北松国見山( 2exs.3.VI.1980.松尾採集),東彼杵町(遠目郷 2exs.28. VI.1990.青木採集),多良岳(五家原岳、黒木),島原半島(赤松谷、千本木)。

140.ウスアヤカミキリ本土亜種 Bumetopia oscitans japonica (THOMSON)
香港、台湾(以上基亜種)、与那国島から山口県までと、伊豆半島・房総半島・伊豆諸島など暖流沿いに分布し、国内でも8亜種に区別される。本土亜種は屋久島から九州、山口県まで対馬暖流沿いに分布し、4-8 月、離島と、北松と多良岳を除く県本土の低地から低山地まで、メダケ立枯れや枯れススキで取れる。対馬(比田勝、有明山),五島列島(中通島:矢倉岳・山王山・奈良尾町),男女群島(女島),黒子島,平戸島(安満岳、西の久保、上床、志々岐山),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),松島(3exs.16.V.1994.楠井採集),池島(1ex.28. V.1994.楠井採集),長崎市(式見、金比羅山、千々、八郎岳),野母半島(二の岳、高浜、野母崎),高島,島原半島(赤松谷、千本木、眉山、上木場、俵石、魚洗川、焼山、崩山、吉川、口之津公園、白浜、八石、岩戸山)。

141.ワダキンケチャイロカミキリ Asaperda wadai MAKIHARA
男女群島特産種。原記載に使用された1例と、その後2例が記録されている。5.6 月。男女群島(女島)(MAKIHARA 1980: 原記載,山脇・堤1984,池崎・江島1990)。

142a. キクスイモドキカミキリ Asaperda rufipes rufipes  BATES
ウスリ−と、屋久島以北〜岩手県まで分布し、4-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、細枝やツルに多い。五島列島(宇久島、小値賀島、野崎島、中通島:奈良尾町、福江島:河務),平戸島(安満岳、岩の上、戸石川),北松国見山(1ex.28. V.1982.松尾採集),多良岳(南河内林道、轟ノ滝、黒木),松島(1ex.16. V.1994.楠井採集),西彼杵半島(長崎市三重松崎),長崎市(三ツ山、金比羅山、愛〓山、滝の観音、八郎岳),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、山田原、折橋、新山、崩山)。

142b. キクスイモドキカミキリ対馬亜種 Asaperda rufipes tsushimae  BREUNING
対馬特産亜種。対馬(比田勝、佐須奈、鹿見口、有明山、日見、日見林道、豆酘、豆酘崎),5月。

143.カノコサビカミキリ Apomecyna naevia naevia BATES
屋久島から暖流沿いに関東地方まで分布し、屋久島周辺のものは別亜種。6-8 月、離島と県本土の低地のカラスウリ枯れヅルや灯火に集まる。対馬(柄沢1966) ,五島列島(平島、中通島:奈良尾町),平戸島(津吉),多良岳(長田),高島,牧島(1ex.9.VIII.1994.楠井採集),野母半島(野母崎 1ex.13.VIII.1971.野田採集),島原半島(新山、崩山、白土、早崎)。

144.コブスジサビカミキリ Atimura japonica BATES
パラワン、トンキンと、九州、四国、本州、奥尻島に分布し、4-8 月、五島列島を除く離島と県本土の低地から低山地まで、クズの枯れヅルなどに集まる。対馬(比田勝、鹿見口),多良岳(黒木、轟峡),諫早市(本明川),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),長崎市(西北町、妙相寺、金比羅山、市民の森、茂木、日吉、八郎岳),高島,島原半島(赤松谷、田代原、垂木、千本木、眉山、上木場、焼山、新山、崩山、白土、岩戸山)。

145.クビジロカミキリ Xylariopsis mimica BATES
九州以北の日本全土に分布し、5-8 月、対馬と雲仙岳の中腹以上でツルウメモドキやサルナシの枯れヅルに集まる。対馬,島原半島(雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山)。

146.ヒシカミキリ Microlera ptinoides  BATES
九州以北の日本全土に分布し、本県では対馬の特産種。対馬(鹿見口)(足立1974)
147.ヒメアヤモンチビカミキリ Neosybra cribrella  (BATES)
屋久島以北〜愛知県以西に分布し、6-8 月、離島と、多良岳を除く県本土の低山地で伐採枝に集まるが、多くない。対馬,五島列島(中通島:山王山),平戸島(安満岳、志々岐山),西彼杵半島(県民の森 2exs.25. VII.1987.阿比留採集),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山)(シロマダラチビカミキリN.albomarmorata  BREUNING として) 。

148.キリシマチビカミキリ Sybra sakamotoi (HAYASHI)
屋久島から対馬海流沿いに対馬まで九州西岸に分布し、 6.7月、シイの細い枯れ枝に多かったが、その後少なくなった。対馬(大星山、大船越),西彼杵半島(県民の森)(野田・阿比留1987) ,島原半島(岩戸山)。

149.アトモンチビカミキリ Sybra baculina nipponensis  HAYASHI
紅頭嶼、台湾(以上基亜種)と、与那国島から九州、四国まで、暖流沿いに分布するが、琉球産は6亜種に分割される。屋久島以北には本土亜種が分布し、5.6.8.9 月、対馬を除く離島と野母半島で、枯れ葉や枯れ枝に集まる。五島列島(平島、中通島:山王山・若松町・番岳・米山・奈良尾町・岩瀬浦、若松島:龍観山、奈留島:権現山、日ノ島),男女群島(男島、中之島、女島),黒子島(1ex.12. VIII.1980.松田採集),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),松島(1ex.21. VI. 1994. 楠井採集),池島(3exs.28.V.1994.楠井採集),野母半島(香焼町、野母崎)(江島・野田1973) ,樺島(3exs.23.VII.1993.今坂採集)。

150.アヤモンチビカミキリ Sybra ordinata ordinata BATES
台湾、魚釣島と、与那国島から九州、四国、伊豆諸島まで暖流沿いに分布するが、琉球産は6亜種に分割される。屋久島以北には本土亜種が分布し、2.4.7.8 月、対馬暖流に直接洗われる離島と県本土の低地の枯枝や枯葉に見られる。対馬(御岳、内山、柿の木),壱岐(初瀬),五島列島(野崎島、中通島:米山、奈留島:権現山),上阿値賀島(1ex.2.VIII.1981.松田採集),黒子島,平戸島(安満岳、岩の上),長崎市(千々),野母半島(香焼町、野母崎),島原半島(口之津公園、八石、権田、岩戸山)。

151.ヒトオビチビカミキリ Sybra unifasciata  FUJIMURA
九州以北の日本全土に分布し、本県では 6月に島原半島(赤松谷)の伐採地の林縁の葉上より、1例得られたのみ。

152.シロオビチビカミキリ Sybra subfasciata subfasciata (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、奄美・沖縄本島、伊豆諸島にはそれぞれ別亜種を産する。6-10月、対馬、五島列島と、多良岳、雲仙の中腹以上で、枯れ枝に多い。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、大船越、鹿見口、有明山、日見、豆酘、豆酘崎、柿の木),五島列島(中通島:山王山),多良岳(五家原岳、南河内林道、黒木),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、眉山)。

153.サタサビカミキリ Ropica mizoguchii  HAYASHI
佐多岬と野母崎の特産種。本県では7 月に野母半島(野母崎)(江島・野田1973) で得られた1例のみで、その後採集されていない。

154.メシマハネナシサビカミキリ Ropica hachijoensis depressa  MAKIHARA
男女群島特産亜種。原記載に使用された1例のほか、かなり採集されている。6 月。男女群島(女島)(MAKIHARA 1980: 亜種原記載,山脇・堤1984)。

155.ツシマサビカミキリ Ropica tsushimensis  HAYASHI
対馬と五島列島、瀬戸内海の島(岡山県)でも見つかっている。6-8 月、伐採木で得られる。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、有明山、厳原−佐須峠、日見、日見林道、竜良山、柿の木)(HAYASHI 1972 :原記載),五島列島(中通島:山王山・奈良尾町)(武田1981)。

156.タテジマカミキリ Aulaconotus pachypezoides  THOMSON
中国、台湾と、九州、四国、本州に分布し、1-3.8 月、五島列島を除く離島と県本土の低地のカクレミノ生枝より見つかる。対馬(有明山、日見),平戸島,多良岳(小江)(西田・今坂1988),長崎市(稲佐山、金比羅山、日吉),島原半島(吉川)(今坂1994) 。

157.ハスオビヒゲナガカミキリ Cleptometopus bimaculatus (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、7-9 月、五島列島、平戸島と、県本土の低山地からブナ帯まで、細い枯れ枝に集まる。五島列島(中通島:山王山),平戸島(安満岳),多良岳(五家原岳),長崎市(八郎岳),島原半島(雲仙岳、千本木、上木場)。

158.シロスジドウボソカミキリ Pothyne annulata annulata BREUNING
与那国島から福井県まで分布し、4亜種に区別される。沖縄本島以北は原亜種とされ、長崎が原産地。5-8 月、五島列島、肥前大島と県本土の低地のキブシなどの枯れヅルに集まる。五島列島(中通島:山王山、奈留島:泊、福江島:七岳),多良岳(轟ノ滝),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 2exs.25.VII.1987.阿比留採集、外海町出津 1ex. 19. VI. 1993. 青木採集),長崎市(西山町)(BREUNING 1942: 原記載),野母半島(高浜、野母崎)(江島・野田1973) ,島原半島(尾登)(今坂1994) 。

◎ シロスジドウボソカミキリの近似種 Pothyne silacea  PASCOE
長崎(PASCOE 1871: 原記載),従来、前種の学名として本学名が使用されていたが、KUSAMA・TAKAKUWA(1984)はイマサカドウボソカミキリの学名として用いた。その後、HAYASHI(1987)は、大英自然史博物館に保存されているタイプ標本を調査して、日本産には該当種が無い事を報告している。おそらく採集地ラベルの誤りと想像される。

159a. ドウボソカミキリ Pseudocalamobius japonicus japonicus (BATES)
シベリア、中国東部と、九州、四国、本州に分布し、長崎が原産地。4-8 月、県本土の低地からブナ帯まで、アジサイ類、コゴメウツギなど、枯れた細枝に集まる。北松国見山(2exs.20.V. 1982. 松尾採集),多良岳(轟ノ滝、黒木、南河内),長崎市(式見牧場、烽火山、岩屋山、三ツ山、妙相寺、金比羅山、愛〓山、風頭山、八郎岳、日吉)(BATES 1873:原記載),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、垂木、千本木、眉山、上木場、焼山、牧の内、西郷、新山、崩山)。

159b. ドウボソカミキリ対馬亜種 Pseudocalamobius japonicus tsushimae  BREUNING
対馬特産亜種。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、鹿見,鹿見口、有明山、日見),5 月、ウツギ葉上。(BREUNING 1961: 亜種原記載)。

160.ニイジマチビカミキリ対馬亜種 Egesina bifasciata tsushimae  BREUNING et  OH-BAYASHI
対馬特産亜種。原亜種は九州以北の日本全土に分布するが、佐賀・長崎両県からは記録がない。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、大船越、鹿見口、有明山、日見林道),7 月。(BREUNI-NG・OHBAYASHI 1964:亜種原記載)。

161.アトジロサビカミキリ Pterolophia zonata  (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布するが、長崎が原産地、対馬で見つからないのが不思議である。4-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、フジ枯れヅルや各種枯枝に多い。本種も含めて、雲仙岳の標高1000m 以上ではサビカミキリ類は見つからず、不思議である。五島列島(中通島:山王山、福江島:笹岳),平戸島(安満岳、後平、志々岐山),北松国見山,東彼杵町(遠目郷 5exs.6.VII.1991. 青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木),西彼杵半島(県民の森 1ex.28. VI.1987.野田採集、外海町大城 1ex.28.V.1994.楠井採集),長崎市(式見、三ツ山、金比羅山、白木)(BATES 1873:原記載),野母半島(高浜),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、新山、崩山)。

162.クリサビカミキリ Pterolophia castaneivora OHBAYASHI et HAYASHI
九州、四国、本州に分布し、本県では 7月に長崎市(矢筈岳)(足立1992) のクリ枯れ枝より得られた1例のみ。九州ではクリ帯以上で見つかるのに長崎の採集地の標高は低く、興味深い。

163.ヒメナガサビカミキリ Pterolophia leiopodina  (BATES)
九州、四国、本州に分布し、5-8 月、対馬と県本土の低地からブナ帯まで、枯れ枝に見られる。対馬,東彼杵町(遠目郷 1ex.26.VI.1991.青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝),長崎市(甑岩),島原半島(千本木、眉山、上木場)。

164.マルモンサビカミキリ Pterolophia angusta (BATES)
中国東北部と、屋久島以北の日本全土に分布し、長崎が原産地。 6.7月、対馬と県本土の低山地からブナ帯まで、枯れ枝に見られるが少ない。クワと関係があるかもしれない。対馬(佐須奈、大星山、日見),多良岳(五家原岳),西彼杵半島(県民の森 1ex.28.VI.1987.阿比留採集),長崎市(八郎岳)(BATES 1873:原記載)。

165.アトモンサビカミキリ Pterolophia granulata (MOTSCHULSKY)
中国、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、4-8 月、対馬、平戸島と、県本土の低地から低山地まで、枯れ枝に見られるが少ない。対馬(比田勝、佐須奈、砥石淵、洲藻、鹿見口、有明山、厳原、内山−豆酸),平戸島(安満岳),多良岳(狸ノ尾),長崎市(BATES 1873:P.rigidaの原記載),島原半島(千本木、眉山、上木場、新山、上の原、崩山)。

166a. トガリシロオビサビカミキリ Pterolophia caudata caudata (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、4-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、フジの枯れヅルに多い。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、有明山、厳原、内山、竜良山、柿の木),壱岐(岳ノ辻),五島列島(平島、中通島:山王山・奈良尾町、福江島:岩谷山),黒子島,平戸島(白岳、岩の上、後平,戸石川),北松国見山(1ex.4.VI.1992.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木),西彼杵半島(県民の森 1♂.16.VI.1988.今坂採集、外海町黒崎 1ex.28.V.1994.楠井採集),池島(1ex.28. V.1994.楠井採集),時津町(西時津郷崎野 1ex.21.VI.1987.青木採集),長崎市(小江原、金比羅山、稲佐山、白木、甑岩、日吉),野母半島(香焼町、二ノ岳、高浜、野母崎),高島,伊王島( 1♀.9. VI. 1993. 楠井採集),樺島(1ex.23.VII.1993.今坂採集),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、西郷、焼山、尾登、新山、崩山、富士山、岩戸山)。

166b. トガリシロオビサビカミキリ男女群島亜種 Pterolophia caudata curtipennis MAKI-HARA
男女群島特産亜種。5.7 月、男女群島(中之島、女島)(MAKIHARA 1980: 亜種原記載,池崎・江島1990)。

167a. ナカジロサビカミキリ Pterolophia jugosa jugosa  (BATES)
九州以北の日本全土に分布し、長崎が原産地。4-7 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、伐採木に集まる。壱岐(射手吉),五島列島(福江島),平戸島(西の久保),多良岳(五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木),長崎市(三ツ山、金比羅山、本河内)(BATES 1873:原記載),野母半島(野母崎),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、西郷),。

167b. ナカジロサビカミキリ対馬亜種 Pterolophia jugosa carinissima  TAKAKUWA
対馬特産亜種。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、日掛、厳原、日見、上見坂−白岳)(TAKAKUWA 1984: 亜種原記載)
168.ワモンサビカミキリ Pterolophia annulata  (CHEVROLAT)
ビルマ、中国、台湾、朝鮮と、与那国島から関東地方まで分布し、1-10月、離島と県本土の低地から低山地まで、各種枯枝、灯火に集まる。対馬(比田勝、佐須奈、大船越、矢立山−佐須瀬、有明山、厳原、日見、内山−豆酘、竜良山、柿の木),壱岐(片原、射手吉),五島列島(野崎島、中通島:山王山・奈良尾町、福江島:七岳・上大津),男女群島(女島),平戸島(安満岳、後平、志々岐山),多良岳(目代、湯江泉),肥前大島(1ex.4.VIII.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 1♀.16.VI.1988.今坂採集),池島(1ex.28. V.1994.楠井採集),時津町(西時津郷崎野 1ex.1-31.VII.1986.青木採集),長崎市(式見、昭和町、烽火山、稲佐山、白木),野母半島(高浜),高島,樺島(1ex.23.VII.1993.今坂採集),島原半島(千本木、眉山、上木場、西郷、焼山、尾登、新山、崩山、白土、堀端、水無川、吉川、口之津公園)。

169.ツシマハネナシサビカミキリ Pterolophia adachii (HAYASHI)
対馬特産亜種で、5-7 月、各種枯枝に集まる。対馬(比田勝、大星山)(HAYASHI 1983:原記載)170.クワサビカミキリ Mesosella simiola  BATES
九州、四国、本州に分布し、5-7 月、対馬と国見山、多良岳、雲仙岳の低山地からブナ帯まで、伐採木に集まる。対馬(豆酘)(白水・松田・明石1961) ,北松国見山(1ex.11. VI.1994.松尾採集),多良岳(五家原岳、轟ノ滝、黒木),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場)。

171.ハイイロヤハズカミキリ Niphona furcata (BATES)
中国、台湾と、沖縄本島から岩手県まで分布し、4-7.12月、五島列島を除く離島と県本土の低地から低山地まで、枯れタケに集まる。冬季には、タケの枯れ材中で羽化し、そのまま止まる。対馬(厳原),壱岐(石田、庄),長崎市(西町、三ツ山、金比羅山、白木、愛〓山、八郎岳),野母半島(野母崎),高島,島原半島(千本木、眉山、俵石、焼山、新山、口之津)。

172.ツチイロフトヒゲカミキリ Dolophrades terrenus BATES
九州、四国と広島県に分布し、6.9.10月、島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、田代原)で、側溝、次種と共に地面に接した枯れ葉などに見られるが、多くない。

173a. ヒゲナガコブヤハズカミキリ Parechthistatus gibber longicornis  HAYASHI
九州、四国、関東以西の本州に分布し、各地で地域変異が著しく、10亜種に区別されている。4-10月、壱岐、平戸島と、多良岳、雲仙岳の低山地からブナ帯まで、枯れ葉や倒木に見られる。室内で飼育すると、成虫で越冬し、6 月まで生きる。北九州亜種に含まれると思われるが、北九州、平戸島、多良岳、島原半島でそれぞれ異なるらしい。壱岐,平戸島(安満岳),北松国見山,東彼杵町(遠目郷 1♂ 3♀.6. VII.1991.青木採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、黒木),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、上木場)。

173b. ツシマコブヤハズカミキリ Parechthistatus gibber tsushimanus  OHBAYASHI
対馬特産亜種。5-8 月、夜間、立ち枯れ、倒木に多い。対馬(大星山、有明山、白岳、内山、竜良山)(OHBAYASHI 1961:亜種原記載)。

174.イタヤカミキリ Mecynippus pubicornis  BATES
九州以北の日本全土に分布し、7.8 月、多良岳と雲仙の山頂付近でウリハダカエデから見つかっている。多良岳(五家原岳),島原半島(雲仙岳)。

175.ヒゲナガカミキリ Monochamus grandis WATERHOUSE
九州以北の日本全土に分布し、7.8 月、山頂の吹上げで飛来したと思われる個体を採集。多良岳(五家原岳)。

176.マツノマダラカミキリ Monochamus alternatus  HOPE
中国、台湾、朝鮮と、沖縄本島から宮城県まで分布し、6-8.10月、離島と県本土の低地からブナ帯まで全域に渡って、松喰虫として猛威を振るった。マツ伐採木、吹上げ、灯火。対馬(知道山、樽ヶ浜、厳原、豆酘),壱岐(那賀),五島列島(中通島:若松町・奈良尾町・米山、若松島:龍観山、福江島:大瀬崎・三井楽町),蔵ノ小島(伊藤・松岡1993) ,平戸島,北松国見山(1ex.22. VIII.1984.松尾採集),多良岳(白木峰),池島(1♂.13.VII.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 1ex.25.VII.1987.阿比留採集),時津町(西時津郷崎野 1♂ 1♀.9.VII.1986.青木採集),長崎市(稲佐山、金比羅山、八郎岳),野母半島(香焼町),島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、俵石、焼山)。

177.ヒメヒゲナガカミキリ Monochamus subfasciatus subfasciatus (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布するが、長崎が原産地で、4亜種に区別される。本県産は基亜種とされ、5-10月、離島と県本土の低地からブナ帯まで伐採木に多く、灯火、吹上げで集まる。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、目保呂、鹿見口、有明山、厳原、日見、竜良山),枇杷島(伊藤・松岡1993) ,壱岐(岳ノ辻、勝本、貝畑、射手吉),五島列島(中通島:奈良尾町),平戸島(岩の上、安満岳),北松国見山(1ex.5.VII.1981.松尾採集),東彼杵町(遠目郷 3exs.4.VII. 1990. 青木採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、轟ノ滝、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 1♀.31.V.1987.野田採集),長与町(平木場郷 1♀.12.VI.1993.峰採集),長崎市(松ヶ枝町、金比羅山、白木、千々、日吉、甑岩)(BATES 1873:原記載),諫早市(上山 2exs.28. V.1994.青木採集),伊王島(1 ♀.9. VI.1993.楠井採集),島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、牧の内、新山、崩山)。

178.ゴマダラカミキリ Anoplophora malasiaca (THOMSON)
マレ−シア、中国、台湾、朝鮮、済州島と、屋久島以北の日本全土に分布し、6-8 月、離島と県本土の市街地からブナ帯の山頂まで、生木を加害し、灯火や吹上げで飛来する。対馬(大星山、志多留、浅藻、目保呂、久根、有明山、厳原、内山),多田島(伊藤・松岡1993) ,壱岐(岳ノ辻、中野郷、那賀),五島列島(福江島:七岳・三井楽町),平戸島(安満岳、後平、志々岐山),北松国見山(1ex.11. VI.1994.松尾採集),多良岳(五家原岳、大村市乾馬場、大村市北川内),諫早市(本明川),時津町(西時津郷崎野 1ex.2. VII.1986.青木採集、時津東小学校 1ex.16.VII. 1988. 青木一郎採集),長与町(斉藤郷崎野 1ex.11.VII.1989.青木採集),長崎市(住吉町、三ツ山、桜町、恵美須町、八郎岳),野母半島(高浜),高島,伊王島,島原半島(雲仙岳、千本木、眉山、崩山、白土)。

179.センノキカミキリ Acalolepta luxuriosa luxuriosa (BATES)
中国、朝鮮、千島と、沖縄本島以北の日本全土に分布し、4亜種に分割される。屋久島以北の原亜種が離島と県本土の低地から低山地まで分布し、6-8 月、タラノキやセンノキの生木に集まる。対馬(大星山、有明山、厳原、竜良山),壱岐(岳ノ辻、釘山、本宮),五島列島(平島、若松島:
龍観山、福江島:七岳),男女群島(男島),多良岳(黒木),西彼杵半島(県民の森 1♂.16.VII.1987. 今坂採集),長崎市(甑岩、日吉),野母半島(野母崎 1♀.26.VI.1971.野田採集),島原半島(千本木、上木場、牧の内、吉川)。

180a. ビロウドカミキリ Acalolepta fraudatrix fraudatrix (BATES)
中国東北部、朝鮮、済州島と、屋久島以北の日本全土に分布し、長崎が原産地、6亜種に分割される。6-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、伐採木と枯れ葉、灯火に多い。今坂ほか (1994)の中で、日下部は中通島山王山産は原亜種とは異なるという問題提起をしている。五島列島(中通島:山王山・若松町・奈良尾町、福江島:笹岳),平戸島(安満岳、西の久保),北松国見山(2exs.22.VIII.1984.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、白木峰、黒木、轟峡),諫早市(本明川),西彼杵半島(県民の森 1♀.16.VII.1987.今坂採集),時津町(西時津郷崎野 1♂. 21. VII.1987.青木採集),長崎市(三ツ山、小八郎岳、茂木)(BATES 1873:原記載),高島,島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、高野、新山、崩山、木津)。

180b. ビロウドカミキリ対馬亜種 Acalolepta fraudatrix satoi BREUNING et  OHBAYA-SHI
対馬特産亜種。対馬(比田勝、大星山、日見、厳原、内山、竜良山)(BREUNING ・OHBAYASHI 1966:亜種原記載),7 月。

180C. ビロウドカミキリ男女群島亜種 Acalolepta fraudatrix mogii MAKIHARA
男女群島特産亜種。男女群島(女島)(MAKIHARA 1980: 亜種原記載),7 月、1例のみ。

181.チャイロヒゲビロウドカミキリ Acalolepta kusamai HAYASHI
屋久・種子、九州北半、和歌山、神奈川、東京、千葉の各地に分布し、6.7 月、県本土の低地から低山地まで、枯れ葉や灯火で得られる。幼虫はニワトコとクサギの生木につく。多良岳(轟ノ滝、黒木),長崎市(赤迫町、稲佐山、桜町、西小島、白木),野母半島(高浜),島原半島(千本木、眉山、上木場)。

182a. ニセビロウドカミキリ Acalolepta sejuncta sejuncta (BATES)
樺太、朝鮮と、沖縄本島以北の日本全土に分布し、長崎が原産地、国内で7亜種に区別される。6-9.11月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、伐採木と枯れ葉、灯火に多い。中通島山王山および奈良尾町産は本土亜種とは異なるという意見を、今坂ほか(1994)の中で日下部が述べている。五島列島(中通島:山王山・高井旅・奈良尾町・米山),平戸島(白岳、安満岳),東彼杵町(遠目郷 1♂.21.VI.1991.青木採集),多良岳(五家原岳、黒木),西彼杵半島(県民の森 1♀.16.VII. 1987. 今坂採集),長崎市(三ツ山、稲佐山、八郎岳、茂木)(BATES 1873:原記載),高島,野母半島(野母崎 1♂.4. VII.1971.野田採集),島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、岩戸山)。

182b. ニセビロウドカミキリ対馬亜種 Acalolepta sejuncta tsushimae (BREUNING)  対馬特産亜種。対馬(比田勝、御岳、久原、大船越、日見、内山)(BREUNING 1960: 亜種原記載),7.9.10月。

182c. ニセビロウドカミキリ男女群島亜種 Acalolepta sejuncta morii MAKIHARA  男女群島特産亜種。6.9 月。男女群島(男島、女島)(MAKIHARA 1980: 亜種原記載,江島1987)183.ヒメビロウドカミキリ Acalolepta degener  (BATES)
中国、台湾、朝鮮と、九州、四国、関東以西の本州に分布し、長崎が原産地。6 月に対馬で取れており,長崎市(八郎岳)でも110 年ぶりに再発見された。対馬,長崎市(八郎岳)(BATES 1873:原記載)。

184a. ヤハズカミキリ Uraecha bimaculata bimaculata THOMSON
屋久島以北の日本全土に分布し、5-9 月、離島と県本土の低地から中腹まで、枯葉や伐採木に多い。宇久島産は男女群島亜種に似ると、今坂ほか(1994)の中で楠井が述べている。対馬(比田勝、御岳、大星山、目保呂、浅藻、大船越、久原、鹿見口、有明山、日見、豆酘、豆酘崎),壱岐(岳ノ辻、壱岐高校、半城、那賀),五島列島(宇久島、野崎島、中通島:山王山・若松町・高井旅・米山、若松島:龍観山),平戸島(後平、岩の上),北松国見山(1ex.3.VI.1992.松尾採集),多良岳(轟ノ滝、黒木),西彼杵半島(県民の森 1♀.7. VI.1987.阿比留採集、長崎市松崎町),時津町(西時津郷崎野 1ex.1-31.VI.1986.青木採集),長崎市(式見、岩屋山、三ツ山、稲佐山、金比羅山、白木、愛〓山、千々、小八郎岳、八郎岳、茂木),野母半島(香焼町、二ノ岳、高浜、野母崎),高島,島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、魚洗川、焼山、新山、崩山、木津、富士山)。

184b. ヤハズカミキリ男女群島亜種 Uraecha bimaculata brevicornis  MAKIHARA
男女群島特産亜種。男女群島(男島、女島)(MAKIHARA 1980: 亜種原記載),7 月。

185.キボシカミキリ Psacothea hilaris hilaris  (PASCOE)
中国、台湾、朝鮮と、与那国島から宮城県まで分布し、国内で10亜種に区別される。5-7 月、対馬では全島に多く、県本土では佐世保市周辺、小長井町、西彼杵半島のクワとイチジクで、五家原岳山頂では吹上げで、少数が見付かっている。現在までのところ、対馬以外の離島、野母半島、長崎旧市街〜諫早市、島原半島では採集されず、県内の分布は、何度目かの他府県からの侵入によるものと考えられる。対馬(佐須奈、佐護、久原、知道山、大星山、大船越、鹿見、有明山、厳原、白岳、日見、内山、竜良山、柿の木),志々加島(伊藤・松岡1993) ,佐世保市周辺,小長井町(古場名 19exs.12.VII.1994 青木採集),多良岳(五家原岳),西彼杵半島(県民の森 1♂.26 .VI.1992.今坂採集、長崎市松崎町 1♂.21.V.1994.大西秀隆採集),長崎市(BATES 1873)。

186.ホシベニカミキリ Eupromus ruber (DALMAN)
中国、台湾と、屋久島から茨城県まで分布し、3.5-7.9 月、離島と県本土の低地から低山地まで、成虫はタブの新芽に集まる。対馬(比田勝、浅藻、厳原、日見),壱岐(釘山、若松、後川、那賀),五島列島(宇久島、久賀島、福江島、椛島),平戸島(白岳、安満岳、後平、岩の上、川内峠),多良岳(黒木),肥前大島(1ex.4.VIII.1994.楠井採集),松島(1 ♂.21.VI.1994.楠井採集),池島(1 ♂.13.VII.1994.楠井採集),時津町(西時津郷崎野 1♀.21.VII.1987.青木採集、左底郷 1♂.16. VI.1993.青木一郎採集),長与町(高田郷 1♀.7. VI.1991.峰採集,1♀.4.VII.1992.峰採集),長崎市(鍋冠山、諏訪神社、金比羅山、日吉、愛〓山)(BATES 1873),野母半島(高浜、野母崎),高島,島原半島(千本木、眉山、上木場、新山)。

187.チャボヒゲナガカミキリ Xenicotela pardalina  (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、5-8 月に県本土の低地から低山地まで、伐採木に集まる。多良岳(南河内林道、轟ノ滝、黒木),長崎市(金比羅山、白木、日吉),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、上木場、牧の内、西郷)。

188.クワカミキリ Apriona japonica THOMSON
九州、四国、本州に分布し、6-9 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、イチジクとクワの生木や灯火に集まる。対馬(厳原),五島列島(中通島:米山),小長井町(古場名 1ex.23.VIII. 1994. 青木採集),多良岳(金泉寺、黒木、大村市乾馬場),時津町(西時津郷崎野 1ex.21.VII. 1987. 青木採集),長崎市(住吉町、金比羅山),高島,島原半島(雲仙岳、有明の森、礫石原、杉谷、新山、崩山、白土)。

189.シロスジカミキリ Batocera lineolata CHEVROLAT
中国、台湾、朝鮮、済州島と、徳之島以北〜青森県まで分布し、5-8 月、離島と県本土の低地から低山地まで、クヌギやカシの生木につき、灯火にくる。対馬(樽ヶ浜、厳原、内山),壱岐(瀬戸、那賀、射手吉),五島列島(平島、中通島:山王山、福江島:上大津・福江),平戸島(安満岳、中野),瀬戸ノ島(伊藤・松岡1993) ,多良岳(黒木、狸ノ尾),肥前大島(1ex.死骸の一部.4.VIII.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 1ex.8. IX.1986.青木採集),長崎市(魚の町、烽火山、三ツ山、金比羅山、稲佐山、星取山、白木)(BATES 1873),多良見町(化屋名 1♀.20. VI.1992.峰採集),野母半島(香焼町、高浜),島原半島(千本木、大野木場、牧の内、新山、吾妻町)。

190.ヒゲナガゴマフカミキリ Palimna liturata liturata  (BATES)
シベリア、朝鮮(以上別亜種)と、屋久島以北の日本全土に分布し、 7.8月に対馬では割に採集される。県本土では五家原岳山頂の1例のみ。対馬(有明山、白岳),多良岳(五家原岳)。

191.ハラアカコブカミキリ Moechotypa diphysis (PASCOE)
極東大陸と、対馬、壱岐、そして最近侵入した北九州、四国北部、中国地方、大阪に分布し、4-11月、シイタケのホダ木に多数が集まる。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、矢立山−佐須瀬、Wakata 、目保呂、砥石淵、三根、樽ヶ浜、豊玉町和板、大船越、鹿見口、経塚、日見、日見林道、有明山、厳原、上見坂−白岳、内山、竜良山、豆酘),壱岐(鎌田、射手吉)。

192.タカサゴシロカミキリ Olenecamptus formosanus  PIC
台湾と、与論島以北〜福井県まで分布し、本県では対馬の特産種。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、樽ヶ浜、厳原、上見坂−白岳、日見、内山)。

193.ヤツボシシロカミキリ Olenecamptus octopustulatus (MOTSCHULSKY)
極東大陸、樺太と、国内では長野県と対馬の特産種。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、厳原)。194.ムツボシシロカミキリ Olenecamptus taiwanus  DILLON et  DILLON
台湾と、沖縄本島北部から九州南部まで分布し、男女群島は北限記録。男女群島(女島)(MA-KIHARA1980)。

195.チョウセンシロカミキリ Olenecamptus subobliteratus  PIC
中国(四川省、浙江省)、朝鮮、国内では対馬の特産種。対馬(大星山、樽ヶ浜、日見),6.7 月。196.オオシロカミキリ Olenecamptus cretaceus cretaceus BATES
台湾(別亜種)と、九州から山形県まで分布し、 6-8月、対馬と県本土の低地から低山地まで、灯火に飛来する。対馬(比田勝、久原、大星山、仁田),多良岳(大村市原口),長崎市(大音寺、愛〓山),島原半島(眉山、新山)。

197.シモフリナガヒゲカミキリ Xenolea asiatica (PIC)
インドシナ、海南島、南中国、台湾と、与那国島から暖流沿いに福岡県まで分布し、五島列島はほぼ北限記録。本県では、五島列島の特産種で、6.8 月に枯れ枝に集まる。五島列島(中通島:山王山・奈良尾町)。

198.セミスジコブヒゲカミキリ Rhodopina lewisii lewisii (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、屋久・種子、下甑島には、それぞれ別亜種を産する。5-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、伐採木、立ち枯れ、朽ち木に集まり、灯火にも来る。対馬(厳原),五島列島(椛島),平戸島(安満岳),北松国見山(1ex.22. VIII.1984.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、黒木),野母半島(野母崎),高島,島原半島(雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、西郷、愛〓山)。

199.メシマコブヒゲカミキリ Rhodopina meshimensis  MAKIHARA
男女群島特産種。6 月に男女群島(女島)(MAKIHARA 1980: 原記載)で得られた1例のみ。

200.マルバネコブヒゲカミキリ Rhodopina integripennis (BATES)
九州、四国、関東以西の本州に分布し、5.7-9 月に県本土の低地からブナ帯まで、立ち枯れに集まる。多良岳(五家原岳),長崎市(白木),島原半島(雲仙岳、吹越、雲仙ゴルフ場)。

201.フタオビアラゲカミキリ Rhopaloscelis bifasciatus  KRAATS
シベリア、中国東北部と、九州以北の日本全土に分布するが、本県では6 月に島原半島(赤松谷)の伐採地で、1年だけアカメガシワの枯枝でかなり得られたのみ。採集地は火砕流により失われ、50m 程度、火山灰が堆積している。

202.ヒトオビアラゲカミキリ Rhopaloscelis unifasciatus BLESSIG
極東大陸と、屋久島以北の日本全土に分布し、1.2.4-7 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、全域で枯枝に多い。対馬(比田勝、佐須奈、御岳、大星山、矢立山−佐須瀬、鹿見口、日見、日見林道),五島列島(中通島:奈良尾町・米山、若松島:龍観山、福江島:七岳・鬼岳・河務),平戸島(志々岐山),北松国見山(2exs.4. VI.1992.松尾採集),多良岳(金泉寺、五家原岳、南河内林道、轟ノ滝),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 1♀.16.VI. 1988. 今坂採集),長崎市(式見牧場、三ツ山、金比羅山、千々、日吉、愛〓山、妙相寺、八郎岳、茂木),野母半島(香焼町、野母崎),伊王島,島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、俵石、大野木場、元池)。

203.シロチビコブカミキリ Miccolamia tuberculata (PIC)
九州、四国、神奈川県以西の本州に分布し、5-9 月、多良岳と雲仙岳のブナ帯で、タンナサワフタギなどの枯枝に集まる。多良岳(金泉寺、五家原岳),島原半島(雲仙岳、赤松谷)。

204.クモノスモンサビカミキリ Graphidessa venata venata BATES
屋久島以北の日本全土に分布し、5-11月、多良岳と雲仙岳の中腹で、枯れ枝に集まる。多良岳(南河内林道),島原半島(千本木、眉山、新山)。

205.ドイカミキリ Mimectatina divaricata divaricata (BATES)
石垣島から北海道まで、日本全土に分布し、4亜種に区別される。本県産は、九州以北に分布する原亜種に属し、4.5.8.9 月、離島と、多良岳と雲仙岳の中腹からブナ帯まで、特にミズキの枯枝に多く集まる。対馬(比田勝、御岳),五島列島(福江島:七岳),多良岳(南河内林道),島原半島(雲仙岳、赤松谷)。

206.コゲチャサビカミキリ Mimectatina meridiana ohirai  BREUNING et  VILLIERS  ハワイ、台湾(以上基亜種)と、与那国島から暖流沿いに房総半島まで分布し、5.11月、離島と島原半島の低山地で、伐採枝より採集された。対馬は日本海側の北限。対馬(御岳、大星山),男女群島(男島、女島),池島(1ex.28. V.1994.楠井採集),島原半島(上木場、千本木)。

207.キイロアラゲカミキリ Penthides rufoflavus (HAYASHI)
奄美大島、トカラ中之島、宮崎・徳島・山口・奈良・三重・愛知県、伊豆諸島と点々と分布し、本県では対馬の特産種。対馬(比田勝)(有江1974) 。

208.イボタサビカミキリ Sophronica obrioides  (BATES)
台湾と、徳之島以北〜千葉県まで分布し、長崎が原産地。6.8 月、離島と、長崎市周辺と島原半島の低山地で、テイカカズラの枯れ枝や灯火に集まる。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、有明山、竜良山),五島列島(中通島:山王山・若松町・米山),平戸島(戸石川),松島(2exs.21.VI. 1994. 楠井採集),長崎市(岩屋山、金比羅山、白木)(BATES 1873:原記載),樺島(1ex.23.VII.1993.今坂採集),島原半島(千本木、眉山)。

209.キバネアラゲカミキリ Anaesthetobrium luteipenne PIC
東中国と、佐賀・熊本県と中国地方に分布し、本県では対馬の特産種。7.8 月に、ヤマグワの枯れ葉に多かった。対馬(比田勝、大星山)。

210.オビレカミキリ Euseboides matsudai  GRESSITT
海南島(別亜種)、台湾と、西表島から暖流沿いに福岡県まで分布し、4.5 月、男女群島(女島)と島原半島(赤松谷)で伐採枝より少数が得られている。

211.ネジロカミキリ Pogonocherus seminiveus BATES
極東大陸と、九州以北の日本全土に分布し、 5月、対馬と、多良岳の山頂直下で、飛翔中とタラノキの立ち枯れで得ている。対馬(佐須奈、鹿見口、厳原),多良岳(五家原岳、南河内林道)。212.ゴイシモモブトカミキリ Callapoecus guttatus BATES
九州、四国、本州に分布し、6-8 月、多良岳と雲仙岳のブナ帯で、ヤシャブシなどの立ち枯れから採集している。多良岳(五家原岳、南河内林道),島原半島(雲仙岳)。

213.ヒゲナガモモブトカミキリ Acanthocinus griseus orientalis OHBAYASHI
屋久島以北の日本全土に分布するが、北海道産は樺太、シベリア、ヨ−ロッパ産と共に別亜種として区別される。5-8 月、対馬と県本土の低地からブナ帯まで、マツ林付近で灯火に飛来する。対馬(岸井1959) ,多良岳(五家原岳),西彼杵半島(県民の森 1♀.1. VII.1988.青木採集),長崎市(西山町),高島,島原半島(新山)。

214.ナカバヤシモモブトカミキリ Leiopus guttatus BATES
屋久島以北の日本全土に分布し、本県では対馬の特産種。対馬(佐須奈、厳原)。

215.ゴマダラモモブトカミキリ Leiopus stillatus (BATES)
極東大陸と、屋久島以北の日本全土に分布し、5-7 月、多良岳と雲仙岳の中腹で伐採枝に集まる。多良岳(南河内林道),島原半島(赤松谷、田代原)。

216.トゲバカミキリ Rondibilis saperdina BATES
九州以北の日本全土に分布し、 6-8月、多良岳の中腹以上の伐採枝で採集した。東彼杵町(遠目郷 1ex.9. VII.1990.青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道)。

217.キュウシュウトゲバカミキリ Rondibilis amanoi (HAYASHI)
沖縄本島から暖流沿いに九州、四国まで分布し、 7月、対馬と県本土の低地からブナ帯まで、アカマツの枯れ枝に集まり、灯火に飛来する。対馬(厳原),多良岳(五家原岳),西彼杵半島(県民の森 1ex.28.VI.1987.阿比留採集),島原半島(眉山、崩山)。

218.シマトゲバカミキリ Rondibilis insularis HAYASHI
沖縄本島から暖流沿いに山口・愛媛県まで分布し、対馬が北限記録。7 月、対馬(御岳、大星山、有明山),平戸島(安満岳),多良岳(黒木)で取れている。

219.ミヤマケシカミキリ Exocentrus montilineatus KUSAMA et  TAHIRA
屋久島、九州、四国に分布し、5-7 月、対馬、五島列島と、県本土の標高500m以上の伐採枝で得られ、低標高には見られないが、中通島に産するのは興味深い。対馬(御岳)におけるキッコウモンケシカミキリ Exocentrus testudineus MATSUSHITA の記録は本種の誤同定の可能性がある(MAKIHARA 1984による) 。サビカミキリ属同様、ケシカミキリ属も雲仙岳のブナ帯では見つからず、不思議である。対馬,五島列島(中通島:山王山),多良岳(五家原岳、南河内林道),島原半島(白雲の池、赤松谷、田代原、魚洗川)。

220.ガロアケシカミキリ Exocentrus galloisi  MATSUSHITA
九州以北の日本全土に分布し、5-8 月、対馬(比田勝),五島列島(中通島:山王山・奈良尾町),平戸島(安満岳),多良岳(南河内林道、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 1ex.28.VI.1987.野田採集),長崎市(式見、金比羅山、愛〓山),島原半島(赤松谷、千本木、眉山、上木場、新山、崩山)。

221.アトモンマルケシカミキリ Exocentrus lineatus  BATES
屋久島以北の日本全土に分布し、4-8 月、離島と県本土の低地から低山地まで、伐採枝に多い。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、有明山、日見、内山、竜良山、豆酘、豆酘崎、柿の木),五島列島(宇久島、小値賀島、中通島:山王山・若松町・奈良尾町・米山),平戸島(安満岳、志々岐山、戸石川),東彼杵町(遠目郷 1ex.6. VII.1991.青木採集),多良岳(南河内林道、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 10exs.25.VII.1987.阿比留採集),松島(3exs.21.VI.1994.楠井採集),池島(1ex.28. V.1994.楠井採集),長崎市(式見、三ツ山、金比羅山、稲佐山、愛〓山、白木、日吉、甑岩、愛ご山),野母半島(野母崎 3exs.4.VII.1971.野田採集),樺島(1ex.23. VII.1993.今坂採集),島原半島(赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、高野、崩山、元池、口之津公園、富士山、岩戸山)。

222.クモガタケシカミキリ Exocentrus fasciolatus BATES
屋久島以北の日本全土に分布し、6-9 月、対馬(佐須奈、大星山、日見),島原半島(千本木、新山)で伐採枝で見つかる。普通種であるのに、記録が少ないのが気になる。

223.ツシマケシカミキリ Exocentrus tsushimanus HAYASHI
対馬特産種。7.8 月にソダのビィ−ティングで得られる。対馬(比田勝、西津屋、大星山、目保呂、厳原)(HAYASHI 1968:原記載)。

224.ツシマゴマフチビカミキリ Sphigmothorax tsushimanus  HAYASHI
対馬特産種。4.5 月に細い枯れ枝で取れるが少ない。対馬(比田勝、大星山)(HAYASHI 1961:原記載)。

225.クロオビトゲムネカミキリ Sciades fasciatus fasciatus (MATSUSHITA)
台湾(別亜種)と、与那国島から静岡県まで分布し、国内産は4亜種に区別される。本県産は、屋久島以北の原亜種とされ、6.8 月、離島と対馬暖流に直接洗われる県本土の低地で、枯れ葉や枯れ枝に集まる。対馬(大星山、有明山),五島列島(中通島:山王山・若松町・奈良尾町・米山、福江島),平戸島(志々岐山),西彼杵半島(県民の森 13exs.28.VI.1987.野田採集),野母半島(野母崎)(江島・野田1973) 。

226.ケシカミキリ Sciades tonsus (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、長崎が原産地。5-8 月、離島と県本土の低地から低山地まで、アカマツや広葉樹の枯れ枝に集まる。対馬,五島列島(平島、中通島:山王山),男女群島(男島、中之島、女島),平戸島(白岳、岩の上),多良岳,西彼杵半島(県民の森 1ex.25.VII.1987.阿比留採集),長崎市(岩屋山、日吉)(BATES 1873:原記載),島原半島(田代原、西郷、眉山、上木場、崩山)。

227.ルリカミキリ Bacchisa fortunei japonica (GAHAN)
中国、台湾、朝鮮(以上基亜種)と、九州、四国、本州に分布し、5 .6月、離島と県本土の低地でウシコロシなどバラ科の生木に集まる。庭木などに付いていることもあり、かえって市街地で大発生する事も多い。対馬(比田勝、大船越),五島列島(中通島:米山),平戸島,長崎市(西山町、本尾町、金比羅山、星取山、八郎岳),島原半島(口之津町付近)(布施1953) 。

228.ムネモンヤツボシカミキリ Saperda tetrastigma  BATES
九州以北の日本全土に分布し、5-7 月、対馬と多良岳、雲仙岳の中腹以上で、サルナシ葉上および枯枝、ゴトウヅル花上などに集まる。対馬(比田勝、大星山、浅藻),多良岳(黒木),島原半島(雲仙岳、赤松谷、上木場)。

229.ヤツメカミキリ Eutetrapha ocelota (BATES)
屋久島以北の日本全土に分布し、5-8 月、五島列島を除く離島と県本土の低地からブナ帯まで、サクラの立ち枯れに集まる。対馬(比田勝、大星山、峰町大久保、有明山、厳原),平戸島(岩の上),多良岳(五家原岳、南河内林道),肥前大島(1ex.4.VI.1994.楠井採集),長崎市(片渕町、白木、彦山),伊王島,島原半島(雲仙岳、眉山、焼山、本光寺、中堀町、千々石町)。

230.ハンノオオルリカミキリ Eutetrapha chrysochloris chrysargyrea BATES
九州以北の日本全土に分布するが、本亜種は九州、四国、中国地方に産する。6-8 月、多良岳(金泉寺、五家原岳)と島原半島(雲仙岳)の標高800m以上の立ち枯れや葉上に見られ、山頂に吹上げで飛来する。

231.ニセシラホシカミキリ Pareutetrapha simulans (BATES)
九州、四国、本州に分布し、5-8 月、対馬を除く離島と、県本土の低山地からブナ帯まで、サワフタギやハイノキの葉を食害中のものをよくみる。五島列島(中通島:山王山),平戸島(安満岳),東彼杵町(遠目郷 1ex.28.VI.1990.青木採集),多良岳(五家原岳、黒木),西彼杵半島(県民の森 5♂ 3♀.7. VI.1987.阿比留採集),島原半島(雲仙岳、赤松谷、千本木、西郷)。

232.ハンノキカミキリ Cagosima sanguinolenta sanguinolenta  THOMSON
樺太と、九州以北の日本全土に分布し、6.7 月、島原半島(雲仙岳、眉山)の山頂の吹上げで集まり、幼虫はヤシャブシ生木を食害する。多良岳に分布しないことから、ヤシャブシに付いたまま移入された可能性がある。

233.ラミ−カミキリ Paraglenea fortunei (SAUNDERS)
トンキン、中国と、種子島、九州、四国、千葉県以西の本州に分布し、5-8 月、県本土周辺の島と、県本土の低地からブナ帯まで、昼間、カラムシ葉上に多く、山頂に吹上げで飛来する。本種はBATESが1866年に長崎から記録しているが、それ以前に、長崎から侵入し、西日本全域に広がったものと考えられている。平戸島(西の久保),北松国見山(1ex.5.VII.1992.松尾採集),東彼杵郡(竜頭泉 1♂.28.V.1980.野田採集),多良岳(五家原岳、黒木、大村市大田武),肥前大島( 3exs.4.VI.1994.楠井採集),西彼杵半島(県民の森 3♂.16.VI.1988.今坂採集、外海町出津 1ex. 12. VI.1993.青木採集、外海町黒崎 1ex.28.V.1994.楠井採集),松島(2exs.16.V.1994.楠井採集),池島(5exs.28. V.1994.楠井採集),時津町(西時津郷崎野 1ex.14.V.1992.青木採集),長与町(琴ノ尾岳 1ex.24.V.1987.青木採集、高田郷 1♂.26.VI.1993.峰採集),長崎市(式見牧場、岩屋山、三ツ山、金比羅山、稲佐山、白木)(BATES 1866),牧島(2 ♂ 3♀.14.V.1994. 楠井採集),野母半島(香焼町、高浜),高島,伊王島,樺島(1ex.23. VII.1993.今坂採集),島原半島(千本木、眉山、上木場、諏訪池、牧の内、高野、新山、崩山、寺町、吉川、早崎、白浜、八石)。

234.ヒゲナガヒメルリカミキリ Praolia citrinipes BATES
奄美大島から東京都まで分布し、6-8 月、対馬(大星山)(足立1974) と多良岳で取れているが少ない。

235.キモンカミキリ Menesia sulphurata (GEBLER)
九州以北の日本全土に分布し、 5-7月、多良岳(黒木)で少数が得られている。

236.カスガキモンカミキリ Paramenesia kasugensis (SEKI et  KOBAYASHI)
九州、四国、福島県以西の本州に分布し、本県では対馬の特産種。多良岳の佐賀県側で取れているので、県本土にも分布するのであろう。対馬(有明山),7 月。

237.シラホシカミキリ Glenea relicta relicta  PASCOE
アッサム、インドシナ、海南島、台湾(以上別亜種)、中国、樺太、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、伊豆諸島南部は別亜種。5-8 月、離島と県本土の低地からブナ帯まで、ツバキの葉を食害し、伐採木に集まる。対馬(御岳、大星山、浅藻、久原、鹿見口、有明山、厳原、佐須峠、日見林道、内山、竜良山),五島列島(野崎島、中通島:山王山・若松町),平戸島(安満岳),北松国見山(1ex.11. VI.1983.松尾採集),東彼杵町(遠目郷 1ex.4. VII.1990.青木採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、黒木),西彼杵半島(県民の森 1♂.25.VII.1987.阿比留採集),長崎市(式見牧場、金比羅山、千々、日吉、甑岩),島原半島(雲仙岳、田代原、千本木、眉山、上木場、西郷、木津)。

238.キバネニセリンゴカミキリ Eumecocera anomala (BATES)
九州の特産種で、 5-7月、多良岳(南河内林道),島原半島(千本木、眉山、崩山:シラホシキクスイカミキリとして)で記録されている。

239.ヨスジアオカミキリ Eumecocera impustulata (Motschulsky)
極東大陸に分布し、国内では対馬の特産種。5.6 月にケヤキのひこばえに集まる。対馬(比田勝、御岳、大星山、矢立山−佐須瀬、有明山、日見、日見林道、厳原)。

240.セミスジニセリンゴカミキリ Eumecocera trivittata (BREUNING)
九州、四国、本州に分布し、4-8 月、北松国見山(1ex.11. VI.1983.松尾採集),多良岳(五家原岳)の吹上げと、島原半島(千本木)のクヌギの枯れ枝から取れているが少ない。

241.クロニセリンゴカミキリ Eumecocera unicolor (KANO)
九州以北の日本全土に分布するが、本県では対馬の特産種。多良岳の佐賀県側で取れているので、県本土にも分布するのであろう。対馬(比田勝)(有江1974) 。

242.キクスイカミキリ Phytoecia rufiventris  GAUTIER des  COTTES
極東大陸、台湾と、屋久島以北の日本全土に分布し、4-6 月、離島と県本土の低地(主として市街地)のキクとヨモギの新芽に集まる。対馬(比田勝、佐須奈、有明山、厳原),壱岐(片原、天ヶ原、谷江、男岳),平戸島(岩の上),多良岳(大村市竹松),時津町(浜田郷 1ex.10.IV. 1990. 青木採集),長崎市(西北町、西山町)(BATES 1873:P.ventralis として),島原半島(新山、桜馬場、口之津、岩戸山)。

243.ヨツキボシカミキリ Eumecocera trivittata (BREUNING)
ビルマ、台湾(以上別亜種)、トンキン、東中国、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、 6.7月、対馬(佐須奈、浜久須、鶏知ダム)と多良岳(轟ノ滝)で取れている。

244.ヘリグロリンゴカミキリ Nupserha marginella (BATES)
シベリア、中国、台湾、朝鮮と、九州、四国、本州に分布し、6-8 月、対馬と県本土の低地からブナ帯まで、草地の上を飛び、吹上げで山頂に集まる。対馬(比田勝、佐須奈、大星山、仁田、有明山、厳原、柿の木),東彼杵町(大野原 1ex.22.VI.1991.青木採集),多良岳(五家原岳),長与町(平古場 1♀.18.VI.1989.田中採集),長崎市(式見牧場、岩屋山、稲佐山、金比羅山、八郎岳),野母半島(高浜),島原半島(雲仙岳、眉山、上木場)。

245.ヒメリンゴカミキリ Oberea hebescens BATES
九州、四国、本州に分布し、5-7 月、対馬を除く離島と県本土の低地からブナ帯まで、タブの葉に集まり、吹上げで山頂に飛来する。五島列島(福江島:笹岳),平戸島(安満岳、中野、川内峠),北松国見山(1ex.31. V.1983.松尾採集),多良岳(五家原岳、南河内林道、黒木、狸ノ尾),西彼杵半島(県民の森 1ex.1. VII.1988.青木採集),長崎市(金比羅山、千々、八郎岳),伊王島,島原半島(雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、岩戸山)。

246.リンゴカミキリ Oberea japonica (THUNBERG)
中国東北部、朝鮮と、屋久島以北の日本全土に分布し、5-7 月、離島と県本土の低地から低山地まで、ソメイヨシノの枝先を飛ぶ。対馬(佐須奈、大船越、有明山、日見、厳原),壱岐(本宮、後川、勝本、那賀),五島列島(中通島:奈良尾町、福江島:翁頭山),平戸島(安満岳、岩の上),北松国見山(1ex.22. VII.1992.松尾採集),東彼杵郡(竜頭泉 1♀.28.V.1980.野田採集),多良岳(轟ノ滝、黒木、目代),時津町(浜田郷 1♂.18.VI.1991.青木採集),長崎市(烽火山、金比羅山),野母半島(高浜、脇岬),高島,島原半島(元池、白土、堀端、霊丘公園、原城)
247.ソボリンゴカミキリ Oberea sobosana  OHBAYASHI
九州、四国、山形県以西の本州に分布し、6.7 月、多良岳(五家原岳)と島原半島(雲仙岳)の山頂に吹上げで飛来し、ツツジ類の枝先に集まる。雲仙噴火の影響が心配である。

248.ニセリンゴカミキリ Oberea mixta BATES
種子島以北〜愛知県まで分布し、島原が原産地。6 月に対馬を除く離島と県本土の低山地で、草地の上を飛ぶ。壱岐(後川),五島列島(奈留島:夏井),多良岳(黒木),長崎市(八郎岳),高島,島原半島(千本木、眉山)(Bates 1896:原記載) 。

249.ツシマホソキリンゴカミキリ Oberea vittata BLESSIG
アム−ル、中国東北部、朝鮮と、国内では対馬特産種。対馬(比田勝、有明山) 6-7月。

250.ホソキリンゴカミキリ Oberea infranigrescens BREUNING
九州、四国、本州に分布し、5-7 月、松島と県本土の低地で取れているが、ごく稀である。松島(1ex.16. V.1994.楠井採集),長崎市(城の古趾、金比羅山、愛ご山),島原半島(眉山)。

251.ホソツツリンゴカミキリ Oberea nigriventris  BATES
マレ−シア、インドシナ、海南島、台湾、中国と、屋久島以北〜青森県まで分布するが、本県では対馬特産種。対馬(御岳)。

◎ トウワタベニカミキリ Tetraopes tetrophthalmus (FORSTER)
長崎市(三輪1933) の記録は北アメリカからの移入であろう(KUSAMA ・TAKAKUWA 1984による)
以上、5 疑問種を除いて、長崎県産カミキリムシ科 251種と、対馬、男女群島などの県本土とは別の19亜種、合計で270 のタクサを記録した。特産種(国内では、という種も含む)、特産亜種、疑問種等については次表を参照。(表略)


参考文献(主な物のみ)
◎県全体
BATES,H.W.(1873) On the Longicorn Coleoptera of  Japan,Ann. Mag. Nat. Hist.,4(12):148-156,193-201,308-318,380-390.
生島貞利(1957) 長崎県の天牛覚え書(1),こがねむし,5(1):6-13 .
生島貞利(1958) 長崎県の天牛覚え書(2),こがねむし,6(1):1-23 .
江島正郎(1968) 長崎県鞘翅目目録,オルガナイザ−(長崎北高校生物部誌),(2):21-58 .
日本鞘翅目学会編(1984) 日本産カミキリ大図鑑,講談社刊,565pp .
大林延夫・佐藤正孝・小島圭三編(1992)日本産カミキリムシ検索図説,東海大学出版会刊, 696 pp.

◎対馬
白水隆・宮田彬(1976) 対馬産昆虫目録,対馬の生物,長崎県生物学会刊,:567-763.
槇原寛・斉藤秀生(1987)極東アジアの中の対馬のカミキリムシ相,対馬の自然,長崎県刊: 187-227 .

◎壱岐
浦川虎郷・江島正郎・松尾公則・壱岐高校生物部(1977) 壱岐の甲虫類,壱岐の生物,長崎県生 物学会刊,:357-365.
浦川虎郷(1994) カミキリムシ科,壱岐島動物目録,壱岐『島の科学』研究会刊,:65-66 .

◎五島列島
江島正郎ほか(1981)五島列島産昆虫目録,五島の生物,長崎県生物学会刊,247-332 .
今坂正一ほか(1994)五島列島において1982年から1994年に新たに採集と報告された甲虫(1),(2) , 長崎県生物学会誌 投稿中.

◎男女群島
MAKIHARA ,H.(1980) Cerambycidae of the Danjo Islands, with discription  of two new species and six new subspecies (Coleoptera),Esakia,(15):49-73.
槇原寛(1981)男女群島のカミキリムシ,五島の生物,長崎県生物学会刊,727-736 .
池崎善博・江島正郎(1990) 長崎県男女群島陸生動物相調査(1989年5 月)報告,こがねむし,(51):13-39.

◎平戸島
今坂正一・大石久志・大石美也子(1980) 平戸島で採集した甲虫,こがねむし,(37):1-22 .
松尾照男(1983) 平戸島産鞘翅目類分布資料2,北九州の昆蟲,30(2):81-88 .
酒井あけみ(1981) 平戸島の甲虫(I),長崎県生物学会誌,(21):45-51.

◎多良岳
今里健(1972) 多良岳および大村市付近のカミキリムシ,こがねむし,11(1):21-25 .
今坂正一・緒方健・西田光康(1987) 多良岳の甲虫相,佐賀の昆虫,(19):176-260.

◎長崎市付近
神谷寛之(1954) 長崎市付近産鞘翅目目録,染色体(長崎東高校生物部誌),(7):9-25.
阿比留巨人・今坂正一(1983) 長崎市南部の甲虫類(1) ,こがねむし,(42):35-45.
阿比留巨人・今坂正一(1986) 長崎市南部の甲虫類(2) ,こがねむし,(47):27-42.

◎野母半島
江島正郎・野田正美(1973) 野母崎町の甲虫類,長崎県生物学会誌,(5):63-64 .
今坂正一(1980) 野母崎で採集した甲虫,こがねむし,(36):37-44.
田中清・野田正美・峰正隆(1991)野母半島高浜の昆虫相,こがねむし,(52):14-32.

◎島原半島
今坂正一・岩崎傳次(1974) 島原のカミキリ(II) ,北九州の昆蟲,20(2):39-58 .
今坂正一・岩崎傳次(1978) 島原のカミキリ(III) カミキリムシ科(1) ,北九州の昆蟲,28(1): 41-47 .
今坂正一(投稿中) 島原半島の甲虫相,島原市教育委員会刊行予定.

 


前のページ
広島県のジョウカイボン相(第2報)
コンテンツのトップ 次のページ
五島列島において1982年から1994年に新たに採集と報告された甲虫