今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン

九州初記録のモンクチビルテントウ

今坂正一

九州の薩摩半島南端付近でモンクチビルテントウを採集したので九州初記録として報告したい。本種の同定をお願いし、文献についてもご教示頂いた松原 豊氏に心よりお礼申し上げる。
◎モンクチビルテントウ Platynaspidius maculosus (Weise)
6exs. 鹿児島県南さつま市坊津車岳標高100m付近 23. IV. 2006. 今坂正一採集; 3exs. 同所 24. IV. 2006. 今坂正一採集.
坊津の町の背後にある耕作地から、車岳を周遊する林道に入ったあたりで、林道脇に生えているシイ・カシ・ツワブキ・ウツギなどの葉上に見られた。本種はヨツボシテントウ Phymatosternus lewisii (Crotch)に似るが、黒紋が大きく、一見して別の種であることが解る。
本種は従来、台湾、中国(基準産地:福州)、ベトナムに分布することが知られていたが、国内からは最近、以下に示した2報告により沖縄本島に分布(侵入?)していることが報告された。

参考文献
松原 豊・上野輝久・佐々治寛之(1998)月刊むし, (332): 38.
佐々治寛之・谷口昌弘(2003)月刊むし, (391): 13.


前のページ
九州初記録のハネカクシ7種
コンテンツのトップ 次のページ
カタモンマルハナノミの九州南端の記録