今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン

九州初記録のハネカクシ7種
今坂正一・伊藤建夫

九州各地で採集された今坂所蔵のハネカクシを伊藤が同定したところ,九州からは記録がないと考えられる種が7種見いだされた。それらに伊藤所蔵のデータを追加して,九州初記録として報告しておきたい。市町村名は採集当時のものを用いた。このうち,3種については和名が提唱されていないので,記録の利便性のために新称し,1種については改称しておいた。

1.マルモンオオキバハネカクシ Pseudoxyporus gnatho Sharp
1ex. 大分県庄内町黒岳, 16. V. 1989, 今坂採集・保管; 1ex. 同所, 6. VI. 2003, 水野採集, 伊藤保管, いずれも伊藤同定。キノコから採集。従来の記録は本州と四国のみ。
2.トゲトゲハネカクシ Astenus setifer Cameron
1ex. 福岡県久留米市宮の陣筑後川, 27. VII. 2005, 平原採集, 伊藤同定, 今坂保管。頭でっかちで丸く,目が小さいので,ナマズを連想させる。河畔のベイトトラップで採集された。
柴田(1995)によると,本種はEurysunius亜属に属するが,本亜属はAstenus属の他の4亜属とは際だって異なる特徴を持ち,地中海を中心に約40種が分布する。それ以外には,コーカサスに1種と,本種が日本から知られ,現在までに,本州(東京都大田区大井埠頭,浦安市浦安中央公園,京都市嵐山,神戸市篠原,和歌山高野山)の記録が知られている。この亜属のものは沖縄から別種が採集されているが,別の機会に報告したい。
3.イシハラナガハネカクシ(和名新称) Lathrobium ishiharai Y. Hayashi
5exs. 福岡県矢部村日向神ダム鬼塚, 23. IX. 2003, 今坂採集・保管;1ex. 福岡県大刀洗町西原筑後川, 23. X. 2005, 今坂採集・保管, 伊藤同定。河川敷の水際の石下と灯火により採集した。
本種は,大阪府淀川を基産地として、本州の中・下流域の河川敷 [大和川(大阪府)、旭川(岡山県)、利根川(埼玉県)]から記載された。九州産は♂交尾器が基産地のものと異なるが,広域分布種なので,この差を種内の地域差とするか,別種とするかは,さらに多くの標本を検しての将来の課題としたい。
4.フタモンコガシラハネカクシ(和名新称) Philonthus cruentatus (Gumerin)
1ex. 鹿児島県知覧町平久保, 2. XI. 2005, 今坂採集・保管, 伊藤同定。畑脇の側溝で見られた。本種は従来沖縄県で記録されているが,沖縄産は上翅斑紋が赤褐色であるのに対して,鹿児島産は色が淡くて黄褐色である。
参考に伊藤所蔵の沖縄県の記録も付記しておく。1ex. 石垣島バンナ岳, 9. VI. 1997, 的場採集, 伊藤同定・保管。
5.コゲチャコガシラハネカクシ Philonthus liopterus Sharp
1ex. 熊本県矢部町内大臣峡, 15. V. 1983, 今坂採集・保管, 伊藤同定。本種は従来,北海道と本州から記録されていた。
6.ニッコウハネスジキノコハネカクシ(和名改称) Carphacis nikkoensis Schulke
1ex. 熊本県五家荘白鳥山, 5. VIII. 1984, 今坂採集・保管, 伊藤同定。キノコから採集。従来,ハネスジキノコハネカクシ Lordithon striatus Olivier (北海道〜九州から記録,現在はCarphacis属に変更)とされていた種は,その後数種に分割され,保育社の甲虫図鑑II改訂版(上野ほか, 1999)では,ハネスジキノコハネカクシを本種の和名として使用している。その結果,Carphacis属2種に同じ和名が使用され,混乱を引き起こすと考えられるので,ここでは新称を提唱しておく。本種は北海道と本州で記録されていた。
7.ツマグロアカキノコハネカクシ(和名新称) Lordithon elegantulus Li et Sakai
1ex. 熊本県上村白髪岳, 19. VI. 1984, 今坂採集, 伊藤同定・保管;1ex. 大分県庄内町黒岳, 25. VI. 2003, 今坂採集・保管;1ex. 大分県九重町九酔渓, 27. IV. 2005, 今坂採集・保管。キノコとケヤキ樹皮下より採集。漆黒の頭・前胸・上翅斑紋・腹節末端と,赤黄色の上翅基部・腹節基部との対比が綺麗である。本州と四国の分布が知られていた。
末筆ながら,貴重な標本を恵与頂いた平原健一氏,水野弘造氏,的場 績氏にお礼申し上げる。

参考文献
Schulke, M.(1995)Ent. Bl., 91: 62-77.
柴田泰利(1995)甲虫ニュース,(111): 1-2.
上野俊一ほか(1999)原色日本甲虫図鑑(II)4刷, 514pp. 保育社.


前のページ
長崎県島原半島産甲虫覚え書き 1
コンテンツのトップ 次のページ
九州初記録のモンクチビルテントウ