今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン

こがねむし, (65), 2001 長崎昆虫研究会

金比羅山の甲虫目録

和田義人・今坂正一・野田正美・
青木良夫・山元宣征
(長崎昆虫研究会甲虫会グル−プ)

はじめに
金比羅山は長崎市北部に位置する標高 366m の小さな山で,住宅地に囲まれている割にはよく自然環境が残されている.しかし,植生は草原や落葉広葉樹林から常緑広葉樹林へと徐々に変化しつつあり (和田, 2001),それに伴って甲虫相も当然変わっていくものと考えられる.そこで,現在の甲虫の生息状況を記録して将来の自然環境保全のための基礎資料の一つとするべく目録の作成を試みた.
金比羅山の甲虫については生島 (1954b, c, d) や生島・神谷 (1955) などいくつかの報告がある.その後,今坂ら (1994, 1999) は長崎県産のカミキリムシ科とコガネムシ主科の目録において,古い文献で記録された種も含め,多数の種を金比羅山を産地としてあげている.また,阿比留ら (1986) は1984年と1985年に長崎市南部の甲虫類について報告したが,その中に金比羅山で採集されたものが約 50 種含まれている.しかし,この目録では金比羅山の現在の自然に重点を置き,1986年以降に採集され,標本が現存するもののみに限ることとした.
ハナノミの同定をして下さった畑山武一郎氏,キノコの同定をして下さった都野展子氏,調査に協力して下さった松田 亨氏に心から厚くお礼申し上げる.

採集方法
採集は種々の方法によった.叩き網採集や花,朽木,キノコなどからの目視による通常の採集のほかに,2000年には夜間灯火採集,プラスチック・コップを用いたベイトトラップおよび誘引トラップによる採集も行った.夜間灯火採集は6月2日,6 月28日,8月4日の3回,金比羅神社上の林内と広場で行った.ベイトトラップによる採集は金比羅山の南端から北端にわたるほぼ全域で行った.トラップには通常蛹粉を入れ,稀に魚肉や黒砂糖を加えた酢酸液を用いたが,ベイトの種類による差はなかったので,それぞれの種についての説明の中では単にベイトトラップとのみ記した.誘引トラップにはアカネコ−ルを誘引剤として用い,水道局配水槽の近くに7月2日設置,9月19日回収した.
目録記載要領
以下の目録では,学名やその配列は基本的には日本産昆虫総目録(九州大学)に従ったが,一部は著者の考えで変更した.すべての標本について種名の確認は今坂が行った.それぞれの種については,採集した月,採集デ−タ,生態や採集時の感想な
図1.金比羅山の地図.網かけ部分は住宅地.点線が登山道で,立山荘から金比羅神社を経て金比羅山頂上に至るル−トがもっともよく登山客に利用されている.採集を主におこなったのは砲台跡,金比羅神社から頂上を通って水道局配水槽に至る道の周辺である.草原は砲台跡,神社のすぐ東北(もっとも大きい),頂上,九州電力鉄塔のそばにある.クヌギは砲台跡,金星観測碑のそば,水道局配水槽の近くなどに多い.
どを記した.採集デ-タは各年別に出現の初めと終わりを考慮し,その中間の月のデ−タは最大1個に限って後は省略した.採集場所は金比羅山であるが,一部はその山麓部も含め,その時はたとえば「三原町」のように町名を記して区別した.金比羅山の中で採集した場所が特定できる場合は,たとえば「砲台跡」のように場所名を入れて説明した.各場所の位置は地図(図 1)に示した.

甲虫目録
ハンミョウ科 Cicindelidae

1. ハンミョウ Cicindela chinensis japonica THUNBERG
7, 8月. 8.vii.2000 (1 ex., 和田); 28.viii.200 (1 ex., 和田). 金比羅神社上の広場や砲台跡の裸地で得た.河原など裸地に多い種だが, 最近は局地的である.

2. エリザハンミョウ Cicindela elisae elisae MOTSCHULSKY
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田).金比羅神社上の広場での夜間灯火採集で得た.溜池や干潟などの裸地に多い種である.

3. ニワハンミョウ Cicindela japana MOTSCHULSKY
5月. 3.v.2000 (1 ex., 和田). 金比羅山頂上から北へ降りた登山道で得た.低山地〜山地の登山道で見られる種で,市街地ではあまり見かけない.

4. コハンミョウ Cicindela specularis CHAUDOIR
6 - 8月. 30.vi.2000 (1 ex., 和田); 29.vii.2000 (1 ex., 山元) ; 26.viii.2000 (1 ex., 和田). 砲台跡の裸地にいる.空き地や農家の庭先に多かったが, 最近は少ない.
オサムシ科 Carabidae

5. オオオサムシ Carabus dehaanii dehaanii CHAUDOIR
4 - 6月. 1.v.1999 (1 ex., 和田)」28.iv.2000 (2 exs., 和田); 4.v.2000 (1 ex., 和田); 5.vi.2000 (1 ex., 和田). 地面を這いまわりベイトトラップによく集まる.県本土ではやや山地で見られる.

6. ヒメオサムシ Carabus japonicus japonicus MOTSCHULSKY
4 - 6月, 9月. 8.v.1999 (1 ex., 和田)」28.iv.2000 (1 ex., 和田); 1.v.2000 (4 exs., 和田); 7.vi.2000 (1 ex., 和田); 17.ix.2000 (1 ex., 和田). 地面を這いまわりベイトトラップによく集まる.低地から山地まで多い.地域により色彩や形態の変異があり, 長崎市周辺では大部分が金属光沢のない黒化型である.

7. マイマイカブリ Damaster blaptoides blaptoides KOLLAR
4月. 23.iv.1999 (1 ex., 和田). 水道局配水槽の近くで地面を這っていた.耕作地周辺など, オープンな場所で多く見られたが, 最近は少ない.

8. フトキノカワゴミムシ Leistus crassus Bates
6月. 4.vi.1988 (1 ex., 野田).ベイトトラップで得た.四国と九州の固有種で, 低山の樹皮下等に生息し, 少ない.

9. ハギチビゴミムシの近似種 Epaphiopsis sp.
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.Epaphiopsis 属の種は林床の落葉下で生活しており, 各地で分化している. 県内では島原半島産はウンゼンチビゴミムシEpaphiopsis unzenensis (JEANNEL)(固有種)であり, 多良岳産は中国地方から北九州にかけて分布するハギチビゴミムシEpaphiopsis punctatostriata (PUTZEYS)とされる. 金比羅山産は島原産と異なることは明らかであるが, 種名は未確定である.

10. アトモンコミズギワゴミムシ Tachyura klugi klugi (NIETNER)
6月. 2.vi.2000 (2 exs., 和田). 夜間灯火採集で得た.本州,九州に分布するが, 県内でも島原市の記録がある程度で少ない.

11. ムナビロヒメナガゴミムシ Pterostichus straneoi HABU
4, 5月. 25.iv.2000 (1 ex., 和田); 9.v.2000 (1 ex., 和田). 本州, 九州に分布するが,暖地性で少ない.

12. ルイスオオゴミムシ Trigonotoma lewisii BATES
6月. 4.vi.1989 (1 ex., 野田). 低山地〜山地に多い.

13. オオアオモリヒラタゴミムシ Colpodes buchanani HOPE
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.各地に普通.

14. チャイロホソヒラタゴミムシ Colpodes kyushuensis HABU
6月. 28.vi.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集で得た.やや山地性で低地では少ない.

15. セアカヒラタゴミムシ Dolichus halensis (SCHALLER)
10月. 29.x.1988 (3 exs., 野田). ベイトトラップで得た.耕作地, 河原などに多い.

16. クロツヤヒラタゴミムシ Synuchus cycloderus (BATES)
4 - 6, 9, 10月. 29.iv.2000 (3 exs., 和田); 21.v.2000 (17 exs., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 和田); 20.ix.2000 (9 exs., 和田); 4.x.2000 (7 exs., 和田). ベイトトラップによく集まる.林床に多く, 特に秋期には個体数が多い.

17.ヒメツヤヒラタゴミムシ Synuchus dulcigradus (BATES)
5, 6月. 21.v.2000 (2 exs., 和田); 19.vi.2000 (2 exs., 和田). ベイトトラップによく集まる. 本種は林縁のオープンな場所に多い.

18. オオクロツヤヒラタゴミムシ Synuchus nitidus (MOTSCHULSKY)
5 - 7月. 21.v.2000 (1 ex., 和田); 7.vi.2000 (2 exs., 和田); 2.vii.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップによく集まる. 暖帯林の林床に多い.

19. ニセマルガタゴミムシ Amara congrua MORAWITZ
3 - 5月. 15.iii.2000 (1 ex., 三原町,和田); 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 17.v.2000 (2 exs., 和田). 地面を這っていた.耕作地や草地などにも多い.

20. ツヤアオゴモクムシ Harpalus chalcentus BATES
5月. 25.v.1997 (1 ex., 山元). 低地の河原などで見られるが少ない.

21. アカアシマルガタゴモクムシ Harpalus tinctulus BATES
6月. 5.vi.2000 (1 ex., 和田). 耕作地や裸地で見られる.

22. クビナガゴモクムシ Oxycentrus argutoroides (BATES)
7月. 8.vii.2000 (2 exs., 和田). 本州以南に分布し, 樹林の石下などで見られるが,多くない.

23. カラカネゴモクムシ Platymetopus flavilabris (FABRICIUS)
6月. 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.耕作地や裸地で見られる.

24. ミドリマメゴモクムシ Stenolophus difficilis (HOPE)
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 暖地性で, 低地の耕作地や裸地に多い.

25. ニッポンヨツボシゴミムシ Dischissus japonicus ANDREWES
6月. 30.vi.2000 (1 ex., 和田). 本州以南に分布し, 九州では樹林性で多い.

26. ニセコガシラアオゴミムシ Chlaenius kurosawai KASAHARA
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.暖地性で九州では溜池や河原など, 水辺に多い種である..

27. オオアトボシアオゴミムシ Chlaenius micans (FABRICIUS)
6月. 1.vi.1989 (2 exs., 野田). 本州以南に広く分布し, 低地に多い.

28. アトボシアオゴミムシ Chlaenius naeviger MORAWITZ
5, 6, 8月. 4.vi.1988 (2exs., 野田)」11.v.2000 (2 exs., 和田); 28.viii.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップに集まり,夜間灯火採集でも得た.低地〜山地に多い.

29. キボシアオゴミムシ Chlaenius posticalis MOTSCHULSKY
6月. 7.vi.2000 (3 exs., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップに集まる.やや山地性である.

30. ムナビロアトボシアオゴミムシ Chlaenius tetragonoderus CHAUDOIR
6, 8月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田); 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集で得た.本州以南に分布し, 低地に多い.

31. スジアオゴミムシ Haplochlaenius costiger (CHAUDOIR)
6, 8月. 8.vi.2000 (2 exs., 和田); 22.viii.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップに集まり,夜間灯火採集でも得た.樹林性で個体数は比較的少ない.

32. コキノコゴミムシ Coptodera japonica BATES
6月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (8 exs., 青木). アラゲカワラタケに集まり,灯火にも来る. やや発達した暖帯林に生息するが, 多良岳や雲仙でも得られておらず, 県内の記録は少ない.

33. ハギキノコゴミムシ Coptodera subapicalis PUTZEYS
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 倒木や立ち枯れ樹皮下で見られ, キノコに集まる.

34. コヨツボシアトキリゴミムシ Dolichoctis striatus striatus
SCHMIDT-GOBEL
2, 6月. 7.ii.1998 (1 ex., 山元)」28.vi.2000 (2 exs., 青木). 樹皮下で得られ,夜間灯火採集でも得た.樹林に多い.

35. キクビアオアトキリゴミムシ Lachnolebia cribricollis (MORAWITZ)
6, 7月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 2.vii.2000 (1 ex., 和田).叩き網で得た.

36. ホシハネビロアトキリゴミムシ Lebia calycophora SCHMIDT-GOBEL
6月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂).葉上や花上に多い.

37. メダカアトキリゴミムシ Orionella lewisii (BATES)
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.樹林で見られるが多くない.

38. ヒトツメアトキリゴミムシ Parena monostigma (BATES)
5月. 2.v.1999 (1 ex., 和田). 樹林性の稀種で, 多良岳や雲仙では採れておらず, 県内の分布記録は少ない.

39. クロヘリアトキリゴミムシ Parena nigrolineata nipponensis HABU
5月. 4.v.2000 (1 ex., 和田). 樹林の葉上で見られる.

40. コアオアトキリゴミムシ Taicona aurata BATES
5月. 29.v.1994 (1 ex., 青木). 暖帯林に生息し, 葉上で得られるが少ない種である.本種も多良,雲仙両地域では確認されていない.

41. クビボソゴミムシ Galerita orientalis SCHMIDT-GOBEL
6月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップで得た.林床に多い.

42. フタホシスジバネゴミムシ Planetes puncticeps ANDREWES
10月. 2.x.1988 (1 ex., 野田). ベイトトラップで得た.耕作地や河原に多い.
ホソクビゴミムシ科 Brachinidae

43. オオホソクビゴミムシ Brachinus scotomedes REDTENBACHER
6月. 29.vi.2000 (1 ex., 和田). 朽木にいた.ベイトトラップでも得られる.樹林の林床に多い.
ガムシ科 Hydrophilidae

44. キイロヒラタガムシ Enochrus simulans (SHARP)
6月. 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.水田や溜池に多い.

45. トゲバゴマフガムシ Berosus lewisius SHARP
6月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.溜池に見られる.
エンマムシ科 Histeridae

46. コエンマムシ Margarinotus niponicus (LEWIS)
5 - 7月. 19.v.2000 (5 exs., 和田); 23.vi.2000 (2 exs., 和田); 19.vii.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップに集まる. 各地に普通.
タマキノコムシ科 Leiodidae

47. オチバヒメタマキノコムシ Dermatohomoeus terrena (HISAMATSU)
7月. 19.vii.2000 (1 ex., 和田).林床の落葉下にいる.

48. チャイロヒメタマキノコムシ Pseudoliodes strigosulus (PORTEVIN)
7月. 15.vii.2000 (1 ex., 和田). キノコに見られる.
シデムシ科 Silphidae

49. クロシデムシ Nicrophorus concolor KRAATZ
6, 8月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田); 26.viii.2000 (2 exs., 和田). ベイトトラップに集まり,夜間灯火採集でも得た.樹林に多い.

50. ヨツボシモンシデムシ Nicrophorus quadripunctatus KRAATZ
5, 6, 9, 10月. 16.v.2000 (3 exs., 和田); 7.vi.2000 (1 ex., 和田); 20.ix.2000 (1 ex., 和田); 4.x.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップに集まり,夜間灯火採集でも得た.県内の樹林では最も普通.

51. コクロシデムシ Ptomascopus morio KRAATZ
8月. 26.viii.2000 (4 exs., 和田). ベイトトラップで得た.低地で見られる.

52. モモブトシデムシ Necrodes nigricornis HAROLD
10月. 4.x.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップで得た.各地に見られ, やや少ない.

53. オオヒラタシデムシ Eusilpha japonica (MOTSCHULSKY)
5, 6, 8, 9月. 25.v.1997 (5 exs., 山元)」7.vi.2000 (1 ex., 和田); 26.viii.2000 (1 ex., 和田); 20.ix.2000 (2 exs., 和田). ベイトトラップに集まる.耕作地などでも多い.
ハネカクシ科 Staphylinidae

54. ツノフトツツハネカクシ Osorius taurus SHARP
3月. 10.iii.2000 (1 ex., 和田); 13.iii.2000 (2 exs., 和田). 地蔵堂近くと頂上西の樹林内の朽木から得た.暖帯林の樹皮下, 落葉下に生息する.

55. クロニセトガリハネカクシ Achenomorphus lithocharoides (SHARP)
10月. 7.x.2000 (4 exs., 和田). 金比羅神社側の落ち葉から得た.

56. オオマルズハネカクシ Domene crassicornis (SHARP)
8月. 4.viii.2000 (13 exs.和田・青木). 夜間灯火採集で得た.林床で見られる.

57. ニセトガリハネカクシ Isocheilus staphylinoides (KRAATS)
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集で得た.枯草中に見られる.

58. クロバネアリガタハネカクシ Oedechirus lewsius SHARP
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 暖地の葉上で見られるが多くない.

59. アオバアリガタハネカクシ Paederus fuscipes (CURTIS)
6月. 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.水辺に普通.

60. ムネビロハネカクシ Algon grandicollis SHARP
5, 6月. 20.v.2000 (1 ex., 和田); 30.vi.2000 (1 ex., 和田).各地で見られる.

61. ハイイロハネカクシ Eucibdelus japonicus SHARP
5, 6月. 27.v.1989 (2 exs., 野田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 葉上, 花上などで昆虫などを捕食する.

62. ツマグロアカバハネカクシ Hesperus tiro (SHARP)
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集で得た.

63. サビハネカクシ Ontholestes gracilis (SHARP)
7, 8, 10月. 17.vii.2000 (1 ex., 和田); 16.viii.2000 (2 exs., 和田); 4.x.2000 (1 ex., 和田). 獣糞, 人糞などに集まり, ウジなどを捕食する.

64. アカバハネカクシ Platydracus paganus (SHARP)
5, 6, 9月. 25.v.2000 (1 ex., 野田); 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 2.ix.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップに集まる.

65. ダイミョウキノコハネカクシ Lordithon daimio (SHARP)
6月. 29.vi.2000 (1 ex., 和田). キノコに集まる. 県内ではやや山地性で少ない.

66. ハスモンヒメキノコハネカクシ Sepedophilus pumilus (SHARP)
3月. 27.iii.2000 (1 ex., 和田). 頂上西の樹林内の朽木から得た. 枯れ木につく柔らかいキノコに集まる種である.
デオキノコムシ科 Scaphidiidae

67. エグリデオキノコムシ Scaphidium emarginatum LEWIS
5 - 7月. 1.v.1999 (1 ex., 和田)」14.v.2000 (16 exs., 和田); 14.vi.2000 (4 exs., 和田); 19.vii.2000 (2 exs., 和田). 地蔵堂近くの樹林内の倒木に板状に張り付いた白いキノコから多数を得た.朽木にもいる.暖帯林に多い.

68. ヒメデオキノコムシ Scaphidium femorale LEWIS
3, 6月. 27.iii.2000 (1 ex., 和田); 29.vi.2000 (1 ex., 和田). 頂上西の樹林内の朽木から得た.樹林に多い.

69. タケムラデオキノコムシ Scaphidium takemurai NAKANE
6月. 8.vi.2000 (1 ex., 和田). 地蔵堂近くの樹林内の倒木に板状に張り付いた白いキノコから得た.九州の固有種で少ない.
マルハナノミ科 Helodidae

70. セダカマルハナノミ Prionocyphon ovalis KIESENWETTER
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 葉上で見られるが, 多くない.
クワガタムシ科 Lucanidae

71. チビクワガタ Figulus binodulus WATERHOUSE
5月. 26.v.1997 (1ex., 立山町,野田).夜間サクラ立ち木の枯死部から得た.県内では, 長崎市周辺でしか記録されていない.

72. ネブトクワガタ Aegus laevicollis laevicollis E.SAUNDERS
8月. 20.viii.1988 (1 ex., 三原町, 和田). 灯火に来た. 今坂ら (1999) からの再録.湿潤な林でみつかることが多い.

73. ミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus maculifemoratus
MOTSCHULSKY
8, 9月. 7.ix.1998 (1 ex., 三原町, 和田)」1.viii.2000 (1 ex., 三原町, 和田); 17.ix.2000(1 ex., 和田). 樹液,灯火などで得られる. 一般に低地の樹林では少ないが, 金比羅山では比較的多く見られる.

74. コクワガタ Dorcus rectus rectus (MOTSCHULSKY)
3, 6, 8, 9月. 22.viii.1997 (1 ex., 三原町, 和田)」20.viii.1988 (1 ex., 三原町, 和田)」19.ix.1999 (1 ex., 和田); 29.ix.1999 (1 ex., 和田)」27.iii.2000 (1 ex., 和田); 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 樹液,灯火,朽木で得られた. 各地に多い.

75. スジクワガタ Dorcus striatipennis striatipennis (MOTSCHULSKY)
7月. 2.vii.1988 (1 ex., 野田). 樹液で得たがその後見ない.本種は, 県内では通常標高300mくらいから上で見られ, 低地で得られたことは興味深い.

76. ノコギリクワガタ Prosopocoilus inclinatus inclinatus (MOTSCHULSKY)
7‐9月. 7.ix.1988 (3 exs., 野田)」16.vii.1993 (1 ex., 三原町, 和田)」20.vii.1998 (1ex., 三原町, 和田)」22.viii.2000 (1 ex., 和田). 樹液,灯火で得られた.多い.

77. ヒラタクワガタ Dorcus platymelus pilifer (SNELLEN van VOLLENHOVEN)
7- 10月. 3.vii.1992 (1 ex., 三原町, 和田); 10.viii.1992 (1 ex., 和田)」24.vii.1997 (1 ex., 三原町, 和田)」10.vii.1999 (2 exs., 和田); 28.x.1999 (1 ex., 和田). 樹液,灯火,路上で得た.近年大型個体が少なくなった.
コブスジコガネ科 Trogidae

78. ヒメコブスジコガネ Trox opacotuberculatus MOTSCHULSKY
5, 6月. 17.v.2000 (1 ex., 和田); 7.vi.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップに来た.県内では男女群島など離島の記録が多く, 県本土では長崎市の記録しか無い.
センチコガネ科 Geotrupidae

79. ムネアカセンチコガネ Bolbocerosoma nigroplagiatum (WATERHOUSE)
5, 6月. 28.v.1988 (1 ex., 野田)」28.vi.2000 (1 ex., 和田). 立山荘‐金比羅神社のベイトトラップおよび夜間灯火採集で得た.1988 年の採集例は野田 (1988) からの再録.最近, 県内でも記録が少ない種である.

80. センチコガネ Geotrupes laevistriatus MOTSCHULSKY
5 - 10月. 4.vii.1992 (1 ex., 和田)」11.ix.1997 (1 ex., 和田)」3.x.1998 (2 exs., 山元)」3.x.1999 (1 ex., 和田)」1.v.2000 (1 ex., 和田); 7.vi.2000 (1 ex., 和田); 17.vii.2000 (1 ex., 和田); 26.viii.2000 (2 exs., 和田) 6.ix.2000 (1 ex., 和田); 4.x.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップによく集まる. 樹林に多い.
コガネムシ科 Scarabaeidae

81. アカマダラセンチコガネ Ochodaeus maculatus maculatus WATERHOUSE
5月. 16.v.2000 (1 ex., 和田); 19.v.2000 (1 ex., 和田). いずれも飛翔中を得た.1例目を採集した日は曇りで,午前11時頃金星観測碑の近くで林縁を飛翔していた.2例目は晴れた日の午後1時頃,水道局配水槽の南の昼なお暗い樹林の中で採集した.全山にわたり生息しているようで,夕方採集すればもっと得られるかもしれない.本州以南に分布し, 稀種と考えられていたが, 生態が知られて各地に分布することがわかってきた.

82. マメダルマコガネ Panelus parvulus (WATERHOUSE)
5, 6, 9, 10月. 20.v.2000 (1 ex., 和田); 19.vi.2000 (3 exs., 和田); 17.ix.2000 (3 exs., 和田); 4.x.2000 (5 exs., 和田). ベイトトラップによく集まる.金星観測碑の近くでテンの糞からも得た.注意して探せばかなりの個体を採集できると思われる.暖帯林の林床に生息している.

83. チビコエンマコガネ Caccobius unicornis (FABRICIUS)
8月. 12.viii.2000 (4 exs., 和田). 東高の近くと金比羅神社南の小さな草地でイヌの糞から得た.

84. コブマルエンマコガネ Onthophagus atripennis atripennis WATERHOUSE
5, 6, 8月. 21.v.2000 (3 exs., 和田); 5.vi.2000 (3 exs., 和田); 28.viii.2000 (10 exs., 和田). ベイトトラップで得た.イヌの糞やキノコ, たけのこなどの腐ったものにもよく集まる.

85. フトカドエンマコガネ Onthophagus fodiens WATERHOUSE
5 - 8月. 1.v.2000 (1 ex., 和田); 7.vi.2000 (8 exs., 和田); 19.vii.2000 (1 ex., 和田); 28.viii.2000 (2 exs., 和田). 当地ではベイトトラップによく集まり少なくないが,県内ではやや局地的で記録は多くない.

86. ツヤエンマコガネ Onthophagus nitidus nitidus WATERHOUSE
5, 6, 8 - 10月. 16.v.2000 (1 ex., 和田); 14.vi.2000 (8 exs., 和田); 22.viii.2000 (1 ex., 和田); 20.ix.2000 (3 exs., 和田); 4.x.2000 (1 ex., 和田). ベイトトラップによく集まる. 県内各地に分布する.

87. ミツノエンマコガネ Onthophagus tricornis (WIEDEMANN)
6, 8月. 25.vi.1993 (1 ex., 坂本町,津田良夫)」7.vi.2000 (1 ex., 和田); 26.viii.2000 (1 ex., 和田). 金比羅神社横と九州電力鉄塔側のベイトトラップでそれぞれ1頭を得た.少ない.坂本町の採集デ−タは今坂ら (1999) からの再録.人家周辺だけでなく山中でも得られたことは興味深い.九州では低地に比較的普通に見られるが, 全国的には局地的で少ない種である.

88. セマダラマグソコガネ Aphodius nigrotessellatus MOTSCHULSKY
4月. 6.iv.2000 (1 ex., 和田). 頂上の草地でイヌの糞から得た. 1970年代までは, 長崎市,島原市などでは普通に見られたが, 最近はほとんど見られず貴重である.

89. クロツツマグソコガネ Saprosites japonicus WATERHOUSE
2, 3, 9月. 7.ii.2000 (1 ex., 山元); 10.iii.2000 (22 exs., 和田); 23.ix.2000 (3 exs.,山元). 倒木,立枯れの樹皮下に普通にいる. 樹林の林床でも見られる.

90. セスジカクマグソコガネ Rhyparus azumai NAKANE
6月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.本州以南各地で見られる.

91. オオカンショコガネ Apogonia major WATERHOUSE
5, 6月. 19.v.1999 (1 ex., 和田)」2.vi.2000 (5 exs., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集でも得た.九州の固有種で,発達した暖帯林に見られる.

92. ナガチャコガネ Heptophylla picea picea MOTSCHULSKY
6月. 24.vi.1990 (1 ex., 三原町, 和田)」20.vi.1999 (1 ex., 和田)」5.vi.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集でも得た.

93. クロコガネ Holotrichia kiotoensis BRENSKE
5 - 8月. 25.v.1988 (10 exs., 三原町, 和田); 20.vii.1988 (1 ex., 三原町, 和田)」9.vi.2000 (2 exs., 和田); 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 灯火に来る.

94. オオクロコガネ Holotrichia parallela (MOTSCHULSKY)
6月. 24.vi.1990 (1ex., 三原町, 和田). 灯火に来た. 今坂ら (1999) からの再録.

95. コクロコガネ Holotrichia picea WATERHOUSE
5月. 17.v.1999 (1 ex., 三原町,和田). 灯火に来た.低地性でやや少ない.

96. クリイロコガネ Miridiba castanea (WATERHOUSE)
5, 6月. 5.v.1988 (1 ex., 三原町, 和田)」23.v.2000 (1 ex., 三原町, 和田); 29.vi.2000 (1 ex., 山元). 灯火にも来る. 1988年の採集例は今坂ら (1999) からの再録.

97. オオキイロコガネ Pollaplonyx flavidus WATERHOUSE
4 - 6月. 29.iv.2000 (1 ex., 山元); 11.v.2000 (4 exs., 和田); 14.vi.2000 (1 ex., 和田). 砲台跡近くの樹木に覆われたコンクリ-ト製の水槽に落ちていた. 珍しい種と思われていたが, まとまった樹林があれば見られることが多い.

98. ヒメアシナガコガネ Ectinohoplia obducta (MOTSCHULSKY)
5, 6月. 4.v.1999 (2 exs., 和田); 11.v.1999 (2 exs., 和田)」19.v.2000 (1 ex., 和田); 7.vi.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まり, 普通.

99. アカビロウドコガネ Maladera castanea (ARROW)
7, 8月. 24.vii.1997 (2 exs., 三原町, 和田)」4.viii.2000 (4 exs., 和田・青木). 灯火にも来る. 低地に多い.

100. ビロウドコガネ Maladera japonica japonica (MOTSCHULSKY)
5 - 7, 9月. 4.vii.1992 (1 ex., 和田)」5.ix.1998 (1 ex., 山元)」28.v.2000 (1 ex., 山元); 7.vi.2000 (1 ex., 和田); 19.vii.2000 (1 ex., 和田). 叩き網で得られる.

101. マルガタビロウドコガネ Maladera secreta (BRENSKE)
8, 9月. 5.viii.2000 (1 ex., 和田); 6.ix.2000 (1 ex., 和田). 誘引トラップのみで得た.

102. コイチャコガネ Adoretus tenuimaculatus WATERHOUSE
4 - 6月. 29.v.1994 (1 ex., 青木)」30.v.1997 (1 ex., 和田); 7.vi.1997 (2 exs., 和田)」19.iv.1998 (1 ex., 和田); 27.v.1998 (1 ex., 和田)」2.v.1999 (2 exs., 和田); 11.v.1999 (3 exs., 和田)」2.vi.2000 (2 exs., 和田); 28.vi.2000 (2 exs., 和田). 夜間灯火採集でも得た.各地に多い.

103. アオドウガネ Anomala albopilosa albopilosa (HOPE)
6 - 8月. 7.vi.1997 (1 ex., 三原町, 和田)」5.vii.1998 (1 ex., 和田); 20.vii.1998 (1 ex., 三原町, 和田)」10.vii.1999 (1 ex., 三原町, 和田); 23.vii.1999 (1 ex., 三原町, 和田)」28.vi.2000 (4 exs., 和田); 22.vii.2000 (1 ex., 和田); 22.viii.2000 (1 ex., 和田). 灯火によく来る. 暖地性で県内では低地に多い.

104. ドウガネブイブイ Anomala cuprea (HOPE)
6月. 28.vi.2000 (2 exs., 和田). 夜間灯火採集で得た.各地に分布しやや少ない.

105. サクラコガネ Anomala daimiana HAROLD
7月. 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 叩き網で得た.各地に普通.

106. ヒラタアオコガネ Anomala octiescostata (BURMEISTER)
4月. 6.iv.1997 (3 exs., 和田); 26.iv.1997 (1 ex., 和田)」16.iv.1998 (1 ex., 和田); 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」23.iv.1999 (1 ex., 和田). 各種の花に普通にいる.

107. ヒメコガネ Anomala rufocuprea MOTSCHULSKY
8月. 5.viii.1989 (4 exs., 野田). 各地に多い.

108. セマダラコガネ Blitopertha orientalis (WATERHOUSE)
6月. 12.vi.1999 (1 ex., 三原町, 和田); 16.vi.1999 (1 ex., 和田)」2.vi.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

109. マメコガネ Popillia japonica NEWMANN
5 - 7月. 14.vi.1997 (1 ex., 和田)」20.v.1999 (2 exs., 和田); 10.vii.1999 (1 ex., 和田)」15.vi.2000 (1 ex., 和田); 2.vii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

110. ヒラタハナムグリ Nipponovalgus angusticollis angusticollis (WATERHOUSE)
3 - 6月. 3.vi.1990 (2 exs., 和田)」23.v.1997 (3 exs., 和田); 11.vi.1997 (1 ex., 和田)」27.v.1998 (1 ex., 和田)」20.iv.1999 (3 exs., 和田); 2.v.1999 (2 exs., 和田)」13.iii.2000 (2 exs., 和田); 7.vi.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる.

111. ヒメトラハナムグリ Lasiotrichius succinctus (PALLAS)
6, 7月. 15.vi.1995 (1 ex., 和田)」5.vi.1997 (1 ex., 和田); 27.vi.1997 (1 ex., 和田)」4.vi.1999 (3 exs., 和田);  6.vii.1999 (1 ex., 和田)」5.vi.2000 (1 ex., 和田); 17.vii.2000 (4 exs., 和田). 各種の花に集まる. 1995年の採集例は今坂ら (1999) からの再録.県内の低地で少ない本種が金比羅山で多く見られるのは興味深い.

112. ジュウシチホシハナムグリ Paratrichius septemdecimguttatus (SNELLEN VAN VOLLENHOVEN)
3, 5 - 7月. 3.vi.1990 (1 ex., 和田)」29.v.1994 (1 ex., 青木)」23.v.1997 (3 exs., 和田); 27.vi.1997 (1 ex., 和田)」4.v.1998 (4 exs., 和田)」4.vi.1999 (4 exs., 和田)」30.iii.2000 (2 exs., 和田); 5.vii.2000 (1 ex., 和田). 当地では多く,5 - 7月に各種の花で見られ,採取した朽木からは3月に羽化した. 誘引トラップにも来た.暖地性で, 本州では少ない種であるが, 県内ではまとまった樹林があれは見られる.

113. ハナムグリ Eucetonia pilifera (MOTSCHULSKY)
3 - 6月. 3.vi.1990 (1 ex., 和田)」18.iv.1997 (2 exs., 三原町, 和田); 30.v.1997 (2 exs., 和田)」29.iii.1998 (1 ex., 和田)」1.iv.1999 (1 ex., 和田); 17.v.1999 (1 ex., 和田)」10.iv.2000 (1 ex., 三原町, 和田); 14.v.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる. 本種は比較的オープンな場所に出現し, 次種は樹林で見られるが, 当地ではほぼ同時に両種が得られている.

114. アオハナムグリ Eucetonia roelofsi (HAROLD)
4 - 6月. 3.vi.1990 (1 ex., 和田)」26.iv.1997 (1 ex., 和田); 12.vi.1997 (1 ex., 和田)」16.iv.1998 (1 ex., 和田)」1.v.1999 (1 ex., 和田); 20.vi.1999 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる.

115. クロハナムグリ Glycyphana fulvistemma MOTSCHULSKY
4 - 6月. 5.vi.1997 (2 exs., 和田); 11.vi.1997 (1 ex., 和田)」25.iv.1999 (1 ex., 和田); 9.vi.1999 (1 ex., 和田); 22.iv.2000 (4 exs., 和田); 17.v.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる. 最近はあまり多くない.

116. コアオハナムグリ Oxycetonia jucunda (FALDERMANN)
4 - 7, 9, 10月. 3.vi.1990 (1 ex., 和田)」29.v.1994 (1 ex., 青木)」15.vi.1996 (2 exs., 和田); 22.vi.1996 (2 exs., 和田)」18.iv.1997 (1 ex., 三原町, 和田); 5.vi.1997 (14 exs., 和田); 11.ix.1997 (2 exs., 和田)」15.iv.1998 (1 ex., 和田); 23.v.1998 (2 exs., 和田); 12.vi.1998 (5 exs., 和田)」1.v.1999 (1 ex., 和田); 9.vi.1999 (2 exs., 和田); 4.ix.1999 (1 ex., 和田)」25.iv.2000 (2 exs., 和田); 16.v.2000 (2 exs., 和田); 15.vi.2000 (2 exs., 和田); 15.vii.2000 (1 ex., 和田); 11.ix.2000 (1 ex., 和田); 27.x.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に多い.

117. アカマダラコガネ Poecilophilides rusticola rusticola (BURMEISTER)
8月. 4.viii.1988 (1 ex., 野田). 砲台跡近くのクヌギに設置したバナナトラップで得られた.野田(1988) からの再録.県内全域で減少が著しい種で, 最近はほとんど記録が無い.

118. シロテンハナムグリ Protaetia orientalis submarmorea (BURMEISTER)
5 - 9月. 4.vii.1992 (1 ex., 和田)」13.ix.1995 (1 ex., 和田)」27.vi.1996 (1 ex., 和田)」7.vi.1997 (2 exs., 和田); 22.viii.1997 (1 ex., 和田); 20.ix.1997 (1 ex., 和田)」27.v.1998 (1 ex., 和田); 7.vi.1998 (1 ex., 和田); 26.vii.1998 (1 ex., 和田)」19.v.1999 (1 ex., 和田); 12.vi.1999 (1 ex., 和田); 4.ix.1999 (1 ex., 和田)」 15.vi.2000 (1 ex., 和田); 15.vii.2000 (1 ex., 和田); 5.viii.2000 (1 ex., 和田). 樹液によく集まり,花にも来る. 各地に多い.

119. カナブン Rhomborrhina japonica HOPE
7, 8月. 20.vii.1996 (4 exs., 和田)」10.vii.1998 (1 ex., 和田)」10.viii.1999 (5 exs.)」19.vii.2000 (1 ex., 和田); 16.viii.2000 (1 ex., 和田). 樹液に集まる.

120. アオカナブン Rhomborrhina unicolor MOTSCHULSKY
7月. 20.vii.1996 (1 ex., 和田)」7.vii.1998 (1 ex., 和田). 樹液で得たが少ない. 本種も県下では最近個体数が減少している.

121. カブトムシ Allomyrina dichotoma dichotoma (LINNE)
7, 8月. 8.vii.1996 (1 ex., 三原町, 和田)」20.vii.1998 (1 ex., 和田)」28.viii.2000 (1 ex., 和田). 樹液に集まり,灯火に来る.

122. コカブトムシ Eophileurus chinensis chinensis (FALDERMANN)
6月. 20.vi.1990 (2 exs., 坂本町, 和田); 30.vi.1997 (1 ex., 和田). 坂本町の灯火で採り,江平町近くの林内の路上で拾った.夜間低地の立ち枯れなどで見られるが,最近は多くない.
ナガハナノミ科 Ptilodactylidae

123. コヒゲナガハナノミ Ptilodactyla ramae LEWIS
7月. 17.vii.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上に普通.
タマムシ科 Buprestidae

124. モンキタマムシ Ptosima chinensis MARSEUL
5月. 29.v.1994 (4 exs., 青木)」25.v.1997 (14 exs., 山元). 山麓部のモモ,ウメの葉から得られるが, 最近では少ない. 移入種と考えられ, 国内では長崎市内と鹿児島県に生息している.

125. タマムシ Chrysochroa fulgidissima fulgidissima (SCHONHERR)
8月. 8.viii.1995 (1 ex., 和田). 金比羅神社手前で飛翔中を得た. 県内でも近年は少なくなった.

126. クロナガタマムシ Agrilus cyaneoniger cyaneoniger E.SAUNDERS
6月. 12.vi.1999 (1 ex., 和田). ケヤキの枯れ木に集まる.

127. ヒシモンナガタマムシ Agrilus discalis E.SAUNDERS
3月. 8.iii.1998 (1 ex., 山元). ケヤキの樹皮下から得た. エノキ葉上に集まる.

128. カラカネナカボソタマムシ Coraebus ignotus E.SAUNDERS
7月. 5.vii.1996 (2 exs., 立山公園,青木). シイの生葉を叩いて得たが少ない.本州以南に分布し, 屋久島以南ではいくつかの亜種に分割される. 発達したシイ林に見られる種で, 当地は県本土では唯一の産地である.

129. シロオビナカボソタマムシ Coraebus quadriundulatus MOTSCHULSKY
5月. 30.v.1997 (1 ex., 和田). キイチゴの葉に多い.

130. ヒラタチビタマムシ Habroloma elegantulum (E.SAUNDERS)
4, 6月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 草葉上で見られる.

131. クズノチビタマムシ Trachys auricollis E.SAUNDERS
5, 6月. 4.v.1998 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (2 exs., 今坂). クズ葉上に多い.

132. ウメチビタマムシ Trachys inconspicua E.SAUNDERS
6月. 2.x.1988 (1 ex., 野田). ウメ葉上に集まるが,少ない.

133. サシゲチビタマムシ Trachys robusta E.SAUNDERS
4月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田). 暖地性でシイの葉に集まる.

134. アカガネチビタマムシ Trachys tsushimae OBENBERGER
4月. 29.iv.2000 (1 ex., 和田). ウツギ葉上にいる.

135. ダンダラチビタマムシ Trachys variolaris E.SAUNDERS
5月. 9.v.2000 (1 ex., 和田). アラカシ, シイの葉上に集まる.
コメツキムシ科 Elateridae

136. ヒゲコメツキ Pectocera fortunei CANDEZE
5, 6月. 26.v.1997 (1 ex., 山元); 11.vi.1997 (1 ex., 和田)」19.v.1999 (1 ex., 和田)」2.vi.2000 (2 exs., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

137. シロオビチビサビキコリ Adelocera difficilis (LEWIS)
4 - 6月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 4.v.2000 (2 exs., 和田); 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 夜間灯火採集でも得た.暖地性の種で, 発達したシイ林に見られる.

138. サビキコリ Agrypnus binodulus binodulus (MOTSCULSKY)
5, 7 - 9月. 19.v.1998 (1 ex., 和田)」8.v.1999 (1 ex., 和田)」4.v.2000 (2 exs., 和田); 15.vii.2000 (1 ex., 和田); 4.viii.2000 (2 exs., 和田); 11.ix.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

139. ツシマヒメサビキコリ Agrypnus tsushimensis (OHIRA)
7月. 10.vii.1999 (1 ex., 三原町, 和田). 灯火で得た. 対馬を含む北西九州の固有種で, 海岸や河原の石下で見られる.

140. フタモンウバタマコメツキ Paracalais larvatus pini (LEWIS)
6, 8月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田); 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集で得た.

141. オオクシヒゲコメツキ Tetrigus lewisi CANDEZE
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.

142. ドウガネヒラタコメツキ Corymbitodes gratus (LEWIS)
4月. 15.iv.1998 (1 ex., 和田). やや山地性で, 花上で見られる.

143. クロツヤハダコメツキ Athous secessus secessus CANDEZE
7月. 8.vii.2000 (1 ex., 和田). 夏期葉上に多い.

144. アカヒゲヒラタコメツキ Neopristilophus serrifer serrifer (CANDEZE)
5月. 19.v.2000 (1 ex., 和田). 各地に分布し, 葉上や花上で見られる.

145. ヒメクロコメツキ Ampedus carbunculus (LEWIS)
4 - 6月. 15.iv.1998 (3 exs., 和田); 29.iv.1998 (1 ex., 和田)」25.iv.1999 (2 exs., 和田); 11.v.1999 (2 exs., 和田)」25.iv.2000 (1 ex., 和田); 16.v.2000 (2 exs., 和田); 15.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.花や葉上に多い.

146. アカハラクロコメツキ Ampedus hypogastricus hypogastricus (CANDEZE)
5月. 14.v.2000 (1 ex., 和田). マツ林に多く, 各地に普通.

147. クリイロアシブトコメツキ Anchastus aquilis aquilis CANDEZE
8月. 5.viii.2000 (1 ex., 和田); 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集でも得た.

148. キバネホソコメツキ Dolerosomus gracilis (CANDEZE)
4 - 6月. 25.iv.1999 (1 ex., 和田); 8.v.1999 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田); 16.v.2000 (1 ex., 和田);  2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.多い.

149. アラハダチャイロコメツキ Ectamenogonus rugipennis (LEWIS)
6, 8月. 28.vi.2000 (1 ex., 和田); 4.viii.2000 (5 exs., 青木). 夜間灯火採集で得た.

150. オオナガコメツキ Elater sieboldi sieboldi (CANDEZE)
8, 9月. 4.viii.2000 (3 exs., 和田・青木); 2.ix.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

151. キバネクチボソコメツキ Glyphonix bicolor bicolor CANDEZE
4月. 19.iv.1998 (3 exs., 和田). 各地に分布し, 花上に集まる.

152. ヒゲナガコメツキ Neotrichophorus junior junior (CANDEZE)
5, 6月. 4.v.1998 (1 ex., 和田)」28.vi.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集でも得た.

153. コヒゲナガコメツキ Neotrichophorus linteatus (CANDEZE)
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.次種ともども暖地性.

154. コフトナガコメツキ Penthelater plebejus (CANDEZE)
6月. 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 灯火に来た.

155. クロツヤクシコメツキ Melanotus annosus CANDEZE
5, 6月. 7.vi.1997 (1 ex., 和田)」11.v.1999 (1 ex., 和田). 草地に多い.

156. アカアシオオクシコメツキ Melanotus cete CANDEZE
4, 5月. 25.iv.1999 (1 ex., 和田); 2.v.1999 (1 ex., 和田). 各地に普通.

157. コガタノクシコメツキ Melanotus erythropygus CANDEZE
5, 6月. 29.v.1994 (1 ex., 青木)」4.v.1998 (1 ex., 和田)」2.v.1999 (1 ex., 和田); 11.v.1999 (1 ex., 和田)」9.v.2000 (1 ex., 和田); 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.草地に多い.

158. ヒラタクシコメツキ Melanotus koikei KISHII et OHIRA
5月. 4.v.1998 (1 ex., 和田). 各地に普通.

159. クシコメツキ Melanotus legatus legatus CANDEZE
5, 6, 8月. 29.v.1994 (3 exs., 青木)」2.vi.2000 (3 exs., 和田); 5.viii.2000 (1 ex., 和田). 灯火にも来る.

160. ナガチャクシコメツキ Melanotus spernendus spernendus CANDEZE
6月. 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 灯火で得た. やや少ない.
コメツキダマシ科 Eucnemidae

161. ヒメチャイロコメツキダマシ Farnax consobrinus HISAMATSU
7月. 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 暖帯林で見られる.

162. アイヌコメツキダマシ Farsus ainu FLEUTIAUX
8月. 4.viii.2000 (3 exs., 和田・青木). 夜間灯火採集で得た.

163. キイロナカミゾコメツキダマシ Rhacopus miyatakei HISAMATSU
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.樹林に普通.
ベニボタル科 Lycidae

164. ムネアカテングベニボタル Konoplatycis otome (KONO)
4月. 6.iv.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上で見られるが多くない.

165. ベニボタル Lycostomus modestus (KIESENWETTER)
6月. 12.vi.1997 (2 exs., 和田)」4.vi.1999 (1 ex., 和田). 花上に多い.

166. ヒメベニボタル Lyponia delicatula (KIESENWETTER)
5月. 4.v.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上に見られ,各地に普通.

167. クロハナボタル Plateros coracinus (KIESENWETTER)
6月. 9.vi.1999 (3 exs., 和田)」23.vi.2000 (2 exs., 今坂). 各地に普通.

168. テングベニボタル Platycis nasutus (KIESENWETTER)
4月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田). 樹葉上で見られる.
ホタル科 Lampyridae

169. ムネクリイロボタル Cyphonocerus ruficollis KIESENWETTER
6月. 4.vi.1989 (1 ex., 野田). 県内では各地に普通.

170. カタモンミナミボタル Drilaster axillaris KIESENWETTER
6月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田). 暖地性でやや少ない.

171. オバボタル Lucidina biplagiata (KIESENWETTER)
5, 6月. 16.v.2000 (1 ex., 和田); 7.vi.2000 (2 exs., 和田). 葉上に多い.

172. オオマドボタル Lychnuris discicollis (KIESENWETTER)
6月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (2 exs., 和田). 山地性と思われていたが,県内では樹林があれば低地でも各地に生息していることがわかってきた.
ジョウカイボン科 Cantharidae

173. クビアカジョウカイ金毛型 Athemellus oedemeroides (KIESENWETTER)
4月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田). 各地に普通. 県産は上翅に金毛を装う.

174. ニシジョウカイボン黒肢型 Athemus luteipennis (KIESENWETTER)
5月. 17.v.2000 (1 ex., 和田). 各地に普通. 県産は触覚と足は黒色.

175. セボシジョウカイ Athemus vitellinus (KIESENWETTER)
4 - 6月. 29.iv.1998 (3 exs., 和田); 4.v.1998 (4 exs., 和田)」26.iv.1999 (1 ex., 和田); 1.v.1999 (1 ex., 和田); 2.vi.1999 (1 ex., 和田)」25.iv.2000 (1 ex., 和田); 20.v.2000 (1 ex., 和田); 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.多い.

176. クロヒゲナガジョウカイ Habronychus providus (KIESENWETTER)
5, 6月. 19.v.1998 (1 ex., 和田); 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

177. ヒメジョウカイ Athemus japonicus (KIESENWETTER)
4, 5月. 28.iv.2000 (1 ex., 和田); 14.v.2000 (1 ex., 和田). 各地に普通.

178. クロニンフジョウカイ九州亜種 Podabrus malthinoides hayato NAKANE
4, 5月. 20.iv.1999 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (7 exs., 和田); 9.v.2000 (2 exs., 和田). コデマリなどの花にいる.中国地方〜九州産は固有の亜種とされる.

179. キイロニンフジョウカイ Podabrus ochraceus KIESENWETTER
4, 5月. 26.iv.1999 (2 exs., 和田)」22.iv.2000 (4 exs., 和田); 9.v.2000 (2 exs., 和田). コデマリなどの花にいる.暖地性でオープンな場所で見られる.

180. ウスグロニンフジョウカイ Podabrus sp.13
4, 5月. 1.v.1999 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田); 25.iv.2000 (1 ex., 和田). コデマリなどの花にいる. 九州の固有種で未記載.

181. マルムネジョウカイ Prothemus ciusianus (KIESENWETTER)
5, 6月. 2.vi.1999 (2 exs., 和田)」16.v.2000 (4 exs., 和田). 西日本に分布し各地に普通.

182. ヒメキンイロジョウカイ Themus midas (KIESENWETTER)
5, 6月. 4.v.1998 (1 ex., 和田); 12.vi.1997 (1 ex., 和田). 上翅は紫色で翅端の褐色部は狭い. 西彼杵半島(上翅は生時緑色)や島原半島(翅端の褐色部は広い)とは異なり, 多良岳産に似る.

183. クロスジツマキジョウカイ Malthinus mucoreus KIESENWETTER
4, 5月. 26.iv.1999 (1 ex., 和田)」9.v.2000 (1 ex., 和田); 16.v.2000 (2 exs., 和田). 暖帯林の葉上, 花上で見られる.
カツオブシムシ科  Dermestidae

184. カマキリタマゴカツオブシムシ Thaumaglossa rufocapillata REDTENBACHER
5, 6月. 29.v.1994 (1 ex., 青木)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 各地に多い.

185. シロオビマルカツオブシムシ Anthrenus nipponensis KALIK et N.OHBAYASHI
5月. 8.v.1999 (1 ex., 三原町, 和田). 花上で見られるが, 県内ではほかに島原市の記録があるくらいで少ない.

186. ヒメマルカツオブシムシ Anthrenus verbasci (LINNE)
4, 5月. 25.iv.2000 (1 ex., 和田); 7.v.2000 (25 exs., 三原町, 和田).コデマリなどの花にいる.各地に多い.
ナガシンクイムシ科 Bostrychidae

187. オオナガシンクイ Heterobostrychus hamatipennis (LESNE)
7月. 24.vii.1997 (1 ex., 三原町, 和田). 各地で見られる.
シバンムシ科 Anobiidae

188. ジンサンシバンムシ Stegobium paniceum (LINNE)
3月. 10.iii.2000 (1 ex., 三原町, 和田). 住宅地で見られる.

189. クリイロタマキノコシバンムシ Byrrhodes nipponicus SAKAI
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た. キノコに集まる種であるが少ない.

190. フタイロミゾキノコシバンムシ Mizodorcatoma pulcherrima SAKAI
5月. 22.v.2000 (67 exs., 和田). 3月13日天狗山東北で切り株から採取した1個のコフキサルノコシカケより羽化した. 四国, 九州, 対馬の固有種で, 県内の記録はごく少ない. 小型種であるが, 赤褐色毛と白銀毛による略ハート紋を持ち, 美麗である.
ジョウカイモドキ科 Melyridae

191. コケシジョウカイモドキ Celsus spectabilis LEWIS
5月. 16.v.2000 (2 exs., 和田). 暖帯林で見られ,やや局地的に多産する.

192. カイモンヒメジョウカイモドキ Attalus kaimon NAKANE
5月. 8.v.1999 (1 ex., 三原町, 和田). 西日本に分布し,県内では低地に普通.

193. クギヌキヒメジョウカイモドキ Ebaeus oblongulus (KIESENWETTER)
4月. 29.iv.2000 (1 ex., 和田). 暖帯林の葉上に普通.

194. ヒロオビジョウカイモドキ Laius historio KIESENWETTER
7月. 15.vii.2000 (3 exs., 和田). 各地で樹葉上に普通.

195. ツマキアオジョウカイモドキ Malachius prolongatus MOTSCHULSKY
4月. 16.iv.1998 (4 exs., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田); 28.iv.2000 (9 exs., 和田).コデマリなどの花にいる.春先に各地で見られる.

196. ヒメジョウカイモドキ Nepachys japonicus (KIESENWETTER)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 葉上で見られる.
ケシキスイムシ科 Nitidulidae

197. クロハナケシキスイ Carpophilus chalybeus MURRAY
7月. 17.vii.2000 (1 ex., 和田). 各地に分布する.

198. ドウイロムクゲケシキスイ Aetina aeneipennis REITTER
5月. 1.v.2000 (1 ex., 和田). 花上に多い.

199. ホソキヒラタケシキスイ Epuraea parilis REITTER
5, 6月. 3.v.2000 (1 ex., 和田); 2.vi.2000 (2 exs., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

200. マメヒラタケシキスイ Haptoncuria paulula (REITTER)
4, 6月. 25.iv.2000 (2 exs.和田); 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

201. アカマダラケシキスイ Lasiodactylus pictus (MACLEAY)
6, 8, 10月. 24.vi.2000 (1 ex., 今坂); 4.viii.2000 (2 exs., 青木); 7.x.2000 (1 ex., 和田). 金比羅神社側の落ち葉からと夜間灯火採集で得た.各地に多い.

202. コブスジケシキスイ Lasiodactylus tuberculifer REITTER
10月. 7.x.2000 (1 ex., 和田). 金比羅神社側の落ち葉から得た. 西日本の固有種で,県内では長崎市と島原半島の記録がある程度で少ない.

203. モンクロアカマルケシキスイ Neopallodes hilleri (REITTER)
6, 7月. 19.vi.2000 (6 exs., 和田); 15.vii.2000 (3 exs., 和田). キノコにいる.

204. ネアカマルケシキスイ Neopallodes inermis REITTER
7月. 5.vii.2000 (1 ex., 和田). キノコに見られるが, やや少ない.

205. アミモンヒラタケシキスイ Physoronia hilleri (REITTER)
5, 6, 7月. 14.v.2000 (6 exs., 和田); 5.vi.2000 (3 exs., 和田); 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 林床の落葉下に多い.

206. ウスオビキノコケシキスイ Pocadites dilatimanus (REITTER)
5, 6月. 14.v.2000 (21 exs., 和田); 29.vi.2000 (1 ex., 和田). 地蔵堂側で朽木に板状に張り付いた白いキノコから多くを得た.各地に多い.

207. マルガタカクケシキスイ Pocadites japonus (REITTER)
6, 7月. 8.vi.2000 (1 ex., 和田); 19.vii.2000 (1 ex., 和田). 朽木に板状に張り付いた白いキノコなどにいる. 各地で見られるが, 多くない.

208. マルキマダラケシキスイ Stelidota multiguttata REITTER
6, 10月. 2.vi.2000 (2 exs., 和田); 7.x.2000 (2 exs., 和田). 金比羅神社側の落ち葉からと夜間灯火採集で得た.林床で見られ,各地に普通.

209. キベリチビケシキスイ Meligethes violaceus REITTER
4, 6月. 28.iv.2000 (3 exs., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 春先,花上に多い.

210. ヨツボシケシキスイ Librodor japonicus (MOTSCULSKY)
6, 7月. 28.vi.2000 (2 exs., 青木); 17.vii.2000 (2 exs., 和田). 夜間灯火採集でも得た.かつてクヌギ樹液などに多かったが, 最近はやや少なくなった.
ヒメハナムシ科 Phalacridae

211. キイロアシナガヒメハナムシ Heterolitus nipponicus HISAMATSU
7月. 5.vii.2000 (1 ex., 和田). 葉上に普通.
ヒメキノコムシ科 Sphindidae

212. マルヒメキノコムシ Aspidiphorus japonicus REITTER
7月. 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 暖帯林の粘菌に見られるが, 少ない. 県内では島原半島で知られる.
ヒラタムシ科 Cucujidae

213. オオキバチビヒラタムシ Nipponophloeus dorcoides (REITTER)
6月. 2.vi.2000 (3 exs., 和田). 夜間灯火採集で得た.
キスイムシ科 Cryptophagidae

214. ウスバキスイ Cryptophagus cellaris (SCOPOLI)
4, 5月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 17.v.2000 (1 ex., 和田). 各地に普通.
オオキスイムシ科 Helotidae

215. ヨツボシオオキスイ Helota gemmata GORHAM
9月. 3.ix.1988 (1ex., 野田).クヌギの樹液で得た.本種も最近個体数が減少した.
コメツキモドキ科 Languriidae

216. アカアシヒメコメツキモドキ Anadastus ruficeps (CROTCH)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 葉上で見られた.

217. ニホンホホビロコメツキモドキ Dauledaya bucculenta LEWIS
5月. 25.v.1997 (2 exs.,山元). 小型のタケから, および飛翔中を得た. 立ち枯れ竹に■形の産卵加工をする. 暖地性でやや少ない.

218. ケシコメツキモドキ Microlanguria jansoni (CROTCH)
4, 6月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 枯草に多い.
オオキノコムシ科 Erotylidae

219. ハスジオオキノコムシ Aulacochilus decoratus REITTER
2, 5 - 9月. 25.v.1997 (4 exs., 山元)」24.ii.2000 (1 ex., 和田); 14.v.2000 (2 exs., 和田); 19.vi.2000 (12 exs., 和田); 2.vii.2000 (1 ex., 和田); 16.viii.2000 (9 exs., 和田); 4.ix.2000 (6 exs., 和田). アラゲカワラタケによく集まり,夜間灯火採集でも得た.国内では,対馬と長崎市周辺のみで見られる.

220. アカハバビロオオキノコムシ Neotriplax lewisii (CROTCH)
2, 3, 5月. 25.v.1997 ( 2 exs.,山元)」12.ii.2000 (2 exs., 和田); 21-30.iii.2000 (53 exs., 和田). カワラタケにいる. 最後の例は地蔵堂近くで2月12日採取のカワラタケから羽化. 各地に多い.

221. フタホシチビオオキノコムシ Triplax devia LEWIS
6月. 19.vi.2000 (14 exs., 和田). 九州電力鉄塔側の伐採木上のアラゲカワラタケから得た.低地の樹林で見られる.

222. ヒメオビオオキノコムシ Episcapha fortunei CROTCH
6, 8月. 28.vi.2000 (2 exs., 青木); 4.viii.2000 (2 exs., 和田・青木). 夜間灯火採集でも得た.暖帯林のキノコに集まる.
テントウダマシ科 Endomychidae

223. キイロテントウダマシ Saula japonica GORHAM
5, 6月. 4.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (2 exs., 今坂). 暖地の葉上に多い.

224. ヨツボシテントウダマシ Ancylopus pictus asiaticus STROHECKER
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 耕作地や河原の枯草に多い.

225. ルリテントウダマシ九州亜種 Endomychus gorhami kyushuensis SASAJI
5月. 29.v.1994 (5 exs., 青木).キノコに集まり, 県本土では各地に多い.
テントウムシ科 Coccinellidae

226. ヨツボシツヤヒメテントウ Hyperaspis leechi MIYATAKE
5月. 17.v.2000 (1 ex., 和田). ギョウトクテントウに酷似する種で, 日本からはこれが2例目の記録である.砲台跡近くで叩き網により得た.1例目はやはり金比羅山の同所附近からで,野田により1989年5月3日に採集されている(野田・今坂, 1989; 佐々治, 1989). 本種は中国大陸から記録されている種で, 長崎産は侵入種である可能性がある.

227. フタホシテントウ Hyperaspis japonica (CROTCH)
4, 5, 7月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 25.v.1997 (1 ex., 山元); 8.vii.2000 (1 ex., 和田). 葉上に普通.

228. カワムラヒメテントウ Scymnus kawamurai (OHTA)
6月. 23.vi.2000 (2 exs., 今坂). 葉上に多い.

229. コクロヒメテントウ Scymnus posticalis SICARD
6, 7月. 2.vii.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 各地に普通.

230. ヒメアカボシテントウ Chilocorus kuwanae SILVESTRI
4 - 6月. 9.vi.1999 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田); 4.v.2000 (1 ex., 和田); 19.vi.2000 (1 ex., 和田). 叩き網により得た.各地に普通.

231. フタモンクロテントウ Cryptogonus orbiculus (GYLLENHAL)
5 - 7月. 25.v.1997 (2 exs.,山元)」17.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 8.vii.2000 (2 exs., 和田). 葉上に多い.

232. ヨツボシテントウ Phymatosterjus lewisii (CROTCH)
5月. 27.v.1989 (1ex., 野田).シイ,カシなどの葉上で見られる.

233. ベダリアテントウ Rodolia cardinalis (MULSANT)
2月. 7.ii.1998 ( 2 exs.,山元). ケヤキの樹皮下から得た.

234. ムーアシロホシテントウ Calvia muiri (TIMBERLAKE)
5 - 7月. 28.v.2000 (1 ex., 山元); 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 19.vii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.暖帯林の葉上に普通.

235. ナナホシテントウ Coccinella septempunctata LINNE
2 - 6月. 4.ii.2000 (1 ex., 和田); 13.iii.2000 (2 exs., 和田); 29.iv.2000 (1 ex., 和田); 20.v.2000 (1 ex., 和田);  28.vi.2000 (1 ex., 青木). 叩き網で普通に採集され,夜間灯火採集でも得た.各地に多い.

236. テントウムシ Harmonia axyridis (PALLAS)
5 - 7月. 7.v.2000 (1 ex., 三原町, 和田); 19.vi.2000 (3 exs., 和田); 15.vii.2000 (2 exs., 和田). 叩き網で普通に採集され,夜間灯火採集でも得た.

237. キイロテントウ Illeis koebelei koebelei TIMBERLAKE
6月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 青木). 叩き網で得られ,夜間灯火採集でも得た.葉上で見られる.

238. ダンダラテントウ Menochilus sexmaculatus (FABRICIUS)
5, 6, 10月. 19.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 4.x.2000 (1 ex., 和田). 叩き網で得られる.暖地の草地で見られる.

239. ヒメカメノコテントウ Propylea japonica (THUNBERG)
5, 6月. 20.v.2000 (1 ex., 和田); 30.vi.2000 (1 ex., 和田). 叩き網で得られる.多い.

240. ニジュウヤホシテントウ Epilachna vigintioctopunctata (FABRICIUS)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). あぜ道に生えるイヌホウズキの葉に多い.
ミジンムシダマシ科 Discolomidae

241. クロミジンムシダマシ Aphanocephalus hemisphericus WOLLASTON
6月. 29.vi.2000 (1 ex., 和田). 林床に見られる.
ホソカタムシ科 Colydiidae

242. コヒラタホソカタムシ Bolcocius shibatai SASAJI
6月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田); 8.vi.2000 (2 exs., 和田). ベイトトラップに集まり,夜間灯火採集でも得た. 暖帯林で枯れ木に見られる.

243. ダルマチビホソカタムシ Pseudotarphius lewisii WOLLASTON
5, 7月. 14.v.2000 (1 ex., 和田); 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 暖帯林で枯れ木に見られる.
コキノコムシ科 Mycetophagidae

244. コモンヒメコキノコムシ Litargus japonicus REITTER
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.枯草に普通.

245. チャイロヒゲボソコキノコムシ Parabaptistes irregularis REITTER
4月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田). 本州,四国に分布し,九州の記録は知らない.
ツツキノコムシ科 Cisidae

246. オオツツキノコムシ Cis boleti polypori CHUJO
4, 5月. 18.iv.2000 (3 exs., 和田); 14.v.2000 (3 exs., 和田). 枯れ木に見られる.

247. マダラツツキノコムシ Orthocis ornatus (REITTER)
4月. 29.iv.2000 (1 ex., 和田). アラゲキクラゲにいた. 各地で見られる.
ナガクチキムシ科 Melandryidae

248. モリモトヒメナガクチキムシ Holostrophus morimotoi SASAJI
6, 7月. 23.vi.2000 (2 exs., 今坂); 30.vi.2000 (1 ex., 山元); 2.vii.2000 (1 ex., 和田). 枯れ木の菌類などにいる. 暖帯林に生息する.

249. アヤモンヒメナガクチキムシ Holostrophus orientalis LEWIS
6月. 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.

250. カツオガタナガクチキムシ Synstrophus macrophthalmus (REITTER)
2, 6月. 4.ii.1989 (1 ex., 野田)」8.vi.2000 (1 ex., 和田); 19.vi.2000 (1 ex., 和田). 樹皮下および倒木に板状に張り付いた白いキノコから得た.

251. ハガタホソナガクチキ Dircaea dentatomaculata LEWIS
5月. 14.v.2000 (1 ex., 和田). 地蔵堂近くで倒木に板状に張り付いた白いキノコから得た.九州では山地性と考えていたが, 市内の発達したシイ林でも時に見られる.
ハナノミ科 Mordellidae

252. カトウヒメハナノミ Falsomordellistena katoi NOMURA
7月. 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 畑山同定. 誘引トラップに来た.畑山氏のご教示によると, 本種を初めとしてこれらのヒメハナノミ類が出現したことは, 金比羅山の常緑樹林が比較的良好な状態を保っていることを示しているという.

253. ナミアカヒメハナノミ Falsomordellina luteoloides (NOMURA)
7, 8月. 22.vii.2000 (1 ex., 和田); 5.viii.2000 (3 exs., 和田). 畑山同定. 誘引トラップに来た.

254. チャイロヒメハナノミ Glipostenoda rosseola (MARSEUL)
7, 8, 9月. 15.vii.2000 (12 exs., 和田); 5.viii.2000 (556 exs., 和田); 2.ix.2000 (11 exs., 和田). 畑山同定. 誘引トラップに来た.

255. チャオビヒメハナノミ Mordellina brunneotincta (MARSEUL)
6, 7月. 24.vi.2000 (1 ex., 今坂); 8.vii.2000 (1 ex., 和田). 畑山同定. 灯火にも来る.

256. ガロアヒメハナノミ Tolidopalpus galloisi KONO
7月. 19.vii.2000 (1 ex., 和田). 畑山同定. 誘引トラップに来た.
カミキリモドキ科 Oedemeridae

257. アオグロカミキリモドキ Indasclera nigrocyanea (LEWIS)
4, 5月. 20.iv.1999 (1 ex., 和田)」9.v.2000 (1 ex., 和田). 各種の花にいる.

258. モモブトカミキリモドキ Oedemeronia lucidicollis (MOTSCHULSKY)
4月. 29.iv.2000 (1 ex., 和田). 花上で見られる.

259. フタイロカミキリモドキ Oedemera sexualis (MARSEUL)
4 - 7月. 23.v.1997 (1 ex., 和田); 5.vi.1997 (1 ex., 和田)」16.iv.1998 (2 exs., 和田); 4.v.1998 (1 ex., 和田)」 28.iv.1999 (1 ex., 和田); 11.v.1999 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 2.vii.2000 (1 ex., 和田). 各種の花にいる. 暖地性で低地の花上で見られる.

260. キイロカミキリモドキ Nacerdes hilleri (HAROLD)
6月. 7.vi.1997 (1 ex., 三原町, 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 和田). 灯火にも来る.
アリモドキ科 Anthicidae

261. ホソクビアリモドキ Formicomus braminus coiffaiti BONADONA
6月. 19.vi.2000 (3 exs., 和田); 23.vi.2000 (3 exs., 今坂). 枯草に普通.
ハナノミダマシ科 Scraptiidae

262. コフナガタハナノミ Anaspis funagata KONO
4, 5月. 28.iv.2000 (1 ex., 和田); 19.v.2000 (1 ex., 和田). 各種の花にいる.

263. クロフナガタハナノミ Anaspis marseuli CSIKI
4, 5月. 25.iv.1999 (1 ex., 和田); 8.v.1999 (1 ex., 三原町, 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田); 19.v.2000 (3 exs., 和田). 各種の花に多い.
ハムシダマシ科 Lagriidae

264. ハムシダマシ Lagria rufipennis MARSEUL
5, 6月. 28.v.2000 (1 ex., 山元); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 葉上に見られる.

265. ナガハムシダマシ Macrolagria rufobrunnea (MARSEUL)
4, 5月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田)」11.v.1999 (1 ex., 和田). 花上に普通.

266. アラメヒゲブトハムシダマシ Luprops cribrifrons MARSEUL
2, 3月. 7.ii.1998 (1 ex., 山元)」27.iii.2000 (1 ex., 和田). 朽木の樹皮下にいる. やや少ない.

267. ヒゲブトハムシダマシ Luprops orientalis (MOTSCHULSKY)
5 - 8月. 29.v.1994 (2 exs., 青木)」2.vi.2000 (4 exs., 和田); 4.viii.2000 (2 exs., 青木). 夜間灯火採集でも得た.枯葉に多い.
クチキムシ科 Alleculidae

268. オオクチキムシ Allecula fuliginosa MAKLIN
2, 6月. 24.ii.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (2 exs., 青木). 倒木樹皮下にいる. 夜間灯火採集でも得た.樹林に普通.

269. ホソクロクチキムシ Allecula noctivaga LEWIS
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 葉上で得たが, あまり多くない.

270. ウスイロクチキムシ Allecula simiola LEWIS
6, 7月. 19.vi.2000 (2 exs., 和田); 2.vii.2000 (2 exs., 和田). 葉上に多い.

271. クリイロクチキムシ Borboresthes acicularis (MARSEUL)
6 - 8月. 12.vi.1997 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 灯火にも来る.

272. トビイロクチキムシ Borboresthes cruralis (MARSEUL)
6, 7月. 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 15.vii.2000 (1 ex., 和田).樹葉上に普通.

273. アカバネツヤクチキムシ Hymenalia rufipennis (MARSEUL)
4 - 6月. 29.v.1994 (1 ex., 青木)」12.vi.1997 (1 ex., 和田)」29.iv.1998 (6 exs., 和田); 7.vi.1998 (1 ex., 和田)」8.v.1999 (1 ex., 和田); 19.v.1999 (1 ex., 和田)」4.v.2000 (2 exs., 和田); 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 叩き網で多く得られ,灯火にも来る.暖帯林の葉上に多い.

274. クロツヤバネクチキムシ Hymenalia unicolor NAKANE
6月. 8.vi.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 灯火に集まり,ベイトトラップにも来る. 葉上で見られる.

275. キイロクチキムシ Cteniopinus hypocrita (MARSEUL)
6, 7月. 11.vi.1997 (2 exs., 和田); 27.vi.1997 (1 ex., 和田)」7.vi.1998 (3 exs., 和田)」12.vi.1999 (1 ex., 和田)」19.vi.2000 (1 ex., 和田); 5.vii.2000 (1 ex., 和田). 花に集まり,叩き網で得られる.各地に普通.
ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae

276. ゴモクムシダマシ Pedinus japonicus SEIDLITZ
5, 6月. 23.v.2000 (1 ex., 三原町, 和田); 19.vi.2000 (1 ex., 和田). 耕作地の枯草など, 地表で見られる.

277. クビカクシゴミムシダマシ Dicraeosis bacillus (MARSEUL)
6月. 19.vi.2000 (2 exs., 和田); 23.vi.2000 (2 exs., 今坂). 枯れ枝に見られる.

278. ナガニジゴミムシダマシ Ceropria induta (WIEDEMANN)
2, 3, 5 - 8月. 22.vi.1996 (2 exs., 和田)」31.iii.1998 (1 ex., 和田); 29.iv.1998 (1 ex., 和田)」10.ii.2000 (1 ex., 和田); 1.iii.2000 (7 exs., 和田); 14.v.2000 (1 ex., 和田); 19.vi.2000 (2 exs., 和田); 19.vii.2000 (1 ex., 和田); 4.viii.2000 (5 exs., 青木). 朽木やアラゲカワラタケなど倒木に生えるキノコにいる. 夜間灯火採集でも得た..

279. フトナガニジゴミムシダマシ Ceropria laticollis FAIRMAIRE
2, 6, 7月. 24.ii.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (2 exs., 今坂); 19.vii.2000 (1 ex., 和田). 倒木の樹皮下などにいる. 暖帯林で見られ, やや少ない.

280. ヒゴキノコゴミムシダマシ Platydema higonium LEWIS
6, 9月. 5.ix.1998 (1 ex., 山元)」28.vi.2000 (11 exs., 和田・青木). 朽木から得られ,. 夜間灯火採集でも得た.

281. ベニモンキノコゴミムシダマシ Platydema subfascia subfascia (WALKER)
6, 7月. 7.vii.1999 (1 ex., 都野展子); 19.vi.2000 (1 ex., 和田); 17.vii.2000 (1 ex., 和田). アラゲカワラタケなどのキノコにいる. シイ林に多い.

282. ユミアシゴミムシダマシ Promethis valgipes (MARSEUL)
2, 6 - 8月. 16.vii.1998 (1 ex., 三原町, 和田)」24.ii.2000 (1 ex., 和田); 29.vi.2000 (2 exs., 和田); 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 倒木から得られ,夜間灯火採集でも得た.

283. ヒメニシキキマワリモドキ Pseudonautes purpurivittatus (MARSEUL)
7月. 5.vii.1998 (1 ex., 和田). 暖地性で, 九州では沿海地方の葉上に見られる.

284. カラカネチビキマワリモドキ Tetragonomenes palpaloides (NAKANE)
5月. 27.v.1998 (1 ex., 和田). 琉球系で, 山口県が北限. 県内では加津佐町の記録があるだけで少ない. 金比羅山を初め長崎市周辺の甲虫は,県内でもかなり南方系の要素が強い.

285. ニジゴミムシダマシ Tetraphyllus lunuliger lunuliger (MARSEUL)
6, 8月. 28.vi.2000 (2 ex., 和田・青木); 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.枯れ木やキノコに集まる.

286. コマルムネゴミムシダマシ Tarpela brunnea brunnea (MARSEUL)
2, 6月. 12.ii.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 青木). 倒木から得られ,夜間灯火採集でも得た.各地に普通.

287. マルムネゴミムシダマシ Tarpela cordicollis (MARSEUL)
4, 6月. 18.iv.1999 (1 ex., 三原町, 和田)」10.iv.2000 (1 ex., 三原町, 和田); 19.vi.2000 (1 ex., 和田). 枯葉, 枯れ枝などに普通.

288. ナガサキトゲヒサゴゴミムシダマシ Misolampidius clavicrus (MARSEUL)
2‐4, 6月. 7.ii.1998 (13 exs., 山元)」7.ii.2000 (1 ex., 和田); 13.iii.2000 (2 exs., 和田); 1.iv.2000 (1 ex., 和田); 2.vi.2000 (1 ex., 野田). 倒木の樹皮下や夜間立ち枯れの樹上などから得られる. 本種は長崎県本土の固有種で, 伊万里〜多良岳のラインより西側に分布しており, 湿気が保存される発達した常緑広葉樹林, マツ林などに生息している.

289. コマルキマワリ Elixota curva (MARSEUL)
2月. 7.ii.1998 (3 exs., 山元). ケヤキの樹皮下から得た. 各地に普通.

290. キマワリ九州亜種 Plesiophthalmus nigrocyaneus aeneus MOTSCHULSKY
6, 7月. 30.vi.1997 (1 ex., 和田)」10.vi.1999 (1 ex., 三原町, 和田); 10.vii.1999 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 15.vii.2000 (1 ex., 和田);. 倒木,朽木にいる.

291. オオヒョウタンキマワリ(コナガキマワリ) Eucrossoscelis araneiformis (ALLARD)
5, 6月. 19.v.1998 (1 ex., 和田)」19.vi.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 倒木などにいる. ナガサキトゲヒサゴゴミムシダマシとほとんど同様の分布を示し, 長崎県本土と佐賀県西部に分布が限られ,生息地も局地的である.

292. シワナガキマワリ Strongylium japanum japanum MARSEUL
7, 8月. 29.vii.2000 (1 ex., 山元); 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 枯れ木から得られ,灯火に集まる.暖帯林で見られる.
カミキリムシ科 Cerambycidae

293. ベーツヒラタカミキリ Eurypoda batesi GAHAN
8月. 23.viii.1997 (1 ex., 山元)」4.viii.2000 (3 exs., 青木). 灯火に集まり,クモの巣からも得た. 発達したシイ林に限って分布する種で, 県本土では, 長崎市周辺と島原半島千々石町橘神社から知られる.

294. ノコギリカミキリ Prionus insularis insularis MOTSCHULSKY
6 - 8月. 8.vii.1992 (1 ex., 三原町, 和田)」8.vii.1996 (1 ex., 立山公園, 青木)」30.vi.1999 (1 ex., 三原町, 和田)」4.viii.2000 (1 ex., 青木). 灯火にも来る. 各地に多い.

295. ツヤケシハナカミキリ Anastrangalia scotodes scotodes (BATES)
4, 5月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」1.v.2000 (1 ex., 和田); 3.v.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる. 松林に普通.

296. キバネニセハムシハナカミキリ Lemula decipiens BATES
4月. 16.iv.1998(5 exs., 和田); 19.iv.1998(1 ex., 和田)」20.iv.1999(1 ex., 和田); 23.iv.1999(1 ex., 和田)」28.iv.2000(2 exs., 和田). カエデ,シイやクヌギなどの花から得た.各地に普通.

297. ヤツボシハナカミキリつまぐろ型 Leptura arcuata mimica BATES
4 - 6月. 15.vi.1996 (1 ex., 和田)」30.v.1997 (1 ex., 和田); 11.vi.1997 (1 ex., 和田)」29.iv.1998 (2 exs., 和田); 4.v.1998 (1 ex., 和田)」1.v.1999 (2 exs., 和田); 9.vi.1999 (1 ex., 和田)」4.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 各種の花に集まる.各地に普通.

298. ヨツスジハナカミキリ九州亜種 Leptura ochraceofasciata ochrotela BATES
6月. 24.vi.1997 (3 exs., 和田); 30.vi.1997 (1 ex., 和田)」7.vi.1998 (1 ex., 和田); 12.vi.1998 (1 ex., 和田)」9.vi.1999 (1 ex., 和田); 12.vi.1999 (1 ex., 和田)」19.vi.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる.

299. アオスジカミキリ Xystrocera globosa (OLIVIER)
7月. 24.vii.1997 (1 ex., 三原町, 和田). 幼虫は低地のネムの枯れ木につく.

300. キマダラヤマカミキリ Aeolesthes chrysothrix chrysothrix (BATES)
6, 7月. 31.vii.1988 (1 ex., 野田)」28.vi.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集でも得た.各地に分布し,クヌギ林などで見られたが, 最近は多くない.

301. キイロミヤマカミキリ Margites fulvidus (PASCOE)
5, 6月. 27.v.1998 (1 ex., 和田); 17.vi.1998 (1 ex., 和田). 叩き網で得た.暖地性で発達したシイ林で見られる. 県本土の記録は長崎市周辺,諫早市,千々石町くらいで,分布はベーツヒラタカミキリと重なる.

302. ミヤマカミキリ Massicus raddei (BLESSIG)
7月. 4.vii.1988 (1 ex., 三原町, 和田). 各地に分布し,クヌギ林などで見られる.

303. トゲヒゲトビイロカミキリ Nysina rufescens (PIC)
6, 7月. 27.vi.1997 (3 exs., 和田)」12.vi.1998 (2 exs., 和田); 17.vi.1998 (1 ex., 和田)」28.vi.2000 (2 exs., 青木); 15.vii.2000 (1 ex., 和田). アカメガシワなどの花に集まり,夜間灯火採集でも得た.幼虫はタブノキの枯れ木を食べる.

304. テツイロヒメカミキリ Ceresium sinicum WHITE
5, 6月. 4.v.1998 (1 ex., 和田); 7.vi.1998 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 叩き網で得られる.県内では各種の枯れ枝につき, 多い.

305. アメイロカミキリ Stenodryas clavigera clavigera BATES
5 - 7月. 23.v.1998 (1 ex., 和田); 17.vi.1998 (1 ex., 和田)」9.vi.1999 (2 exs., 和田); 14.vi.1999 (1 ex., 和田)」19.vi.2000 (1 ex., 和田); 8.vii.2000 (1 ex., 和田). アカメガシワなどの花に集まる.

306. コジマヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra kojimai (MATSUSHITA)
4月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田). クヌギの花から得た. 次種に比べると少ない.

307. タケウチヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra takeuchii takeuchii
(OHBAYASHI)
4, 5月. 16.iv.1998 (3 exs., 和田); 19.iv.1998 (3 exs., 和田)」29.iv.2000 (1 ex., 和田); 9.v.2000 (1 ex., 和田). クヌギ,ハクサンボクなどの花から得た.九州では対馬海流の沿海地方で見られ, 県内では対馬と長崎市周辺で知られる程度で, 局地的である.

308. クスベニカミキリ Pyrestes nipponicus HAYASHI
6月. 12.vi.1998 (1 ex., 和田); 27.vi.1998 (1 ex., 和田)」30.vi.2000 (1 ex., 山元). 山頂のアカメガシワの花に集まる. 本種は暖帯林で見られるが,県内では局地的で少ない. 当地ではまだ確実に産するようで喜ばしい.

309. タケトラカミキリ Chlorophorus annularis (FABRICIUS)
6, 7月. 25.vii.1990 (1 ex., 三原町, 和田)」7.vi.1997 (1 ex., 三原町, 和田); 24.vii.1997 (1 ex., 三原町, 和田). 幼虫は枯れタケにつき, 各地に普通.

310. エグリトラカミキリ Chlorophorus japonicus (CHEVROLAT)
6月. 5.vi.1997 (2 exs., 和田); 12.vi.1997 (1 ex., 和田)」20.vi.1999 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 各種の花に集まる. 各地に多い.

311. フタオビミドリトラカミキリ Chlorophorus muscosus (BATES)
7月. 22.vii.2000 (1 ex., 和田). 誘引トラップで得た. 県内では山地で見られることが多いが, 今回は低地の記録で興味深い.

312. ヨツスジトラカミキリ Chlorophorus quinquefasciatus (CASTELNAU et GORY)
8月. 12.viii.2000 (1 ex., 和田). 炎天下の路上を飛んでいた. 県内の低地では多い.

313. キイロトラカミキリ Demonax notabilis notabilis (PASCOE)
6月. 9.vi.1993 (1 ex., 野田). かつてクヌギ林や伐採地で見られたが, 最近はあまり見かけない種である. 県本土の記録は比較的少ない.

314. キュウシュウチビトラカミキリ Perissus kiusiuensis kiusiuensis OHBAYASHI
6 - 8月. 8.vii.1996 (1 ex., 立山公園,青木)」19.vi.2000 (1 ex., 和田); 15.vii.2000 (3 exs., 和田); 4.viii.2000 (3 exs., 和田・青木). 伐採木に集まり,夜間灯火採集でも得た.暖帯林に生息する種であるが, 県本土の記録は北松国見山,多良岳,島原市くらいで比較的少ない.

315. ヒメクロトラカミキリ Rhaphuma diminuta diminuta (BATES)
4 - 6月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」25.iv.1999 (1 ex., 和田); 11.v.1999 (1 ex., 和田)」29.iv.2000 (1 ex., 和田); 19.vi.2000 (7 exs., 和田). 伐採木に集まり,各種の花にいる. 各地に多い.

316. ホタルカミキリ Dere thoracica WHITE
4, 6月. 22.vi.1996 (4 exs., 和田)」12.vi.1997 (2 exs., 和田)」29.iv.2000 (1 ex., 和田). 伐採木に集まる. 各地に多い.

317. ベニカミキリ Purpuricenus temminckii (GUERIN-MENEVILLE)
3 - 8月. 29.v.1994 (2 exs., 青木)」21.viii.1995 (1 ex., 三原町, 和田)」26.iv.1997 (1 ex., 和田); 30.v.1997 (1 ex., 和田)」19.iv.1998 (1 ex., 和田); 4.v.1998 (1 ex., 和田)」23.iv.1999 (1 ex., 和田); 8.v.1999 (1 ex., 和田); 9.vi.1999 (2 exs., 和田); 10.vii.1999 (1 ex., 三原町, 和田)」25.iv.2000 (2 exs.); 28.v.2000 (1 ex., 山元); 15.vi.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に来る. 枯れ竹から発生し, 竹林の周辺で多い.

318. ナガゴマフカミキリ Mesosa longipennis BATES
6 - 8月. 28.vi.2000 (1 ex., 青木); 29.vii.2000 (1 ex., 三原町, 和田); 4.viii.2000 (2 exs., 和田・青木). 伐採木に集まり,灯火に来る.

319. チャゴマフカミキリ Mesosa perplexa PASCOE
6月. 30.vi.1997 (1 ex., 和田). 近年は少ない.台湾からの侵入種と考えられており,九州では長崎市と福岡市で定着している.

320. ウスアヤカミキリ Bumetopia oscitans japonica (THOMSON)
5, 6月. 5.vi.1997 (1 ex., 和田)」4.v.1998 (1 ex., 和田)」15.vi.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 叩き網で得られる. 九州では沿海地方に分布し, 幼虫は立ち枯れのタケにつく. 県本土の記録は,長崎市周辺と島原半島である.

321. キクスイモドキカミキリ Asaperda rufipes rufipes BATES
4, 5月. 27.v.1989 (1 ex., 野田)」16.iv.1998 (1 ex., 和田). 各地に普通.

322. コブスジサビカミキリ Atimura japonica BATES
4月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田). 低地の枯れ枝に普通.

323. ドウボソカミキリ Pseudocalamobius japonicus japonicus (BATES)
4, 5月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田); 4.v.1998 (1 ex., 和田). 叩き網で得た.

324. トガリシロオビサビカミキリ Pterolophia caudata caudata (BATES)
5 - 7月. 29.v.1994 (1 ex., 青木)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 5.vii.2000 (2 exs., 和田). フジの枯れづるに多い. 本種以下のサビカミキリ類は, 各地で枯れ枝に見られる.

325. ナカジロサビカミキリ Pterolophia jugosa jugosa (BATES)
5月. 29.v.1994 (1 ex., 青木).

326. ヒメナガサビカミキリ Pterolophia leiopodina (BATES)
5, 7月. 29.v.1994 (5 exs., 青木)」15.vii.2000 (1 ex., 和田).

327. アトジロサビカミキリ Pterolophia zonata (BATES)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂).

328. ビロウドカミキリ Acalolepta fraudatrix fraudatrix (BATES)
6, 8, 9月. 28.vi.2000 (1 ex., 青木); 5.viii.2000 (1 ex., 和田); 2.ix.2000 (1 ex., 和田). 誘引トラップと夜間灯火採集で得た.

329. ニセビロウドカミキリ Acalolepta sejuncta sejuncta (BATES)
6月. 7.vi.1998 (1 ex., 和田); 17.vi.1998 (1 ex., 和田). 叩き網で得た.

330. ゴマダラカミキリ Anoplophora malasiaca (THOMSON)
6月. 19.vi.1990(1 ex., 和田). 路上で得た.

331. ホシベニカミキリ Eupromus ruber (DALMAN)
6 - 8月. 23.vi.2000 (1 ex.,目撃今坂); 22.vii.2000 (1 ex., 和田); 28.viii.2000 (1 ex., 和田). 飛翔中と路上で得た.暖帯林に生息し, 幼虫はタブの生木を食害する.

332. ヒメヒゲナガカミキリ Monochamus subfasciatus subfasciatus (BATES)
5, 6月. 29.v.1994 (1 ex., 青木)」17.vi.1998 (1 ex., 和田). 叩き網で得た.各地に多い.

333. ヤハズカミキリ Uraecha bimaculata bimaculata THOMSON
5, 6月. 4.vi.1988 (1 ex., 野田)」29.v.1994 (1 ex., 青木).叩き網で得た.

334. クワカミキリ Apriona japonica THOMSON
7月. 9.vii.1998 (1 ex., 三原町, 和田). イチジクやクワの生木を食害する.

335. ヒトオビアラゲカミキリ Rhopaloscelis unifasciatus BLESSIG
4 - 6月. 29.v.1994 (6 exs., 青木)」16.iv.1998 (1 ex., 和田); 19.v.1998 (1 ex., 和田)」14.vi.2000 (1 ex., 和田)」30.vi.2000 (1 ex., 山元). 叩き網で得られ,伐採枝にもいる. 各地に多い.

336. イボタサビカミキリ Sophronica obrioides (BATES)
5 - 7月. 19.v.1998 (1 ex., 和田); 12.vi.1998 (1 ex., 和田)」19.vi.2000 (1 ex., 和田); 2.vii.2000 (1 ex., 和田). テイカカズラの枯枝にいる. 暖地性で,県本土の記録は長崎市周辺と島原半島である.

337. ガロアケシカミキリ Exocentrus galloisi MATSUSHITA
5 - 7月. 29.v.1994 (3 exs., 青木)」8.vii.1996 (2 exs., 立山公園, 青木)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂).叩き網で得た.

338. アトモンマルケシカミキリ Exocentrus lineatus BATES
6, 7月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 5.vii.2000 (1 ex., 和田). 各地に多い.

339. シラホシカミキリ Glenea relicta relicta PASCOE
6月. 14.vi.1997(1 ex., 和田). 叩き網で得た.

340. ヘリグロリンゴカミキリ Nupserha marginella (BATES)
6月. 22.vi.1996 (1 ex., 和田)」12.vi.1997 (3 exs., 和田); 24.vi.1997 (1 ex., 和田). 頂上近くで飛翔中と叩き網で得た.1996年と1997年には普通だったがその後見ない.

341. ヒメリンゴカミキリ Oberea hebescens BATES
5, 6月. 17.v.1997 (1 ex., 和田); 27.vi.1997 (1 ex., 和田). 頂上近くで飛翔中と叩き網で得た.1997年には普通だったがその後見ない.幼虫はクスやタブの生枝につく.

342. リンゴカミキリ Oberea japonica (THUNBERG)
6月. 15.vi.1998 (2 exs., 野田). 幼虫はサクラの生枝を食害し,県内各地に普通にいたが,近年あまり見かけなくなった.

343. ラミーカミキリ Paraglenea fortunei (SAUNDERS)
5 - 7月. 2.vii.1992 (2 exs., 和田)」25.v.1997 (2 exs., 山元); 30.v.1997 (1 ex., 和田)」10.vii.1999 (1 ex., 和田)」28.v.2000 (2 exs., 山元); 5.vi.2000 (1 ex., 和田); 29.vii.2000 (1 ex., 山元). カラムシの葉上からと飛翔中を得た.
ハムシ科 Chrysomelidae

344. キバラルリクビボソハムシ Lema concinnipennis BALY
6, 7, 9月. 14.vi.2000 (1 ex., 和田); 5.vii.2000 (1 ex., 和田); 6.ix.2000 (1 ex., 和田). ツユクサにいる. ハムシ類は一部を除いて県下に普遍的に分布している.

345. アカクビボソハムシ Lema diversa BALY
7月. 5.vii.2000 (1 ex., 和田).ツユクサにいる.

346. ヤマイモハムシ Lema honorata BALY
5 - 8月. 29.v.1994 (1 ex., 青木)」14.vi.2000 (2 exs., 和田); 26.viii.2000 (1 ex., 和田). ヤマイモに普通に見られる.

347. キイロクビナガハムシ Lilioceris rugata (BALY)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). サルトリイバラにいる.

348. アカクビナガハムシ Lilioceris subpolita (MOTSCHULSKY)
4, 6月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (2 exs., 和田); 19.vi.2000 (1 ex., 和田). サルトリイバラにいる.

349. キボシルリハムシ Smaragdina aurita (LINNE)
6月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.

350. キボシツツハムシ Cryptocephalus perelegans perelegans BALY
6月. 4.vi.1989 (1 ex., 野田). 暖地性の種で各地に普通.

351. カシワツツハムシ Cryptocephalus scitulus BALY
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 青木). 夜間灯火採集で得た.

352. ミズキコブハムシ Chlamisus interjectus (BALY)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 県内では低地の葉上に普通.

353. ムシクソハムシ Chlamisus spilotus (BALY)
6月. 4.vi.1989 (1 ex., 野田).叩き網で得た.

354. ドウガネツヤハムシ Oomorphoides cupreatus (BALY)
5, 6月. 4.v.2000 (4 exs., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). タラの葉にいる.

355. アオグロツヤハムシ Oomorphoides nigrocoeruleus (BALY)
4 - 6月. 22.iv.2000 (3 exs., 和田); 17.v.2000 (7 exs., 和田); 19.vi.2000 (3 exs., 和田). ヤツデの新葉にいる.

356. アカガネサルハムシ Acrothinium gaschkevitchii gaschkevitchii (MOTSCHULSKY)
4 - 6月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田); 14.vi.2000 (1 ex., 和田). 叩き網で得られる.野生のブドウ類につく.

357. アオバネサルハムシ Basilepta fulvipes (MOTSCHULSKY)
7月. 2.vii.2000 (1 ex., 和田). ヨモギの葉に多い.

358. サクラサルハムシ Cleoporus variabilis (BALY)
7月. 8.vii.1996 (1 ex., 立山公園,青木)」5.vii.2000 (1 ex., 和田); 8.vii.2000 (1 ex., 和田). 各地に普通.

359. イモサルハムシ Colasposoma dauricum MANNERHEIM
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 30.vi.2000 (数頭, 山元). ヒルガオの葉にいる.

360. マダラアラゲサルハムシ Demotina fasciculata BALY
4 - 7月. 23.v.1997 (1 ex., 和田)」19.iv.1998 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (9 exs., 和田); 8.vii.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上に多い.上翅肩部に黒紋がある。


361. アラゲサルハムシ Demotina squamosa ISONO
6月. 6.vi.1987 (16 exs., 野田)(Palatype). シイ葉上にみられるやや大型の上翅が無紋の種で磯野(1990)により記載された。本州、四国、九州に分布する。


362. クロオビカサハラハムシ Hyperaxis fasciata (BALY)
4月. 29.iv.1998 (2 exs., 和田). 樹葉上に普通.

363. ケブカサルハムシ Lypesthes lewisi (BALY)
4 - 6月. 15.iv.1998 (1 ex., 和田)」25.iv.1999 (1 ex., 和田)」17.v.2000 (1 ex., 和田); 7.vi.2000 (1 ex., 和田). タブの葉上で見られる.

364. アオガネヒメサルハムシ Nodina chalcosoma BALY
6, 7月. 14.vi.2000 (6 exs., 和田); 8.vii.2000 (2 exs., 和田).花上に見られる.

365. ヒメキバネサルハムシ Pagria signata (MOTSCHULSKY)
4, 6月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 19.vi.2000 (1 ex., 和田). ハギ類に多い.

366. ドウガネサルハムシ Scelodonta lewisii BALY
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 葉上でみられる.

367. ヨモギハムシ Chrysolina aurichalcea (MANNERHEIM)
5, 6月. 28.v.2000 (2 exs., 山元); 14.vi.2000 (1 ex., 和田). ヨモギの葉にいる.

368. コガタルリハムシ Gastrophysa atrocyanea MOTSCHULSKY
6月. 5.vi.2000 (1 ex., 和田). 耕作地のギシギシで見られる.

369. フジハムシ Gonioctena rubripennis BALY
4, 6月. 26.iv.1997 (1 ex., 和田)」19.iv.1998 (1 ex., 和田)」29.iv.2000 (1 ex., 和田); 15.vi.2000 (1 ex., 和田). フジの葉にいる.

370. ヤナギルリハムシ Plagiodera versicolora (LAICHARTING)
7月. 28.vii.2000 (1 ex., 三原町, 和田). ヤナギの葉上で見られる.

371. ウリハムシモドキ Atrachya menetriesi (FALDERMANN)
5, 6月. 28.v.2000 (1 ex., 山元); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 草地に普通.

372. ウリハムシ Aulacophora femoralis (MOTSCHULSKY)
5, 9月. 28.v.2000 (2 exs.,山元); 5.ix.1998 (1 ex., 山元). カボチャやウリの葉に多い.

373. クロウリハムシ Aulacophora nigripennis MOTSCHULSKY
4 - 6, 9月. 20.iv.1999 (1 ex. 和田)」3.v.2000 (1 ex., 和田); 5.vi.2000 (1 ex., 和田); 6.ix.2000 (1 ex., 和田). 各地に多い.

374. キバラヒメハムシ Exosoma flaviventre (MOTSCHULSKY)
6月. 5.vi.2000 (1 ex., 和田); 30.vi.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる.

375. イタドリハムシ Gallerucida bifasciata MOTSCHULSKY
3, 5, 6月. 8.iii.1998 (1 ex., 山元)」28.iii.1999 (6 exs., 山元); 30.vi.1999 (1 ex., 三原町, 和田)」13.iii.2000 (4 exs., 和田); 28.v.2000 (1 ex., 山元). ギシギシにいる.

376. イチモンジハムシ Morphosphaera japonica (HORNSTEDT)
5, 7月. 8.v.1999 (2 exs., 和田)」17.v.2000 (1 ex., 和田); 2.vii.2000 (1 ex., 和田). 暖地性の種でオオイタビにいる.

377. アカタデハムシ Pyrrhalta semifulva (JACOBY)
6月. 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 灯火に来た.

378. ヒメカミナリハムシ Altica caerulescens (BALY)
6月. 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 灯火に来た.

379. ツブノミハムシ Aphthona perminuta BALY
4, 5月. 28.iv.2000 (1 ex., 和田); 16.v.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上に多い.

380. サメハダツブノミハムシ Aphthona strigosa BALY
6月. 7.vi.2000 (2 exs., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). アカメガシワ葉上に多い.

381. ホソルリトビハムシ Aphthonaltica angustata (BALY)
4, 5月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 4.v.2000 (1 ex., 和田). アケビ類にいる.

382. ヘリグロテントウノミハムシ Argopistes coccinelliformis CSIKI
4, 6月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 暖地性で沿海地方に分布し, ネズミモチに集まる.

383. テントウノミハムシ Argopistes tsekooni CHEN
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). ネズミモチにつく.

384. キバネマルノミハムシ Hemipyxis flavipennis (BALY)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). ネズミモチ葉上に普通.

385. ヒゲナガルリマルノミハムシ Hemipyxis plagioderoides (MOTSCHULSKY)
5, 6月. 16.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂).コクサギ葉上.

386. クロボシトビハムシ Longitarsus bimaculatus (BALY)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). ネズミモチにつく.

387. オオバコトビハムシ Longitarsus scutellaris (RAY)
5月. 20.v.2000 (1 ex., 和田). オオバコの葉から得た.

388. クビアカトビハムシ Luperomorpha pryeri (BALY)
7月. 2.vii.2000 (1 ex., 和田). サンショ葉上.

389. ルリマルノミハムシ Nonarthra cyanea BALY
4月. 28.iv.2000 (1 ex., 和田). 各種の花に集まる.

390. ナトビハムシ Psylliodes punctifrons BALY
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). アブラナ科葉上.

391. アケビタマノミハムシ Sphaeroderma akebiae OHNO
5 - 7月. 20.v.2000 (1 ex., 和田); 15.vi.2000 (2 exs., 和田); 2.vii.2000 (2 exs., 和田). アケビ類に多い.

392. ツマキタマノミハムシ Sphaeroderma apicale BALY
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 葉上に普通.

393. カタビロトゲトゲ Dactylispa subquadrata (BALY)
4, 5月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」11.v.1999 (1 ex., 和田). 叩き網で得た.アラカシやシイの葉上で見られる.

394. ジンガサハムシ Aspidomorpha indica BOHEMAN
5月. 17.v.2000 (1 ex., 和田); 28.v.2000 (2 exs.,山元). ヒルガオ類の葉上で見られるが,分布はやや局地的である.

395. ヒメジンガサハムシ Cassida fuscorufa MOTSCHULSKY
5月. 8.v.1999 (1 ex., 三原町, 和田). ヨモギにいる.

396. ヒメカメノコハムシ Cassida piperata HOPE
6月. 19.vi.2000 (2 exs., 和田). イノコズチの葉から得た. 各地に多い.

397. セモンジンガサハムシ Cassida versicolor (BOHEMAN)
6, 7月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 2.vii.2000 (1 ex., 和田).樹葉上で見られる.

398. ヨツモンカメノコハムシ Laccoptera quadrimaculata (THUNBERG)
5, 6, 9 - 11月. 17.v.2000 (1 ex., 和田); 30.vi.2000 (3 exs., 山元); 6.ix.2000 (1 ex., 和田); 4.x.2000 (2 exs., 和田); 3.xi.2000 (1 ex., 和田). 本種は従来奄美大島以南から知られていたが,1999年長崎市潮見町で1頭が採集された(山元, 2000).金比羅山では少なくない.食草はヒルガオ,サツマイモなどであるが,その詳細は山元・和田により近く発表される予定である.琉球からの移入種と考えられる.

399. イチモンジカメノコハムシ Thlaspida cribrosa (BOHEMAN)
4, 5月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」28.v.2000 (2 exs.,山元). ヤブムラサキの葉にいる.各地に普通.
マメゾウムシ科 Bruchidae

400. ネムノキマメゾウムシ Bruchidius terreus (SHARP)
5月. 9.v.2000 (1 ex., 和田). 次種ともども花上に普通.

401. チャバラマメゾウムシ Callosobruchus ademptus (SHARP)
5月. 9.v.2000 (4 exs., 和田); 14.v.2000 (1 ex., 和田).

402. ソラマメゾウムシ Bruchus rufimanus BOHEMAN
6月. 4.vi.1989 (1 ex., 野田). 花上で見られる.
ヒゲナガゾウムシ科 Anthribidae

403. ワタミヒゲナガゾウムシ Araecerus fasciculatus (DEGEER)
4月. 29.iv.2000 (1 ex., 和田). 暖地の枯れ枝で見られる.

404. キノコヒゲナガゾウムシ Euparius oculatus oculatus (SHARP)
8, 9月. 5.ix.1998 (1 ex., 山元)」4.viii.2000 (2 exs., 青木); 4.ix.2000 (1 ex., 和田). アラゲカワラタケにもいる.

405. フタモンツツヒゲナガゾウムシ Ozotomerus nigromaculatus MORIMOTO
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.暖帯林に生息する.

406. ササセマルヒゲナガゾウムシ Phloeobius stenos JORDAN
6月. 9.vi.1993 (1 ex., 野田).暖地性の種で, 幼虫は枯れたタケを食べる.
オトシブミ科 Attelabidae

407. ヒメクロオトシブミ Apoderus erythrogaster SNELLEN van VOLLENHOVEN
5, 6月. 4.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). クヌギ葉上に多い.

408. ウスモンオトシブミ Apoderus balteatus ROELOFS
6, 8月. 30.vi.2000 (1 ex., 山元); 26.viii.2000 (1 ex., 和田). キブシの葉から得た.

409. ゴマダラオトシブミ Paroplapoderus pardalis (SNELLEN van VOLLENHOVEN)
5, 6月. 27.v.1998 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (4 exs., 今坂). 叩き網で得られる.クヌギなどに見られる.

410. カシルリオトシブミ Euops splendidus VOSS
6月. 30.vi.2000 (1 ex., 和田). カシ類の葉上.

411. チャイロチョッキリ Aderorhinus crioceroides (ROELOFS)
5, 6月. 27.v.1989 (1ex., 野田)」12.vi.1999 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 暖帯林の葉上に普通に見られる.

412. ヒメケブカチョッキリ Involvulus pilosus (ROELOFS)
2月. 7.ii.1998 (1 ex., 山元). ケヤキの樹皮下で得た.

413. コナライクビチョッキリ Deporaus unicolor(ROELOFS)
5月. 17.v.2000 (1 ex., 和田). カシ類の葉上に見られる.

414. ルリイクビチョッキリ Deporaus mannerheimi (HUMEL)
5月. 9.v.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上で見られる.
ホソクチゾウムシ科 Apionidae

415. ケブカホソクチゾウムシ Apion griseopubescens ROELOFS
6月. 5.vi.2000 (1 ex., 和田). エノキの葉につく.
ゾウムシ科 Curculionidae

416. キュウシュウヒゲボソゾウムシ Pyllobius rotundicollis ROELOFS
4, 5月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田)」4.v.2000 (1 ex., 和田). 各地に普通. ゾウムシ類も大部分は県内各地で見られる種である.

417. ヒラズネヒゲボソゾウムシ Pyllobius intrusus KONO
5月. 19.v.2000 (1 ex., 和田). スギの葉につく.

418. クリイロクチブトゾウムシ Cyrtepistomus castaneus (ROELOFS)
8月. 4.viii.2000 (1 ex., 和田); 5.viii.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

419. コカシワクチブトゾウムシ Macrocorynus griseoides (ZUMPT)
4, 5月. 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」2.v.1999 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (6 exs., 和田); 20.v.2000 (1 ex., 和田). カシ類に多い.

420. オオクチブトゾウムシ Macrocorynus variabilis (ROELOFS)
7月. 8.vii.1996 (2 exs., 立山公園, 青木). シイ生葉を叩いて得た. 暖帯林に多い.

421. ケブカクチブトゾウムシ Myllocerus fumosus FAUST
4, 5月. 29.iv.1998 (1 ex., 和田)」8.v.1999 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上に普通.

422. カシワクチブトゾウムシ Myllocerus griseus ROELOFS
4 - 6月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田); 19.iv.1998 (1 ex., 和田)」20.iv.1999 (1 ex., 和田); 2.v.1999 (1 ex., 和田)」22.iv.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (2 exs., 今坂). カシ類に多い.

423. ケシツチゾウムシ Trachyphloeosoma setosum WOLLASTON
10月. 7.x.2000 (1 ex., 和田). 金比羅神社側の落ち葉から得た.

424. シロコブゾウムシ Episomus turritus (GYLLENHAL)
6月. 30.vi.1997 (1 ex., 和田)」23.vi.2000 (1 ex., 今坂). クズ葉上に見られる.

425. コフキゾウムシ Eugnathus distinctus ROELOFS
6, 7月. 7.vi.2000 (2 exs., 和田); 5.vii.2000 (1 ex., 和田). クズ葉上に多い.

426. オオミスジマルゾウムシ Phaeopholus major ROELOFS
5, 6月. 9.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 夜間灯火採集でも得た.タブ葉上に見られる.

427. ミスジマルゾウムシ Phaeopholus ornatus ROELOFS
2, 5, 6月. 7.ii.1998 (1 ex., 山元)」9.v.2000 (1 ex., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 灯火とケヤキの樹皮下から得られた.

428. ハスジカツオゾウムシ Lixus acutipennis ROELOFS
5, 6月. 25.v.1997 (1 ex., 山元)」28.v.2000 (3 exs., 山元); 23.vi.2000 (2 exs., 今坂). ヨモギの葉にいる.

429. ホホジロアシナガゾウムシ Mecysolobus erro (PASCOE)
7月. 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 枯れ枝に見られる.

430. オジロアシナガゾウムシ Mesalcidodes trifidus (PASCOE)
7月. 7.vii.1999 (1 ex., 和田). クズのつるに見られる.

431. ガロアノミゾウムシ Rhynchaenus galloisi (KONO)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). 樹葉上で得た.

432. ヒラセノミゾウムシ Rhynchaenus dorsoplanatus (ROELOFS)
6月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). シイ葉上に見られる.

433. エノキノミゾウムシ Rhynchaenus horii KONO
5, 6月. 9.v.2000 (6 exs., 和田); 23.vi.2000 (1 ex., 今坂). エノキの葉に多い.

434. クロツブゾウムシ Sphinxis koikei (VOSS et CHUJO)
4月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田). 樹葉上で見られる.

435. ツバキシギゾウムシ Curculio camelliae (ROELOFS)
7月. 5.vii.1998 (1 ex., 和田). 頂上近くで叩き網により得た.

436. セダカシギゾウムシ Curculio convexus (ROELOFS)
4月. 22.iv.2000 (1 ex., 和田). ハクサンボクなどの花上で見られる.

437. ナツグミシギゾウムシ Curculio elaeagni MORIMOTO
4月. 20.iv.1999 (1 ex., 和田). ナツグミにつくが,県内の記録は少ない.

438. イヌビワシギゾウムシ Curculio funebris (ROELOFS)
6, 7月. 23.vi.2000 (1 ex., 今坂); 15.vii.2000(1 ex., 和田). イヌビワにいる.

439. カミヤチビシギゾウムシ Curculio kamiyai MORIMOTO
5月. 9.v.2000 (1 ex., 和田). シイ,カシ類の葉上で見られるが少ない.

440. クヌギシギゾウムシ Curculio robustus MORIMOTO
10月. 2.x.1988 (1 ex., 野田). 秋期,クヌギの実に見られるが少ない.

441. ツヤケシヒメゾウムシ Paracythopeus melancholicus (ROELOFS)
4月. 16.iv.1998 (1 ex., 和田). 樹葉上に見られる.

442. ケナガサルゾウムシ Micrelus excavatus HUSTACHE
5月. 9.v.2000 (3 exs., 和田). 花上に多い.

443. キイチゴトゲサルゾウムシ Scleropteroides hypocrita (HUSTACHE)
4月. 22.iv.2000 (2 exs., 和田). キイチゴ葉上に普通.

444. ツツゾウムシ Carcilia strigicollis ROELOFS
6月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田); 30.vi.2000 (2 exs.,山元). 伐採木に集まり,夜間灯火採集でも得た.

445. シバタカレキゾウムシ Acicnemis shibatai VOSS
5, 6月. 4.v.2000 (2 exs., 和田); 14.vi.2000 (1 ex., 和田).枯れ木につく.

446. ホソアナアキゾウムシ Dyscerus elongatus (ROELOFS)
6月. 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 灯火に来た.

447. クスアナアキゾウムシ Dyscerus orientalis (MOTSCHULSKY)
7月. 5.vii.1998 (1 ex., 和田). 枯れ木に見られる.

448. アカナガクチカクシゾウムシ Rhadinomerus annulipes (ROELOFS)
5, 6月. 14.v.2000 (1 ex., 和田); 28.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集でも得た.

449. コブマルクチカクシゾウムシ Acallinus tuberculatus MORIMOTO
10月. 7.x.2000 (1 ex., 和田). 林床の落葉下にいる.

450. アシナガオニゾウムシ Gasterocercus longipes KONO
6月. 2.vi.2000 (1 ex., 和田). 夜間灯火採集で得た.

451. ヒサゴクチカクシゾウムシ Simulatacalles simulator (ROELOFS)
6月. 5.vi.2000 (1 ex., 和田); 24.vi.2000 (1 ex., 今坂). 林床の落葉下にいる.
オサゾウムシ科 Rhynchophoridae

452. トホシオサゾウムシ Aplotes roelofsi (CHEVROLAT)
4 - 7月. 29.iv.2000 (1 ex., 山元); 28.v.2000 (3 exs., 山元); 5.vi.2000 (1 ex., 和田); 5.vii.2000 (2 exs., 和田).

453. ホオアカオサゾウムシ Otidognathus jansoni ROELOFS
5月. 28.v.2000 (1 ex., 山元). 小型のタケのたけのこから得た.
キクイムシ科 Scolytidae

454. アカガシノキクイムシ Xyleborus concisus BLANDFORD
6, 8月. 28.vi.2000 (4 exs., 青木); 4.viii.2000 (2 exs., 和田・青木). 夜間灯火採集で得た.

455. ミカドキクイムシ Scolytoplatypus mikado BLANDFORD
7月. 15.vii.2000 (1 ex., 和田). 枯れ木に集まる.
考察

1. 金比羅山の環境の変遷
金比羅山の自然環境は大きく変わってきている(和田,2001).明治初頭(1870年代)に長崎市周辺で多くの甲虫を採集・記載したG. Lewisは,マルマグソコガネを始めとして,多くの種を諏訪神社や金比羅山から記録しており,その当時,金比羅山には神社の社叢としてシイやタブなどを中心とした常緑広葉樹林が存在していたと思われる.しかし,それ以外の地域の樹木は薪炭材として伐採が繰り返されたため大きな森は育たず,草原が発達していただろう.このような状況は大きな変化もなく第二次世界大戦後まで続いていたように思われる.事実,生島(1954a, c)によれば,1950年代に入った頃にはクヌギやマツが多く,山頂部には木がなく,附近で木がまとまって生えていたのは諏訪神社の森だけだったと記録している.
しかし,戦後50数年が経った現在では,山の大部分が常緑広葉樹の高い木に覆われ,山頂部にも木がかなり生えてきている.マツは枯死してほとんど姿を消し,クヌギは尾根筋に見られるものの常緑広葉樹に圧倒されて元気がなくなってしまった.クヌギの樹液に来るシラホシハナムグリがいなくなり,アカマダラコガネが1988年を最後に採れていないのはそのためだろう.また,昔は山腹部まで牛が往来していたようで,その頃かなり多かった食糞性のマグソコガネ類(生島・神谷, 1955)が現在では激減してしまっているのもそのような例の一つだろう.都市背後にある山として,当然山麓部には宅地が押し寄せ,山腹を横断する道路建設の計画等もあって,山域は徐々に狭まり,全山が人為的な影響下におかれるのではないかと危惧されている.このような環境の変化に伴う甲虫相の変遷は他の多くの種類でも見られるに違いない.今後金比羅山の甲虫類がどのように変わっていくかを自然環境の変化という視点から見守っていく必要があろう.

2. 金比羅山の甲虫相
今回,金比羅山から455種の甲虫を記録した.科別の種数は次ページの表のとおりである.比較的多くの種が得られたのは,ハムシ科,カミキリムシ科,コガネムシ科,オサムシ科,ゾウムシ科,コメツキムシ科などである.大部分の種は主として2000年に採集したが,カミキリムシ科とコガネムシ科は数年前から採集しており,結果として多くの種が得られた.
記録した種の多くは平地から低山地まで普通に分布する種であった.これらの種は低地の雑木林,二次林,針葉樹の植林地など樹林でみられる種を中心として,耕作地・宅地周辺の裸地や草地に生息する種などで構成される.一方,金比羅山には川らしい川や池がないので,水生の甲虫はほとんど採れなかった.
金比羅山でみられた甲虫相の特徴は常緑広葉樹林(いわゆる暖帯林)に生息する種が多いことで,アカマダラセンチコガネ,シワナガキマワリ,モリモトヒメナガクチキムシ,ベーツヒラタカミキり,キイロミヤマカミキリ,キュウシュウチビトラカミキリ,アラゲサルハムシなど多数が採集された.長崎県本土固有種のナガサキトゲヒサゴゴミムシダマシ,オオヒョウタンキマワリ,ハギチビゴミムシの近似種,九州固有種のタケムラデオキノコムシ,四国・九州固有種のフトキノカワゴミムシ,西日本の固有種で記録が少ないコブスジケシキスイなども,暖帯林に生息する種である.また,琉球系で九州では沿岸地方に分布するカラカネチビキマワリモドキ,ウスアヤカミキリ,ヘリグロテントウノミハムシなども得られた.
一方,標高がそれほど高くないにもかかわらず,やや山地性の種も僅かであるが生息しており,ダイミョウキノコハネカクシ,スジクワガタ,ヒメトラハナムグリ,ハガタホソナガクチキムシなどが採集された.
特筆されるのは,かつて里山では普通に見られ,現在では減少が著しい数種の存在で,セマダラマグソコガネ,コカブトムシ,タマムシ,クスベニカミキリなどが健在である.各地のレッドデータブックに掲載されるアカマダラコガネも1988年までは記録されており,県内でも最近の記録の一つである.
金比羅山産甲虫の科別種数
ハンミョウ科 4種 ホタル科 4種 ツツキノコムシ科 2種
オサムシ科 38種 ジョウカイボン科 11種 ナガクチキムシ科 4種
ホソクビゴミムシ科 1種 カツオブシムシ科 3種 ハナノミ科 5種
ガムシ科 2種 ナガシンクイムシ科 1種 カミキリモドキ科 4種
エンマムシ科 1種 シバンムシ科 3種 アリモドキ科 1種
タマキノコムシ科 2種 ジョウカイモドキ科 6種 ハナノミダマシ科 2種
シデムシ科 5種 ケシキスイ科 14種 ハムシダマシ科 4種
ハネカクシ科 13種 ヒメハナムシ科 1種 クチキムシ科 8種
デオキノコムシ科 3種 ヒメキノコムシ科 1種 ゴミムシダマシ科 17種
マルハナノミ科 1種 ヒラタムシ科 1種 カミキリムシ科 51種
クワガタムシ科 7種 キスイムシ科 1種 ハムシ科 56種
コブスジコガネ科 1種 オオキスイムシ科 1種 マメゾウムシ科 3種
センチコガネ科 2種 コメツキモドキ科 3種 ヒゲナガゾウムシ科 4種
コガネムシ科 42種 オオキノコムシ科 4種 オトシブミ科 8種
ナガハナノミ科 1種 テントウダマシ科 3種 ホソクチゾウムシ科 1種
タマムシ科 12種 テントウムシ科 15種 ゾウムシ科 36種
コメツキムシ科 25種 ミジンムシダマシ科 1種 オサゾウムシ科 2種
コメツキダマシ科 3種 ホソカタムシ科 2種 キクイムシ科 2種
ベニボタル科 5種 コキノコムシ科 2種 合計  455種

最近公表された神奈川県横浜市郊外の円海山(標高153.3m :調査面積 5km2)の甲虫リストには,過去17年ほどの調査で約1649種の甲虫が記録されている(岩瀬他2000).金比羅山は標高366m,山塊の広がりは3km2 程度であるので,円海山同様に1500種程度は生息していると考えられ,今回の調査で生息する種の1/3程度が解明されたと考えられる.金比羅山に当然いると思われるのに採れていない種が少なからずあり,また採集もそれほど徹底したものではなかったので,今後調査を続ければ種数は大幅に増加できると思われる.

3. 金比羅山を特徴づける種
長崎県本土では現在までに,多良山系から約1,600種,島原半島から約1,900種の甲虫が確認されており,後者は現在長崎県生物学会誌に分割して公表中である.これら2地域のうち,多良山系は比較的山地性,あるいは本州系(北方系)の種が豊富であり,島原半島は特殊な山地性の甲虫も分布するものの,むしろ,対馬海流沿いの温暖な地方に分布する(南方系の)種によって特徴付けられる.これら2地域の種を合計すると2,200種余りとなり,長崎県本土に分布する甲虫類の大半が網羅されているものと考えられる.
一方,金比羅山で確認できた甲虫類455種の中で,これら2地域では記録されていない種として,27種が抽出された.これらの種は,概略三つのグループに区別される.
第−のグループはコキノコゴミムシ,コアオアトキリゴミムシ,カラカネナカボソタマムシ,フタイロミゾキノコシバンムシ,ヒメオビオオキノコムシ,タケウチヒゲナガコバネカミキリ,クスベニカミキリ,カミヤチビシギゾウムシなど温暖な地域の発達した常緑広葉樹林に生息する種群である.前項でも述べたように,これらの種が分布する事実は,長崎市周辺が対馬海流の影響で県内でも特に温暖であり,金比羅山にはシイ・タブなどの大木の林が残存していることを示していると考えられる.九州各地に残存する低地の暖帯林は残り少なくなっており,特に都市の背後にこのような森林が残存することは特に貴重と言えよう.
第二のグループは県本土以外,あるいは海外からの移入種と考えられる種群で,モンキタマムシ(南中国),ハスジオオキノコムシ(対馬,朝鮮),ヨツボシツヤヒメテントウ(中国),チャゴマフカミキリ(台湾),ヨツモンカメノコハムシ(琉球)などである(かっこ内は筆者が原産地と考えている地域).長崎は古くから開けた港町として,琉球,朝鮮,中国,東南アジアとの交易の歴史があり,何時の時代か長崎市に渡来し定着したものと考えられる.甲虫以外の昆虫類でも,長崎からは多くの移入種が知られており,長崎市ファウナの特徴の一つと言える.他にも,神戸,横浜,鹿児島,福岡など移入種の定着が知られている都市はあるが,長崎ほどその種数が多いのは例がない.
第三のグループは,チビクワガタ,ヒメコブスジコガネ,ウメチビタマムシ,チャイロヒゲボソコキノコムシ他,生息地などに一定の特徴が見られない雑多な種群である.調査が進めば,あるいは各地で発見され,あるいは種ごとの分布パターンが解明されるかもしれない.
金比羅山を含む長崎市周辺の甲虫類について今後も調査を続け,残存する貴重な常緑広葉樹林の甲虫相の全貌を解明し,併せて調査時時の甲虫相の変遷を明らかにしたいと考えている.

引用文献
阿比留巨人・今坂正一・野田正美(1986) 長崎市南部の甲虫類(2). こがねむし, (47): 27-42.
生島貞利(1954a) 金比羅山の昆虫(1). こがねむし,3(4): 7-9.
生島貞利(1954b) 金比羅山の昆虫(2) クワガタムシ科. こがねむし,3(4): 10-11.
生島貞利(1954c) 金比羅山の昆虫(3) 金比羅山のタマムシについて. こがねむし,4(1/2): 5-8.
生島貞利(1954d) 金比羅山の昆虫(4) ハナムグリ類. こがねむし,4(3): 11-12.
生島貞利・神谷寛之(1955) 長崎市附近産鞘翅目々録(第三報) コガネムシ科及センチコガネ科.染色体,(9): 7-16.
今坂正一・阿比留巨人・青木良夫・楠井善久・松尾照男・松田 亨・峰 正隆・野田正美(1994) 長崎県産カミキリムシ科目録.こがねむし,(56): 1-43.
今坂正一・楠井善久・野田正美・青木良夫・峰 正隆・阿比留巨人・松田 亨(1999) 長崎県産コガネムシ主科目録.こがねむし,(62): 1-38.
岩瀬和夫・大坪広・久保浩一・志村宝・渡弘(円海山域自然調査会)(2000) 円海山域の昆虫.神奈川虫報,(130):1-458.
野田正美(1988) 長崎市内のムネアカセンチコガネとアカマダラコガネ.こがねむし,(49): 32.
野田正美・今坂正一(1989) 長崎市でギョウトクテントウを採集. 月刊むし, (223): 41-42.
佐々治寛之(1989) ヨツボシツヤヒメテントウ(新称)日本に産す. 月刊むし, (226): 6.
和田義人(2001) 金比羅山の自然環境,昔と今.こがねむし,(66): 1-4.
山元宣征(2000) ヨツモンカメノコハムシの長崎県からの記録. 月刊むし, (356): 45-46.


前のページ
島原半島の甲虫相3
コンテンツのトップ 次のページ
Pidonia neglecta hizena n. subsp., a New Subspecies from Western Kyushu, Japan (Coleoptera, Cerambycidae)*