今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン

島原半島の甲虫相3

今坂正一

The Coleoptera's fauna of Shimabara Peninsula, Nagasaki Prefecture, West Japan. 3

Shoichi Imasaka

続いて、オオキノコムシ科〜ツチハンミョウ科について報告したい。

オオキノコムシ科 Erotylidae(20種)

1017.カタモンオオキノコムシ Aulacochilus japonicus CROTCH F
上木場 1ex.29.VII.1976,低−平:雲仙別所、雲仙ゴルフ場、小地獄、赤松谷、田代原、千本木、上木場、3-9月、カワラタケ、サルノコシカケに集まる。オオキノコムシ科の種は、樹上性のキノコに集まる。(今坂 1982a)

1018.ツヤヒメオオキノコムシ Setelia scitula (LEWIS)    F
上木場 1ex.29.VII.1976,低−平:赤松谷、千本木、眉山、上木場、水無川、4-8月、フジの枯れヅルに着く白い菌に多い。(今坂 1982a)

1019.クロハバビロオオキノコムシ Neotriplax atrata LEWIS E
雲仙岳 3exs.15.VI.1976,中−低:雲仙岳、雲仙別所、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、4-7.9-11月、カワラタケ、サルノコシカケに多い。(今坂 1982a)

1020.アカハバビロオオキノコムシ Neotriplax lewisii (CROTCH)     F
田代原 1ex.18.V.1976,中−低−平−南:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、吾妻岳、元池、白浜、1.4-6.10.
11月、カワラタケに多い。(今坂 1982a)

1021.キアシチビオオキノコムシ Triplax canalicollis LEWIS E
上木場 1ex.13.VI.1976,低:赤松谷、千本木、上木場、6月、キノコ、伐採枝。(今坂 1982a)

1022.ホソチビオオキノコムシ Triplax japonica japonica CROTCH B
眉山 22exs.30.IX.1978,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、眉山、吾妻岳、愛宕山、1.2.4-7.9-11月。ヒラタケに多い。(今坂 1982a)

1023.シベリアチビオオキノコムシ Triplax sibirica connectens (LEWIS)  ※A
眉山 4exs.30.IX.1978,中−低:雲仙岳、白雲の池、赤松谷、眉山、6.7.9-11月、ヒラタケ。(今坂 1982a)

1024.フタホシチビオオキノコムシ Triplax devia LEWIS E
杉谷 5exs.19.VI.1985,平:ヒラタケで得られた、一例のみ。


1025.セグロチビオオキノコムシ Aporotritoma laetabilis (LEWIS)      F
雲仙岳 1ex.15.VI.1976,2exs.10.VI.1980,中:二例のみ。(今坂 1982a)

1026.キボシチビオオキノコムシ Aporotritoma yasumatsui (NAKANE)     F
雲仙岳 4exs.28.IX.1979,中−低:雲仙岳、白雲の池、雲仙ゴルフ場、9.10月。針葉樹の立ち枯れに着く真っ白なハリタケの一種に集まる。(今坂 1979c,1982a,1983a)

1027.キリシマチビオオキノコムシ Aporotritoma kirishimensis (ARAKI)(図5−49) J
雲仙岳 1ex.4.VII.1978,中:キノコで得た、一例のみ。九州の固有種。(今坂 1982a,1983a;今坂ほか 1987a)

1028.クロチビオオキノコムシ Tritoma niponensis (LEWIS)E
雲仙岳 1ex.15.VI.1976,中−低−平:雲仙岳、雲仙別所、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、崩山、4-7.9.10月、カワラタケに多い。(今坂 1982a;峰ほか 1991-1992)

1029.ハラアカチビオオキノコムシ Tritoma pallidiventris (LEWIS)   F
雲仙岳 6exs.28.IX.1979,中−低:雲仙岳、雲仙別所、9.11月、アシグロタケ、少ない。(今坂 1982a)

1030.カタベニチビオオキノコムシ Tritoma tripartiaria (LEWIS)       F
赤松谷 3exs.10.V.1979,低:赤松谷、上木場、5.8月、キノコ。(今坂 1982a)

1031.カクモンチビオオキノコムシ Tritoma discaloides NAKANE(図5−50)      ※J
雲仙岳 5exs.11.IX.1979,中:雲仙岳、5.9月。倒木下面の白粉をまぶしたような菌糸で採集。九州の固有種。(今坂1982a,1983a:ヒシモンチビオオキノコムシ Tritoma discalis (LEWIS)として;生川 1995)

1032.ベニバネチビオオキノコムシ Tritoma rufipennis (LEWIS)     ※E
雲仙岳 1ex.4.X.1978,中:アシグロタケで得られた、一例のみ。(今坂 1982a)

1033.ミツボシチビオオキノコムシ Tritoma maculifrons (LEWIS)       F
赤松谷 4exs.25.VII.1979,低:赤松谷、上木場、7月、褐色の地衣様のキノコ。(今坂 1982a)
────────────────────────────────────────────────────
*九州大学農学部昆虫学教室
環境科学株式会社九州事務所

1034.ツマグロチビオオキノコムシ Tritoma nigropunctata (LEWIS)     F
雲仙岳 19exs.27.V.1980,中:雲仙岳、5.6月。倒木下面の白粉をまぶしたような菌糸で、カクモンチビオオキノコムシと共に採集。(今坂 1982a,1982c)

1035.ベニモンムネビロオオキノコムシ Microsternus perforatus (LEWIS)     F
雲仙岳 1ex.27.V.1980,中:雲仙岳、5.6月、立ち枯れ樹皮下。(今坂 1982a)

1036.ミヤマオビオオキノコムシ Episcapha gorhami LEWIS E
雲仙岳 2exs.5.VI.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、白雲の池、雲仙別所、小地獄、田代原、千本木、眉山、上木場、1-6.9.10月。カワラタケ、サルノコシカケ、樹皮下に多い。(今坂 1982a)
ミジンキスイムシ科 Propalticidae(1種)

1037.キウチミジンキスイ Propalticus kiuchii SASAJI(図5−51)  ※F
赤松谷 1ex.12.VI.1977,低:枯れ枝から得られた、一例のみ。九州初記録と思われる。

ミジンムシダマシ科 Discolomidae(1種)

1038.クロミジンムシダマシ Aphanocephalus hemisphericus WOLLASTON F
杉谷 1ex.1.V.1978,低−平:千本木、眉山、上木場、杉谷、本光寺、熊野神社、新山、崩山、水無川、猿葉、1.3-5.10-12月、落葉下に多い。

カクホソカタムシ科 Cerylonidae(2種)

1039.アシブトカクホソカタムシ Phithermopsis crassipes (SHARP)     ※F
雲仙岳 1ex.11.IX.1979,中−低:雲仙岳、赤松谷、1.5.6.9月、落葉下から得られた。


1040.ムネビロカクホソカタムシ Cautomus hystriculus SHARP      ※F
魚洗川 1ex.1.VII.1981,低−平:魚洗川、とけん山公園、7.9月、落葉下から得られた。

ミジンムシ科 Corylophidae(7種)

1041.ベニモンツヤミジンムシ Parmulus politus (MATTHEWS) F
千本木 1ex.3.I.1979,低−平:千本木、白谷、愛宕山、1.3.4月に、樹皮下にみられる。


1042.チャイロミジンムシ Alloparmulus rugosus (MATTHEWS)      C
上木場 1ex.29.IV.1981,眉山 1ex.7.IV.1978,低:落葉下から得られた、二例のみ。


1043.ナカグロミジンムシ Arthrolips lewisii MATTHEWS F
白土 1ex.11.VIII.1980,平:灯火で得られた、一例のみ。


1044.マエキミジンムシ Arthrolips oblongus MATTHEWS F
千本木 1ex.8.V.1984,低:千本木、愛宕山、5月、枯れ枝にみられる。


1045.ムクゲミジンムシ Sericoderus lateralis (GYLLENHAL)     C
水無川 1ex.2.IV.1990,平:枯れ草で得られた、一例のみ。


1046.ダエンミジンムシ Corylophus japonicus MATTHEWS      ※F
眉山 1ex.1.X.1977,低−平:千本木、眉山、上木場、熊野神社、1.3.10月、落葉下から得られた。九州初記録と思われる。


1047.テントウミジンムシ Corylophodes punctipennis MATTHEWS F
赤松谷 1ex.30.IV.1979,中−低:雲仙岳、赤松谷、眉山、4.8月、落葉下から得られた。

テントウダマシ科 Endomychidae(12種)

1048.ルイステントウダマシ Panamomus lewisi GORHAM       ※I
千本木 1ex.3.I.1978,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、1.5 月に落葉から得られた。四国と九州の固有種。(今坂 1982f)

1049.チャバネムクゲテントウダマシ Stenotarsus chrysomelinus GORHAM F
千本木 6exs.3.VII.1977,低:黄褐色のキノコより得られた、一例のみ。(今坂 1982f)

1050.カタベニケブカテントウダマシ Ectomychus basalis GORHAM E
眉山 3exs.9.VIII.1976,低:赤松谷、眉山、上木場、2.5.8月、フジ枯ヅルの白い菌糸につく。(今坂 1982f)

1051.クロモンケブカテントウダマシ Ectomychus musculus (GORHAM)     F
千本木 1ex.7.V.1981,低:キノコより得られた、一例のみ。(今坂 1982f)

1052.チャイロケブカテントウダマシ Ectomychus nigriclavis (GORHAM) F
眉山 1ex.25.V.1976,低−平:白雲の池、田代原、眉山、崩山、1.5.9.10月、キノコに集まる。(今坂 1982f)

1053.キイロテントウダマシ Saula japonica GORHAM E
崩山 1ex.10.IV.1981,低−平−南:赤松谷、眉山、崩山、元池、吉川、愛宕山、口之津公園、3-7.9.10.12月、樹葉上に多い。(今坂1982f)

1054.トウヨウダナエテントウダマシ Danae orientalis (GORHAM)     ※E
新山 1ex.11.VII.1976,雲仙岳 1ex.6.VII.1983,白木野 1ex.31.VIII.1993,中−低−平:樹葉上から得られた、三例のみ。(今坂 1982f)

1055.クリバネツヤテントウダマシ Lycoperdina castaneipennis GORHAM F
眉山 2exs.4.I.1978,低:田代原、眉山、東原、1.11月、ホコリタケの中、側溝でみられた。(今坂 1982f)

1056.ヨツボシテントウダマシ Ancylopus pictus asiaticus STROHECKER C
雲仙別所 1ex.25.V.1976,低−平−南:雲仙別所、新山、崩山、白土、堀端、水無川、愛宕山、吉川、早崎、白浜、前浜、野田浜、2-5.7-10.12月、畑の石下、枯れ草中など人為的な場所に多く灯火に集まる。(今坂 1982f)

1057.キボシテントウダマシ Mycetina amabilis GORHAM E
眉山 2exs.22.IV.1976,中−低−平:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、千本木、眉山、東原、新山、崩山、4-6.9.10月にキノコ、樹葉上にみられる。(今坂 1982f)

1058.イカリモンテントウダマシ Mycetina ancoriger GORHAM       ※F
赤松谷 1ex.24.VI.1979,低−平:赤松谷、千本木、上木場、新山、4-6月、枯れ枝、キノコ。(今坂 1982f)

1059.ルリテントウダマシ九州亜種 Endomychus gorhami kyushuensis SASAJI E
赤松谷 1ex.27.V.1980,中−低−平:雲仙岳、吹越、雲仙ゴルフ場、白雲の池、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、崩山、4-10月にカワラタケに多い。本種とキスジテントウダマシ E. plagiatus (GORHAM)とは、置換種の関係にあるようで、九州では島原半島から英彦山を結ぶ線より以北では本種が、天草−菊池渓谷−久重黒岳を結ぶ線より南では後者が分布している。(今坂 1982f,1987a)
テントウムシ科 Coccinellidae(48種)

1060.ムクゲチビテントウ Scotoscymnus japonicus (REITTER) ※F
崩山 1ex.22.X.1977,平:落葉下で得た、一例のみ。


1061.クロツヤテントウ Serangium japonicum CHAPIN E
千本木 1ex.7.V.1976,中−低,南:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、口之津公園、岩戸山、4-7月、樹葉上。


1062.クロジュウニホシテントウ Plotina versicolor LEWIS(図5−52)        C
赤松谷 19exs.6.VI.1979,低:赤松谷で、4-6月に、伐採地(標高800m付近)の林縁の特定のアラカシ2本の樹幹にクロホシテントウゴミムシダマシの幼虫、成虫(一見ソックリ)と共に多数見られた。しかし普賢岳の噴火で火砕流の下に埋もれてしまった。(今坂 1980d;今坂ほか 1987a)

1063.ムツボシテントウ Sticholotis punctata CROTCH       ※F
新山 1ex.15.IV.1976,低−平:千本木、白谷、折橋、熊野神社、萩原、新山、三会、口之津町、3.4.6月、ケヤキやムクノキ樹皮下で越冬する。(布施 1953b)

1064.キアシクロヒメテントウ Stethorus japonicus H.KAMIYA E
水無川 2exs.13.I.1976,低−平:眉山、崩山、水無川、1.3月、葉上でみられる。


1065.ハレヤヒメテントウ Pseudoscymnus hareja (WEISE) A
崩山 1ex.31.III.1976,中−低−平−南:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、新山、崩山、橘神社、権田、岩戸山、3-6.10月、アラカシ葉上に多い。


1066.クビアカヒメテントウ Pseudoscymnus sylvaticus (LEWIS) C
上木場 1ex.8.V.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、上木場、東原、4.5.7-9月、樹葉上。少ない。


1067.オオヒメテントウ Pseudoscymnus pilicrepus (LEWIS)※E
上木場 1ex.14.VII.1976,低:千本木、上木場、5.7月、葉上で見つかるが少ない。


1068.ヨツモンヒメテントウ Nephus yotsumon (H.KAMIYA) F
千本木 1ex.3.I.1979,低:ケヤキ樹皮下でみられた、一例のみ。(今坂 1982b)

1069.アトホシヒメテントウ Nephus phosphorus (LEWIS)       A
霊丘公園 1ex.11.IV.1978,平:白谷、崩山、霊丘公園、水無川、2.4.7月、葉上にみられる。


1070.セスジヒメテントウ Nephus patagiatus (LEWIS)     F
眉山 1ex.13.IV.1976,低−平−南:田代原、眉山、高野、崩山、貝瀬、白浜、権田、3-6月、ススキ、タケ、アシなどイネ科の枯れ葉に多い。


1071.カグヤヒメテントウ Scymnus kaguyahime H.KAMIYA F
前浜 1ex.23.II.1979,集中豪雨で川から流され、浜に打ち上げられたゴミの中より。唐比 1ex.29.III.1994,枯れワラ束の中より,平−南:二例のみ。(今坂 1982b)

1072.ツマアカヒメテントウ Scymnus dorcatomoides WEISE E
雲仙岳 1ex.26.VIII.1975,中−低:雲仙岳、眉山、7.8月、山地の葉上でみられる。


1073.ニセツマアカヒメテントウ Scymnus rectoides SASAJI※E
垂木 1ex.16.VII.1976,中−低:雲仙岳、垂木、7.8月、葉上。前種との区別が難しい。


1074.オオタツマアカヒメテントウ Scymnus rectus (OHTA)      I
崩山 1ex.27.III.1976,低−平−南:千本木、眉山、上木場、白谷、新山、崩山、元池、水無川、岩戸山、2-4月、低地の林縁の葉上に多い。


1075.ヴァイゼヒメテントウ Scymnus contemtus (WEISE)       G
上木場 1ex.7.VII.1976,低,南:上木場、白浜、5-7月、低地の葉上で見られるが、少ない。


1076.カワムラヒメテントウ Scymnus kawamurai (OHTA)     A
崩山 3exs.5.XII.1975,中−低−平−南:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、高野、尾登、崩山、吉川、白浜、3-9.12月、アラカシなどの葉上に多い。(峰ほか 1991-1992)

1077.コクロヒメテントウ Scymnus posticalis SICARD A
眉山 1ex.16.IV.1976,低−平−南:雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、魚洗川、東原、牧の内、愛宕山、崩山、元池、水無川、長浜、口之津町、白浜、権田、岩戸山、3-8.12月。当地では Scymnus 属中最も普通で、アラカシなどの葉上に多い。(布施 1953b;峰ほか 1991-1992)

1078.クロヘリヒメテントウ Scymnus hoffmanni WEISE B
崩山 1ex.27.III.1976,低−平−南:田代原、高野、橘神社、崩山、白土、貝瀬、白浜、前浜、3.5.6.8.9月、荒地、畑などのオープンな場所に多く、ヨモギやイネ科などの葉上にいる。


1079.カバイロヒメテントウ Scymnus fuscatus BOHEMAN      ※B
白浜 1ex.18.V.1983,南:ハマボウの葉上で得られた、一例のみ。


1080.ヤマトヒメテントウ Scymnus yamato H.KAMIYA B
貝瀬 16exs.25.VIII.1981,南:貝瀬の芦原で、5.8-10月にアシ葉上にみられた。本種と次種はアシに特異的にみられるが、本種がごく局所的であるのに対して、次種は普遍的にみられる。(今坂 1981d)

1081.ババヒメテントウ Scymnus babai SASAJI C
貝瀬 15exs.25.VIII.1981,平−南:船津、貝瀬、白浜、5.8-10月。アシ葉上。(今坂 1981d)

1082.フタホシテントウ Hyperaspis japonica (CROTCH)     A
岩戸山 1ex.12.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、東原、新山、崩山、元池、白浜、岩戸山、3-5.7.9月、葉上に多い。


1083.クロテントウ Telsimia nigra (WEISE) A
岩戸山 1ex.12.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、焼山、吾妻岳、新山、崩山、元池、水無川、吉川、白浜、岩戸山、3-5.7-9月、葉上に多い。


1084.フタモンクロテントウ Cryptogonus orbiculus (GYLLENHAL)      B
上木場 2exs.8.VII.1976,低−平:眉山、上木場、崩山、元池、富士山、4.5.7月、葉上に多い。


1085.ヨツボシテントウ Phymatosternus lewisii (CROTCH) C
千本木 1ex.10.V.1976,低:千本木、上木場、5.6.11月、アラカシ、クヌギ葉上に多い。


1086.アカホシテントウ Chilocorus rubidus HOPE A
杉谷 1ex.13.IV.1976,平:民家の庭でみた、一例のみ。


1087.ヒメアカボシテントウ Chilocorus kuwanae SILVESTRI A
岩戸山 1ex.12.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、杉谷、新山、崩山、口之津公園、白浜、岩戸山、4-7月、葉上にみられるが、個体数は多くない。


1088.ベニヘリテントウ Rodolia limbata (MOTSCHULSKY)       C
水無川 1ex.13.I.1976,中−低−平−南:雲仙岳、眉山、上木場、愛宕山、杉谷、新山、崩山、水無川、口之津町、白浜、岩戸山、1.3-6.9月、アラカシ葉上に多い。(布施 1953b)

1089.アカイロテントウ Rodolia concolor (LEWIS) F
雲仙岳 1ex.3.VII.1977,中−低,南:雲仙岳、田代原、岩戸山、6-8.11月、葉上でみられるが、局地的。


1090.ベダリアテントウ Rodolia cardinalis (MULSANT)B
岩戸山 1ex.12.IV.1976,低−平−南:牧の内,新山、白土、岩戸山、4.6月、灯火、葉上。(峰ほか 1991-
1992)

1091.ルイステントウ Adalia conglomerata (LINNE)      A
雲仙岳 15exs.4.VII.1978,中:雲仙岳の標高1000m以上で、6.7.9月に花上、葉上に見られるが、少ない。(今坂 1978c,1983a,1987a;今坂ほか 1987b)

1092.ジュウサンホシテントウ Hippodamia tredecimpunctata (LINNE) ※A
中島 1ex.12.VIII.1999,平:灯火に飛来した、一例のみ。河原のアシ原などにいる。


1093.ナナホシテントウ Coccinella septempunctata LINNE B
水無川 1ex.13.I.1976,中−低−平−南:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、塔の坂、牧の内、礫石原、新山、崩山、水無川、有馬川、早崎、口之津町、前浜、1-4.6-9.12月、畑、河原、荒れ地などオープンランドに多い。(布施 1953;山口 1960;峰ほか 1991-1992)

1094.ヒメカメノコテントウ Propylea japonica (THUNBERG)     B
上木場 1ex.7.VII.1976,中−低−平−南:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、礫石原、高野、橘神社、木津、新山、崩山、元池、白土、水無川、貝瀬、早崎、白浜、口之津公園、1.3-10.12月、オープンランドの葉上に多い。(峰ほか 1991-1992)

1095.シロジュウシホシテントウ Calvia quatuordecimguttata (LINNE)  A
上木場 1ex.30.VI.1976,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、田代原、眉山、上木場、牧の内、新山、崩山、4-9月、グミ花上に多い。(峰ほか 1991-1992)

1096.ム−アシロホシテントウ Calvia muiri (TIMBERLAKE)      B
上木場 1ex.30.IV.1988,中−低−平:雲仙岳、上木場、上古賀、4.5.7月、常緑樹林の葉上では比較的多い。


1097.ジュウロクホシテントウ Sospita oblongoguttata nipponica (YUASA) ※C
雲仙岳 1ex.3.VIII.1971.野田,中:一例のみ。(今坂 1977d,1983a)

1098.ウンモンテントウ Anatis halonis LEWIS E
雲仙岳 2exs.9.V.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、5.7-9月、雲仙岳の標高800m付近以上でみられ、吹上げで山頂に集まる。(池崎 1966;江島 1968;今坂 1978e)

1099.テントウムシ Harmonia axyridis (PALLAS)     A
新山 1ex.6.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、雲仙別所、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、吾妻岳、牧の内、高野、上古賀、本光寺、新山、白土、長浜、橘神社、白浜、岩戸山、野田浜、1.4-10月、葉上、花上に普通。(峰ほか 1991-1992)

1100.クリサキテントウ Harmonia yedoensis (TAKIZAWA)     G
白浜 3exs(幼虫).26.V.1978,平−南:新山、白浜、4月に低地のアカマツ、クロマツ葉上で幼虫のみを確認している。(今坂 1980d)

1101.ダンダラテントウ Menochilus sexmaculatus (FABRICIUS)      ※B
水無川 1ex.13.I.1976,低−平−南:千本木、眉山、牧の内、猿葉、新山、水無川、長浜、権田、口之津公園、早崎、白浜、3-7.10月、平地の葉上に多く、山地ではみられない。(峰ほか 1991-1992)

1102.カメノコテントウ Aiolocaria hexaspilota (HOPE)     A
雲仙岳 4exs.4.VII.1978,中,平:雲仙岳、水無川、4.6.7月、ヤナギとアズキナシで見られた。(池崎 1966;江島 1970b)

1103.キイロテントウ Illeis koebelei koebelei TIMBERLAKE G
千本木 1ex.10.V.1976,中−低−平:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、吾妻岳、牧の内、愛宕山、新山、崩山、元池、3-6.8.11.12月、葉上に多い。(峰ほか 1991-1992)

1104.シロホシテントウ Vibidia duodecimguttata (PODA)    A
雲仙岳 1ex.6.VII.1976,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、千本木、橘神社、口之津町、5-8月、葉上でみられる。(布施 1953b)

1105.シロジュウロクホシテントウ Halyzia sedecimguttata (LINNE) ※A
雲仙岳 1ex.8.VI.1976,中:雲仙岳の標高1000m付近の葉上で得られた、一例のみ。(今坂 1977d)

1106.ニジュウヤホシテントウ Epilachna vigintioctopunctata (FABRICIUS)
崩山 1ex.16.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、赤松谷、眉山、牧の内、崩山、木津、橘神社、愛宕山、口之津公園、4-8月、イヌホウズキ類に多い。(峰ほか 1991-1992)

1107.トホシテントウ Epilachna admirabilis CROTCH※A
礫石原 1ex.14.VII.1980,平:葉上でみられた、一例のみ。

ヒメハナムシ科 Phalacridae(4種)

1108.ベニモンアシナガヒメハナムシ Heterolitus coronatus (FLACH)       C
千本木 2exs.13.IX.1978,低:千本木、5.9月、葉上にみられるが、多くない。


1109.キイロアシナガヒメハナムシ Heterolitus nipponicus HISAMATSU     ※G
千本木 2exs.13.IX.1978,低−平−南:千本木、上木場、尾登、白浜、4.5.7.9月。葉上、枯れ草中に多い。


1110.フタホシヒメハナムシ Merobrachys bimaculatus (MATSUMURA)       ※E
雲仙岳 1ex.11.VIII.1979,中:一例のみ。


1111.トビイロヒメハナムシ Olibrus particeps MULSANT et REY  ※G
貝瀬 1ex.2.XI.1981,南:アシ葉上で得られた、一例のみ。

ツヤヒメマキムシ科 Merophysiidae(1種)

1112.エグリツヤヒメマキムシ Holoparamecus contractus WOLLASTON      ※F
愛野町船津 1ex.8.V.1993,平:河口付近の枯れ草より、一例のみ。九州の記録は少ない。

ヒメマキムシ科 Lathridiidae(5種)

1113.ヒメマキムシ Stephostethus chinensis (REITTER)     A
水無川 1ex.13.I.1976,低−平−南:千本木、東原、崩山、水無川、岩戸山、1.4月、草間、枯れ草に多い。


1114.ヒラムネヒメマキムシ Enicmus histrio JOY et TOMLIN A
白土 1ex.23.V.1985,平:灯火で得られた、一例のみ。各地でも少ない種である。


1115.クロオビケシマキムシ Corticaria ornata REITTER C
水無川 2exs.1.IV.1980,平−南:高野、尾登、水無川、船津、白浜、4.5月、枯れ草に多い。


1116.ウスキケシマキムシ Corticaria japonica REITTER      ※F
高野 4exs.8.V.1993,平:高野、船津、布津、5.7月、枯れ草中にいる。    

1117.ウスチャケシマキムシ Cortinicara gibbosa (HERBST)     B
水無川 1ex.13.I.1976,低−平−南:千本木、上木場、牧の内、高野、新山、崩山、元池、水無川、船津、吉川、貝瀬、1.3-6.9月、枯れ草に多い。(峰ほか 1991-1992)
ツツキノコムシ科 Cisidae(5種)

1118.オモゴツツキノコムシ Syncosmetus japonicus SHARP      ※F
雲仙岳 1ex.4.X.1978,3exs.3.IV.1979,中:落葉下から得られた、二例のみ。少ない。


1119.オオツツキノコムシ Cis boleti polypori CHUJO E
雲仙岳 2exs.15.VI.1976,中:雲仙岳、6.8.10月、カワラタケに集まる。


1120.ヒトツノツツキノコムシ Paraxestocis unicornis MIYATAKE F
雲仙岳 1ex.27.IX.1977,中:キノコで得られた、一例のみ。


1121.マダラツツキノコムシ Orthocis ornatus (REITTER)※F
眉山 1ex.10.IV.1979,低−平:田代原、千本木、眉山、崩山、4.6.9月、カワラタケにみられる。


1122.ツヤツツキノコムシ Octotemnus laminifrons (MOTSCHULSKY)A
千本木 1ex.3.I.1977,低:キノコで得られた。一例のみ。

コキノコムシ科 Mycetophagidae(7種)

1123.フタオビヒメコキノコムシ Litargus antennatus MIYATAKE F
白土 3exs.11.VIII.1980,平:白土、7.8月、住宅地で灯火に飛来したものが得られる。


1124.コモンヒメコキノコムシ Litargus japonicus REITTER     ※F
愛野展望台 2exs.29.III.1994,低−平:タブ樹皮下で得られた、一例のみ。牧の内(峰ほか 1991-1992)の記
録もある。


1125.ウスモンヒメコキノコムシ Litargus lewisi REITTER      ※H
吉川 3exs.6.IX.1981,南:吉川、早崎、9.11月、枯れ草にいる。


1126.ヒゲブトコキノコムシ Mycetophagus antennatus (REITTER)      ※A
白土 2exs.19.VII.1979,平:白土、7月、住宅地で灯火に飛来したものが得られる。


1127.ヒレルコキノコムシ Mycetophagus hillerianus REITTER A
新山 1ex.8.XII.1975,平:白谷、新山、白土、3.6.10.12月、樹皮下にみられ、灯火にも集まる。


1128.ウスグロヒゲボソコキノコムシ Parabaptistes lewisi (REITTER)※F
赤松谷 1ex.6.VI.1979,低:葉上で得られた、一例のみ。


1129.チャイロコキノコムシ Typhaea stercorea (LINNE)       A
白土 2exs.25.VII.1978,平:白土、寺町、長浜、有馬川、6.7.9月、灯火に多く集まる。

ホソカタムシ科 Colydiidae(10種)

1130.ヒメナガセスジホソカタムシ Bitoma niponia (LEWIS)(図5−53)         ※F
白土 1ex.7.VI.1982,平:住宅地で灯火に飛来した、一例のみ。


1131.ツヤケシヒメホソカタムシ Microprius opacus (SHARP)       ※C
白土 1ex.6.VII.1978,1ex.11.VIII.1980,崩山 1ex.4.IV.1988,平:灯火で得られた、三例のみ。


1132.コヒラタホソカタムシ Bolcocius shibatai SASAJI ※H
千本木 1ex.31.V.1976,低−平:赤松谷、千本木、上木場、牧の内、白土、愛宕山、4-6.9月、枯枝にみられる。


1133.ノコギリホソカタムシ Endophloeus serratus SHARP F
千本木 1ex.31.V.1977,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、4-6.8.9月、枯れ枝、キノコにみられる。


1134.ヒサゴホソカタムシ Glyphocryptus brevicollis SHARP F
上木場 1ex.6.VI.1976,低−平−南:赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、愛宕山、岩戸山、4-8.11月、枯枝に少なくない。


1135.ホソマダラホソカタムシ Sympanotus pictus SHARP F
赤松谷 1ex.16.VI.1981,低:伐採木で得られた、一例のみ。


1136.ダルマチビホソカタムシ Pseudotarphius lewisii WOLLASTON G
上木場 3exs.6.VI.1976,低:千本木、眉山、上木場、4-6月、枯枝にみられる。


1137.マダラホソカタムシ Trachypholis variegata (SHARP)E
田代原 2exs.30.V.1976,低:赤松谷、田代原、千本木、上木場、魚洗川、4-7.11月、枯枝にみられる。


1138.ツヤナガヒラタホソカタムシ Penthelispa vilis (SHARP)     E
田代原 1ex.1.III.1976,低:伐採木でみられた、一例のみ。


1139.クロツヤツツホソカタムシ Teredolaemus politus (LEWIS)(図5−54)  F
田代原 1ex.30.V.1976.(佐々治同定),低:伐採木にみられた、一例のみ。(今坂 1985f)
ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae(58種)

1140.ゴモクムシダマシ Pedinus japonicus SEIDLITZ F
千本木 1ex.16.VI.1976,低−平−南:雲仙ゴルフ場、田代原、俵石、千本木、眉山、東原、西原、牧の内、杉谷、新山、元池、寺町、早崎、1.3-6.8.9.11.12月、側溝、畑などのゴミの下に多い。(峰ほか 1991-1992)

1141.ハマヒョウタンゴミムシダマシ Idisia ornata PASCOE※A
吉川 2exs.20.IX.1977,平−南:猛島、長浜、千々石海岸、吉川、白浜、前浜、3.5.9.11月、浜辺の乾いたゴミの下にいる。野田浜(布施 1953a,1953b,1958:オオハマヒョウタンゴミムシダマシ I.vestita MARSEUL として)

1142.コスナゴミムシダマシ Gonocephalum coriaceum MOTSCULSKY A
水無川 4exs.4.I.1976,平−南:有明町、新山、崩山、白土、水無川、長浜、布津、吉川、早崎、白浜、前浜、1-8.12月、乾いた河原、畑の石下等に多く、灯火にも飛来する。


1143.ヤマトスナゴミムシダマシ Gonocephalum coenosum KASZAB※B
新山 1ex.8.XII.1975,平−南:新山、布津、長浜、早崎、2-4.7.10.12月、赤土のジャガイモ畑の石下に多い。


1144.ヒメスナゴミムシダマシ Gonocephalum persimile LEWIS  ※A
口之津町(布施 1953b),南:3月、一例のみ。


1145.ホソスナゴミムシダマシ Gonocephalum sexuale (MARSEUL)※A
水無川 2exs.4.I.1976,平:新山、水無川、1.2.12月、乾いた河原の石下にいる。


1146.オオスナゴミムシダマシ Gonocephalum pubens MARSEUL  ※C
吉川 1ex.25.XI.1977,平−南:長浜、吉川、白浜、前浜、野田浜、3-5.8.11.12月、浜辺のゴミの下に多い。ハマヒョウタンゴミムシダマシと本種からクロズハマベゴミムシダマシまでは、砂浜に依存しているようで、それ以外の環境では見つからない。


1147.マルチビゴミムシダマシ Caedius marinus MARSEUL      ※A
前浜 8exs.28.III.1979,南:白浜、前浜、3-5.11月、浜辺のゴミの下、植物の根際でみられたが、砂浜の改修工事が行われてから、ごく少なくなった。(今坂 1987a)

1148.オオマルチビゴミムシダマシ Caedius maderi maderi KASZAB   ※G
白浜 27exs.5.VI.1978,南:白浜、5.6月、浜辺のゴミの下、植物の根際でみられるが少ない。(今坂 1987a)

1149.ヒメホソハマベゴミムシダマシ Micropedinus pallidipennis LEWIS     ※B
吉川 2exs.20.IX.1977,平−南:愛野展望所下、吉川、白浜、前浜、野田浜、4.6.8.9月。砂浜の海草の下や、ゴミの下にみられ、灯火にも集まる。(今坂 1980a)

1150.ホソハマベゴミムシダマシ Micropedinus algae LEWIS※G
吉川 2exs.20.IX.1977,2exs.18.IX.1978,南:砂浜の海草の下と、ゴミの下でみられた、二例のみ。(今坂
1980a,1987a)

1151.クロズハマベゴミムシダマシ Epiphaleria atriceps LEWIS     ※F
中島 1ex.8.VII.1993,野田浜 1ex.11.VIII.1993,愛野展望所下 1ex.11.VII.1999,平−南:海岸の近傍で灯火に飛来した、三例のみ。九州の記録は少ない。


1152.クビカクシゴミムシダマシ Dicraeosis bacillus (MARSEUL)      F
田代原 1ex.29.V.1976,低−平−南:赤松谷、田代原、眉山、上木場、愛宕山、岩戸山、4-7月、枯枝でみられる。


1153.カブトゴミムシダマシ Parabolitophagus felix (LEWIS)       ※E
赤松谷 1ex.25.VII.1979,低−平:赤松谷、新山、7.9月、キツネノチャブクロについてた。


1154.モンキゴミムシダマシ Diaperis lewisi lewisi BATES B
新山 2exs.8.VII.1979,平:新山、白土、7月に灯火で得られた。


1155.フタモンツヤゴミムシダマシ Scaphidema ornatellum LEWIS F
雲仙岳 1ex.12.VI.1977,中:4.6.8-10月、雲仙岳の標高1000m以上で、キノコ、樹皮下などでみられる。


1156.ホソモンツヤゴミムシダマシ Scaphidema pictipenne LEWIS F
赤松谷 6exs.18.VI.1979,中−低:雲仙岳、雲仙別所、赤松谷、千本木、4-7月、キノコ、樹皮下にみられる。


1157.マルツヤキノコゴミムシダマシ Platydema kurama NAKANE F
田代原 1ex.8.VI.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、眉山、上木場、4-6.9.10.12月、カワラタケ類。


1158.ヒゴキノコゴミムシダマシ Platydema higonium LEWIS C
田代原 4exs.8.VI.1976,低,南:田代原、岩戸山、4.6.9月、カワラタケ類に集まる。


1159.アオツヤキノコゴミムシダマシ Platydema marseuli LEWIS※B
上木場 1ex.29.VII.1976,低−平−南:赤松谷、千本木、眉山、上木場、吾妻岳、新山、とけん山公園、白浜、岩戸山、1.2. 4.6.7.9-11月、カワラタケ、キクラゲ、樹皮下に多い。


1160.ベニモンキノコゴミムシダマシ Platydema subfascia subfascia (WALKER)B
岩戸山 4exs.9.VII.1982,平−南:とけん山公園、岩戸山、7.11月。低地のシイ立ち枯れの樹皮下にみられた。


1161.フタオビツヤゴミムシダマシ Alphitophagus bifasciatus (SAY)       A
白土 1ex.18.VIII.1982,平:住宅地の灯火で得られた、一例のみ。


1162.ナガニジゴミムシダマシ Ceropria induta (WIEDEMANN) B
田代原 2exs.1.III.1976,低−平:小地獄、田代原、千本木、眉山、上木場、礫石原、牧の内、新山、1.3.5-7.9月、キノコ、樹皮下に多く、灯火にも集まる。(峰ほか 1991-1992)

1163.フトナガニジゴミムシダマシ Ceropria laticollis FAIRMAIRE C
千本木 2exs.1.VI.1983,低−平:千本木、眉山、新山、1.3.6.7月、カワラタケや樹皮下にみられ、少なくない。


1164.クロホシテントウゴミムシダマシ Derispia maculipennis (MARSEUL) C
眉山 2exs.16.VIII.1975,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、魚洗川、吾妻岳、1.4-10月、朽ち木、キノコ、落葉下に多い。


1165.クロテントウゴミムシダマシ Leiochrodes convexus LEWIS※C
崩山 2exs.18.IX.1977,低−平−南:千本木、杉谷、崩山、権田、1.4.5.9.10月、落葉下にみられ、少なくない。


1166.チビキカワモドキ(和名仮称) Myrmechixenus sp.   ※M
高野 2exs.18.VI.1994(上野同定),平−南:高野、前浜、6-8月、荒地や畑、海岸などでイネ科の枯草にみられ、灯火に集まるが、少ない。上野氏のご教示によれば、当初、チビカワムシ科の日本未記録の亜科に属する新種と同定されていたが、その後、ゴミムシダマシ科に変更された。九州各地に分布するが、本州等その他の地域に分布するかどうか不明である。畑など人為的なところでしか見つかっていないので、あるいは農業に関連して広く分布する種かもしれない。


1167.コクヌストモドキ Tribolium castaneum (HERBST)     B
有馬川 2exs.15.VI.1978,平−南:高野、白土、三会町、有馬川、前浜、4-8.11月、灯火、枯れ草で得られた。


1168.コヒメコクヌストモドキ Palorus subdepressus (WOLLASTON)(図5−55) ※C
白土 1ex.18.VIII.1982.(中条同定),白土 1ex.11.VIII.1980,平:住宅地の灯火で得られた、二例のみ。九州初記録と思われる。


1169.カクヒメコクヌストモドキ Palorus cerylonoides (Pascoe)     ※H
白土 1ex.19.VII.1979,1ex.11.VIII.1980,平:住宅地の灯火に飛来した、二例のみ。


1170.モトヨツコブゴミムシダマシ Uloma bonzica MARSEUL B
田代原 1♂.1.III.1976,低−平−南:雲仙別所、田代原、上木場、俵石、塔の坂、諏訪池、西原、新山、中島、吉川、1.3.6-8.10.12月。本種からエグリゴミムシダマシまでは朽ち木中にみられ、灯火に飛来する。


1171.ヨツコブゴミムシダマシ Uloma latimanus KOLBE B
眉山.1♂.18.I.1977,雲仙岳 1♂.16.VIII.1977,中−低:朽ち木中、灯火。二例のみ。前種より高標高でみられることが多い。


1172.オオエグリゴミムシダマシ Uloma lewisi NAKANE E
俵石 1♂.19.VII.1977,低−平:赤松谷、田代原、千本木、俵石、魚洗川、西原、新山、7-10月、朽ち木中。


1173.エグリゴミムシダマシ Uloma marseuli marseuli NAKANE F
田代原 1ex.11.I.1977,低−平:田代原、上木場、諏訪池、東原、西原、新山、1.3.6-8.10月、朽ち木中。


1174.ガイマイゴミムシダマシ Alphitobius diaperinus (PANZER)      B
新山 1ex.21.VI.1977,低−平−南:上木場、魚洗川、高野、新山、寺町、白土、長浜、有馬川、白浜、5-10月、灯火に集まる。養鶏場や堆肥でも発生しているようである。


1175.ヒメゴミムシダマシ Alphitobius laevigatus (FABRICIUS) B
新山 1ex.5.VII.1977,低−平:上木場、新山、白土、6.7月、灯火に飛来する。


1176.オオツヤホソゴミムシダマシ Menephilus arciscelis MARSEUL  ※G
白土 1ex.19.VIII.1981,平−南:八幡町、白土、貝瀬、8月、低地で灯火に集まるが少ない。


1177.ゴミムシダマシ Neatus picipes (HERBST)     ※C
崩山 1ex.25.X.1981.本田,平:住宅地の灯火に飛来した、一例のみ。


1178.ルリゴミムシダマシ Encyalesthus violaceipennis (MARSEUL)     ※E
折橋 1ex.2.VII.1977,白浜 3exs.10.IV.1982,平−南:樹皮下と立ち枯れで得られた、二例のみ。


1179.ユミアシゴミムシダマシ Promethis valgipes (MARSEUL)F
千本木 1ex.12.VI.1976,低−平−南:千本木、牧の内、高野、折橋、新山、崩山、白土、寺町、堀端、橘神社、岩戸山、1-4.6-8月、夏期、夜間に樹幹や朽ち木に多い。朽ち木樹皮下で成虫で越冬する。(峰ほか 1991-1992)

1180.ニジゴミムシダマシ Tetraphyllus lunuliger lunuliger (MARSEUL)  B
田代原 1ex.8.VI.1976,低−平:田代原、俵石、折橋、白土、6.7.9月、カワラタケにみられ、灯火に飛来する。


1181.ルリツヤヒメキマワリモドキ Simalura coerulea (LEWIS)    F
千本木 6exs.27.V.1976,中−低:雲仙岳、千本木、5.8月、キノコに集まり、灯火に飛来する。


1182.カラカネチビキマワリモドキ Tetragonomenes palpaloides (NAKANE)(図5−56)    ※H
岩戸山 2exs.6.VII.1976,南:一例のみ。琉球より対馬海流沿いに九州(島原半島)・山口(下関市)まで分布し、岩戸山産は準北限記録として重要である。 (今坂 1979a,1983a,1987a,松永・今坂 1988)

1183.ルリスジキマワリモドキ Pseudonautes purpurivittatus (MARSEUL)G
岩戸山 3exs.9.VII.1982,南:岩戸山のみで7月に少数が見られる。琉球系の種である。(今坂 1979a,1983a)

1184.チビヒサゴゴミムシダマシ Laena rotundicollis rotundicollis MARSEUL G
崩山 2exs.18.IX.1977,中−低−平:雲仙岳、白雲の池、熊野神社、寺町、崩山、とけん山公園、4.9.10月、落葉下にみられるが、多くない。


1185.イクビゴミムシダマシ Tarpela brunnea brunnea (MARSEUL) F
崩山 2exs.16.IV.1976,低−平−南:赤松谷、田代原、俵石、垂木、千本木、眉山、上木場、魚洗川、諏訪池、牧の内、上古賀、大野木場、山田原、愛宕山、杉谷、崩山、元池、木津、口之津公園、権田、岩戸山、2-7月、樹葉上に多い。(峰ほか 1991-1992)

1186.マルムネゴミムシダマシ Tarpela cordicollis (MARSEUL)       F
千本木 1♂.2.IV.1977,中−低,南:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、岩戸山、4-8月、樹葉上にみられるが、多くない。


1187.ツヤヒサゴゴミムシダマシ九州型 Misolampidius okumurai NAKANE F
赤松谷 1ex.6.V.1977,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、1-11月、樹皮下やキノコでみられる。長崎県内では、島原半島と多良岳東側のみに分布する。(今坂 1979a,1989 a;今坂・中条 1983-1984 )

1188.マルヒサゴゴミムシダマシ雲仙・多良型 Misolampidius molytopsis (MARSEUL)(図5−57)    F
雲仙岳 2exs.15.VI.1976,中:雲仙岳の標高1000m以上で3-10月に樹皮下、朽ち木、キノコ等にみられる。(江島1968;今坂 1979a,1987a,1989a;今坂・中条 1983-1984;今坂・緒方 1985)

1189.ホソクビキマワリ Stenophanes rubripennis (MARSEUL)     ※E
田代原 1ex.21.VII.1976,中−低−平:雲仙岳、吹越、雲仙別所、赤松谷、田代原、俵石、千本木、眉山、焼山、礫石原、東原、牧の内、新山、6-10月、夜間に樹幹や朽ち木でみられる。(峰ほか 1991-1992)

1190.コマルキマワリ Elixota curva (MARSEUL)     C
田代原 1ex.21.VII.1976,低,南:赤松谷、田代原、垂木、千本木、上木場、魚洗川、吾妻岳、白浜、1.2.4-8月、枯木にみられ、灯火に集まる。


1191.キマワリ九州亜種 Plesiophthalmus nigrocyaneus aeneus MOTSCHULSKY E
千本木 1ex.1.VII.1976,中−低−平:雲仙岳、吹越、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、諏訪池、牧の内、堀端、寺町、橘神社、口之津町、6-9月、枯れ木、朽ち木、キノコに多く、灯火にも来る。(布施 1953b;峰ほか 1991-1992)

1192.クロツヤキマワリ Plesiophthalmus spectabilis spectabilis HAROLD G
堀端 2exs.8.VII.1983,平:折橋、寺町、堀端、橘神社、7月、夜間、平地のサクラの枯れ死部を這っている。


1193.クロナガキマワリ Strongylium niponicum LEWIS E
田代原 1ex.19.VII.1977,中−低:雲仙岳、田代原、7.8月、伐採木、葉上。(布施 1958:ナガキマワリとして)

1194.シワナガキマワリ Strongylium japanum japanum MARSEUL F
牧の内(峰ほか 1991-1992),低:一例のみ。


1195.ヒメナガキマワリ Strongylium impigrum LEWIS F
雲仙岳 1ex.12.VI.1977,中−低:雲仙岳、赤松谷、6.7月、朽ち木、倒木に集まる。


1196.ハネナシセスジキマワリ Strongylium marseuli LEWIS    ※F
折橋 3exs.2.VII.1977,平−南:折橋、寺町、堀端、橘神社、岩戸山、6.7月、夜間、平地のサクラの枯れ死部、種々の立ち枯れ上を這っている。本種は後翅が退化しており、主として九州の低地と周辺の離島、暖流の影響を受ける本州の低地などに分布する。(今坂 1985b)

1197.コナガキマワリ Eucrossoscelis araneiformis (ALLARD)(図5−58)      K
雲仙岳 1ex.15.VI.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、5-7月、落葉下でみつかり、雨の後は枯木や葉上に這い上がっている。本種は九州西岸の固有種で、長崎県本土と佐賀県西部に分布が制限される。長く正体不明の種とされていた。(今坂 1977a,1978a,1978d,1979a,1979c,1981c)
ハムシダマシ科 Lagriidae(9種)

1198.スジコガシラハムシダマシ Heterotarsus carinula MARSEUL C
有馬川 4exs.14.XI.1979,低−平:田代原、魚洗川、布津、有馬川、浦田、7.8.11.12月、乾いた河原や荒れ地の石下、畑などにいる。


1199.アラメヒゲブトハムシダマシ Luprops cribrifrons MARSEUL C
新山 1ex.25.XII.1976,低−平−南:田代原、千本木、眉山、上木場、東原、高野、杉谷、新山、とけん山公園、大屋、早崎、1-3.5.9.11.12月、樹林近くの側溝、石の下でみられ、樹皮下やガケの土中で越冬する。


1200.ヒゲブトハムシダマシ Luprops orientalis (MOTSCHULSKY) B
田代原 1ex.3.VII.1976,中−低−平−南:雲仙岳、田代原、俵石、千本木、眉山、上木場、魚洗川、牧の内、新山、白土、寺町、前浜、2-10.12月、枯れ葉に集まり、灯火に飛来する。(峰ほか 1991-1992)

1201.ハムシダマシ Lagria rufipennis MARSEUL A
上木場 2exs.30.VI.1976,中−低:雲仙岳、吹越、赤松谷、千本木、眉山、上木場、牧の内、6-9月、樹葉上、花上に多く、吹上げで山頂に集まる。(江島 1968;峰ほか 1991-1992)

1202.ミヤマアオハムシダマシ(和名新称) Arthromacra kinodai NAKANE(図5−59)   ※J
雲仙岳 1♂.31.V.1989,中:雲仙岳の標高1000m以上で、5,6月にミズキやサワフタギの花上で少数が得られている。大型で、背面は金緑色のみ、腿節先端はくっきりと黒色。最近、中根(1997)により、本州中部のオオアオハムシダマシ Arthromacra majuscula NAKANE に似る種として、記載された。九州固有で、ほぼ標高1000m以上のブナ帯で見られる。中根(1994,1997)は2回にわたって、アオハムシダマシ属 (Arthromacra) 4種を記載し、国内に6〜7種が分布することを示唆している。筆者も従来より複数種説をとり、次種も独立種と考えている。

一方、MASUMOTO(1990)は日本本土の Arthromacra 属1種説を唱えているので、本種および、この後の2種については認めていないものと考えられる。


1203.アカハムシダマシ Arthromacra sumptuosa LEWIS(図5−60)  F
赤松谷 1ex.6.VI.1978,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、上木場、5.6月、シイやサワフタギの花上でみられるが、局地的で少ない。中型で、背面は赤紫色、金緑色の二型があり、通常赤紫色の型が優勢であるが、地域により金緑色の型が半数程度みられる。背面から見て足はほぼ全体黒褐色。


1204.ニシアオハムシダマシ(和名新称) Arthromacra kyushuensis NAKANE(図5−61)   F
雲仙岳 1♂.22.VI.1988,中−低:雲仙岳、宝原、赤松谷、千本木、眉山、上木場、5.6月、種々の花上に多く、島原半島では本属のなかでは最優先種。小型で細長く、背面は金緑色のみ、腿節先端はぼんやり濃色で緑光沢が強い。上翅の肩部に基部1/3程度、細い縦隆線を持つのが特徴であるが、前2種では認められない。本種は、ごく最近、中根(1997)により記載された種であるが、九州産でアオハムシダマシ A. viridissima LEWIS として報告されているものは、ほとんどが本種を指しているものと思われる。


1205.クロケブカハムシダマシ Macrolagria robusticeps (LEWIS)      E
雲仙岳 1ex.12.VI.1977,中:雲仙岳の標高1000m以上で、4.6.7月にサワフタギ花上に多い。


1206.ナガハムシダマシ Macrolagria rufobrunnea (MARSEUL)     F
眉山 2exs.16.IV.1976,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、諏訪池、牧の内、新山、    猿葉、橘神社、4-6月、花上、葉上、灯火に多い。(峰ほか 1991-1992)
キノコムシダマシ科 Tetratomidae(2種)

1207.アカバコキノコムシダマシ Pisenus insignis (REITTER)F
雲仙岳 1ex.10.VI.1980,中−低:雲仙岳、千本木、6.11月、キノコに見られるが少ない。


1208.モンキナガクチキムシ Penthe japana MARSEUL E
雲仙岳 1ex.4.X.1978,中−低:雲仙岳、田代原、5.6.10.11月、キノコに集まる。

クチキムシ科 Alleculidae(13種)

1209.オオクチキムシ Allecula fuliginosa MAKLIN E
上木場 2♂.16.III.1978,低−平−南:小地獄、赤松谷、田代原、俵石、千本木、眉山、上木場、吾妻岳、牧の内、折橋、新山、寺町、とけん山公園、吉川、1-9.11.12月、樹皮下や、夜間は立ち枯れや朽ち木に多い。(峰ほか 1991-1992)

1210.ホソオオクチキムシ Allecula cryptomeriae LEWIS F
雲仙岳 1ex.5.IX.1978,1ex.21.IV.1981,中:雲仙岳の標高1000m以上において、ブナ帯のモミ樹皮下より、二例のみが知られる。(今坂 1979b;今坂・緒方 1985)

1211.クチキムシ Allecula melanaria MAKLIN B
千本木 1ex.31.XII.1976,中−低−平−南:雲仙岳、小地獄、赤松谷、田代原、俵石、千本木、眉山、上木場、吾妻岳、新山、口之津公園、吉川、岩戸山、1-7.9.11.12月、朽ち木、樹皮下、キノコに多い。灯火にも来る。


1212.ウスイロクチキムシ Allecula simiola LEWIS G
田代原 2exs.30.V.1976,中−低,南:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、岩戸山、5-7月、葉上、花上、朽ち木などにみられる。


1213.ホソクロクチキムシ Allecula noctivaga LEWIS F
雲仙岳 1ex.6.VII.1983,中−低−平−南:雲仙岳、赤松谷、眉山、上木場、高野、白浜、岩戸山、5-7月、枯れ枝、葉上、花上などにみられる。。


1214.トビイロクチキムシ Borboresthes cruralis (MARSEUL) F
上木場 1ex.18.VI.1977,低,南:千本木、上木場、岩戸山、6.7月、クリなどの葉上、花上に多い。


1215.クリイロクチキムシ Borboresthes acicularis (MARSEUL)  F
上木場 2exs.18.VI.1977,低,南:千本木、上木場、吉川、口之津公園、口之津町、4-6月、葉上でみられる。(布施 1953b)

1216.フナガタクチキムシ Isomira oculata (MARSEUL)      F
上木場 2exs.6.VI.1976,低−平:赤松谷、上木場、木津、6月、クリ花上に多い。


1217.イワトクチキムシ(仮称) Isomira sp.(図5−62)       ※M
岩戸山 1ex.5.IV.1977,1ex.15.IV.1980,南:シイ花上で得られた、二例のみ。前種を黒褐色にしたような種でやや大型。日本未記録種と思われる。


1218.アカバネツヤクチキムシ Hymenalia rufipennis (MARSEUL) C
岩戸山 1♂.27.IV.1985,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、塔の坂、牧の内、尾登、口之津公園、口之津町、岩戸山、4-7月、葉上、花上に多い。(布施 1953b:アカハネヒメクチキムシとして;峰ほか 1991-1992)

1219.クロツヤバネクチキムシ Hymenalia unicolor NAKANE E
元池 1♂.30.IV.1985,中−低−平−南:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、宝原、赤松谷、千本木、眉山、上木場、塔の坂、牧の内、元池、岩戸山、4-7月、葉上、花上に多い。(峰ほか 1991-1992)

1220.カタモンヒメクチキムシ Mycetochara mimica LEWIS E
折橋 3exs.11.VI.1978,1ex.19.VI.1978,平:二例のみ。夜間サクラ古木の樹幹枯死部を這っていた。


1221.キイロクチキムシ Cteniopinus hypocrita (MARSEUL)      C
上木場 1ex.30.VI.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、上木場、牧の内、5-7月、クリ花上に多く、灯火にも来る。(峰ほか 1991-1992)
クチキムシダマシ科 Eracatidae(1種)

1222.ヒラタクチキムシダマシ Prostominia lewisi REITTER(図5−63)      F
雲仙岳 1ex.1.VI.1983,中:雲仙岳の標高1000m以上においてキノコから得られた、一例のみ。

ハネカクシダマシ科 Inopeplidae(1種)

1223.モンシロハネカクシダマシ Inopeplus quadrinotatus (GORHAM) ※F
眉山 1ex.13.IV.1976,低−平−南:眉山、白土、白浜、4.7月。白浜では樹皮下にみられた。よく住宅地の灯火にも集まる。(今坂 1986a)
チビキカワムシ科 Salpingidae(5種)

1224.ツヤチビキカワムシ Lissodema laevipennis (MARSEUL)      G
千本木 1ex.10.VII.1979,低:千本木、上木場、愛宕山、4.6.7月、枯れ枝にみられる。


1225.ドウチビキカワムシ Lissodema myrmido MARSEUL       ※J
赤松谷 1ex.27.V.1980,低:枯れ枝で得られた、一例のみ。


1226.ムネアカチビキカワムシ Lissodema unifasciatum (PIC)F
上木場 1ex.13.VI.1979,低:上木場、牧の内、5.6月、枯れ枝にみられるが、少ない。(峰ほか 1991-1992)

1227.モリモトチビキカワムシ Lissodema morimotoi SASAJI※J
赤松谷 1ex.1.VIII.1980,低:枯れ枝で得られた、一例のみ。九州の固有種。


1228.マルムネチビキカワムシ Sphaeriestes niponicus (LEWIS) E
雲仙岳 2exs.6.VII.1976,中:雲仙岳、6.7月、枯れ枝。

アカハネムシ科 Pyrochroidae(4種)

1229.クロアカハネムシ Pseudopyrochroa episcopalis (LEWIS) ※I
雲仙岳 2exs.21.VII.1976,中:雲仙岳の1000m以上で、7月に葉上、花上に少数がみつかる。


1230.オニアカハネムシ Pseudopyrochroa japonica (HEYDEN)     F
赤松谷 1ex.6.VI.1978,低:雲仙別所、赤松谷、千本木、5.6月、葉上でみられ、よく飛ぶ。


1231.ウスイロアカハネムシ Pseudopyrochroa peculiaris (LEWIS)E
雲仙岳 1ex.30.VII.1981,中:雲仙岳の1000m以上で、7月に葉上、花上に少数がみつかる。


1232.アカハネムシ Pseudopyrochroa vestiflua (LEWIS)     B
赤松谷 1ex.16.VI.1981,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、5.6.8月、枯れ枝、葉上、花上に多い。

ナガクチキムシ科 Melandryidae(20種、一部同定:水野)

1233.カツオガタナガクチキムシ Synstrophus macrophthalmus (REITTER)E
田代原 1ex.1.III.1976,低:田代原、千本木、上木場、3.5.11月、キノコにみられる。(今坂 1984c)

1234.ヨツボシヒメナガクチキムシ Holostrophus lewisi CSIKI F
田代原 1ex.21.IV.1977,中−低−平:雲仙岳、田代原、崩山、4.6月、キノコにいるが少ない。(今坂 1984c)

1235.モリモトヒメナガクチキムシ Holostrophus morimotoi SASAJI F
雲仙岳 2exs.12.VI.1977,中−低:雲仙岳、眉山、上木場、4.6月、キノコにいるが少ない。(今坂 1984c)

1236.アヤモンヒメナガクチキムシ Holostrophus orientalis LEWIS G
眉山 1ex.25.V.1976,1ex.30.IX.1978,低:キノコで得られた、二例のみ。(今坂 1984c)

1237.アヤモンニセハナノミ Orchesia elegantula LEWIS E
雲仙岳 1ex.12.VI.1977,中:雲仙岳の1000m以上で、5.6.8-10月にキノコに見られるが少ない。(今坂 1984c)

1238.アカオビニセハナノミ Orchesia imitans LEWIS B
雲仙岳 2exs.21.VII.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、上木場、3-11月、キノコに多い。(今坂 1984c)

1239.コイチャニセハナノミ Orchesia ocularis LEWIS E
雲仙岳 1ex.15.VI.1976,中−低:雲仙岳、白雲の池、赤松谷、千本木、眉山、5.6.8-10月、キノコに多い。(今坂 1984c:カバイロニセハナノミ−学名同じ−として)

1240.チビノミナガクチキムシ Lederia japonica REITTER     ※F
上木場 1ex.28.IV.1982,低:落葉下で得られた、一例のみ。


1241.サビノミナガクチキムシ Lederia foenilis (LEWIS)       F
雲仙岳 1ex.27.V.1980,中:落葉下で得られた、一例のみ。(Lewis 1895:Shimabara;今坂1984c:ホシクサノミガタナガクチキ ムシ−学名同じ−として)

1242.ズカクシナガクチキムシ Anisoxya conicicollis CHAMPION  ※F
上木場 1ex.5.VI.1985,低:上木場のクリ畑で、5.6月にクリの枯死部についた黒い菌類に普通に見られたが、他所では見たことがない。このクリ畑は火砕流で焼失した。(今坂 1984c)

1243.ミツボシホソナガクチキムシ Abdera trisignata CHAMPION F
上木場 1ex.13.VI.1978,低:前種と同じクリ畑のクリ枯れ枝より、一例のみ。(今坂 1985e)

1244.ビロウドホソナガクチキムシ Phloeotrya obscura (LEWIS)       F
赤松谷 1ex.10.V.1979.(水野同定),低:赤松谷、千本木、5.6月、枯れ枝でみられる。(今坂 1984c)

1245.モモキホソナガクチキムシ Phloeotrya femoralis (LEWIS)  ※E
島原市 羽化 2exs.15.IV.1971.(水野同定),低:一例のみ。(今坂 1985e)

1246.キイロホソナガクチキムシ Serropalpus niponicus LEWIS E
雲仙岳 1ex.30.X.1979.(水野同定),中:立ち枯れでみられた、一例のみ。(今坂 1984c)

1247.ミヤケヒメナガクチキムシ Symphora miyakei miyakei NOMURA et HAYASHI F
雲仙岳 2exs.15.VI.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、5-8月、葉上でよくみる。(今坂 1984c)

1248.フタモンヒメナガクチキムシ Microtonus dimidiatus (MARSEUL)       F
新山 1ex.15.IV.1976,低−平−南:田代原、千本木、上木場、本光寺、新山、橘神社、愛宕山、吉川、岩戸山、4.5月、低地のシイ樹葉上、花上に多い。(今坂 1984c)

1249.ヨツボシキバネナガクチキムシ Stolius vagepictus LEWIS F
赤松谷 1♀.6.V.1977.(水野同定),低:立ち枯れについてた、一例のみ。(今坂 1984c)

1250.ミゾバネナガクチキムシ Melandrya modesta LEWIS      ※E
雲仙岳 2exs.15.VI.1976,中:雲仙岳の標高1000m付近において、倒木上でみられた、一例のみ。(今坂 1984c)

1251.アオバナガクチキムシ Melandrya gloriosa LEWIS E
千本木 1ex.10.V.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、上木場、5-7月、クヌギなどの伐採木に多くみられたが、最近は少ない。(今坂 1984c)

1252.アオオビナガクチキムシ Osphya orientalis (LEWIS)      E
上木場 2exs.6.VI.1976,低:赤松谷、千本木、上木場、5.6月。クリ花上に多い。(今坂 1984c)
オオハナノミ科 Rhipiphoridae(1種、同定、コメント:畑山)

1253.クチキオオハナノミ Pelecotomoides tokejii NOMURA et NAKANE      ※A
雲仙岳 1ex.4.VIII.1974,中−低−平:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、中島、7.8月、花上に集まり、山頂に吹き上げで飛来する。平地の中島で灯火に飛来したのは、山地性の種と考えていたので意外だった。本科の幼虫は昆虫類に寄生することが知られている。

ハナノミ科 Mordellidae(39種、同定、コメント:畑山)

1254.モンハナノミ Tomoxia nipponica KONO※E
雲仙岳 1♀.19.VII.1977,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、眉山、7.8月、立ち枯れ上や樹葉上でみられる。


1255.キボシハナノミ Hoshihananomia hananomi (KONO)    F
雲仙岳 4exs.21.VII.1981,中:雲仙岳のみで、7.8月にシシウド花上で得られるが少ない。(渡慶次 1951)

1256.シラホシハナノミ Hoshihananomia perlata (SULZER)      ※A
雲仙岳 1ex.19.VII.1977.本田採集,中:シシウド花上で得られた、一例のみ。


1257.アラキハナノミ Mordellaria arakii (NAKANE et NOMURA)     ※F
田代原 1♂.3.VII.1976,低:一例のみ。少ない。


1258.クロヒメハナノミ Mordellistena comes MARSEUL E
上木場 5exs.19.VI.1977,低−平:赤松谷、上木場、新山、6月、ヨモギの生きた茎に普通にみられる。


1259.トケジクロヒメハナノミ Mordellistena tokejii NOMURA E
千本木 7exs.31.V.1977,中−低:雲仙岳、田代原、千本木、上木場、眉山、牧の内、5-7月、コガクウツギなど花上に普通。(渡慶次 1951;峰ほか 1991-1992)

1260.シロウズクロヒメハナノミ Mordellistena shirozui NOMURA F
千本木 1♀.1.VII.1976,中−低:雲仙岳、田代原、千本木、上木場、眉山、6-8月、花上。(渡慶次 1951)

1261.シロウズクロヒメハナノミの近縁種 Mordellistena sp.1(未記載種)※J
雲仙岳 1♂.6.VIII.1973,中:ノリウツギ花上で得られた、一例のみ。前種の近縁種と思われるが、♂交尾器の形状が異なる。九重山と多良岳でも採集されているが、少ない。


1262.フジヤマクロヒメハナノミ Mordellistena fujiyamai NOMURA        ※F
千本木 1♂.16.VI.1976,低:一例のみ。


1263.セグロヒメハナノミ Mordellistena fuscosuturalis NOMURA?     ※F
白浜 1♂.29.VI.1978,南:ヨモギ類のスウィ−ピングで得られた、一例のみ。


1264.コクロヒメハナノミの近似種 Mordellistena sp.2(未記載種)※L
雲仙岳 1ex.26.VIII.1975,中:ノリウツギ花上で得られた、一例のみ。外形は、コクロヒメハナノミ M.
insignata ERMISHに似るが、♂交尾器の形状が非常に異なる。


1265.クロサクロヒメハナノミの近似種 Mordellistena sp.3(未記載種)※F
千本木 24exs.16.VI.1976,低−平:千本木、上木場、眉山、新山、長浜、6.7月。後肢外端棘を欠く。クロサクロヒメハ ナノミ M. kurosai CHUJOに似るが、上翅班紋が異なる。屋久島、大阪等でも得られ、普通。


1266.セアカヒメハナノミ Mordellistena takizawai KONO      ※E
上木場 6♂4♀.30.VI.1976,中−低,南:雲仙岳、赤松谷、千本木、上木場、岩戸山、6.7月、普通。(渡慶次 1951:セアカ ヒメハナノミ Mordellistena phaea NOMURAとして)

1267.ヤマモトヒメハナノミ Mordellina yamamotoi (NOMURA)     E
上木場 1♂.13.VI.1978,中−低:雲仙岳、垂木、千本木、上木場、5-8月。


1268.コイケヒメハナノミ Mordellina koikei (TOKEJI)    F
眉山 1ex.16.VIII.1976.野田採集,低:一例のみ。


1269.カグヤヒメハナノミ Mordellina kaguyahime (NOMURA et KATO)E
上木場 1♂.14.VII.1976,中−低:雲仙岳、眉山、上木場、7.8月。


1270.カグヤヒメハナノミの近似種 Mordellina sp.1(未記載種)      ※L
田代原 1♂1♀.3.VII.1976,低:一例のみ。前種に似ているが、触角と♂交尾器の形状が異なる。


1271.アマミヒメハナノミ Mordellina amamiensis (NOMURA)     G
上木場 17exs.14.VII.1976,低−平:垂木、千本木、眉山、新山、6-8月、花上で得られ、普通。


1272.チャオビヒメハナノミ Mordellina brunneotincta (MARSEUL)       G
上木場 2♀.2.VII.1976,中−低,南:千本木、眉山、上木場、牧の内、岩戸山、6-8月。千本木では、タニウツギの枯れ枝から羽化した。フジ枯れヅルの白い菌糸にも見られる。(峰ほか 1991-1992)

1273.トゲナシヒメハナノミ Mordellina atrofusca (NOMURA)     G
上木場 2♂3♀.30.VI.1987,中−低,南:雲仙岳、垂木、千本木、眉山、上木場、岩戸山、6-8月。


1274.オカモトヒメハナノミ Falsomordellistena okamotoi (KONO)    ※G
千本木 1♀.3.VII.1977,低:一例のみ。少ない。


1275.ホルンヒメハナノミ Falsomordellistena konoi yakushimaensis NOMURA       ※H
千本木 8exs.1.VIII.1977,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、7.8月、普通。


1276.ニセヒメハナノミの一種 Falsomordellistena sp.1(未記載種)     ※H
千本木 1♂1♀.1.VIII.1977,低:千本木、眉山、上木場、6.8月。前種に似るが、後肢の段刻と♂交尾器の形状が異なる。琉球列島に分布し、九州以北では島原半島のみで記録。


1277.ヒラノヒメハナノミ Falsomordellistena hiranoi NOMURA ※F
雲仙岳 2♂.6.VIII.1973,中−低:雲仙岳、上木場、6.8月、少ない。九州初記録。


1278.フタモンヒメハナノミ Falsomordellistena altestrigata (MARSEUL)  ※B
上木場 10exs.30.VI.1976,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、6-8月。花上に普通。(渡慶次 1951:フタモンヒメハナノミ Falsomordellistena sauteri PIC として;布施 1958)

1279.ミヤマヒメハナノミ Falsomordellistena alpigena TOKEJI E
上木場 10exs.30.VI.1976,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、6-8月。


1280.サトウヒメハナノミ Falsomordellistena satoi (NOMURA)     F
雲仙岳 1♂.8.V.1976,中:一例のみ。少ない。訪花性はないようで、通常、木の葉のビ−ティングで得られる。


1281.ハナノヒメハナノミ Falsomordellistena hananoi (NOMURA)     ※F
雲仙岳 10exs.21.VII.1976,中:温帯林の種で、島原半島では雲仙岳の標高1000m以上に生息し、7.8月、ノリウツギ花上に多い。(渡慶次 1951)

1282.カタビロヒメハナノミ Falsomordellistena auromaculata (KONO)     ※E
雲仙岳 4exs.6.VIII.1973,中:前種同様、雲仙岳の標高1000m以上で7.8月に得られるが、少ない。(渡慶次 1951;布施 1958;池崎 1966)

1283.チャイロヒメハナノミ Glipostenoda rosseola (MARSEUL)      ※B
上木場 7exs.23.VII.1976,中−低−平−南:雲仙岳、田代原、眉山、上木場、新山、岩戸山、6-8月。(渡慶次 1951;池崎 1966;今坂 1982h)

1284.ヤクシマヒメハナノミ Glipostenoda retusa NOMURA      ※J
眉山 1♂.9.VII.1976,低:一例のみ。原産地の屋久島以外では唯一の記録で、非常に注目される。


1285.シズオカヒメハナノミ Glipostenoda shizuokana (KONO)    ※B
眉山 1♀.1.VIII.1975,低−平:眉山、長浜、7.8月。灯火でも得られるが、少ない。


1286.ナミアカヒメハナノミ Falsomordellina luteoloides (NOMURA)    G
上木場 9exs.29.VII.1976,低,南:田代原、千本木、眉山、上木場、岩戸山、6-9月、普通。


1287.タカオヒメハナノミ Falsomordellina takaosana (KONO)    C
上木場 1♂1♀.19.VI.1977,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、1.5-9月。樹葉上や灯火で得られ、成虫越冬もする。


1288.アカヒメハナノミ Mordellistenoda aka (KONO)     G
上木場 1♂2♀.8.VIII.1976,低,南:眉山、上木場、岩戸山、7.8月、多くない。


1289.オオスミヒメハナノミ Mordellistenoda ohsumiana (NAKANE)     G
上木場 1♂1♀.29.VII.1976,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、島原市、5.7.8月。


1290.イマサカヒメハナノミ(畑山仮称) Tolidopalpus sp.1(未記載種)   ※L
岩戸山 2♂1♀.6.VII.1976,平−南:新山、岩戸山、7月。日本産 Tolidopalpus 属の種としては、唯一、ガロアヒメハナノミ T. galloisi (KONO)が知られているが、本種は、外形と♂交尾器の形状が異なる。近縁種がタイで採集されていることもあり、非常に興味深い。今のところ、島原半島低地の固有種であり、個体数も少ない。


1291.アワヒメハナノミ Pseudotolida awana (KONO)      C
上木場 6exs.7.VII.1976,中−低:雲仙岳、田代原、眉山、上木場、7.8月。


1292.ナガトヒゲヒメハナノミ Tolidostena japonica (TOKEJI)  E
千本木 1♂.1.VII.1976,低,南:千本木、眉山、上木場、岩戸山、6-8月。

ハナノミダマシ科 Scraptiidae(4種、同定、コメント:畑山)

1293.タケイフナガタハナノミ Anaspis takeii CHUJO    ※E
雲仙岳 2♂.12.VI.1986,中:一例のみで、少ない。分布は東日本に片よっていて、中国地方以西で初めて、当然九州初記録である。


1294.クロフナガタハナノミ Anaspis marseuli CSIKI E
上木場 4exs.13.VI.1978,中−低−平:雲仙岳、宝原、眉山、上木場、牧の内、尾登、元池、4-6月。花上に普通にみられる。(峰ほか 1991-1992)

1295.キイロフナガタハナノミ Anaspis luteola MARSEUL      ※F
上木場 5exs.6.V.1976,中−低−平:雲仙岳、宝原、眉山、上木場、高野、5-7月。普通。(渡慶次 1951)

1296.オオクラフナガタハナノミ Pentaria ohkurai NAKANE F
眉山 1♀.9.VIII.1976,低:一例のみ。少ない。

カミキリモドキ科 Oedemeridae(9種、学名は溝田による)

1297.キイロカミキリモドキ Nacerdes hilleri (HAROLD)  E
田代原 1ex.10.VII.1993,低:灯火、一例のみ。島原(加納 1934)の記録もある。


1298.アカクビカミキリモドキ Indasclera konoi (NAKANE)(図5−64)      ※F
雲仙岳 1ex.5.VII.1980,中:ノリウツギ花上で得られた、一例のみ。山地性の稀種で、九州初記録である。


1299.アオグロカミキリモドキ Indasclera nigrocyanea (LEWIS)  E
上木場 2exs.22.IV.1976,低:花上、一例のみ。


1300.ハイイロカミキリモドキ Eobia cinereipennis cinereipennis (MOTSCHULSKY)  B
新山 1ex.26.VI.1976,平−南:新山、白土、長浜、岩戸山、前浜、6-8月、灯火によく集まる。


1301.ハラグロランプカミキリモドキ Eobia florilega LEWIS     ※B
白土 1ex.29.VII.1982,平:灯火にきた、一例のみ。


1302.ズグロカミキリモドキ Eobia chinensis ambusta LEWIS  ※F
岩戸山 1ex.11.VII.1977,平−南:新山、白土、長浜、白浜、岩戸山、6.7月、灯火によく集まる。


1303.タテスジフトカミキリモドキ Anoxacis vittata MIYATAKE(図5−65)        ※H
前浜 2exs.8.VIII.1993,野田浜 2exs.11.VIII.1993,千々石海岸 2exs.11.VII.1999,愛野展望所下 6exs.11.VII.1999,平−南:灯火で得られた、四例のみ。本種は従来、佐田岬、種子島、屋久島、奄美大島で記録されており、褐色型と黄色型が知られている。当地産は今のところ後者のみであり、北限記録となる。


1304.キアシカミキリモドキ Oedemera manicata (LEWIS)   ※F
上木場 1ex.22.IV.1976,中−低:雲仙岳、千本木、上木場、4-7月、花上に多い。


1305.フタイロカミキリモドキ Oedemera sexualis (MARSEUL)   ※H
崩山 1♂.16.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、赤松谷、眉山、愛宕山、新山、崩山、元池、吉川、口之津町、岩戸山、4-6月、シイなどの花上に多い。(布施 1953b)
ツチハンミョウ科 Meloidae(4種)

1306.マメハンミョウ Epicauta gorhami MARSEUL    ※F
口之津町 2exs.16.IX.1959.布施採集,低−平−南:塔ノ坂、山田原、口之津町、9月に畑、草地などでみられたが、最近は少ない。(青木 1996a)

1307.マルクビツチハンミョウ Meloe corvinus MARSEUL    ※A
雲仙(山口 1960),低:一例のみ。


1308.キイロゲンセイ Zonitis japonica PIC C
眉山 1♂.1.VIII.1975,低−平−南:眉山、新山、白土、岩戸山、7.8月、灯火に集まる。


1309.ツマグロキゲンセイ Zonitis cothurnata cothurnata MARSEUL B
俵石 1♂.21.VII.1977,低−平:俵石、白土、長浜、7.8月、灯火に集まる。

図5説明(すべて今坂採集)

49.キリシマチビオオキノコムシ Aporotritoma kirishimensis (ARAKI) 雲仙岳 4.VII.1978.

50.カクモンチビオオキノコムシ Tritoma discaloides NAKANE  雲仙岳 11.IX.1979.

51.キウチミジンキスイ Propalticus kiuchii SASAJI 赤松谷 12.VI.1977.

52.クロジュウニホシテントウ Plotina versicolor LEWIS 赤松谷 6.VI.1979.

53.ヒメナガセスジホソカタムシ Bitoma niponia (LEWIS) 白土 7.VI.1982.

54.コヒメコクヌストモドキ Palorus subdepressus (WOLLASTON) 白土 18.VIII.1982.

55.クロツヤツツホソカタムシ Teredolaemus politus (LEWIS) 田代原 30.V.1976.

56.カラカネチビキマワリモドキ Tetragonomenes palpaloides (NAKANE) 岩戸山 6.VII.1976.

57.マルヒサゴゴミムシダマシ雲仙・多良型 Misolampidius molytopsis (MARSEUL) 雲仙岳 15.VI.1976.

58.コナガキマワリ Eucrossoscelis araneiformis (ALLARD) 雲仙岳 15.VI.1976.

59.ミヤマアオハムシダマシ(和名新称) Arthromacra kinodai NAKANE 雲仙岳 ♂.31.V.1989.

60.アカハムシダマシ Arthromacra sumptuosa LEWIS 赤松谷 6.VI.1978.

61.ニシアオハムシダマシ(和名新称) Arthromacra kyushuensis NAKANE 雲仙岳 ♂.22.VI.1988.

62.イワトクチキムシ(和名仮称) Isomira sp. 岩戸山 5.IV.1977.

63.ヒラタクチキムシダマシ Prostominia lewisi REITTER 雲仙岳 1.VI.1983.

64.アカクビカミキリモドキ Indasclera konoi (NAKANE) 雲仙岳 5.VII.1980.

65.タテスジフトカミキリモドキ Anoxacis vittata MIYATAKE 前浜 8.VIII.1993.


前のページ
島原半島の甲虫相2
コンテンツのトップ 次のページ
こがねむし, (65), 2001 長崎昆虫研究会