今坂正一の世界
九州の昆虫
自然環境アセスメント
おたより・ログイン

島原半島の甲虫相2

今坂正一

The Coleoptera's fauna of Shimabara Peninsula,Nagasaki Prefecture,West Japan.2
Shoichi Imasaka

続いて、タマムシ科〜コメツキモドキ科について報告したい。

タマムシ科 Buprestidae(36種、一部同定:遠山、秋山)

666.キュウシュウクロホシタマムシ Dendrochariessa intermedia (Y.KUROSAWA)※H
口之津 1♂1♀.3.VII.1949.布施採集,1♀.3.VII.1940.布施採集,(ホロタイプ&パラタイプ:KUROSAWA 1956:原記載),南:口之津が原産地で、故秋山黄洋氏のご教示によれば、天草でも取れており、奄美、沖縄ではハゼのスウィ−ピングで得られるらしい。当初、タイワンクロホシタマムシ Ovalisia tonkinea の亜種として記載された。学名は秋山氏のご教示による。(今坂 1979a,1987a)

667.マスダクロホシタマムシ Ovalisia vivata (LEWIS)    F
雲仙岳 2exs.4.VII.1978,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、牧の内、山田原、5-7月にスギの伐採木に集まり、スギ林の林縁を飛ぶ。雲仙岳山頂では吹き上げで飛来した。(峰ほか 1991-1992)

668.ウバタマムシ Chalcophora japonica japonica (GORY)      B
折橋 1ex.16.VIII.1972,低−平−南:雲仙、田代原、千本木、眉山、牧の内、折橋、白土、口之津町、岩戸山、4.5.8月にマツの伐採木に集まり、飛翔中の個体をよくみる。(加納 1934;布施 1953b;山口 1960;峰ほか 1991-
1992)

669.サツマウバタマムシ Chalcophora yunnana satzumae LEWIS      ※B
魚洗川 2exs.3.VIII.1980,田代原 1ex.18.VIII.1981,低:アカマツ伐採木上でみられた、二例のみ。局地的で少ない。


670.タマムシ Chrysochroa fulgidissima fulgidissima (SCHONHERR)B
白土 1ex.18.VII.1983,低−平:千本木、眉山、牧の内、白谷、堀端、7.8月にエノキの梢に集まり、サクラ、ハゼノキ、エノキなどの立枯れにみられる。かつては、飛翔中の個体がよくみられたが、最近は少ない。(加納
1934;峰ほか 1991-1992)

671.クロタマムシ Buprestis haemorrhoidalis japanensis E.SAUNDERS B
田代原 6exs.18.VIII.1981,低−平−南:田代原、有明町、久木山、6.8月にマツ伐採木に集まる。


672.ヒメヒラタタマムシ Anthaxia proteus E.SAUNDERS A
新山 3exs.11.VI.1976,中−低−平−南:雲仙岳、ゴルフ場、田代原、上木場、新山、白浜、岩戸山、5-8月にクリ、アカメガシワ、ノリウツギ花上にみられる。(江島 1968)

673.ムツボシタマムシ Chrysobothris succedanea E.SAUNDERS A
千本木 2exs.25.VI.1973.本田採集,1exs.23.VI.1975.本田採集,低:クヌギ伐採木、二例のみ。かつては、クヌギ伐採木によく見られたが、クヌギの大木の多くが伐採されてしまって、最近はほとんど見られない。


674.ミヤマナカボソタマムシ Coraebus montanus MIWA et CHUJO F
仁田峠−雲仙ゴルフ場(池崎 1966),雲仙岳(今坂 1979c),中:二例のみ。サワフタギの葉上でみられた。


675.シロオビナカボソタマムシ Coraebus quadriundulatus MOTSCHULSKY E
千本木 1ex.10.V.1976,低:雲仙、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、4.5月、キイチゴ葉上に多い。(池崎 1966;峰ほか 1991-1992)

676.クリタマムシ Toxoscelus auriceps (E.SAUNDERS) A
眉山 1♂.16.VIII.1975.(KUROSAWA 1976),低:次種と共に吹き上げ状の山頂の葉上より得られた。一例のみ。


677.カラカネクリタマムシ Toxoscelus sasakii Y.KUROSAWA※J
眉山 1♂1♀.16.VIII.1975.(KUROSAWA 1976;今坂 1979a;今坂・松尾 1989),低:一例のみ。県内では、島原と平戸の2ヶ所から知られるだけで、極めて少ない。


678.アヤムナビロタマムシ Sambus quadricolor quadricolor E.SAUNDERS(図4-33) ※G
早崎 3exs.7.VII.1988,南:イヌビワ葉上でみられた、一例のみ。


679.イマサカナガタマムシ Agrilus imasakai TOYAMA           ※L
眉山 1♀.16.VIII.1975.(ホロタイプ)(TOYAMA 1985:原記載),低:本種は唯一、吹き上げ状の山頂の葉上より得られたホロタイプのみが知られている。現在のところ眉山の固有種。


680.キュウシュウナガタマムシ Agrilus semivittatus TOYAMA            ※J
────────────────────────────────────────────────────
*九州大学農学部昆虫学教室
環境科学株式会社九州事務所
魚洗川 1♀.14.VII.1979.(アロタイプ)(TOYAMA 1985:原記載),低:一例のみ。九州の固有種。


681.シラケナガタマムシ Agrilus pilosovittatus E.SAUNDERS ※F
岩戸山 1♀.5.VII.1979.(遠山同定),上木場 1ex.13.VI.1978.(秋山同定),低,南:二例のみ。


682.クロナガタマムシ Agrilus cyaneoniger cyaneoniger E.SAUNDERS A
田代原 1ex.14.VI.1976,低:田代原、牧の内、6月に伐採木上でみられた。(峰ほか 1991-1992)

683.ケヤキナガタマムシ Agrilus spinipennis LEWIS F
口之津町(布施 1953b),南:一例のみ。


684.ムネアカナガタマムシ Agrilus imitans LEWIS          ※F
高野 1ex.8.V.1993,平:エノキ葉上で得られた、一例のみ。


685.ミカンナガタマムシ Agrilus auriventris E.SAUNDERS C
白土 1ex.5.VI.1978,1ex.21.VII.1982,1ex.26.VII.1983,平−南:自身で採集したのは灯火で得た三例のみ。口之津町東大泊(布施 1953a)の記録も知られている。ミカンの枯れ枝から羽化するらしい。


686.ヒシモンナガタマムシ Agrilus discalis E.SAUNDERS C
上木場 1ex.8.V.1976,低−平−南:千本木、眉山、上木場、吾妻岳、白谷、新山、上ノ原、口之津町、口之津公園、1.2.4.5.9月、エノキ樹葉上や枯れ枝に多く、冬期は樹皮下で越冬している。(布施 1953b)

687.ミツボシナガタマムシ Agrilus trinotatus E.SAUNDERS C
眉山 1♂1♀.12.IV.1979.(遠山同定),低:田代原、千本木、眉山、4.6月にアラカシ樹葉上でみられた。


688.ケシツブタマムシ Haplostethus insperatus (Y.KUROSAWA)(図4-34)G
宮ノ町 5exs.29.IV.1987,平−南:元池、宮ノ町、岩戸山、4.5月にコマユミ花上や樹葉上でみられる。宮ノ町では住宅地の背後の丘で、尾根沿いの林縁の葉上に、吹き上げで飛来したと思われる個体が比較的多くみられた。暖地性の稀種。(今坂 1985a,1987a)

689.キンイロエグリタマムシ Endelus collaris collaris (E.SAUNDERS) B
千本木 9exs.10.V.1977,低:林縁のシダ葉上でみられた、一例のみ。


690.アカガネエグリタマムシ Endelus pyrrosiae pyrrosiae Y.KUROSAWA(図4-35)  ※G
元池 2exs.2.IV.1977,低−平:眉山、新山、元池、4.5月に、ヒトツバ葉上でみられる。暖地性で、特に、日当たりのいい低地の石垣や立木などに這いあがり、水平方向に伸びたヒトツバ葉上に多く、交尾中のものや、ヒトツバの表層を食害する個体がみられた。噴火中は、降灰によって葉の上面は真っ白で、食葉性の虫はほとんどみられなくなり、噴火後は再発見できないでいる。


691.ミスジツブタマムシ Paratrachys hederae hederae E.SAUNDERS(図4-36)    ※H
岩戸山 20exs.6.VII.1976,南:岩戸山、7月に岩に絡みついたオオイタビ葉上で食害中のものがみられたが、その後再発見できない。(今坂 1979a,1983a)

692.クズノチビタマムシ Trachys auricollis E.SAUNDERS C
上木場 1ex.3.VI.1976,低,南:垂木、千本木、眉山、上木場、牧の内、口之津公園、権田、4-9月にクズ葉上に多い。(峰ほか 1991-1992)

693.アカガネチビタマムシ Trachys tsushimae OBENBERGER C
崩山 2exs.16.IV.1976,低−平−南:千本木、眉山、上木場、元池、崩山、愛宕山、白浜、4.5月にウツギ葉上にみられる。


694.マルガタチビタマムシ Trachys inedita E.SAUNDERS C
千本木 2exs.15.IV.1982,1ex.26.XI.1982,白谷 1ex.7.II.1983,低−平:冬期にケヤキ樹皮下でみられた、三例のみ。


695.ヌスビトハギチビタマムシ Trachys tokyoensis OBENBERGER F
崩山 2exs.4.X.1977,低−平:眉山、上木場、崩山、元池、4-6.10月に葉上でみられる。


696.ヤノナミガタチビタマムシ Trachys yanoi Y.KUROSAWA C
とけん山公園 24exs.14.XI.1978,平:ケヤキ樹皮下でみられた、一例のみ。


697.ドウイロチビタマムシ Trachys cupricolor E.SAUNDERS※C
千本木 1ex.13.IX.1978,低:千本木、9.11月、ケヤキの樹皮下と葉上。九州では山地性で少ない。


698.ダンダラチビタマムシ Trachys variolaris E.SAUNDERS C
元池 2exs.18.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、赤松谷,田代原、千本木、眉山、上木場、新山、元池、崩山、富士山、愛宕山、口之津公園、岩戸山、4-8月、アラカシ葉上に多い。


699.サシゲチビタマムシ Trachys robusta E.SAUNDERS F
とけん山公園 2exs.14.XI.1978,平:シイ林のケヤキの樹皮下で得られた、一例のみ。(今坂 1979a)

700.ルイスヒラタチビタマムシ Habroloma lewisi (E.SAUNDERS) C
崩山 2exs.16.IV.1976,低−平:千本木、眉山、元池、崩山、1.4.5月、ノイバラ葉上でみられるが少ない。


701.ヒラタチビタマムシ Habroloma elegantulum (E.SAUNDERS)     C
崩山 2exs.5.V.1976,低−平−南:赤松谷、田代原、千本木、眉山、新山、崩山、愛宕山、吉川、白浜、4-6.9月に葉上にみられる。

ホソクシヒゲムシ科 Callirhipidae(1種)

702.ムネアカクシヒゲムシ Horatocera niponica LEWIS F
雲仙岳 2♂1♀.21.VII.1981,中:雲仙岳の標高1000m以上で、7月に朽ち木や樹皮下でみられるが少ない。

ヒゲブトコメツキ科 Throscidae(2種)

703.ミカドヒゲブトコメツキ Trixagus micado REITTER ※E
岩戸山 1ex.29.V.85,平−南:長浜、岩戸山で5-7月に葉上、灯火で得られた。


704.チャイロヒゲブトコメツキ Trixagus turgidus HISAMATSU F
千本木 1ex.17.V.83,低:葉上で得られた、一例のみ。

コメツキダマシ科 Eucnemidae(11種,同定、コメント:畑山)

705.ヒメフトコメツキダマシの1種 Bioxylus sp.   ※M
眉山 1♂.9.VIII.1976,低:山頂の葉上で得られた一例のみ。日本未記録種と思われる。


706.ヒゲボソコメツキダマシ Hypocoelus harmandi FLEUTIAUX F
眉山 1ex.9.VIII.1976,低:山頂の葉上で得られた一例のみ。


707.ヒメコメツキダマシ Hypocoelus japonicus FLEUTIAUX    ※A
眉山 1ex.16.VIII.1975.野田採集,低:山頂の葉上で得られた一例のみ。


708.ヒメコメツキダマシの1種 Hypocoelus sp.  ※M
眉山 1ex.1.VIII.1975,低:山頂の葉上で得られた一例のみ。上翅は基部及び会合部を除き、赤褐色を呈する。日本未記録種と思われる。


709.ナカスジヒゲコメツキダマシ Proxylobius longicornis HISAMATSU F
眉山 3exs.16.VIII.1975.野田採集,低:山頂の葉上で得られた一例のみ。


710.エノキコメツキダマシ Galloisius amplcallis FLEUTIAUX      ※C
岩戸山 1ex.11.VII.1977,南:葉上で得られた一例のみ。


711.アカハネヒメミゾコメツキダマシ(仮称) Dromaeolus sp.1    ※M
長浜 1ex.18.VII.1981,平:一例のみ。上翅は一様に、赤褐色を呈する。本属には、国内で本種のような色彩を呈する種は記録されていない。日本未記録種。


712.キベリヒメミゾコメツキダマシ(仮称) Dromaeolus sp.2※M
眉山 1ex.23.IV.1977,低:一例のみ。上翅は黒褐色で、基部と両側 1/2は黄色毛をもつ。日本未記録種。


713.ヒメチャイロコメツキダマシ Farnax consobrinus HISAMATSU E
眉山 1ex.16.VIII.1975.野田採集,低:山頂の葉上で得られた一例のみ。


714.フチトリコメツキダマシ Dirhagus pectinicornis HISAMATSU F
千本木 1ex.28.V.1982,1ex.24.V.1987,雲仙岳 1ex.6.VII.1983,中−低:三例のみ。


715.アイヌコメツキダマシ Farsus ainu FLEUTIAUX A
崩山 1ex.15.VII.1976,低−平:田代原、眉山、崩山、7.8月に灯火、枯れ木にみられる。

コメツキムシ科 Elateridae(88種、大部分同定:正木、一部同定:岸井、一部同定:大平)

716.ヒゲコメツキ Pectocera fortunei CANDEZE A
上木場 1♂.6.V.1976,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、赤松谷、千本木、魚洗川、焼山、牧の内、山田原、新山、大屋、権田、5-7.12月。灯火、アカマツ葉上に多い。(峰ほか 1991-1992)

717.サビキコリ Agrypnus binodulus binodulus (MOTSCULSKY)    A
上木場 1♂.8.V.1976,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、田代原、千本木、眉山、魚洗川、礫石原、牧の内、白木野、高野、折橋、愛宕山、新山、崩山、白土、長浜、中島、貝瀬、白浜、4-9月。灯火、葉上、花上に多い。(峰ほか 1991-1992)

718.ムナビロサビキコリ Agrypnus cordicollis (CANDEZE)     E
上木場 4♂2♀.20.V.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、垂木、千本木、眉山、上木場、4-9月、クヌギなど落葉樹の葉上に多い。


719.ホソサビキコリ Agrypnus fuliginosus (CANDEZE)     E
千本木 1♂.17.V.1983,低:俵石、千本木、眉山、4-6月、葉上でみられるが少ない。


720.ハマベヒメサビキコリ Agrypnus miyamotoi tsukamotoi (KISHII)      ※G
水無川 20exs.4.I.1976,平−南:元池、水無川、長浜、布津、早崎、白浜、1-4.6.7.10月、石の下、植物の根際など、主に海岸に分布し、水無川では次種と混生していた。後翅は退化している。


721.ヒメサビキコリ Agrypnus scrofa scrofa (CANDEZE) ※B
水無川 10♂.4.I.1976,低−平−南:千本木、眉山、上木場、新山、水無川、白浜、1.2.4-6.9月、河原などの乾いた石の下に多く、灯火にも来る。


722.シロオビチビサビキコリ Adelocera difficilis (LEWIS)     G
上木場 6exs.20.V.1976,低−平−南:田代原、上木場、愛宕山、布津、岩戸山、4.5.7月に、シイ葉上等に多い。


723.ウバタマコメツキ Paracalais berus (CANDEZE)       B
岩戸山 1ex.9.V.1976,低−平−南:小地獄、眉山、牧の内、安中、新山、白土、口之津町、岩戸山、1-5.7月、マツの伐採木に飛来し、冬季にはアカマツ樹皮下でみられる。(布施 1953b;峰ほか1991-1992)

724.フタモンウバタマコメツキ Paracalais larvatus pini (LEWIS)     B
新山 1ex.12.VI.1978,低−平:田代原、上木場、牧の内、高野、島原ゴルフ場、大野木場、新山、1.6.7月、葉上、灯火で得られる。(峰ほか 1991-1992)

725.オオクシヒゲコメツキ Tetrigus lewisi CANDEZE B
上木場 1ex.29.VII.1976,折橋 1ex.8.VII.1977,堀端 1ex.18.VII.1981,三例のみ。低−平:灯火、サクラの立ち枯れ樹幹等で得られた。


726.マダラチビコメツキ Aeoloderma agnatum (CANDEZE)       B
崩山 2exs.16.IV.1976,低−平−南:田代原、牧の内、諏訪池、高野、尾登、杉谷、新山、崩山、白土、堀端、水無川、長浜、早崎、口之津公園、前浜、野田浜、八石、1-8.11.12月、枯れ草、石下、灯火に多い。(峰ほか
1991-1992)

727.ヒラタヒサゴコメツキ Colioascerus saxatilis (LEWIS)     ※E
水無川 1ex.13.I.1981,平:石の下より、一例のみ。


728.チャグロヒサゴコメツキ Hypolithus brunneofuscus (NAKANE)    ※F
雲仙岳 1♀.28.IX.1979,中:雲仙岳の標高1000m以上で、5.6.9月に葉上、枯れ葉、花上でえられる。西日本、九州産は東日本産に比べてより寸詰まりである。(今坂 1987a)

729.タテジマカネコメツキ Gambrinus vittatus (CANDEZE)      E
雲仙岳 1♀.25.V.1976,中:花上で得られた、一例のみ。


730.ハネアカカネコメツキ Gambrinus rufipennis (LEWIS)      F
雲仙岳 1ex.15.VI.1976,中:花上で得られた、一例のみ。


731.クロカネコメツキ Gambrinus atricolor (LEWIS)     F
上木場 1ex.26.IV.1980,中−低−平:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、崩山、水無川、4-6月に葉上に多い。


732.ガロアムネスジダンダラコメツキ Harminius galloisi MIWA     ※F
雲仙岳 1ex.5.VIII.1980,中:灯火で得られた、一例のみ。


733.オオツヤハダコメツキ Stenagostus umbratilis (LEWIS)     E
雲仙岳 1♂.30.VII.1981,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、俵石、7.8月に灯火で得られる。


734.チャイロツヤハダコメツキ Scutellathous comes comes (LEWIS)E
雲仙岳 1♂1♀.5.VIII.1980,吹越 1♀.24.VII.1985,中−低:葉上と、灯火で得られた、二例のみ。


735.クロツヤハダコメツキ Athous secessus secessus CANDEZE F
雲仙岳 2♂.21.VII.1981,中−低−平:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、高野、木津、5-7月に、葉上に多い。


736.ヒメクロツヤハダコメツキ Athous desertor desertor CANDEZE F
雲仙岳 2♂1♀.21.VII.1976,中:雲仙岳の標高1000m以上で、6.7月に葉上、花上に見られる。前種に比べてより山地性。上翅に金属光沢があり、前種から区別される。


737.ニホンベニコメツキ Denticollis nipponensis nipponensis OHIRA E
赤松谷 1♀.6.VI.1979,中−低:雲仙岳、赤松谷、5.6月、花上、葉上でみられる。


738.ミヤマベニコメツキ Denticollis miniatus (CANDEZE)     F
雲仙岳 1♂.27.V.1980,中−低:雲仙岳、赤松谷、5.6月、花上、葉上。本種のほうが小型。


739.ベニバネフトヒラタコメツキ Acteniceromorphus chlamydatus (LEWIS)    F
千本木 1♂.14.IV.1984,中−低:雲仙岳、千本木、4.6月に花上でみられるが少ない。


740.ミヤマフトヒラタコメツキ Acteniceromorphus kurofunei (MIWA) ※F
眉山 1♂2♀.23.IV.1973.(岸井同定),千本木 3♂1♀.7.V.1981,低:カエデ花上とケヤキの新芽で得た。二例のみ。


741.トラフコメツキ Selatosomus onerosus (LEWIS)      F
赤松谷 1ex.25.IV.1978,低:モミ林の林床で、葉上に静止中の個体が得られた、一例のみ。


742.アカヒゲヒラタコメツキ Neopristilophus serrifer serrifer (CANDEZE)        F
上木場 1♂.20.V.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、上木場、牧の内、4.5月、葉上、花上でみられる。(峰ほか 1991-1992)

743.オオナガヒラタコメツキ Paraphotistus notabilis notabilis (CANDEZE)        F
千本木 1♀.20.V.1986,中−低,南:雲仙岳、千本木、権田、5.7月、葉上で得られた。


744.クロツヤヒラタコメツキ Calambus japonicus (FLEUTIAUX)     A
雲仙岳 3♂4♀.15.VI.1976,中,平:雲仙岳、橘神社、4.6月、花上にみられる。


745.シリブトヒラタコメツキ Eanoides puerilis (CANDEZE)     F
垂木 1ex.25.IV.1977,中−低:雲仙岳、垂木、千本木、眉山、上木場、4-6月、葉上、花上でみられる。(今坂   1984a)

746.ドウガネヒラタコメツキ Corymbitodes gratus (LEWIS)     E
雲仙岳 1ex.26.IV.1976,中−低−平:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、新山、4-6月、サワフタギ、カエデ等の花上に多い。


747.シモフリコメツキ Actenicerus pruinosus (MOTSCULSKY)    F
赤松谷 1ex.25.IV.1978,中−低:雲仙岳、赤松谷、4.6.7月、葉上でみられるが少ない。


748.ヒメシモフリコメツキ Actenicerus aerosus aerosus (LEWIS)  F
雲仙岳 1♂.15.VI.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、5.6月、花上でみられるが、多くない。


749.アラハダチャイロコメツキ Ectamenogonus rugipennis (LEWIS)      F
千本木 1♀.31.XII.1976.スギ樹皮下で越冬中,低−平:千本木、新山、6.12月、灯火にも集まる。


750.チャイロコメツキ Haterumelater bicarinatus bicarinatus (CANDEZE) ※E
白土 1♀.5.IX.1982,平:灯火で得られた、一例のみ。


751.ヒメクロコメツキ Ampedus carbunculus (LEWIS)     E
上木場 2♂.26.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、雲仙別所、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、牧の内、4-7月、カエデ、シイ、クリなど種々の花上、葉上に多い。(峰ほか 1991-1992)

752.アカハラクロコメツキ Ampedus hypogastricus hypogastricus (CANDEZE) E
雲仙岳 1♀.6.VI.1979,中−低−平−南:雲仙岳、小地獄、赤松谷、田代原、千本木、上木場、焼山、吾妻岳、牧の内、岩戸山、1-6月、種々の花上、葉上に多く、冬季は樹皮下で越冬している。(峰ほか 1991-1992)

753.ホソクロコメツキ Ampedus tenuistriatus (LEWIS)     E
雲仙岳 1♂.6.VI.1979,1♀.10.VI.1980,中:雲仙岳の標高1000m以上で、サワフタギ花上で得られた、二例のみ。


754.ケブカクロコメツキ Ampedus vestitus vestitus (LEWIS)F
雲仙岳 1♀.27.V.1980,中:雲仙岳の標高1000m以上で、サワフタギ花上で得られた、一例のみ。


755.アカアシクロコメツキ Ampedus japonicus japonicus SILFVERBERG F
上木場 1ex.26.IV.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、4-6.9月、カエデ、クリ花上などで得られるが多くない。


756.メスアカキマダラコメツキ Gamepenthes versipellis (LEWIS)     E
雲仙岳 1♂6♀.21.VII.1981,中:雲仙岳の標高1000m以上で、7.8月にノリウツギ、シシウド花上に多数集まる。

(布施 1958;江島 1968)

757.コキマダラコメツキ Gamepenthes ornatus (LEWIS)     F
雲仙岳 2♂2♀.21.VII.1981,中:雲仙岳の標高1000m以上で、7.8月にノリウツギ、シシウド花上に見られる。前種と共に山地性。


758.ホソツヤケシコメツキ Hayekpenthes pallidus pallidus (LEWIS)     B
雲仙岳 1♂.30.VII.1985,中−低:雲仙岳、眉山、7.8月、ノリウツギ花上に集まるが多くない。(江島 1968:ホソキコメツキ Ganoxanthus pallidus LEWISとして)

759.コフトナガコメツキ Penthelater plebejus (CANDEZE)      B
白土 1♂1♀.21.VII.1980,平:折橋、白土、堀端、中島、7.8月、低地で灯火に集まる。


760.ニセクチブトコメツキ Lanecarus palustris (LEWIS)    E
有馬川 6exs.17.V.1994,平:河原のスウィ−ピングで得た、一例のみ。他の地域でも大河の河川敷でみられる。


761.クチブトコメツキ Silesis musculus musculus CANDEZE E
千本木 2exs.11.VII.1981,中−低−平:雲仙岳、田代原、千本木、上木場、魚洗川、高野、新山、6.7月、クリ花上、葉上に多く、灯火に集まる。


762.クチボソコメツキ Glyphonyx illepidus CANDEZE F
雲仙岳 10exs.21.VII.1976,中−低:雲仙岳、千本木、6.7月、クリ、ノリウツギ花上にみられる。


763.キバネクチボソコメツキ Glyphonyx bicolor bicolor CANDEZE F
魚洗川 2exs.14.VII.1979,低,南:魚洗川、岩戸山、八石、5.7.8月、クリ花上、葉上。


764.ムナボソコメツキ Ectinus exulatus (CANDEZE)      F
雲仙岳 1ex.9.V.1976,中−低:雲仙岳、宝原、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、4-7月、カエデ、サワフタギ等の花上に多い。


765.クロムナボソコメツキ Ectinus higonius (LEWIS)      F
雲仙岳 1ex.21.V.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、4-7月、カエデ、サワフタギ等の花に集まるが、前種より少ない。


766.ヒメカバイロコメツキ Agriotes elegantulus LEWIS      ※F
雲仙岳 5exs.18.VIII.1981,中−低:雲仙岳、田代原、上木場、6-8月、ノリウツギ花上に多い。(江島 1968)

767.ホソナカグロヒメコメツキ Dalopius tamui KISHII F
雲仙岳 1♂1♀.15.VI.1976,中:サワフタギ花上で得られた、一例のみ。


768.キバネホソコメツキ Dolerosomus gracilis (CANDEZE)      E
眉山 2♀.27.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、雲仙別所、赤松谷、田代原、垂木、千本木、眉山、上木場、焼山、上古賀、本光寺、新山、元池、岩戸山、4-6月、カエデ、ハクサンボク、マルバウツギなどの花上に最も普通に見られ、個体数も多い。


769.ヒゲナガコメツキ Neotrichophorus junior junior (CANDEZE)      E
赤松谷 1♂.10.V.1979 ,中−低−平−南:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、牧の内、上古賀、愛宕山、白土、木津、口之津公園、権田、4-7月、林縁の葉上に多い。(山口 1960;峰ほか 1991-1992)

770.コヒゲナガコメツキ Neotrichophorus linteatus (CANDEZE)※G
眉山 1♂.1.VIII.1975,白土 1♂.5.VII.1983,中−低−平:葉上と、灯火で得られた、二例のみ。雲仙岳(江島   1968)の記録もある。


771.オオナガコメツキ Elater sieboldi sieboldi (CANDEZE)      B
田代原 1ex.21.VII.1976,低:田代原、牧の内、7月、灯火で得られる。(峰ほか 1991-1992)

772.コガネホソコメツキ Sericus bifoveolatus (LEWIS)     F
雲仙岳 1ex.12.VI.1986,中:サワフタギ花上で得られた、一例のみ。


773.ミドリヒメコメツキ Vuilletus viridis viridis (LEWIS)E
雲仙岳 1♀.27.V.1980,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、4-7月、カエデ、サワフタギ等の花上でみられる。


774.オオクロクシコメツキ Melanotus restrictus CANDEZE C
上木場 1ex.20.V.1986,低−平:千本木、上木場、礫石原、寺町、5-7月、葉上で得られるが、少ない。


775.アカアシオオクシコメツキ Melanotus cete CANDEZE B
千本木 5exs.10.V.1976,中−低−平−南:雲仙岳、雲仙別所、宝原、田代原、千本木、眉山、上木場、焼山、礫石原、牧の内、上古賀、広高野、山田原、新山、元池、崩山、吉川、岩戸山、4-7月、葉上、花上、灯火に多い。(江島 1968;峰ほか 1991-1992)

776.ヒラタクシコメツキ Melanotus koikei KISHII et OHIRA E
千本木 4exs.10.VI.1976,中−低−平:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、宝原、赤松谷、垂木、千本木、眉山、上木場、塔の坂、新山、4-7月、葉上、花上、灯火に多い。


777.ハネナガクシコメツキ Melanotus japonicus OHIRA F
岩戸山 1♂.12.IV.1976,南:葉上で得られた、一例のみ。


778.ナガチャクシコメツキ Melanotus spernendus spernendus CANDEZE E
口之津公園 1ex.5.VI.1978,中,南:雲仙岳、口之津公園、岩戸山、八石、4-6月、葉上、花上、灯火に多い。


779.クシコメツキ Melanotus legatus legatus CANDEZE B
上木場 1♀.20.V.1976,低−平−南:赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、魚洗川、牧の内、高野、新山、崩山、白土、早崎、口之津公園、白浜、4-7月、葉上、灯火に多い。


780.クロツヤクシコメツキ Melanotus annosus CANDEZE A
上木場 1♂1♀.6.V.1976,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、焼山、牧の内、新山、崩山、4-6月、葉上で得られる。(峰ほか 1991-1992)

781.ヒラタクロクシコメツキ Melanotus correctus correctus CANDEZE F
赤松谷 1♂.10.V.197,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、上木場、焼山、4-7月、葉上で得られる。


782.クロクシコメツキ Melanotus senilissenilis CANDEZE B
雲仙岳 1♀.11.VI.1976,中:一例のみ。


783.コガタノクシコメツキ Melanotus erythropygus CANDEZE A
上木場 2exs.20.V.1976,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、赤松谷、田代原、垂木、千本木、眉山、上木場、塔の坂、礫石原、山田原、新山、萩原、崩山、元池、吉川、3-6月、草地周辺の葉上、花上に多い。


784.ミズギワコメツキ Migiwa curatus curatus (CANDEZE) B
千本木 1ex.3.VII.1977.(岸井同定),低−平:千本木、水無川、5-7月、河原の石下、草の葉上で得た。


785.カタモンチビコメツキ Pronegastrius humeralis humeralis (CANDEZE)        F
新山 1ex.10.IV.1976,低−平−南:田代原、上木場、新山、水無川、有馬川、吉川、1-4.6月、乾いた河原や荒れ地などの石下に多い。


786.オオサワシラケチビコメツキ Yamatostrius osawai (OHIRA)     ※F
前浜 3exs.25.IV.1982,南:前浜、白浜、3-5月に海浜植物の根際で得たが、少ない。前浜、白浜共に、1980年代後半に、海浜植物の生えている一帯が、クロマツの植樹や土砂の嵩上げ等で改変され、その後見られなくなった。九州の記録は、ごく少ないようである。(今坂 1987a)

787.ニホンチビマメコメツキ Quasimus japonicus KISHII E
上木場 1ex.3.VI.1976,田代原 16exs.21.IV.1977,田代原 57exs.29.IV.1979.(以上岸井同定),低:三例のみ。本種以下のほとんどの Quasimus 属と、ヘリムネマメコメツキは、晩春の頃、田代原のコナラなどを主とする二次林の林縁でみられ、日当たりのいいごく狭い範囲の樹葉上に無数が集まっていた。


788.キアシチビマメコメツキ Quasimus luteipes (CANDEZE)     J
雲仙岳 3exs.18.VIII.1981,中−低:雲仙岳、田代原、千本木、上木場、牧の内、6-8月、樹葉上。(江島 1968)

789.チビマメコメツキ Quasimus chibi KISHII     ※F
田代原 2exs.29.IV.1979.(岸井同定),低:林縁の日当たりのいい樹葉上で得られた、一例のみ。


790.シマバラチビマメコメツキ Quasimus shimabarensis KISHII     ※L
田代原 1♀.21.IV.1977.(ホロタイプ)(KISHII 1979:原記載),低:唯一、ホロタイプのみが知られる。島原半島固有種。


791.タカクラチビマメコメツキ Quasimus takakurai KISHII    ※J
田代原 9exs.29.IV.1979.(岸井同定),低:林縁の日当たりのいい樹葉上で得られた、一例のみ。九州の固有種。


792.マルマメコメツキ Quasimus ovalis (CANDEZE)    F
岩戸山 1ex.6.VI.1976.(岸井同定),低,南:田代原、岩戸山、4.5.7 月、樹葉上で得られる。


793.ヘリムネマメコメツキ Yukoana carinicollis (LEWIS)      E
田代原 2♂5♀.29.IV.1979.(岸井同定),低:林縁の日当たりのいい樹葉上で得られた、一例のみ。


794.ヘリマメコメツキ Yukoana elliptica (CANDEZE)     F
上木場 1ex.19.IV.1977.(岸井同定),低:田代原、千本木、眉山、上木場、4.5月、樹葉上にみられる。


795.マメコメツキの1種 Yukoana sp.  ※M
田代原 1♂.29.IV.1979.(岸井同定),低:林縁の日当たりのいい樹葉上で得られた、一例のみ。


796.ホソマメコメツキ Yukoana terukoe KISHII F
上木場 10♂12♀.23.VII.1976.(岸井同定),低:垂木、千本木、上木場、7.8月、樹葉上で得られる。


797.オオハナコメツキ Dicronychus nothus nothus (CANDEZE)B
上木場 1♂.3. VI.1976,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、魚洗川、新山、崩山、白土、橘神社、4-7月、林縁の花上、葉上に多く、灯火に集まる。


798.アカアシハナコメツキ Dicronychus adjutor (CANDEZE)     B
赤松谷 1ex.16.VI.1981,低−平:赤松谷、上木場、高野、6月、葉上で得られるが、少ない。


799.クロハナコメツキ Cardiophorus pinguis LEWIS E
上木場 1ex.13.IV.1977,低:赤松谷、上木場、4.5月、カエデ花上にみられる。


800.ホソハナコメツキ Cardiophorus niponicus LEWIS F
上木場 2exs.22.IV.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、4-6月、カエデ等花上でみられる。


801.コハナコメツキ Paracardiophorus pullatus (CANDEZE)     A
水無川 11exs.4.I.1976,中−低−平−南:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、新山、崩山、水無川、吉川、早崎、白浜、野田浜、1-6月、河原、畑など乾いた場所の石下、植物の根際などに少なくない。


802.アカアシコハナコメツキ Paracardiophorus sequens sequens (CANDEZE) ※F
前浜 3exs.28.III.1979,南:白浜、前浜、3-5.8.11月、砂浜の草の根際や石下でみられる。(今坂ほか 1980b)

803.シマバラコハナコメツキ Paracardiophorus imasakai OHIRA※L
水無川 1♂.4.I.1976.(ホロタイプ)(OHIRA 1995:原記載),平:唯一、水無川の石下より得られたホロタイプのみが知られる。現在のところ島原半島の固有種。

ベニボタル科 Lycidae(16種、同定、コメント:松田)

804.ベニボタル Lycostomus modestus (KIESENWETTER)    A
赤松谷 1♂.12.VI.1977,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、千本木、上木場、牧の内、口之津町、5.6月にクリの花などに多い。上木場の部落から北方向へ入った眉山裏の谷には広いクリ畑があり、6月には真っ黄色に咲いた花に訪花性甲虫が多数群れていた。そのあたりから、眉山の中腹にあるテレビ局の中継所への林道が分岐しており、途中、伐採跡の斜面を横切って道は続いていた。道下にはカエデをはじめとして落葉樹が茂り、島原半島の南部と有明海、天草が眺望された。この道沿いの林縁は特にベニボタル類が多く、本種を含む11種が得られた。件のクリ畑も、火砕流で消失したものと思われる。(峰ほか 1991-1992)

805.ヒメクシヒゲベニボタル Macrolycus similaris NAKANE F
上木場 2♂.6.VI.1976,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、牧の内、5-7月、葉上。(峰ほか 1991-1992)

806.コクロハナボタル Libnetis granicollis (KIESENWETTER)      ※E
岩戸山 1♂.6.VII.1976,低,南:上木場、岩戸山、6.7月、葉上でみられるが少ない。


807.クロハナボタル Plateros coracinus (KIESENWETTER)      E
上木場 2♂13♀.2.VII.1976,低−平−南:眉山、上木場、白土、口之津町、岩戸山、5-7月、葉上、花上に多い。(布施 1953b)

808.アカゲハナボタル Plateros purpurivestis GORHAM      ※F
眉山 1♂2♀.1.VIII.1976,低:山頂の葉上でみられた、一例のみ。


809.キリシマクロハナボタル Plateros kirishima NAKANE     ※J
上木場 2♂.3.VI.1976,低:葉上でみられた、一例のみ。九州の固有種。(今坂ほか 1980a:アマミクロハナボタル九州亜種 P.shibatai kirishima として)

810.ヤククロハナボタル Plateros yaku NAKANE     ※J
上木場 1♂.18.VI.1977,低:葉上でみられた、一例のみ。九州と屋久島の固有種。


811.ヒメベニボタル Lyponia delicatula (KIESENWETTER)      F
千本木 1♂.7.V.1976,低−平:千本木、牧の内、元池、4.5月、葉上でみられる。(峰ほか 1991-1992)

812.カクムネベニボタル Lyponia quadricollis (KIESENWETTER)      F
上木場 2♂.6.V.1976,中−低−平:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、崩山、元池、3-6月、葉上、花上に多い。(峰ほか 1991-1992)

813.カタアカハナボタル Eropterus nothus (KIESENWETTER)     ※G
岩戸山 1♂.6.VII.1976,南:葉上で得られた、一例のみ。


814.ヒシベニボタル Dictyoptera gorhami (KONO)   F
雲仙岳 1♂.5.IV.1972,中:一例のみ。


815.メダカヒシベニボタル Dictyoptera oculata (GORHAM)    ※A
眉山 1♂.30.IV.1981,低:一例のみ。


816.ミスジヒシベニボタル Benibotarus spinicoxis (KIESENWETTER)    A
上木場 2♀.6.VI.1976,低:千本木、眉山、上木場、魚洗川、5-7月、葉上にみられる。


817.テングベニボタル Platycis nasutus (KIESENWETTER)      A
垂木 1♂.25.IV.1977,低−平:垂木、眉山、上木場、元池、4.5月、葉上にみられる。


818.ムネアカテングベニボタル Konoplatycis otome (KONO)     ※F
上木場 1♀.6.V.1976,低:田代原、眉山、上木場、4.5月、葉上にみられる。


819.ネアカクロベニボタル Cautires bourgeoisi (HAROLD)   F
上木場 1♀.30.VI.1976,低:葉上でみられた、一例のみ、
ジョウカイボン科 Cantharidae(34種)

820.ウスバツマキジョウカイ Malthinus nakanei WITTMER F
新山 2♂2♀.30.IV.1983,低−平:宝原、千本木、上木場、牧の内、新山、4.5月。本種はオ−プンランド性のようで、林縁や伐採地の樹葉上で得られる。(峰ほか 1991-1992)

821.キアシツマキジョウカイ Malthinus humeralis KIESENWETTER      ※F
赤松谷 1♂.16.VI.1981,田代原 10exs.2.VI.1994,低:樹葉上でみられた、二例のみ。


822.クロスジツマキジョウカイ Malthinus mucoreus KIESENWETTER F
上木場 1♂.18.VI.1977,低−平−南:赤松谷、千本木、眉山、上木場、山田原、杉谷、新山、崩山、元池、口之津公園、岩戸山、4-6月に樹葉上、シイなどの花上に多い。


823.ウスキチビジョウカイ Malthodes simplipygus WITTMER F
口之津公園 1♂.26.IV.1977,低−平−南:眉山、崩山、口之津公園、とけん山公園、権田、4月に、林縁の風が通る、樹の葉の下面にひっそり止まっている。


824.シマバラチビジョウカイ Malthodes sp.1(未記載種)     ※J
眉山 1♂.19.IV.1978,低−平−南:千本木、眉山、焼山、吾妻山、崩山、とけん山公園、権田、4月、林縁の樹葉下面。九州全域で見つかっているが、今のところ、多良岳山系では未発見である。九州の固有種。


825.キュウシュウチビジョウカイ Malthodes kyushuensis TAKAKURA       ※F
千本木 2♂.23.IV.1983,低:田代原、千本木、眉山、上木場、4月、林縁の樹葉下面。(今坂・西田 1989)

826.クシヒゲジョウカイ Laemoglyptus pectinatus (LEWIS)     F
上木場 1♂1♀.7.VII.1976,低:花上でみられた,一例のみ。暖地性の種であるが、少ない。


827.ヒメキンイロジョウカイ島原半島型 Themus midas (KIESENWETTER)    F
雲仙岳 1♂.12.VI.1986,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、千本木、上木場、焼山、牧の内、新山、5.6月に、シイ、グミ、サワフタギなどの花に飛来する。山頂に吹き上げで集まり、コマユミの花があれば時に交尾集団を形成する。多良岳(五家原岳)では、本種、ソボムラサキジョウカイ北九州亜種 Themus sobosanus kitakyushuensis、ニセジョウカイボンなどが集まっており、特に本種は多く、交尾中のカップルも多かった。あるいは、配偶者を呼ぶためのフェロモンを放出しているのかもしれない。島原半島産は上翅は黄色味の強い金紫色で、翅端の黄褐色部はかなり広く、脛節も黄褐色で特徴的である。多良岳産は上翅が濃い紫色で、翅端の黄褐色部が狭く、脛節は黒化することが多いのでかなり印象が異なり、本種の亜種と考えられるツシマムラサキジョウカイへの移行形とも言える色彩を呈する。(今坂 1987a,1989a,1989c;今坂・松尾 1989;峰ほか 1991-1992)

828.ヒメジョウカイ Athemus japonicus (KIESENWETTER)    F
田代原 1♂.25.IV.1980,低−平−南:田代原、千本木、眉山、上木場、諏訪池、焼山、上古賀、愛宕山、橘神社、吉川、口之津町、岩戸山、権田、4.5月、エノキやカエデの新芽、花上、葉上でみられる。(布施 1953b)

829.イシハラジョウカイ Athemus ishiharai ISHIDA F
眉山 1♂.10.IV.1977,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、4-6月にカエデ花上、樹葉上でみられる。(今坂 1987b:ヒサマツジョウカイ A.hisamatsui として),OKUSHIMA(1993)により、ヒサマツは本種のシノニムとされた。記載ペ−ジは本種の方が後にあるが、ヒサマツのタイプシリ−ズに複数種が含まれているため、こうした措置が取られたらしい。筆者も2種は同種と考え、今まで、ヒサマツとして記録してきた。ヒメジョウカイと紛らわしいが、爪の形で区別でき、本種はより深い森林で見られる。


830.ホソニセヒメジョウカイ Athemus okuyugawaranus TAKAHASHI F
雲仙岳 1♂.9.VI.1982,中−低:雲仙岳、田代原、千本木、眉山、4-6月、カエデ花上や、樹葉上に多い。ヒメジョウカイと紛らわしいが、体型や爪の形、上翅のストライプのようすなどで区別できる。(今坂 1987b)

831.セボシジョウカイ Athemus vitellinus (KIESENWETTER)     F
折橋 1♂.19.IV.1976,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、諏訪池、礫石原、牧の内、上古賀、焼山、山田原、愛宕山、中島、船津、吉川、口之津公園、口之津町、権田、4-6月、樹葉上、花上に多く、よく飛翔する。草地などのオープンランドでは最優先種。(布施1953b;峰ほか 1991-1992)

832.マツナガジョウカイ Athemus sp.5(未記載種) ※F
雲仙岳 1♂2♀.28.V.1987,中:雲仙岳、5.6月にブナ帯の樹葉上、サワフタギ花上に集まるが少ない。


833.クロホソジョウカイ Athemus aegrotus (KIESENWETTER)    F
千本木 1ex.30.IV.1982,7exs.8.V.1982,低:樹葉上、二例のみ。本種と次種は渓流や沢の周辺の茂みに見られる。島原半島では山地の流水環境は少なく、両種ともごく少数例が知られる。


834.フチヘリジョウカイ Athemus maculielytris ISHIDA F
千本木 1ex.8.V.1982,低:樹葉上で得られた、一例のみ。渓流沿いに限ってみられる。


835.ニシジョウカイボン黒肢型 Athemus luteipennis (KIESENWETTER)     F
千本木 1♂.10.V.1977,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、赤松谷、田代原、千本木、眉山、上木場、牧の内、焼山、礫石原、広高野、新山、白土、橘神社、船津、口之津町、権田、4-6月に、樹葉上、花上でみられるほか、灯火にも集まる。次種と比較して、より低地、よりオープンな場所に多い。小さい海峡を隔てた天草には黄肢型が分布する。(布施 1953b;山口 1960;今坂 1982d,1989c;今坂・阿比留 1989;峰ほか 1991-1992:以上すべてジョウカイボン A. suturellus (MOTSCHULSKY)として)

836.ニセジョウカイ Athemus infuscatus YAJIMA et NAKANE F
赤松谷 1♂.27.V.1980,中−低:雲仙岳、宝原、赤松谷、千本木、上木場、5-7月に、樹葉上、花上でみられ、山頂に吹き上げられる。灯火にも集まる。前種に比べて、高標高地、森林に多い。(今坂 1982d:Athemus sp.として;今坂 1989c)

837.クビアカジョウカイ金毛型 Athemellus oedemeroides (KIESENWETTER) F
上木場 1♂.23.IV.1977,中−低−平:雲仙岳、雲仙別所、雲仙ゴルフ場、田代原、垂木、千本木、眉山、上木場、焼山、上ノ原、とけん山公園、3-6月、樹葉上にみられ、灯火に集まる。まだ寒い早春に比較的多く灯火に集まり、甲虫の中では最も出現の早い種の1つである。長崎〜佐賀県産は上翅の立った毛は金色(金毛型)だが、熊本・大分両県の山地の個体は黒い(黒毛型)。


838.ムネアカクロジョウカイ Athemellus adusticollis (KIESENWETTER)   E
千本木 1♀.1.VI.1983,低:千本木、上木場、6月、樹葉上、花上。灯火にも集まる。


839.クリイロジョウカイ Stenothemus badius (KIESENWETTER)    ※E
雲仙岳 1♂1♀.30.VII.1985,中−低:雲仙岳、吹越、赤松谷、7.8月に樹葉上にみられ、灯火に集まる。


840.マルムネジョウカイ Prothemus ciusianus (KIESENWETTER)    F
赤松谷 1♂.20.V.1982,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、雲仙別所、雲仙ゴルフ場、赤松谷、千本木、眉山、上木場、牧の内、山田原、新山、愛宕山、岩戸山、4-6月、樹葉上、花上に多い。(峰ほか 1991-1992)

841.クロヒゲナガジョウカイ Habronychus providus (KIESENWETTER)    F
上木場 1♂.5.VI.1985,低−平:赤松谷、上木場、牧の内、尾登、中島、5.6月に、樹葉上、花上にみられ、小型のジョウカイとしては最も遅く出現する種の1つである。(峰ほか 1991-1992)

842.クビボソジョウカイ Podabrus heydeni KIESENWETTER F
千本木 1♂.8.V.1984,低:赤松谷、宝原、千本木、上木場、牧の内、4-6月にカエデ花上、樹葉上でみられる。(今坂 1989c;今坂・西田 1989;峰ほか 1991-1992)  本種よりオオニンフジョウカイまでは、従来 Podabrus 属の種として扱われてきた。筆者は別の論文でこれらをいくつかの属に分割することを提唱する予定であるが、まだ公表されていないので、取りあえず従来どおりの扱いをしておく。


843.ウンゼンクビボソジョウカイ Podabrus sp.(未記載種)(図4-37)      ※F
宝原 14♂9♀.25.V.1993,低:宝原、小地獄、田代原、5月に林縁の樹葉上にみられる。今坂(1989c)や今坂・西田(1989)では、本種を長野県以西の本州に分布するオオサワクビボソジョウカイ Podabrus osawai NAKANE et MAKINO の亜種として報告した。最近、福岡県英彦山では2型共に生息していることが解り、明らかに別種である事が判明した。本種は九州全域に分布し、前種より遅く、より高い標高に出現するが、今のところ、多良岳山系では見つかっていない。


844.ヒメシロニンフジョウカイ Podabrus sp.58(未記載種)(図4-38)        J
上木場 3♂1♀.20.V.1986,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、上木場、牧の内、5.6月に原生林内の明るい空間、山間の伐採地、林縁など陽地の樹葉上に見られる。生時は背面は乳白色で、死ぬと黄白色に変わる。九州の固有種。(峰ほか 1991-1992)  本種以下のニンフジョウカイはAsiopodabrus 亜属に含められている。


845.リョウコジョウカイ原亜種 Podabrus sp.8(未記載種)(図4-39)           J
雲仙岳 13♂11♀.28.V.1987,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、4-6月に原生林内の風通しの良い日陰の葉、カエデの日陰の花、暗い林縁などでみられる。背面は黒褐色で、本属の種としてはやや大型。九州の固有種で、多良岳以西の西九州と、背振山系、および英彦山以東の東九州で、それぞれ亜種化している。(今坂ほか 1987a;今坂   1987a;以上フチトリニンフジョウカイ−学名同じ−として;今坂 1989c)

846.ミツメニンフジョウカイ Podabrus nakaoi NAKANE J
雲仙岳 1♂.8.VI.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、上木場、5.6月、樹葉上、サワフタギ花上でみられるが少ない。九州と屋久島の固有種。


847.クロニンフジョウカイ九州亜種 Podabrus malthinoides hayato NAKANE F
崩山 1♂.1.IV.1977,低−平−南:宝原、赤松谷、田代原、垂木、千本木、眉山、上木場、諏訪池、東原、焼山、牧の内、上古賀、杉谷、新山、上の原、崩山、元池、橘神社、とけん山公園、口之津公園、岩戸山、権田、3-6月、種々の樹葉上、花上でみられ、半島内では中山帯を除く全域に分布する。樹林内でも、オープンな場所でもどちらでもみられ、内で最も生息環境が多様である。(峰ほか 1991-1992)

848.キイロニンフジョウカイ Podabrus ochraceus KIESENWETTER F
崩山 4♂.6.IV.1985,平−南:礫石原、猿葉、上の原、崩山、橘神社、とけん山公園、権田、3-5月に林縁の樹葉上、ノイバラ花上などにみられる。主として低地の林縁やオ−プンランドでみられ、林内ではみられない。


849.ウスグロニンフジョウカイ Podabrus sp.13(未記載種)(図4-40)      J
塔の坂 20♂25♀.16.V.1988 ,低−平:塔の坂、千本木、尾登、山田原、橘神社、5月に林縁やオ−プンランドの樹葉上でみられるが、やや局地的。九州の固有種で、西九州と東九州でそれぞれ色彩型が異なる。


850.ホソニンフジョウカイ Podabrus fragilis NAKANE et MAKINO F
雲仙岳 2♂1♀.30.VI.1982,中−低:雲仙岳、雲仙別所、赤松谷、千本木、4-6月に樹林の、樹葉上、花上でみられる。本種以下の Asiopodabrus 亜属の種は、中山−低山域に分布し、出現場所、出現時期、色彩共に、ヒメハナカミキリ属 Pidonia とほとんど同様で、同じ花、葉上でみられる。Pidonia による Asiopodabrus 亜属への擬態と考えている。


851.ナガサキニンフジョウカイ Podabrus sp.15(未記載種)   F
雲仙岳 3♂.1.VI.1983,中−低:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、4-6月に樹葉上、花上に多い。福岡県を除く九州全域に分布し、Asiopodabrus 亜属内で最も個体数が多い。


852.チビニンフジョウカイ Podabrus neglectus NAKANE F
千本木 1♂.10.V.1977,中−低:雲仙岳、吹越、千本木、4-6月に山地の樹葉上、花上に集まり、林内に多い。


853.オオニンフジョウカイ Podabrus sp.31(未記載種) J
焼山 2♂1♀.16.IV.1977,中−低:雲仙岳、焼山、4.6月に樹葉上、花上に集まるが、やや局地的。九州の固有種。

ホタルモドキ科 Omethidae(1種)

854.ホソホタルモドキ Drilonius striatulus KIESENWETTER F
上木場 2exs.2.VII.1976,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、上木場、木津、6-8月、アカメガシワ、クマノミズキ花上、葉上でみられるが、少ない。

ホタル科 Lampyridae(7種)

855.ムネクリイロボタル Cyphonocerus ruficollis KIESENWETTER F
眉山 1ex.5.VI.1976,中−低−平:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、眉山、上木場、牧の内、尾登、5-7月、葉上にみられる。(峰ほか 1991-1992)

856.カタモンミナミボタル Drilaster axillaris KIESENWETTER E
上木場 2exs.13.VI.1976,中−低,南:雲仙岳、赤松谷、上木場、牧の内、岩戸山、5-7月、葉上、花上にみられるが、多くない。(峰ほか 1991-1992)

857.ゲンジボタル Luciola cruciata MOTSCULSKY F
堀端 3exs.7.VI.1981,低−平−南:眉山、田代原、堀端、中島、口之津町、5-7月、夜間水辺を飛翔し、灯火に集まる。堀端では人工飼育が行われている。田代原キャンプ場付近の渓流には多い(布施 1953b)

858.ヘイケボタル Luciola lateralis MOTSCULSKY E
寺町 2exs.14.VI.1977,平−南:寺町、白土、堀端、口之津町、岩戸山、5-7月に湧水周辺でみられた。かつては、白土湖周辺や付近の田圃にも多く、自宅の庭にも飛来していたが、最近は見ない。(布施 1953b)

859.ヒメボタル Hotaria parvula (KIESENWETTER)   F
白雲の池 1ex.6.VII.1976,俵石 1ex.24.VI.1977,田代原 7♂1♀.15.VI.1994,低:三例のみ。この他、採集していないが、眉山中腹のテレビ中継所付近でもみたことがある。田代原から瑞穂町におりる県道沿いでは、スギ植林地の中で無数に光るのを見た。伐採によりかなり数が減ったのは残念である。


860.オオマドボタル Lychnuris discicollis (KIESENWETTER)    F
雲仙岳 1ex.21.VII.1976,中−低,南:雲仙岳、田代原、牧の内、口之津町、7月に葉上にみられ、林内を飛翔する。(布施 1953b,1958;池崎 1966;峰ほか 1991-1992)

861.オバボタル Lucidina biplagiata (KIESENWETTER)      A
雲仙岳 1ex.25.V.1976,中−低−平−南:雲仙岳、宝原、白雲の池、赤松谷、田代原、千本木、上木場、牧の内、山田原、新山、崩山、口之津町小利、権田、岩戸山、5-7月、葉上、花上。灯火にも来る。(布施・山根 1951;池崎    1966;峰ほか 1991-1992)
カツオブシムシ科  Dermestidae(8種)

862.トビカツオブシムシ Dermestes ater DEGEER A
白土 1ex.18.VIII.1977,平:白土、7-9月に灯火で得られる。


863.スジカツオブシムシ Dermestes freudi KALIK et N.OHBAYASHI   ※B
長浜 1ex.1.VII.1978,平:灯火で得られた、一例のみ。


864.ケアカカツオブシムシ Dermestes tessellatocollis MOTSCULSKY A
萩原 1ex.9.IV.1978,平:鶏舎付近のスウィ−ピングで得られた、一例のみ。


865.ヒメカツオブシムシ Attagenus unicolor japonicus REITTER A
白土 1ex.30.V.1981,低−平:愛宕山、白土、5月、葉上、灯火に飛来する。


866.カマキリタマゴカツオブシムシ Thaumaglossa rufocapillata REDTENBACHER C
上木場 1♂.16.VI.1981,低−平−南:赤松谷、千本木、眉山、上木場、新山、岩戸山、4-7月、葉上、花上に多く、灯火にも集まる。


867.クロヒゲブトカツオブシムシ Thaumaglossa hilleri REITTER   ※C
上木場 1ex.20.V.1987,低:一例のみ。


868.シロオビマルカツオブシムシ Anthrenus nipponensis KALIK et N.OHBAYASHI   ※C
本光寺 1ex.28.IV.1987,平:新山、本光寺、4.5月、シイ、クロミノサワフタギ花上でみられたが、少ない。


869.ヒメマルカツオブシムシ Anthrenus verbasci (LINNE)      A
寺町 1ex.6.V.1980,低−平−南:赤松谷、新山、本光寺、白土、寺町、崩山、白浜、4-6月、キク科の花に多く、しょっちゅう、防虫剤が切れた標本を食われる。

ヒラタキクイムシ科 Lyctidae(3種,同定:岩田)

870.ケブトヒラタキクイムシ Minthea rugicollis (WALKER)     A
白土 8exs.28.VI.1983.(岩田 1988),平:白土、5.6月に灯火でみられた。


871.アラゲヒラタキクイムシ Lyctoxylon dentatum (PASCOE)    ※C
白土 1ex.3.VII.1984,1ex.20.VI.1985,平:灯火で得られた、二例のみ。


872.ヒラタキクイムシ Lyctus brunneus (STEPHENS)     B
白土 1♂.19.VII.1979,平:白土、5-7月、灯火に集まる。

ナガシンクイムシ科 Bostrychidae(6種)

873.コナナガシンクイ Rhizopertha dominica (FABRICIUS) ※A
長浜 1ex.12.IX.1977,平−南:白土、長浜、貝瀬、5.9月、灯火で得られた。


874.ホソタケナガシンクイ Dinoderus speculifer LESNE   ※F
上木場 1ex.20.IV.1986,低:枯れ枝で得られた、一例のみ。


875.カキノフタトゲナガシンクイ Sinoxylon japonicum LESNE F
上木場 1ex.6.V.1977,低,南:上木場、口之津町三軒屋、4.5月に枯れ枝で採集。(布施 1953a,1953b)

876.セマダラナガシンクイ Lichenophanes carinipennis (LEWIS)      C
眉山 1ex.9.VIII.1976,低−平:眉山、大野木場、新山、白土、有馬川、6-9月、灯火によく集まる。


877.オオナガシンクイ Heterobostrychus hamatipennis (LESNE)      B
新山 1ex.15.VII.1977,平−南:新山、白土、中島、白浜、6.7月、灯火に集まる。


878.ガロアヒメナガシンクイ Xylopsocus galloisi LESNE F
赤松谷 1ex.19.VI.1979,低:枯れ枝で得られた、一例のみ。

ヒョウホンムシ科 Ptinidae(3種)

879.ニセセマルヒョウホンムシ Gibbium aequinoctiale BOIELDIEU C
千本木 1ex.10.V.1976,低−平−南:千本木、白土、口之津町(布施1953b:セマルヒョウホンムシとして),1.5.7月。冬期には住宅内をはっていることが多く、春〜夏には野外で見つかる。


880.ヒメヒョウホンムシ Ptinus clavipes PANZER      ※C
崩山 1ex.31.III.1976,平:一例のみ。


881.ナガヒョウホンムシ Ptinus japonicus REITTER      ※A
新山 1♂.24.XII.1976,低−平:白谷、新山、白土、口之津町(布施1953b:ヒョウホンムシとして),1.2.4.12    月、住宅内や樹皮下でみつかる。

シバンムシ科 Anobiidae(15種)

882.ケオビトサカシバンムシ Ptinomorphus exilis (KIESENWETTER)    F
岩戸山 1ex.12.IV.1976,低−平−南:赤松谷、田代原、千本木、眉山、岩戸山、4月に樹葉上、枯れ枝に多い。


883.ヒメトサカシバンムシ Anhedobia capucina (REITTER)      F
岩戸山 1ex.12.IV.1976,低−平−南:赤松谷、眉山、新山、崩山、元池、吉川、岩戸山、3-5月、樹葉上。


884.マツザイシバンムシ Ernobius mollis (LINNE)      A
白浜 2exs.26.V.1978,平−南:元池、白浜、岩戸山、3.5月、枯れ枝、灯火に集まる。


885.ザウテルシバンムシ Falsogastrallus sauteri PIC      ※C
白土 1ex.17.VI.1979,平:灯火で得られた、一例のみ。本種からヒメマルシバンムシまでの種のうち、多くは、野外ではほとんどみられず、住宅地内で、初夏〜夏期の無風で蒸し暑い夜に灯火に集まるのをみることが多い。多くは、人為的な貯穀、標本、建材などに依存しているものと思われる。


886.ジンサンシバンムシ Stegobium paniceum (LINNE)  ※B
白土 1ex.20.VI.1985,平:灯火で得られた、一例のみ。


887.ケブカシバンムシ Nicobium hirtum (ILLIGER)     ※C
吹越 1ex.24.VII.1985,低−平:吹越、白土、6-8月、樹葉上、灯火。


888.セスジタワラシバンムシ Holcobius japonicus (PIC)※F
岩戸山 1ex.9.V.1976,南:樹葉上で得られた、一例のみ。


889.ケモンセスジシバンムシ Xyletinus tomentosus SAKAI     ※G
寺町 1ex.28.VII.1977,平:灯火で得られた、一例のみ。


890.タバコシバンムシ Lasioderma serricorne (FABRICIUS)     ※B
白土 1ex.24.VII.1977,平:白土、7月に灯火に集まる。


891.ヒメマルシバンムシ Cryptoramorphus longinsculus (REITTER)       ※H
白土 1ex.26.VII.1983,岩戸山 1ex.6.VII.1976,平−南:灯火で得られた、二例のみ。


892.マルシバンムシの1種 Gen.sp.(図4-41)    ※M
千本木 1ex.31.V.1977,低:一例のみ。黒色で、2.5mm。卵形で、淡色長毛を密生し、上翅には十条の条溝を持つ。触角は11節で、5.7.9.10節は内側に長く張り出す。日本未記録種と考えられる。本種以下の種はホコリタケなどの菌糸類に依存する種と考えられるが、互いに良く似ていて、♂の触角の形が様々に変化する以外は区別が難しい。葉上やキノコで時折みられるが、個体数は少ない。


893.タマキノコシバンムシの1種 Dorcatoma sp.(図4-42)     ※M
赤松谷 1♂.24.V.1982,低:一例のみ。黒色で、2.3mm、シガキノコシバンムシ D. shigaensis N.OHBAYASHI に似るが、触角先端3節は櫛歯状で長く伸びる。日本未記録種と考えられる。


894.クリイロタマキノコシバンムシ Byrrhodes nipponicus SAKAI F
上木場 1♂.5.VI.1985,雲仙岳 1♂.30.VII.1985,中−低:二例のみ。


895.ムネアカタマキノコシバンムシ Byrrhodes irregularis SAKAI    ※F
田代原 1ex.26.VII.1989,低:一例のみ。


896.ヒメホコリタケシバンムシ Caenocara rufitarsi (REITTER)     ※E
吹越 1ex.20.VI.1986,岩戸山 1ex.6.VII.1976,低,南:二例のみ。

コクヌスト科 Trogossitidae(1種)

897.オオコクヌスト Trogossita japonica REITTER A
田代原 3exs.21.VII.1976,低,南:田代原、野田浜、4.7月にマツの枯れ木の樹幹につくキツネノチャブクロに集まるが、局地的で少ない。

カッコウムシ科 Cleridae(12種)

898.ホソカッコウムシ Cladiscus obeliscus LEWIS F
眉山 1ex.9.VIII.1976,中−低:雲仙岳、眉山、8月、山頂に吹上げで集まるが少ない。(今坂 1977c,1982f)

899.ヨツモンチビカッコウムシ Isoclerus pictus LEWIS F
赤松谷 1ex.12.VI.1977,低:キノコで得られた一例のみ。(今坂 1977c,1981a,1982f)

900.ヤマトヒメメダカカッコウムシ Neohydnus hozumii NAKANE F
森山町 1ex.8.VIII.1989.(今坂・西田 1989),平:アシのビ−ティングで得られた、一例のみ。アシの葉上に限ってみられる種で、分布も局所的である。各地の河原、海岸などに生息していると考えられるが、生息地は足場が    悪く、生物相も貧弱な場所であるため、九州では記録が少ない。


901.ムナグロナガカッコウムシ Opilo niponicus LEWIS F
上木場 1ex.18.VI.1977,中−低−平:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、新山、5-8月。(今坂 1982f)

902.キオビナガカッコウムシ Opilo carinatus LEWIS F
雲仙岳 1ex.6.VII.1976,中−低:雲仙岳、雲仙ゴルフ場、赤松谷、4-10月、前種とともに樹葉上にみられるが、本種の方が、より高い標高の林に多い。(今坂 1977c,1982f)

903.ダンダラカッコウムシ Stigmatium pilosellum (GORHAM)    E
田代原 1ex.30.V.1976,中−低,南:雲仙ゴルフ場、赤松谷、田代原、眉山、上木場、岩戸山、4-8月、伐採木、枯れ葉にみられる。(今坂 1977c,1982f)

904.クロダンダラカッコウムシ Stigmatium nakanei IGA E
上木場 1ex.19.VI.1977,低:伐採木で得られた、一例のみ。前種より、山地、森林でより多い。


905.アリモドキカッコウムシ Thanassimus lewisi JACOBSON E
上木場 1ex.30.IV.1983,低:伐採木で得られた、一例のみ。


906.キムネツツカッコウムシ Tenerus maculicollis LEWIS C
上木場 1ex.1.V.1987,低−平:田代原、眉山、俵石、上木場、白土、5.7月に伐採木や灯火に集まる。(今坂
1977c,1982f)

907.シロオビカッコウムシ Tarsostenus univittatus (ROSSI)    B
長浜 1ex.1.VII.1978,平:白土、長浜、7月に住宅地周辺で灯火に集まる。(今坂 1982f)

908.アカクビホシカムシ Necrobia ruficollis (FABRICIUS)    ※B
新山 1ex.11.VII.1977,平:萩原、新山、白土、4.7.8月、灯火、鶏舎付近のスウィ−ピング。本種と次種は、養鶏場の鳥の死骸などから、主として発生しているのではないかと考える。(今坂 1977c,1982f)

909.アカアシホシカムシ Necrobia rufipes (DEGEER)B
白土 1ex.14.X.1977,平:高野、白土、6.9.10月、灯火。(今坂 1982f)
ジョウカイモドキ科 Melyridae(10種)

910.クロアオケシジョウカイモドキ Dasytes japonicus KIESENWETTER      ※F
元池 1ex.23.III.1976,低−平:眉山、元池、3.5月に花上でみつかる。


911.コケシジョウカイモドキ Celsus spectabilis LEWIS F
眉山 1ex.11.V.1976,低−平:眉山、上木場、諏訪池、牧の内、本光寺、元池、4-6月にシイ花上に集まるが、やや局所的。(峰ほか 1991-1992)

912.ヒロオビジョウカイモドキ Laius historio KIESENWETTER F
上木場 1ex.7.VII.1976,中−低−平−南:雲仙岳、上木場、魚洗川、富士山、岩戸山、7.8月に樹葉上、花上に多い。


913.キアシオビジョウカイモドキ Laius pellegrini PIC F
上木場 1ex.7.VII.1976,低:眉山、上木場、7.8月に樹葉上、花上でみられるが、少ない。


914.イソジョウカイモドキ Laius asahinai NAKANE     ※F
早崎 2♂.22.VII.1980,布施採集,10♂17♀.11.VII.1984,17♂22♀.25.VII.1984,愛野展望所下 2♂3♀.13.
VIII.1999,四例のみ。平−南:早崎の灯台付近や愛野展望所下の岩場で、干潮時にカキや海藻が多くついた岩の上を歩いているものを採集した。(布施 1958;今坂 1985b,1987a)

915.ツマキアオジョウカイモドキ Malachius prolongatus MOTSCHULSKY E
上木場 1ex.22.IV.1976,低−平:千本木、上木場、上古賀、新山、崩山、4.5月にグミ、シイ、コナラ、クヌギなど各種の花上に多い。


916.クギヌキヒメジョウカイモドキ Ebaeus oblongulus (KIESENWETTER)      F
岩戸山 2♂.9.V.1976,低−平−南:赤松谷、千本木、眉山、新山、元池、愛宕山、富士山、橘神社、吉川、白浜、権田、岩戸山、3-5月に、低地の葉上、花上に多い。


917.ヒメジョウカイモドキ Nepachys japonicus (KIESENWETTER) F
雲仙岳 2exs.6.VII.1976,中−低:雲仙岳、上木場、7.8月、ノリウツギ花上に集まる。


918.ホソヒメジョウカイモドキ Attalus elongatulus LEWIS(図4-43)      ※J
岩戸山 1♂1♀.9.V.1976,南:早崎、岩戸山、4.5月にシイやハマウドの花上に集まる。♂の上翅末端は黄白色で、やや透ける。次種と混同されているが、県内での確実な記録は当地、野母崎、五島、対馬などで、佐賀県の離島でも記録されている。対馬海流に沿って、九州西岸に分布するようである。(今坂 1987a)

919.カイモンヒメジョウカイモド Attalus kaimon NAKANE(図4-44)   ※F
口之津公園 4♂5♀.26.IV.1977,南:口之津公園、早崎、岩戸山、4.5月、シイ、ハマウド花上に前種と共にみられた。本種は本州、四国、九州の暖地に広く分布し、従来、前種として報告されていた記録の大部分が、実は上記の地方も含めて本種のことを示していると考えられる。

ヒメキノコムシ科 Sphindidae(1種)

920.マルヒメキノコムシ Aspidiphorus japonicus REITTER      ※E
とけん山公園 1ex.19.IX.1993,平:粘菌の表面についていた、一例のみ。

ネスイムシ科 Rhiphagidae(5種)

921.ホソムネデオネスイ Monotoma longicollis (GYLLENHAL)  ※A
白土 2exs.31.V.1986,平:灯火にきた、一例のみ。九州初記録と考えられる。


922.トビイロデオネスイ Monotoma picipes HERBST E
白土 2exs.8.V.1978,平:新山、白土、5-8月に灯火に集まり、枯れ草中にみられる。


923.オオバケデオネスイ Mimemodes emmerichi MADER(図4-45)  ※F
田代原 1ex.30.V.1988,低:一例のみ。Unzen(MARDER 1937,佐々治 1982)の記録もある。


924.オバケデオネスイ Mimemodes monstrosus (REITTER)       F
早崎 1ex.25.V.1985,南:吉川、早崎、白浜、4-6月に枯れススキで得られた。


925.コバケデオネスイ Mimemodes japonus (REITTER)     ※G
雲仙岳 1ex.6.VII.1983,中:一例のみ。

タマキスイ科 Cybocephallidae(1種)

926.タマキスイの1種 Cybocephalus sp.    K
貝瀬 1ex.18.V.1983,雲仙岳 1ex.30.VII.1985,二例のみ。中,南:キムネタマキスイ Cybocephalus
nipponicus ENDRODY-YOUNGA に似るが色彩が異なり、1.2-1.4mm,上翅は黒色、前胸と頭は貝瀬産では黒褐色、雲仙岳産では頭のみ黄褐色、足と触角、前胸側縁は淡色。

ケシキスイムシ科 Nitidulidae(44種)

927.キイロチビハナケシキスイ Heterhelus japonicus (REITTER)     ※E
上木場 1ex.24.IV.1978,低:眉山、上木場、4月、次種と共にニワトコ花上に多い。


928.クロチビハナケシキスイ Heterhelus morio (REITTER)      A
眉山 1ex.9.IV.1976,低:眉山、上木場、4月、ニワトコ花上。


929.カタベニデオキスイ Urophorus humeralis (FABRICIUS)     ※B
水無川 2exs.23.VIII.1977,平:本種からモンチビヒラタケシキスイまでの種のうち、クロハナケシキスイを除く各種は、畑の腐った果実(スイカ、メロン、ミカンなど)に集まる。


930.クリイロデオキスイ Carpophilus marginellus MOTSCHULSKY※B
水無川 6exs.23.VIII.1977,低−平:千本木、崩山、元池、水無川、3.5.8.10月、腐敗植物質に多い。


931.クロハナケシキスイ Carpophilus chalybeus MURRAY B
千本木 1ex.17.V.1976,低,南:千本木、口之津町(布施 1953b)、4-5月にノイバラ等の花上に多い。


932.クリヤケシキスイ Carpophilus hemipterus (LINNE)      ※B
水無川 9exs.23.VIII.1977,平:腐敗植物質に集まる。


933.ガイマイデオキスイ Carpophilus dimidiatus (FABRICIUS)      ※G
白土 1ex.11.VIII.1980,1ex.26.VII.1983,平:灯火にきた、二例のみ。九州初記録と思われる。


934.モンチビヒラタケシキスイ Haptoncus ocularis (FAIRMAIRE)      B
上木場 1ex.21.IV.1976,低−平−南:上木場、高野、崩山、白土、水無川、中島、前浜、4.6-8月、腐った果物、腐敗動物質などに多い。灯火、ベイトトラップ、落葉下でも得られる。


935.マメヒラタケシキスイ Haptoncuria paulula (REITTER)  B
牧の内(峰ほか 1991-1992),低:一例のみ。


936.キバナガヒラタケシキスイ Epuraea mandibularis REITTER   ※A
新山 2exs.15.IV.1976,平:一例のみ。


937.ツバキヒラタケシキスイ Epuraea commutata Grouvelle     ※B
牧の内(峰ほか 1991-1992),低:一例のみ。


938.ヒメヒラタケシキスイ Epuraea domina REITTER     ※G
上木場 1ex.22.IV.1976,中−低−平:雲仙岳、上木場、杉谷、崩山、4-6.9.12月、灯火。


939.キボシヒラタケシキスイ Omosita colon (LINNE)     A
水無川 1ex.1.IV.1980,平−南:萩原、水無川、白土、岩戸山、4.7.8.10月、腐敗植物質、灯火に集まる。


940.ヘリグロヒラタケシキスイ Omosita discoidea (FABRICIUS)※A
岩戸山 1ex.9.V.1976,平−南:水無川、崩山、岩戸山、4.5.12月、落葉下にみられる。


941.マルキマダラケシキスイ Stelidota multiguttata REITTER B
崩山 3exs.18.IX.1977,低−平:眉山、杉谷、新山、崩山、寺町、1.3.9.10月、落葉下に多い。


942.コクロヒラタケシキスイ Ipidia sibirica (REITTER)      A
千本木 1ex.13.IX.1978,低:一例のみ。


943.クロヒラタケシキスイ Ipidia variolosa variolosa REITTER A
田代原 1ex.18.V.1976,中−低:雲仙岳、小地獄、赤松谷、田代原、千本木、眉山、1.3.5.6.9.10月、キノコがついている立ち枯れ、倒木の樹皮下に多い。


944.アミモンヒラタケシキスイ Physoronia hilleri (REITTER)       E
吹越 1ex.24.VII.1985,低−平:吹越、水無川、7.8月。


945.キノコヒラタケシキスイ Physoronia explanata REITTER F
眉山 1ex.25.V.1976,中−低:雲仙岳、赤松谷、眉山、5.6.8月、ヒラタケ類に多い。キノコにつく甲虫は、タマキノコムシ、デオキノコムシ、ハネカクシなどの一部の種群を除いて、ほとんどが樹上性のキノコ(木材腐朽菌)に集まり、地上性のキノコには集まらない。


946.ケモンケシキスイ Atarphia fasciculata REITTER E
千本木 1ex.28.V.1977,低:キノコで得られた、一例のみ。


947.ヨツモンヒラタケシキスイ Atarphia quadripunctata REITTER     ※F
雲仙岳 1ex.6.VI.1977,中−低:雲仙岳、眉山、6.9月、ヒラタケなどにみられるが、少ない。


948.アカマダラケシキスイ Lasiodactylus pictus (MACLEAY)     B
水無川 1ex.23.VIII.1977,低−平−南:牧の内、高野、崩山、水無川、白土、前浜、野田浜、4-6.8.10月、ベイトトラップ、灯火に多く集まる。(峰ほか 1991-1992)

949.コブスジケシキスイ Lasiodactylus tuberculifer REITTER(図4-46)※J
崩山 4exs.18.IX.1977,平:崩山、寺町、とけん山公園、3.4.9月、落葉下でみつかるが局所的、九州の固有種。(今坂 1979a)

950.マルガタカクケシキスイ Pocadites japonus (REITTER)     ※F
千本木 2exs.1.VII.1976,低:千本木、眉山、5-7月にキノコに集まる。


951.ウスオビキノコケシキスイ Pocadites dilatimanus (REITTER)     E
眉山 2ex.13.VII.1876,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、眉山、上木場、4-8月、ヒラタケ類に多い。


952.クロモンカクケシキスイ Pocadius nobilis REITTER     ※F
眉山 1ex.30.IX.1978,低:キノコで得られた、一例のみ。


953.コゲチャセマルケシキスイ Amphicrossus japonicus REITTER C
千本木 1ex.11.VII.1981,低−平:千本木、牧の内、白木野、とけん山公園、7-9月にクヌギ樹液に集まる。(峰ほか 1991-1992)

954.ドウイロムクゲケシキスイ Aetina aeneipennis REITTER B
上木場 2exs.30.VI.1976,中−低:雲仙岳、千本木、上木場、5-7月、カエデ等の花上に多い。


955.クロマルケシキスイ Cyllodes ater (HERBST)   A
眉山 1ex.30.IX.1978,中−低:雲仙岳、田代原、眉山、愛宕山、4-7.9.11月、キノコ、樹皮下に多い。


956.ワモンマルケシキスイ Cyllodes nakanei HISAMATSU F
雲仙岳 1ex.11.IX.1979,中:キノコにきた、一例のみ。


957.アシナガマルケシキスイ Pallodes cyrtusoides REITTER     ※G
眉山 2exs.30.IX.1978,熊野神社 1ex.13.IV.1979,低−平:落葉下で得られた、二例のみ。


958.タテスジマルケシキスイ Neopallodes omogonis HISAMATSU F
眉山 2exs.30.IX.1978,雲仙岳 1ex.11.IX.1979 ,中−低:キノコで得られた、二例のみ。


959.モンクロアカマルケシキスイ Neopallodes hilleri (REITTER)     A
雲仙岳 2exs.29.IX.1981,中−低:雲仙岳、赤松谷、9.10月、キノコでみつかる。


960.ネアカマルケシキスイ Neopallodes inermis REITTER※F
雲仙岳 5exs.10.VI.1980,中−低:雲仙岳、眉山、4.6月、キノコに集まるが、多くない。


961.ツヤマルケシキスイ Neopallodes vicinus GROUVELLE     ※C
眉山 1ex.30.V.1977,低−平:眉山、高野、5.9.10月、落葉下。


962.ムネアカチビケシキスイ Meligethes flavicollis REITTER A
雲仙岳 1ex.15.VI.1976,中:花上で得られた、一例のみ。


963.キベリチビケシキスイ Meligethes violaceus REITTER A
千本木 2exs.10.V.1976,低−平:眉山、千本木、上木場、新山、水無川、4-5月にノイバラの花上に多い。


964.オドリコソウチビケシキスイ Meligethes morosus ERICHSON     ※A
橘神社 5exs.19.IV.1993,平:橘神社、木津、4月にオドリコソウの花の中に潜っている。


965.チビコオニケシキスイ Cryptarcha inhalita REITTER     ※A
千本木 1ex.19.IV.1976,低:一例のみ。


966.ルイスコオニケシキスイ Cryptarcha lewisi REITTER C
千本木 3exs.14.VII.1978,低−平:千本木、牧の内、白土、とけん山公園、6.7.9月、クヌギ樹液、灯火に集まる。(峰ほか 1991-1992)

967.ヒョウモンケシキスイ Librodor pantherinus (REITTER)       ※A
眉山 1ex.13.VII.1976,中−低:雲仙岳、眉山、6.7月、キノコに集まるが、少ない。


968.アカハラケシキスイ Librodor rufiventris (REITTER)      A
赤松谷 2exs.12.VI.1977,中−低:雲仙岳、赤松谷、6.9月、キノコに集まるが、少ない。


969.ヨツボシケシキスイ Librodor japonicus (MOTSCULSKY)     A
上木場 1♂.7.VII.1976,低−平−南:雲仙、田代原、俵石、千本木、眉山、上木場、牧の内、島原ゴルフ場、白土、とけん山公園、前浜、5-9.11月、クヌギ樹液に集まり、灯火にも来る。子どもの頃、大顎の形から、クワガタの子どもと信じていた。(峰ほか 1991-1992)

970.ツツオニケシキスイ Librodor subcylindricus REITTER E
赤松谷 2exs.12.VI.1977,中−低:雲仙岳、赤松谷、田代原、4.6月、樹皮下。

ヒラタムシ科 Cucujidae(6種)

971.クロムネキカワヒラタムシ Pediacus japonicus REITTER     ※F
赤松谷 2exs.30.IV.1979,中−低:赤松谷、上木場、4月に樹皮下にみられる。


972.モンチビヒラタムシ Notolaemus cribratus (REITTER)(図4-47) ※C
上木場 1ex.30.IV.1988,低:樹皮下で得られた、一例のみ。九州の記録は少ない。


973.ルイスチビヒラタムシ Notolaemus lewisi (REITTER)     ※C
白土 2exs.11.VIII.1980,平:灯火で得られた、一例のみ。


974.オオキバチビヒラタムシ Nipponophloeus dorcoides (REITTER)      A
赤松谷 1ex.12.VI.1977,低−平:赤松谷、千本木、高野、白土、中島、5-7月、灯火に集まる。


975.カドムネチビヒラタムシ Placonotus testaceus (FABRICIUS)      B
赤松谷 5exs.20.XI.1979,低:樹皮下で得られた、一例のみ。


976.ホソチビヒラタムシ Leptopholoeus femoralis SASAJI     ※F
千本木 3exs.20.V.1986,低:伐採地の枯れヅルで得られた、一例のみ。

ホソヒラタムシ科 Silvanidae(8種)

977.ヒメフタトゲホソヒラタムシ Silvanus lewisi REITTER C
杉谷 1ex.1.V.1978,低−平:上木場、高野、杉谷、白土、4-6月、枯れ草に多く、灯火に集まる。


978.ミツカドコナヒラタムシ Silvanoprus scuticollis (WALKER)    ※B
新山 1ex.12.VI.1978,平:新山、6月、灯火で得られた。


979.Silvanoprus longicollis (REITTER)     ※M
岩戸山 2exs.7.IX.1977,平:灯火で得られた、一例のみ。


980.ホソヒラタキスイ Silvanoprus inermis (REITTER)    ※F
岩戸山 1ex.12.IV.1976,平−南:新山、白土、長浜、岩戸山、4.6.7月、灯火に集まる。


981.カドコブホソヒラタムシ Ahasverus advena (WALTL)       F
白土 1ex.6.VII.1978,平−南:白土、吉川、前浜、7.8.10月、枯れ草に多く、灯火に集まる。


982.ノコギリヒラタムシ Oryzaephilus surinamensis (LINNE)B
千々石海岸 1ex.21.III.1995,平:枯れ草で得られた、一例のみ。


983.ミツモンセマルヒラタムシ Psammoecus triguttatus REITTER E
田代原 1ex.2.VI.1977,低−平−南:田代原、千本木、牧の内、礫石原、高野、白土、中島、有馬川、白浜、6-8.10月に低地の枯れ草、伐採地などの枯れ葉に多く、灯火に集まる。(峰ほか 1991-1992)

984.クロオビセマルヒラタムシ Psammoecus fasciatus REITTER     ※E
赤松谷 1ex.6.V.1977,低:赤松谷、田代原、千本木、5.9.10月、山地の枯れ葉に多い。

オオキスイムシ科 Helotidae(1種)

985.ヨツボシオオキスイ Helota gemmata GORHAM E
千本木 1ex.14.VIII.1988,低:千本木、牧の内、白木野、8月にクヌギ樹液に多かったが、最近は樹液が出てい る大きなクヌギが少ないせいか、あまりみられない。(峰ほか 1991-1992)
キスイムシ科 Cryptophagidae(10種)

986.クロノコムネキスイ Henoticus japonicus NAKANE et HISAMATSU F
上木場 2exs.20.V.1976,低−平−南:上木場、杉谷、白浜、岩戸山、4.5月、花上、葉上に多い。


987.ウスイロキスイ Cryptophagus dilutus REITTER    ※F
吉川 1ex.15.IV.1980,南:一例のみ。


988.ウスバキスイ Cryptophagus cellaris (SCOPOLI)※C
山田原 1ex.24.V.1993,中−低−平−南:雲仙岳、千本木、眉山、牧の内、高野、山田原、杉谷、本光寺、萩原、吉川、岩戸山、4-6.11月、枯れ草、葉上、花上に多い。今坂ほか(1994)を始めとして、筆者が従来 クロモンキスイ Cryptophagus decoratus REITTER として報告してきた種は、本種に訂正したい。峰ほか(1991-1992)のクロモンキスイも本種の記録とみなした。


989.ノコバキスイ Cryptophagus micramboides REITTER    ※H
船津 1ex.8.V.1993,平−南:高野、崩山、水無川、船津、早崎、4.5.11.12月、枯れ葉、落葉下にみられる。


990.ダエンキスイ Dernostea tanakai SASAJI      ※F
雲仙岳 1ex.24.V.1982,中:一例のみ。


991.フタフシセマルキスイ Sternodea japonica SASAJI    ※J
雲仙岳 1ex.27.IX.1977,中:一例のみ。九州の固有種。


992.ケナガセマルキスイ Atomaria horridula REITTER    ※A
白土 2exs.6.VI.1993,低−平:牧の内、白土、6月、灯火に集まる。(峰ほか 1991-1992)

993.ナガマルキスイ Atomaria punctatissima REITTER    ※E
崩山 1ex.22.X.1977,平:崩山、白土、6.9月、灯火に集まり、枯れ草にみられる。


994.キイロセマルキスイ Atomaria lewisi REITTER     ※B
有馬川 2exs.15.VI.1978,低−平:上木場、萩原、白土、有馬川、船津、4-6月、枯れ草に多く、灯火に集まる。995.マルガタキスイ Curelius japonicus (REITTER)      G
白土 2exs.11.VIII.1978,平−南:高野、白土、中島、口之津公園、前浜、野田浜、4.6.8月、枯れ草にいるが、灯火で得られることが多い。

ムクゲキスイムシ科 Biphyllidae(8種)

996.ムナビロムクゲキスイ Biphyllus aequalis (REITTER)      ※F
寺町 1ex.14.X.1977,平:落葉下で得られた、一例のみ。


997.カタモンムクゲキスイ Biphyllus humeralis (REITTER)     ※F
雲仙岳 1ex.5.IX.1978,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、5.6.9月、キノコに集まる。


998.クロアシムクゲキスイ Biphyllus japonica SASAJI      ※F
千本木 1ex.20.V.1986,低:キノコで得られた、一例のみ。九州の記録はごく少ない。


999.フトナミゲムクゲキスイ Biphyllus complexus SASAJI       ※F
雲仙岳 1ex.4.X.1978,1ex.18.X.1981,中:二例のみ。少ない。


1000.ハスモンムクゲキスイ Biphyllus rufopictus (WOLLASTON) F
上木場 1ex.20.V.1976,中−低−平:雲仙岳、千本木、眉山、上木場、高野、熊野神社、崩山、3.5.6.9.10月、キノコ、落葉下に多い。


1001.ベニモンムクゲキスイ Biphyllus suffusus (WOLLASTON)F
雲仙岳 2exs.4.X.1978,中−低:雲仙岳、赤松谷、千本木、5.8.10月、キノコでみられる。


1002.クリイロムクゲキスイ Biphyllus throscoides (WOLLASTON)      F
杉谷 2exs.1.V.1978,低−平:千本木、高野、杉谷、白土、5.7-9月、枯れ枝、落葉下、灯火にも良く集まる。


1003.セスジムクゲキスイ Biphyllus marmoratus (REITTER)F
千本木 1ex.29.IV.1987,低:枯れヅルで得られた、一例のみ。

キスイモドキ科 Byturidae(2種)

1004.ズグロキスイモドキ Byturus atricollis REITTER G
上の原 1ex.11.IV.1981,平:上の原、崩山、元池、4月、低地のキイチゴ花上に多い。


1005.キスイモドキ Byturus affinis REITTER F
雲仙岳 1ex.10.VI.1980,中−低:雲仙岳、赤松谷、5.6月、キイチゴ花上。前種は低地に、本種は山地に産し、殆ど混生しない。

コメツキモドキ科 Languriidae(11種)

1006.アカスジナガムクゲキスイ Cryptophilus hiranoi SASAJI F
高野 1ex.8.V.1993,平:枯草中から得られた、一例のみ。九州の記録は少ない。


1007.ヒラナガムクゲキスイ Cryptophilus obliteratus REITTER F
崩山 1ex.5.XII.1975,低−平:高野、崩山、萩原、白土、4-6.12月、枯草中にみられ、灯火に集まる。


1008.ヒメムクゲオオキノコムシ Cryptophilus propinquus REITTER   ※F
白土 1ex.19.VII.1979,平:灯火に飛来した、一例のみ。


1009.キイロムクゲオオキノコムシ Cryptophilus cryptophagoides GROUVELLE  ※C
高野 2exs.9.VI.1993,白土 1ex.11.VIII.1980,平:枯草中と灯火で得られた、二例のみ。


1010.ケナガマルキスイ Toramus glisonothoides REITTER  ※F
崩山 1ex.2.III.1978,口之津公園 1ex.11.VI.1993,平−南:枯草中で得られた、二例のみ。


1011.ケシコメツキモドキ Microlanguria jansoni (CROTCH)    B
口之津公園 1ex.26.IV.1977,低−平−南:千本木、上木場、吉川、口之津公園、4.5.9月、ススキ、イネ科。


1012.アカヒメコメツキモドキ Anadastus filiformis (FABRICIUS)※B
白浜 2exs.29.VI.1978,南:白浜、5.6月、枯れ草。暖地性のイネの害虫。


1013.キムネヒメコメツキモドキ Anadastus atriceps (CROTCH)    F
雲仙岳 1ex.6.VI.1977,中−低:雲仙岳、上木場、6.7月、葉上にみられる。


1014.ツマグロヒメコメツキモドキ Anadastus praeustus (CROTCH)    G
口之津公園 5exs.17.IV.1987,中−低,南:雲仙岳、魚洗川、口之津公園、4.8.10月、葉上でみられる。


1015.ルイスコメツキモドキ Languriomorpha lewisi (CROTCH)      ※E
千本木 1ex.20.VI.1977,低:樹葉上で得られた、一例のみ。


1016.ニホンホホビロコメツキモドキ Dauledaya bucculenta (LEWIS)(図4-48)   ※F
戸の隅の滝 1♂.30.I.1979,低−平−南:戸の隅の滝、白土、愛宕山、宮ノ町、八石、1.4.5月、メダケに四角い産卵加工の傷をつけ、幼虫は枯れ竹の空洞の内側を嘗めるように食べる。

図4説明(すべて今坂採集)

33.アヤムナビロタマムシ Sambus quadricolor quadricolor E.SAUNDERS 早崎 7.VII.1988.

34.ケシツブタマムシ Haplostethus insperatus (Y.KUROSAWA) 宮ノ町 29.IV.1987.

35.アカガネエグリタマムシ Endelus pyrrosiae pyrrosiae Y.KUROSAWA 元池 2.IV.1977.

36.ミスジツブタマムシ Paratrachys hederae hederae E.SAUNDERS 岩戸山 6.VII.1976.

37.ウンゼンクビボソジョウカイ Podabrus sp.(未記載種) 宝原 ♂.25.V.1993.

38.ヒメシロニンフジョウカイ Podabrus sp.58(未記載種) 上木場 ♂.20.V.1986.

39.リョウコジョウカイ原亜種 Podabrus sp.8(未記載種) 雲仙岳 ♂.28.V.1987.

40.ウスグロニンフジョウカイ Podabrus sp.13(未記載種) 塔の坂 ♂.16.V.1988.

41.マルシバンムシの1種 Gen.sp. 千本木 1ex.31.V.1977.

42.タマキノコシバンムシの1種 Dorcatoma sp. 赤松谷 1♂.24.V.1982.

43.ホソヒメジョウカイモドキ Attalus elongatulus LEWIS 岩戸山 ♂.9.V.1976.

44.カイモンヒメジョウカイモド Attalus kaimon NAKANE 口之津公園 ♂.26.IV.1977.

45.オオバケデオネスイ Mimemodes emmerichi MADER 田代原 30.V.1988.

46.コブスジケシキスイ Lasiodactylus tuberculifer REITTER 崩山 18.IX.1977.

47.モンチビヒラタムシ Notolaemus cribratus (REITTER) 上木場 30.IV.1988.

48.ニホンホホビロコメツキモドキ Dauledaya bucculenta (LEWIS) 戸の隅の滝 ♂.30.I.1979.


前のページ
「長崎県産コガネムシ主科目録」の訂正と追加
コンテンツのトップ 次のページ
島原半島の甲虫相3